人気ブログランキング |

阪急電車に乗って京都河原町まで。

【2012年9月16日(日)①】

 今回、京都に行きたくなったのにはわけがあるんよ。
 きっかけは、小泉のこの書評なり。

 072.gif読売新聞/2012年8月12日(日) 
a0141884_21103361.jpg

 ああ、このバルコニーはもうなくなってしまったのか、と深い感慨に浸る。
 そして、チロも、陽子(1947~1990)さんも。
a0141884_21145022.jpg

a0141884_2118024.jpg 潜在的にこの書評のことが意識の底にあり、そして、久し振りに訪れた「アニマル洋子」の店頭100円ワゴンでこの本を見つけて、引きつけられるように求めたのが、9月9日(日)のことだったのさ。

 彼女がこの地上から去ってしまった22年後に、彼女が書いたこの本で、彼女のことを知り、そして当時のアラーキーの様子も知ることになる。

 何よりもボクが驚いたのは、この本の中で、いまも彼女は生きてるっていう実感なんだ。すごくヴィヴィッドにね!!



 書かれた文章も、そして載せられた写真も、リアルに〝いま〟を語っていた。
 この夫婦は、まるでフランス人の恋人同士のように暮らしていたのがわかったのである。

 そして、この本の中で、ふたりで大阪から阪急電車に乗って京都河原町の老舗の蕎麦屋<松葉>に、にしん蕎麦を食べにいく件(くだり)に出会うのである。
 (クリックすると大きくなります)

a0141884_21335563.jpg

 そうか、阪急電車で京都まで行けるのか!!
 在阪の方にには笑われるかも知れないが、これは、東京在住者のボクにとっては大発見だったのさ。

 というわけで、阪急電車に乗って京都に行き、072.gif河原町の老舗の蕎麦屋<松葉>でにしん蕎麦を食べ、ついでにこの本に書かれたように、072.gifイノダコーヒでは、コーヒーに最初から砂糖とミルクが入って出されるのかを確かめることにしたのだった。

 というわけで、この日、難波の「サウナ・ニュージャパン」を朝8時過ぎにチェックアウトして、阪急梅田に向かい、京都行きの準急に乗ったのであ~る。
a0141884_21433831.jpg

 駅に着いてみて、そういえば去年の8月に、ここから宝塚線に乗って「手塚治虫記念館」を訪れたことを思い出したんだ。
 それにしてもこの電鉄会社のテイストは、何ともおしゃれな感じで、関西特有の金持ちの匂いがぷんぷんするのである。
 う~ん、いい感じ~。053.gif

 さて、10時過ぎに河原町に到着し、<松葉>を目指す。
 なるほど、本店は072.gif南座のとなりにあると本に書かれていたとおり、南座に大きく<松葉>の看板が出ているではないか。
 そして、これまた本にあるとおり、本店のおばちゃんは態度が横柄で、北店の方が積極態度がいいことを確かめるべく北店に向かうが、残念ながらまだ開店時間に至らなかったのだ。
 (あとで調べたら、本店が10:30開店。北店は11:30開店とのことだった。)

 あいにくにしん蕎麦にはありつけなかったものの、四条通が八坂神社の参道であることにあらためて気付いたのと、この通りには、先ほどの「南座」といい、072.gifレストラン菊水といい、072.gif中華料理の「東華菜館」といった、実に魅力的な近代建築が至近距離で集中しているスポットであることを認識したのである。
 今度京都に来る時は、建築家と一緒に訪れたいと思ったわけなのさ。

 ちなみに、前回、この京都を訪れたのは2000年の1月で、写真関係の仕事をしていた頃ではなかったかしら。
 その時、市内をけっこう歩き回った記憶があるよ。
 でも、その時は、四条通が八坂神社の参道であることも、「南座」と「レストラン菊水」の存在には気が付かなかったな~。

 さて、滞在時間が限られているので、ここから072.gif「錦市場」に向かい、アーケードの中をぶらぶら。
 12年前もここを歩いて、初めて見る京野菜のアメイジングな世界に驚いたものなのさ。
 イノダコーヒによる時間はもうないので、京都散策はこれくらいにして、再び阪急電車(今度は特急)に乗って梅田まで戻る。

 この後、今回の旅の最終目的地に向かってGO!!
a0141884_2229262.gif

by misaochan3x6 | 2012-09-17 21:15 | トラベローグ


<< 西中島南方、鉄橋下でピクニック。 大阪市内、日本橋(にっぽんばし... >>