<   2016年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

「憲法フォークジャンボリー in 東京2016」報告。

【2009年8月21日(日)】

 2007年から始まった歌の祭典emoticon-0155-flower.gif「憲法フォークジャンボリー」。

 主催者は、「中津川フォークジャンボリー」のオーガナイザーである笠木透というおっちゃん。もういまはこの世にはおられない。
 その「憲法フォークジャンボリー」は、上野水上音楽堂での第1回の開催を皮切りに、東京で開催を続け、今年で10回目の開催となる。

 ボクは、縁あってこの祭典には、2010年から、「チーム金子」というアコースティック・ユニットのヴォーカルとして参加していて、もう7回関わっているのである。

a0141884_13334846.jpg
a0141884_11194831.jpg

 記念すべき10回開催を目前に、ずっと実行委員長であった八田満穂(はった みつほ)さんが、8月3日(水)に亡くなられた。
 いまは病床にあるボクの父親と同い年の85歳。(昭和6年/1931年生まれ)
 ボクの父親よりも長生きされると思っていたのに、まったくもって、急逝なのだった。お会いする時、いつも父親のような親近感を抱いてお話しさせていただいた。
 やさしい方だった。この方が威張っているところを、ボクは見たことがない。
 身の回りに威張り散らす人間が多い中、八田さんのこの態度がよけいに尊いものに思えるのだ。

 ところで、ボクは、今回の開催を前に、諸般の事情があって、所属していた「チーム金子」を6月にやめたのである。
 やめてわかったのは、自分の中にぽっかり大きな穴が空いていることを感じ、このチームの存在が自分にとって意外に大きな部分を占めていたこと気づいたのだ。
 でも、もうこのチームに戻る気はないけどね。

 今年は、「憲法フォークジャンボリー」には、表現者としては参加せず、事務局として関わり、8月20日(土)、21日(日)の2日間、1階のロビーで事務局のお店として、昨年に続いて「かき氷屋」をやっていたのである。

a0141884_1357375.jpg

 しかし、パフォーマーは、やはりステージに立たなければ、その存在意義はないな。
 例年、息子一家にステージを見てもらっていたんだけど、今年は、歌での表現が出来なかったので、結果的に、気分はさげさげだったのだ。
 
 というわけで、例年、この祭典のレポートにはけっこう熱が入るのだが、今年はなかなかそうもいかないのである。

 3日間の表現者たちのステージの様子は、この祭典の同じ表現者仲間である「フォークグループあじさい」のメンバーであり、emoticon-0171-star.gif「あじさい通信」の管理者でもあるkinokoさんこと菊地さん(本職はプロのデザイナーさん。バンドでは、パーカッション、ギター、ヴォーカル)のスレッドをご案内しますので、ご覧ください。

 emoticon-0171-star.gif8月19日(金)の表現者のステージ

 emoticon-0171-star.gif8月20日(土)の表現者のステージ

 emoticon-0171-star.gif8月21日(日)の表現者のステージ

 emoticon-0171-star.gif8月21日(日)のノリノリの打ち上げ風景emoticon-0159-music.gif

【8月20日(土)の記録】

a0141884_1411130.jpg
a0141884_1412893.jpg
a0141884_1441414.jpg
a0141884_143921.jpg
a0141884_1421519.jpg
a0141884_1443915.jpg
a0141884_1453076.jpg
a0141884_14294642.jpg
a0141884_1454842.jpg


【8月21日(日)の記録】

a0141884_1483996.jpg
a0141884_1485794.jpg
a0141884_14131785.jpg
a0141884_1493196.jpg
a0141884_14104191.jpg
a0141884_14113576.jpg


【今回のシンボルキャラの制作過程とそのモデル=最後の写真(笑)】

a0141884_14145847.jpg
a0141884_14151775.jpg
a0141884_14153342.jpg
a0141884_14155025.jpg
a0141884_14161193.jpg
a0141884_14162778.jpg
a0141884_14164154.jpg
a0141884_1417686.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2016-08-28 13:38 | みーちゃんとわたくし | Comments(0)

夏休み最後の日のUltravox。

【2016年8月15日(月)】

 夏休み6日目=最終日。あの日から71年目の夏の日なのだね。

 猛暑といわれながら、それほどでもありませなんだな、2016年のサマー。夜なんて、けっこう涼しいんすよ。
 としまえんプールの今年のポスターもかなり地味だったし~。

a0141884_21502790.jpg

 夏ももいよいよ終わりですな。

 そんなけふ、唐突にこの曲のことを思い出したんです。いいぢゃないか、オレ!!

 emoticon-0171-star.gifThe Wild, The Beautiful and The damned/Ultravox(1977)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Calling cards of madness
Pull the brass men from their knees
To petrify more images to dangle
Just outside the reach

Of the stunted and the dreamless ones
Who have nothing left to keep
For frozen dawns or nights
As cold as these have been

Don't ask for explanations
There's nothing left you'd understand
You're one of the wild, the beautiful and the damned, the damned
The wild, the beautiful and the damned

We read the latest venereal journals
Flicked through some catalogs of fear
You tore some more pages
From your old lovers hearts

Then we engineered a wild reunion
In a Berlin Alleyway
While your New York Fuhrer
Tore our universe apart

Don't ask for explanations
There's nothing left you'd understand
You're one of the wild, the beautiful and the damned, the damned
The wild, the beautiful and the damned

Break my legs politely
I'll spit my gold teeth out at you
Your sores are almost big enough
To step right inside now

I'll send you truckloads of flowers
From all the worlds that you stole from me
I'll spin a coin in the madhouse
While I watch you drowning

Don't ask for explanations
There's nothing left you'd understand
You're one of the wild, the beautiful and the damned, the damned
The wild, the beautiful and the damned, the damned

The wild, the beautiful and the damned, the damned
The wild, the beautiful and the damned, the damned
The wild, the beautiful and the damned
The wild, the beautiful and the damned

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 いや、まったく大した夏ぢゃなかったですわ。吐くぞよ。ゲロゲロゲ~。
 それにしても怖いのは、emoticon-0149-no.gif野外でマダニにかまれた北海道内の40代男性が「ダニ媒介脳炎」を発症し、8月13日(土)に死亡したというニュース。この病気の国内での確認は、1993年に北海道で見つかって以来2例目で、死亡は初めてという。ブルルッ!!

a0141884_21562620.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2016-08-16 21:58 | 自分遺産 | Comments(2)

みーちゃんと晩ご飯を分かち合えなかった夜~。

【2016年8月14日(日)】
 
 夏休み5日目。

 この日の夜、奥さんはお友だちと中野で飲み。
 じゃによって、ボクと愛猫みーちゃんは、仲よくお留守番となりぬ。
 
 というわけで、この日の夜のお楽しみは、昼間、奥さんが地元のスーパーのジャンケン大会で勝ち取った刺身を、夜、みーちゃんと分かち合って食すことだったんすよ、ご同輩。
 ところが、まったくもって残念なことに、みーちゃんはボクの晩ご飯の時間には2階のどこかに隠れてしまったので、結局、ボクは1階の居間で件(くだん)の刺身をひとりで食べることになってしまい、結局、彼女とはそれを分かち合えなかったのである。

 誠に残念な夜なのであった。たのむで、しかし。

a0141884_21393966.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2016-08-16 21:40 | みーちゃんとわたくし | Comments(0)

腹切り二題。三島由紀夫と大島渚。

【2016年8月13日(土)】

 あっ!!
 気がつけば夏休みももう4日目。残すところもう2日しかないすよ、ブラザー。
 それにしてもTVは、相変わらずどのチャンネルを点けてもリオオリムピックか高校野球なのである。

a0141884_14163438.jpg

 ボクが欲しているのは、面白い映画なんですよ!! ゆうべケーブルTVで観たこの映画は、これ。
emoticon-0171-star.gif11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち/若松プロダクション(2012/05/28公開)▼




a0141884_18122355.jpg

 三島役の男優にはピンと来ず。
 んがしかし、森田必勝役の満島真之介は、今回、意外な拾い物なり。
 うらなりのひょろひょろボディかと思いきや、この撮影のために鍛えたのか、市ヶ谷直接行動の「盾の会」最終メンバーによる密談場所であるサウナでのシーンの体つきは、なかなかに鍛えられている感じなのだった。
 求道的な右翼学生を演じて秀逸なり。
 三島役の男優が割腹し、介錯役の男優が斬首。続いて、森田必勝役の満島真之介が割腹し、介錯役の男優がこれを斬首す。

 明けて、けふの午前中に観たのがこのMOVIE。

 emoticon-0171-star.gif戦場のメリークリスマス(1983年5月28日/日本公開)



a0141884_22515087.jpg

 このフィルム内での腹切りネタは、朝鮮人軍属役でのジョニー大倉の切腹シーンなり。

 それにしても、映画公開から33年。監督の大島渚はいうに及ばず、デビッド・ボウイ、ジョニー大倉、戸浦六宏、室田日出男、金田龍之介と、既にして6人の物故者を数える。
 合掌。

emoticon-0171-star.gifPS.
 劇場公開に際して、当時、ボクも観客のひとりだった訳なのだが、観た時に感じた、この映画が意図するところのわからなさは、33年経っても相変わらずで、〝独りよがりの大島フィルム〟の真骨頂だったといふ結果なのである。

 しかし、〝ヌーベルバーグ〟というブランドは、世界的にやっぱり堅牢で、時代に呼ばれるキャラというのは否定できないのであ~る。
[PR]
by misaochan3x6 | 2016-08-13 18:20 | キャラ立ち | Comments(0)

Taking Woodstock(ウッドストックがやってくる!)。

【2016年8月11日(木)・

 何?けふは「山の日」だって? 知らねー。
 夏休み2日目にして既に曜日の感覚がなくなって来たですよ、ブラザー。

 それにしてもTVはどのチャンネルを点けてもリオオリムピックか高校野球なのである。

a0141884_14163438.jpg

 ボクが欲しているのは、面白い映画なんですよ!! きのうケーブルTVで観たこの映画はよかったね。emoticon-0155-flower.gif

 emoticon-0171-star.gifTaking Woodstock(2009)



 いいね~、この頃の何もかもが。

 この中で、女装したゲイ役で登場するLiev Schreiber(リーヴ・シュレイバー)という男優がものすごくいいね!!
 アクション映画なんかで時々見る顔だったんだけど、この作品の中では、ものすごく気品に満ちた雰囲気を醸し出していて素晴らしいんだ。
 朝鮮戦争に軍曹として従軍し、恋人だった彼氏が敵兵にやられ、いまもその仇を探しているという役どころ。ピンクのワンピースのスカート姿とブロンドヘアーにスカーフというコーディネーションが、かなりキュート。

a0141884_14333321.jpg

 よいものを発見出来た日は楽しいし、意義を感じるものである。

 VIVA MOVIE!!   
 VIVA MUSIC!!

 Santana - Soul Sacrifice 1969 "Woodstock" Live Video


[PR]
by misaochan3x6 | 2016-08-11 14:28 | 音楽とわたくし | Comments(0)

夏休みとわたくし2016。そして、40年前の1976年のこと。

【2016年8月10日(水)】

 8月15日(月)までの6日間の職場の夏季休暇がスタート。けふはその初日なり。
 奥さんとみーちゃんとボクの3人で終日を過ごす。

 その昔、たぶんFMレイディオの放送か何かで、欧州からジャポンに長期出張して来たフォリナーが、自国の人にジャポンのサマーホリデーの様子について聞かれた際に、お盆休みのわずかな日しか休まないジャップの習慣を伝えると、その余りの少なさに呆れて冷笑されたとかっていうエピソードを聞いた気がするな。
 
 自分を殺し、文句もいわず、いわれたことにはひたすら従う「忍従」を美徳とするのが、わが国=ジャポンならではのメンタリティー。
 ま、そんな国に生まれ、今年は58回目の夏休みとなるわけです。

 そして、上京した1977年の夏は千葉市で迎えたのですが、その後はずっとTOKIOでの夏なんです。
 いまは病床にある父と、そして母、妹と一緒に過ごした実家での〝家族最後の夏〟は、いまここに記しながら、改めて1976年の夏だったとことを思い起こしています。
 その時、ボクは、地元での浪人生(18歳・童貞)なのでした。

 

 そして、翌年の1977年には、故郷を離れてのボクのひとり暮らしが始まるわけですが、いまにして思えば、子ども(=息子であるボク)と離れ離れになってしまったそれ以降の父親と母親の心中は、いかばかりであったのでせうか。

 自分に振り返っていえば、息子が家を出て行き、奥さんとふたりきりになってしまったある種の寂しさを感じられるようになったいまでこそ、ボクが思い遣れる両親の心情なのでありますよ、ブラザー。
 南無三。

 emoticon-0171-star.gifPS.
 1976年は浪人生活を強いられていたので、この年の音楽体験の記憶は一切ありませんが、この年リリースのアルバムを後付けで調べてみたら、この盤に行き当たったのであります。

 emoticon-0159-music.gifSilk Degrees/Boz Scaggs
a0141884_22285547.jpg

 この後、ボズを筆頭とするAOR(アダルト・オリエンティッド・ロック)の快進撃が始まり、翌年の1977年、パンクの台頭と交錯するのであ~る。





 当時、ふたつの相反する音楽的な潮流に身を任せながら、それぞれのリアルを感じていた20歳のボクなんです。その結節点ともいえる象徴は、この曲かも知れませんね。



[PR]
by misaochan3x6 | 2016-08-10 21:11 | 自分遺産 | Comments(0)

D幸住宅が転がすあの土地の現在。2016年8月(たぶん最終報告)

【2016年8月7日(日)】

 杉並区の地下鉄 新高円寺駅前にいくつかの事務所を構え、近隣の土地・建物を転がし続ける地元のぼっくり不動産屋=D幸住宅の仕事っぷりを、約3年にわたってレポートして来たこのシリーズ。
 2面あった土地の奥の方に見える土地に集合住宅が建ち、その後、手前にある土地の集合住宅の着工が始まる。
 今年の6月にそれに気づき、それから基礎工事が始まり、棟上が終わり、いよいよ最終段階に入ったらしく、建物全体が青いカバーに覆われたんですわ、ご同輩。

 emoticon-0171-star.gif前回のレポート

 emoticon-0171-star.gif2013年9‎月‎14日(土)▼
a0141884_208711.jpg

 emoticon-0171-star.gif本日▼
a0141884_16523322.jpg
a0141884_16524886.jpg
a0141884_1653332.jpg

 この後、ここにどんな建物が建つかなんて、ボクはほとんど興味がありません。ボクが興味があったのは、この土地の風景の移り変わりの記録だけなのでね。
 なので、この土地に関するレポートは、たぶんこれが最後になると思います。

 じゃ、さいなら。

a0141884_16594520.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2016-08-10 16:48 | 地元アーカイヴ | Comments(0)

夏を待ちわびず。2016年のわたくし。

【2016年8月5日(金)】

 ああ、もう8月なんすね。

 例年なら、夏を待ちわびているこのボクなんですが、今年は諸般の事情で何だかテンションだだ下がりで、いつものような活力がわかずの日々を過ごしているのでありますよ、ブラザー。

 実は、ボクは、2009年のクリスマス・イヴに御徒町のライヴ居酒屋で結成した歌う飲み会=<チーム金子>を6月15日(水)に脱退したのです。
 そのことで、音楽的な拠点を失ったボクの心に空いた空洞は意外に大きくて、自分でもビックリしているのです。
 そして、ボクはまだ、このユニットに代わる拠り所の発掘には至っていません。
 音楽的に満たされていない喪失感は、ボクにとってはとても大きいのです。

a0141884_4232219.jpg

 そして、それに追い討ちをかけるように、きょう、親しい方の訃報に触れたのでした。
 ボクの父親と同じ、昭和6年(1931年)生まれの85歳。
 先月末に電話で話した時には、お変わりない様子だったのに!!
 いやいや、ついおととい、ボクの知り合いの方が、この方に携帯で電話しているのを、ボクはその傍らで聞いたばかりだったのに!!
 現在、病床にあるボクの父親よりも長生きされると思っていたのに。

 まったくもって、人の世とは無情というしかありません。
[PR]
by misaochan3x6 | 2016-08-05 22:56 | 自分遺産 | Comments(0)

「となりのトトロ」とわたくしたちの女子会(2)。

【2016年7月31日(日)】

 この日、みーちゃん(わが家の愛猫、女子。推定年齢8歳半で高齢期にさしかかり、最近、おばあさん化が目立つ)にとっては〝受難の日〟なのだった。

 というのは、みーちゃんは部外者の侵入が大の苦手であり、ましてや、血気盛んなお子ちゃまなどは、彼女にとっては〝天敵〟以外の何者でもないのである。
 だから、彼女は、息子を除く一家が我が家に来たとたん、2階のどこかに隠れてしまったのさ。

 でも、せっかくのさくらさん、りおちゃんが来てくれたんだからって、奥さんがみーちゃんをしっかりと抱きかかえて、姉妹との接近遭遇を果たしたのだった。

a0141884_032063.jpg

 んがしかし、みーちゃんにしてみれば、決死の思いである。
 奥さんいわく、子どもたちに頭を触られていたとき、みーちゃんは奥さんにしがみつき、必死に耐えていたとのことである。(笑)
 実は、emoticon-0155-flower.gif2014年の元旦、当時生後10ヶ月だったさくらさんは、みーちゃんと初対面しているんだけどね。

 それにしても、これがボクだったら、大暴れに暴れまくられ、ツメで引っかかれてて大惨事になるところである。
 こうして、この日の女子会はみーちゃんとの交流で締めくくられ、成功裡に終了したのだった。
 たぎるぜ。
[PR]
by misaochan3x6 | 2016-08-01 17:46 | みーちゃんとわたくし | Comments(0)

「となりのトトロ」とわたくしたちの女子会(1)。

【2016年7月31日(日)】

 自宅から数分のところにある、杉並区が運営する高齢者対象施設で開催された「となりのトトロ」のDVD上映会に、お孫ちゃんのさくらさん(姉・3歳4ヶ月)、りおちゃん(妹・1歳4ヶ月)姉妹、彼女らのお母さん(息子のお嫁ちゃん)が参加する女子会にボクも合流す。
 ちなみに、息子も誘ったのだが、この日、彼は就寝中のため不参加となりぬ。

 上映は、午後1時から。
 会場の性格上、観客は高齢者の方が多かったものの、学校関係は夏休みということもあって、お子ちゃま連れのお母さんたちの姿もちらほら。

a0141884_0485372.jpg

 約90分の上映時間中、姉のさくらさんはおとなしく熱心に観ていたものの、妹のりおちゃんは、裸足で床をペタペタ音を鳴らしてスクリーンの前を歩き回り、まったくのマイペースでの「りおちゃん劇場」を展開。
 時々、姉のさくらさんに抱きかかえられて自席に連れ戻されたりしておりましたが。(笑)

a0141884_0494983.jpg

 ところで、この作品、劇場公開は、1988年(昭和63年) 4月16日 とのことである。
 この時、ボクは結婚3年目。息子は2歳で、のちにこの作品がTV放映された際、親子3人観た記憶があり、奥さんいわく、その後、この母子は、この放送をビデオに録画して何度も観ていたということなのである。
 なので、劇場用映画というよりは、ビデオ作品といった印象が強いのだ。

a0141884_03737.jpg

 また、ご多分にもれず、息子の家もこの作品のDVDを自宅のTVで観ているらしいのだが、この日は画面がスクリーンとあってかなり大きいこともあり、さくらさんは飽きずにおとなしく、ずっと観入っていたのだった。
 しかし、ボクの奥さんは、もうこの作品は観飽きているとのことなので、今回は不参加なのだった。
 
 それにしても、映画は、といわずあらゆる「作品」は、わずか30年で親・子・孫へと受け継がれていくものなのですね。
 まったくもって、光陰矢のごとし。時間とは恐ろしい。

emoticon-0171-star.gifPS.
 この上映会に先立ち、ボクは、いつものように、奥さん運転の彼女の車に乗って息子の家に行き、息子のお嫁ちゃん、さくらさん、りおちゃん姉妹を乗せてわが家の方向に戻って来、みんなでスーパー行ってちょっとした買い物をしてから、公園に寄って一休みし、それからお孫ちゃんたちを遊具で遊ばせたあと、わが家で冷や麦などすすりながら全員で野菜の天ぷらなど食してお昼ごはんを済ませ、そして、「となりのトトロ」のDVD上映会に赴いたのであった。

a0141884_0375563.jpg
a0141884_0383897.jpg
a0141884_0391171.jpg
a0141884_0394353.jpg
a0141884_040192.jpg
a0141884_0405129.jpg
a0141884_0412077.jpg
a0141884_04149100.jpg
a0141884_0453232.jpg

 そして、上映会終了後、再び奥さんの車に乗って、息子のお嫁ちゃん、さくらさん、りおちゃん姉妹を彼女らの家に送り届けてわが家に戻った来たのである。
 いやいや、まったくもって充実した女子会なのでした。
 女子会、ボクの性格に合う~。

 奥さんにおかれましては、1日2往復の運転ほか、お昼ごはんの支度などもしていただき、どうもご苦労様でした。心からお礼を述べさせていただきたいと思います。
 そして、何より、お孫ちゃんたちふたりをブランコで遊ばせていた時のあなたのこの楽しそうな顔が見られて、ボクはものすご~く嬉しかったでありますよ。ぺこり。

a0141884_0473248.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2016-08-01 17:43 | さくらさんとりおちゃん | Comments(0)