人気ブログランキング |

香川県はうどんだけではないですよ。(3)<お初の小豆島「オリーブ温泉」の巻>

【2015年10月10(土)】

 続いて、船に乗るべく高松築港(たかまつちくこう)へと向かう。
 
a0141884_13362264.jpg

 それにしても、築港とは面妖な。何ほどの意味なのか。
 そして、先ほどの「一鶴 高松店」からは至近のバス停から、バスに乗って港に向かうことに。このバス道を「フェリー通り」という。

a0141884_13232292.jpg

 JR高松駅の目の前に広がる港一体は、「サンポート高松」というインテリジェントな景観を擁しておりました。

a0141884_1324271.jpg
a0141884_13241696.jpg

 そして、ボクはここから船に乗って小豆島に渡ることにしたのだった。

a0141884_13325067.jpg
a0141884_13343167.jpg
a0141884_1335587.jpg
a0141884_13395780.jpg

 土庄港(とのしょうこう)行き、14:20発のスーパーマリンに乗船。デッキに上がって海上風景を満喫するつもりが、デッキ立入禁止の札が。FUCK!!

a0141884_13445335.jpg
a0141884_1352780.jpg
a0141884_1353196.jpg

 この船員帽をかぶったゆるキャラ「オリーブちゃん」も乗員なんだとさ、デッキを立入り禁止にしやがったくせに調子こきゃーがって。小豆島フェリー㈱め。かーっ、ぺっ!!

a0141884_13531883.jpg

 約35分で土庄港に到着。

a0141884_13591143.jpg

 ここでは、ネットで調べた「オリーブ温泉」が第一の目的地なり。
 なぜなら、スーパーの中にある温泉というのに反応したからなのだ。一体どういうことなのか、この目で確かめてみないことにはね。ボクには、自分の足で稼いだ「一次情報」が何より大事なのだ。

a0141884_1464392.jpg

 そんでもって、ネット情報にあったとおり、駅前には温泉直行のマイクロバスが停まっているのに気づいて、早速乗り込むことに。客は、ボクと地元のおばあさんのふたりだけでした。

a0141884_1472432.jpg
a0141884_14101178.jpg

 数分で「オリーブ温泉」に到着。

a0141884_14111977.jpg

 なるほど、その場所は、「マルナカ新土庄店」という大型スーパーに隣接した立地で、800円を払ってタオルとバスタオルを借りて受け取ったレシートには、「マルナカ オリーブ温泉店」とあったので、このスーパーが経営する温泉施設であることが判明したのだった。

a0141884_14173055.jpg
a0141884_14175025.jpg
a0141884_14181482.jpg

 どうだい、ボクの体当たりのこの情報、大いに役に立っただろう、ブラザー。

a0141884_14195265.jpg
a0141884_14202370.jpg
a0141884_14205178.jpg
a0141884_14211660.jpg
a0141884_14214238.jpg

 なかなかに広い館内。んがしかし、客はまばらだったよ。土曜日なんだが、すっかり曜日の感覚がなくなっているよな。

a0141884_14243664.jpg
a0141884_142519100.jpg
a0141884_14255757.jpg
a0141884_14263293.jpg

 露天風呂の向こうに広がるのは海なのだ。天気がよければ最高のロケーションだろう。
 しかし、ボクは温泉に興味があるわけではない。あくまでも関心は、スーパーの中にある温泉という、風変わりなここの位置づけだけなのだ。
 やっぱり温泉は草津にとどめを刺すボクなのでね。

 さて、風呂から出て玄関前の道を右に歩いてみると、「鹿島海水浴場」と名のつく、すっかり人気(ひとけ)のなくなった10月の海岸が広がっていたのだった。

a0141884_14345376.jpg
a0141884_14351814.jpg
a0141884_14353920.jpg
a0141884_1436478.jpg
a0141884_14362923.jpg

 そしてボクは、小豆島第二の目的地に向かうのだった。070.gif

 つづく
by misaochan3x6 | 2015-10-12 13:24 | トラベローグ


<< 香川県はうどんだけではないです... 香川県はうどんだけではないです... >>