バソキヤ=バスキア。

【2016年10月14日(金)】

 お昼休みにラーメンを食べに外出した帰り、職場近くの大規模ディスカウント・ショップで、この製品が投売りされていたのを発見し、仕事帰りに購入す。
 1個110円(税込)なり。
 アマゾンでも売っちょりますな。何でもあるね、アマゾン。恐ろしい。

a0141884_0493020.jpg

 「復活」とあるね。
 一度、市場から消えていたのであろうか?あんまり記憶にないな。
 「ひっくり返るおいしさ」、いうとるね。ほんまかいな。食べたら、またレポートしたいと思います。

 そんでもって、こっちは、バスキア。


[PR]
# by misaochan3x6 | 2016-10-15 08:04 | 食べローグ | Comments(0)

ノーベル文学賞2016 ア・ゴー・ゴー!!(2)

【2016年10月14日(金)】

 いんや~、この日の讀賣新聞朝刊の扱いは、すんばらしいですのー。
 ボブ・ディラン〝氏〟ときたもんだ。やるねー。
 3面展開なんすわ!!

a0141884_743570.jpg
a0141884_7432884.jpg

 夕刊もトバしてましたぜ、ブラザー。
 
a0141884_7515742.jpg

[PR]
# by misaochan3x6 | 2016-10-15 07:52 | キャラ立ち | Comments(0)

ノーベル文学賞2016 ア・ゴー・ゴー!!

【2016年10月14日(金)】

 「ブロンド・オン・ブロンド」。
 1966年にリリースされたボブ・ディラン7作目のスタジオ・アルバム。ロック史上初の2枚組アルバムである。

a0141884_2183562.jpg
a0141884_2185335.jpg

Side 1
 1.Rainy Day Women #12 & 35
 2.Pledging My Time
 3.Visions of Johanna
 4.One of Us Must Know (Sooner or Later)

Side 2
 1.I want You
 2.Stuck Inside of Mobile with the Memphis Blues Again
 3.Leopard-Skin Pill-Box Hat
 4. Just Like a Woman

Side 3
 1.Most Likely You Go Your Way and I'll Go Mine
 2.Temporary Like Achilles
 3.Absolutely Sweet Marie
 4. 4th Time Around
 5.Obviously 5 Believers

Side 4
 1.Sad Eyed Lady of the Lowlands


 あれから50年。
 ついこの間、このアルバムの中から、この曲をカバーしてみようかなと思って練習を開始した矢先、何と、ロバート・アレン・ジンママン氏(Robert Allen Zimmerman)(75)が、ボブ・ディランとして、ノーベル文学賞受賞となりました。(後に、本名をボブ・ディランと改名したらしい) 
 世界文壇では賛否両論あるようですが、ボクは快挙と感じています。

 この件について30数年来の友人のTさんと話したところ、彼は、「ディラン本人は、それほど気にしてないんじゃないのかな」ってコメントしたので、ボクもそうだろうなって思ったいたら、どうやら、やっぱりそんな感じなんだよな。(笑)
a0141884_426385.jpg

 このTさんとは、その昔、彼からディランの日本武道館公演のチケットが2枚あるんだけど行かないかって誘われたので、一緒に行ったことがあるんだけど、いつのことだったのか記憶が曖昧だったので、ウィキってみたら、2001年2月14日(水)とあったのだ。
 ボクとしては、2000年の12月のことだと思い込んでいて、20世紀の最後に生のディランのステージを観ることが出来てよかったなって思ってたんだけど、長いこと勘違いしていたみたいだね。
 事実は、21世紀のはじめに、生のディランのステージを観ていたってことなんだよな。
 その頃、ブログなんていう便利なツールはなかったので、記録してなかったんだわさ。

 じゃ、話がちょっと長くなってしまったけど、Bob Dylan氏とCat Power さんのマッシュアップ版で、〝Stuck inside of mobile with the memphis blues again 〟をお届けします。





 ところで、ジャポンでは、ハルキ・ムラカミの受賞を期待していた向きもあるかもしれませんが、ボクとしては、この感想には共感しますよね。
a0141884_2121317.jpg

 どんなに売れていようが、みんながみんな、ハルキ・ムラカミを好きではないわけです。
 てか、世界的に評価が高いことと、彼の本が売れることが、ボクには到底理解出来ないことなのです。
[PR]
# by misaochan3x6 | 2016-10-14 21:26 | キャラ立ち | Comments(0)

3連休の最終日、ちっともアガらないボクを元気にさせたおいしい話について。

【2016年10月10日(月)・

 広島からの出張直後の3連休の最終日。

 まったくもって特記事項のない日々を過ごし、晴れの特異日であるけふもけふとて、天候は曇りで、何だかちっともアガらない日なのさ、ブラザー。
 まあ、このジャポンの戦後70年数年来の憲法のおかげで、戦(いくさ)に取られないだけまだ十分に幸せだよねとは思いながら、夕方、ちょっとチャリで外出したあと、帰宅後にパソコンを開くと、何と何と、とてもとても素敵なニュースが!!

 浦沢直樹の不倫報道なのだ!!

 やたっ!! 

a0141884_19153746.jpg

 ボクは、日頃から彼のことはいろいろと気にかけていた身だったので、ほとんど同年代として、この度のことは、まったくもって胸のすく思いで、溜飲が下がる出来事だったのあります。


 ありがとう、浦沢直樹、やらかしてくれて。
 やったね、パパ!!あしたは、ホームランだ!!





 それにしても、漫画家の女性がらみのスキャンダルは、40年以上前の赤塚不二夫の美人局スキャンダルくらいしか記憶にないのだが。
 浦沢、これを機会に堕ちてくれっ!!

a0141884_19164692.jpg

 調子こいてたらアカンよ。「まんが道」に外れているのでね。

a0141884_2051043.jpg

[PR]
# by misaochan3x6 | 2016-10-10 19:02 | まんが道(みち) | Comments(0)

さくらとこももを除いたおっさんたちの旅の記録も整理しておきますの巻。

 ボクの奥さんを通じてご縁があり、2004年の12月(?)にはじめてお会いして以来、とてもとても親しくさせていただいているなかを社長。
 そして、そのなかを社長と長年のご友人の岩田さん。

 さらに、なかを社長の愛犬の柴犬のさくら(母)と彼女の娘=こももにボクを加えたこの5人は、なかを社長の車に同乗して旅する仲間であったことは、先述させていただいた。
 
a0141884_1814728.jpg
a0141884_18143239.jpg

 その、さくらとこももを交えた最初の旅=2007年3月3日(土)~4日(日)の伊豆高原の旅から、その次の2012年9月29日(土)~30日(日)の間の5年間に、彼女たちを除いたおっさんたちだけで敢行した旅の記録も、ここに整理しておくことにいたしたいと思います。
 
 ちなみに、なかを社長、岩田さん、ボク、さくら、こももによる車旅のユニットを「貧賎組」と称し、1泊2日のお泊り予算を1万円台に徹した組み立てで催行する旅団だったのであります。

【2010年】
 2010年12月25日(土)/山寺~田沢湖畔~乳頭温泉郷~角館 ア・ゴ・ゴー!!(1)
 2010年12月26日(日)/山寺~田沢湖畔~乳頭温泉郷~角館 ア・ゴ・ゴー!!(2)

【2011年】
 2011年9月16日(金)/高年ユニット=<なかを会>で熱海に1泊(1)
 2011年9月17日(土)/高年ユニット=<なかを会>で熱海に1泊(2)
[PR]
# by misaochan3x6 | 2016-10-10 18:00 | 自分遺産 | Comments(0)