「アコースティック ボイス」を観に行って来ましたの巻。

【2016年10月15日(土)】

 お孫ちゃんのさくらさんの運動会参観と、その後の会食のあと、今度は、大久保に移動して、音楽仲間が主催する音楽イベントに赴く。
 その名を「アコースティック ボイス」という。
 主催者は、井上ともやす氏。「憲法フォークジャンボリー in 東京」でもお馴染みのアーチストで、場所もジャンボリーの開催場所と同じ、「R’sアートコート」@大久保なのだ。

a0141884_11193834.jpg
a0141884_1120059.jpg
a0141884_1119753.jpg
a0141884_11213121.jpg

 今回、初めて観に行って来たたのであります。
 このイベントは、井上氏が25歳の時から始めた音楽の祭典で、最初の10年間は、年に2回の開催(春・秋)だったらしいのだが、それ以降は年1回の開催で、今回、第29回を迎えたとのこと。
 氏は、来年、50歳を迎えるとのことなので、かれこれ4半世紀、このイベントを続けているということか。う~ん、これは、なかなにすごいことだと思いますね。

 で、プログラムの途中から入場。
 出演者のステージをアーカイブしておきます。

 072.gif玉城まさゆき
a0141884_11504645.jpg

 072.gif石井明夫
a0141884_11522625.jpg

 072.gif寿
a0141884_11543745.jpg
a0141884_1155990.jpg
a0141884_11552553.jpg
a0141884_1155428.jpg

 072.gifさとうもとき
a0141884_1156272.jpg

 072.gifスペシャルゲストのよしだよしこさん
  一体、どうしたらこんなに美しいギターの音が奏でられるのか!! 聴くたびに強く、そう思います。
 ひとつひとつの音が、凜としていているのです。
 そして、澄んで美しいその歌声。
 コードを掻き鳴らすことしか出来ないわが技法の貧しさをつくづく感じます。

a0141884_11572881.jpg
a0141884_1157549.jpg

 それにしても、前にも増して美しさが際立つそのルックスにも驚きです。もう歳を越え、お孫ちゃんがおられるとか。この発言は、セクハラか?

a0141884_11584541.jpg

 072.gif井上ともやすバンド
a0141884_120944.jpg
a0141884_1203240.jpg
a0141884_12142.jpg

 072.gifフィナーレ

 最後に、出演者全員がステージに立ってのフィナーレで幕となりました。

a0141884_1235636.jpg
a0141884_1241653.jpg
a0141884_1243752.jpg
a0141884_1251749.jpg

[PR]
# by misaochan3x6 | 2016-10-21 17:48 | 音楽とわたくし | Comments(0)

さくらさんの運動会に行って来ましたの巻。

【2016年10月15日(土)】

 今回のさくらさんは、056.gifわんこのさくらさんのお話しではなく、人間のさくらさんのお話しで、ボクのお孫ちゃん(3歳7ヶ月)のお話しです。
 月日は瞬く間に移り変わり、彼女も、早、幼稚園の年少さん=ひよこ組の組員となりぬ。

 この日は、彼女が通う幼稚園の運動会が、とある小学校の校庭を借りて開催されたので、奥さんの車に乗って見に行ったというわけなのであります。
 ちなみに、さくらさんのお母さん、すなわち、息子のお嫁ちゃんのご両親は、今回、諸般の事情により不参加です。

a0141884_1033353.jpg
a0141884_104042.jpg
a0141884_1042879.jpg
a0141884_1045238.jpg

 空気はひんやりしてはいるものの、好天に恵まれ、照りつける陽射しはなかなかに強くて、汗ばむほどの陽気。
 年少組は、午前中だけ参加するというプログラムで、さくらさんが出場するプログラムのいくつかの写真を奥さんと手分けをして撮ったので、アーカイブしておきますでな。

 072.gifプログラム開始前の様子
  さくらさんがどこにいるか、懸命に探しましたが、見つかりません。自分の息子の時、ボクはこれほど熱心ではありませんでした。
 なぜなら、当時、ボクは、仕事をはじめとして、いろんなことに苛(さいな)まれていて、自分のことで精一杯の状態だったので、息子のことにまで関心というか、意識が及ばなかったのです。

a0141884_106346.jpg
a0141884_1064627.jpg

 072.gif年少組さんたちの待機席の様子
 さくらさん発見!! 楽しそうでよかった!!056.gif
 
a0141884_10565077.jpg
a0141884_1057870.jpg
a0141884_10572654.jpg
a0141884_10574493.jpg
a0141884_1057588.jpg
a0141884_10592149.jpg
a0141884_113780.jpg
a0141884_1012435.jpg
a0141884_1013071.jpg
a0141884_10131761.jpg

 072.gif年少組さんたちによるかけっこ
 何人かが組みになってのかけっこです。さくらさんの組は3人で、彼女は一番左端でスタート。
 結局、彼女は2位でしたが、最近は優劣の判定はせず、みんなよくやりましたね、といった褒賞スタイルのようです。
 彼女の笑顔は、弾けていていいですね!!この調子で生きて行ってほしいと思います。

a0141884_1016222.jpg
a0141884_10162471.jpg
a0141884_1017329.jpg
a0141884_111442.jpg

  072.gif年少組さんたち全員による集団遊戯「パイナップル体操」  
 さくらさんがどこにいるかは、わかかりません。ボクは、てっきり「PPAP」060.gifで体操をやらかしてくれるのかと期待していましたが、そうではありませんでした。
 そんなわけねーだろ、っていうのが、お嫁ちゃんの見解でした。
a0141884_10201027.jpg

 072.gif年少組さんたちによる父兄とのリレー競技
 お父さんである息子が、さくらさんと出た競技です。ふたりとも、健闘したと思いますね。

a0141884_10291070.jpg
a0141884_1029541.jpg
a0141884_10301946.jpg
a0141884_10305732.jpg

 072.gif未就学児童と父兄によるプログラム  妹のりおちゃん(1歳7ヶ月)とお母さん(息子のお嫁ちゃん)が出場。必ずもらえるプレゼントが置いてある場所へ、母娘で走って行ってそれをもらうというプログラム。
 彼女は、再来年に就学する予定です。

a0141884_10392213.jpg
a0141884_1040239.jpg
a0141884_1041093.jpg
a0141884_1041217.jpg

 最後に、年少組みさんたちは、全員、記念メダルをもらい、彼ら彼女らを対象とするプログラムは、午前中で終了したのでした。

a0141884_10481310.jpg
a0141884_10483271.jpg
a0141884_10493386.jpg

a0141884_10505269.jpg
a0141884_10515333.jpg

 そのあと、みんなでお昼ごはんを食べて解散しましたよ。058.gif

a0141884_1193436.png

[PR]
# by misaochan3x6 | 2016-10-21 17:47 | さくらさんとりおちゃん | Comments(0)

ボクと東京タワーと怪獣王子。

 ボクと東京タワーは、同い年なのである。1958年生まれ。58歳だ。
 あらっ、偶然にも同じ数字が並びましたね。

 072.gif東京タワーのある風景:佐伯義勝/アサヒカメラ1958年12月号 
a0141884_20152170.jpg

 ん!? 佐伯義勝さんって、料理写真家の大御所ではなかったっけ?
 こんな写真を撮っておられたのか。

 そしてそれから9年後の、ピープロダクション製作の「怪獣王子」は、確か1967年の放映ではなかったかしら。
a0141884_20202089.jpg


 

 ピー・プロダクションの造形って、ボクは円谷プロダクションのプロダクトよりもかなり好きです。
 なぜなら、ピープロには、ファンクでアナーキーなロックンロールを感じるからなのですね。ま、異端ですね。
 そういう意味では、円谷プロは、体制派です。
a0141884_2026120.jpg
a0141884_2027687.jpg
a0141884_9305556.jpg
a0141884_21372142.jpg
a0141884_21375067.jpg

[PR]
# by misaochan3x6 | 2016-10-20 20:22 | 自分遺産 | Comments(0)

エレキテル・ギターとわたくし。そして、ニール・ヤングのこと。

 何といいますか、ニール・ヤングのエレキテル・ギターの、ひどく凶暴でいながら極めて叙情的なその音色は、ボクの情動をいたく揺さぶるのでして。

 超絶技巧を駆使するギターでなくても、その音が人の魂を動かすことは出来るのだという見事な見本を、ボクらは彼から学ぶことが出来るのです。

 ありがとう、ニール・ヤング。

 今後、ボクがエレキテル・ギターを弾くことがあるなら、ボクは、このカナダの人ように弾きたいと、いま、あらためて思うのです。




[PR]
# by misaochan3x6 | 2016-10-20 02:24 | 音楽とわたくし | Comments(0)

みーちゃんのおなかが温(ぬく)いと感じる季節到来。

 
a0141884_2025106.jpg
 
 居間の自分の居場所に寝っ転がってTVを観ていると、ボクの太ももを座布団がわりに、すぐに愛猫みーちゃんがそこに乗っかって来るのです。

 すると、彼女のおなかの温みが伝わって来て、秋の気配を感じる昨今なのであります。
 体も冬毛に変わってもこもこしています。060.gif
[PR]
# by misaochan3x6 | 2016-10-19 20:31 | みーちゃんとわたくし | Comments(0)