人気ブログランキング |

三陸・陸前高田と岩手湯本温泉ツアー参加記(1)

【2011年4月28日(木)~29日(金)】

 072.gif本来このブログの更新に当てるべき土・日が、ず~っと別のことで時間を取られていたので、更新が遅くなってしまった。すでにきょうは、5月22日(日)である。
 旬の気分はとっくに冷めてしまったことだけは確かなことなのだ。
 逆に、気負わず淡々書けるるんだったらその方が気が楽なんだけど、でも、正直なところ、まだ事態を対象化出来てなくてね。

 じゃ、ぼちぼち書き出そうか。
 事の発端は、このツアー企画の呼びかけ人である知り合いのH田さん
(80歳の人生の大先輩!!ボクの父親と同い年だ)から教えてもらったからなんだ。
a0141884_1050454.jpg

 072.gifこのチラシのキャッチは重要である。
 「大臣に一泊してもらえば、現状がわかる(戸羽市長)」
 つまり、陸前高田市長は、金や同情を求めているのではなく、「とにかく現状を見てくれ!!」といっているのである。
 ならば見に行くしかない。
 現場は、中途半端な同情心はいらないと明言している。これはわかりやすい。

 それに、このツアーが、現場視察、現場ボランティアのお仕着せな使命感にあおられた〝おためごかしな〟ツアーではなく、温泉地での旅行も織り込んだ、何だか〝間の抜けた〟トボけた感じがすごくよかったんだ。
 
 つまり、呼びかけ人であるH田さんの方の気負わぬ誠実な感じがとてもよく、それに、自分の父親と同い年の方が率先して現場を見ようとしているのだから、息子の年代の自分がそれに呼応せずには済まされないなという実感もあったんだ。
 さらには、ツアー会社の「ラッキートラベル」という冗談のようなネーミングが、欺瞞的とも取れるこの種の震災応援ツアーをいい感じに中和して、味わいの企画に仕立て上げていたからなのだった。
 
 072.gif4月28日(木)22:00に上野公園口に集合。
 集合場所に着くと、大型バス2台が待機中。
 善男善女約80人を乗せたバスは、22:30上野を出発。
 参加者の年齢はは、下は12歳の小学生の女の子から、上は80歳のこの「企画の呼びかけ人のH田さんと多彩だ。
 
a0141884_11544067.jpg

 a0141884_11565652.jpga0141884_11571330.jpg 車中泊して翌日は、南三陸町の「ホテル観洋」に到着し、支配人による当地の被災状況についての説明。

 続いて、ここでの朝食となる。




a0141884_1203260.jpg
a0141884_1205625.jpg
a0141884_121187.jpg
a0141884_1213862.jpg

a0141884_1235274.jpg


つづく
by misaochan3x6 | 2011-05-09 06:58 | トラベローグ


<< 三陸・陸前高田と岩手湯本温泉ツ... カエラのギター。 >>