<   2016年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

「カムイ外伝」とわたくし。

 先日、通勤途中の朝、地元の地下鉄駅に向かう道すがら、道端に打ち棄てられていた「カムイ外伝」(虫プロ商事/1973年発行)を拾う。
 そして、全編を通読。

a0141884_18215192.jpg
a0141884_192017.jpg

 こんな機会でもなければ読破することもなかったと思うと、まったくもって、出会いとは不可思議なものなり。
 初出誌と単行本データをウィキってみましたよ、ブラザー。

072.gif「週刊少年サンデー」に不定期連載、全20回

  1.「雀落し」※初出:1965年5月16日号(21号)
  2.「飯綱落し」※初出:1965年6月13日号(25号)
  3.「月影」※初出:1965年7月11日号(29号)
  4.「むささび」※初出:1965年臨時増刊号(夏休みまんが号)
  5.「五ツ」※初出:1965年8月8日号(33号)
  6.「木耳」※初出:1965年10月10日号(42号)
  7.「常風」※初出:1965年11月7日号(46号)
  8.「九の一」※初出:1965年12月12日号(51号)
  9.「暗鬼」※初出:1966年1月9日号(2号)
  10.「空蝉」※初出:1966年1月23日号(3号)
  11.「下人」※初出:1966年5月15日号(19号)
  12.「狂馬」※初出:1966年6月12日号(23号)
  13.「天人」※初出:1966年7月10日号(27号)
  14.「移し身」※初出:1966年8月7日号(31号)
  15.「老忍」※初出:1966年9月4日号(35号)
  16.「抜忍」※初出:1966年10月9日号(40号)
  17.「黒鍬」※初出:1966年11月13日号(45号)
  18.「追跡」※初出:1966年12月11日号(49号)
  19.「りんどう」※初出:1967年1月8日号(2号)
  20.「憑移し」※初出:1967年1月15-22日合併号(3・4合併号)

a0141884_18303380.jpg

072.gif単行本
  1966年:ゴールデンコミックス『カムイ外伝』全2巻 ※前半16話分のみの収録
  1970年:現代コミック6『白土三平集』(双葉社) ※第11話「下人」のみを収録
  1972年:COM名作コミックス『カムイ外伝』(虫プロ商事) ※全2冊版
  056.gif1973年:COM名作コミックス『カムイ外伝』(虫プロ商事) ※全1冊版
  1976年:旧小学館文庫『カムイ外伝』第1巻から第3巻
  1978年:ロマンコミック自選全集『スガル』(主婦の友社) ※第8話「九の一」のみを収録
  1983年:ビッグコミックス『カムイ外伝』第1巻から第3巻
  1994年:小学館叢書『カムイ外伝』第1巻から第2巻途中まで
  1997年:小学館文庫『カムイ外伝』第1巻から第2巻途中まで
  2006年:ビッグコミックススペシャル『カムイ伝全集[外伝]』第1巻から第2巻途中まで
  2009年:マイファーストビッグスペシャル『カムイ外伝(映画表紙版)』(コンビニ本)上巻から中巻途中まで
  2011年:マイファーストビッグスペシャル『カムイ外伝』(コンビニ本)第1巻
  CD-ROM1997年:小学館MANGAROM『カムイ外伝』 ※効果音付
a0141884_18311824.jpg




a0141884_18361634.jpg
a0141884_18464030.jpg
a0141884_18451851.jpg

a0141884_18381598.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2016-07-31 18:28 | まんが道(みち) | Comments(0)

暑中お見舞い申し上げます。2016年盛夏

 暑中お見舞い申し上げます。

 TOKIOは雨季が明けました。
 ポケモンGO、どこがおもろいんすか。

a0141884_0124327.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2016-07-29 00:14 | しょのほか | Comments(0)

We're all gonna die! 結局、みんな死ぬんだよ!

 大橋巨泉氏の最後のテレビ出演となった「徹子の部屋」。左は永六輔氏=2月4日放送(C)テレビ朝日。
 ともに昭和9年(1934年)生まれの82歳。
 この日から5ヵ月後、この内のふたりがほぼ同時に鬼籍に入ろうなどとは、この時、誰知るや。

a0141884_22394469.jpg

 それにしても、信じられないほどの若いふたりの姿なのだ。(左:黒柳徹子氏/右:永六輔氏)

a0141884_2241255.jpg

 We're all gonna die! 結局、みんな死ぬんだよ!

a0141884_22433371.jpg

 時間って残酷だよな。
 
[PR]
by misaochan3x6 | 2016-07-25 22:47 | キャラ立ち | Comments(0)

東京都中野区大和町におけるカルトな盆踊り会について。

【2016年7月23日(土)・24日(日)】

 先日、東京都中野区大和町で、カルトのかほりを鋭く感じさせる、かように素敵な催しがあることをネットで傍受し、体調が回復すれば是が非でも観に行きたいと思っていたのだが、あいにく夏風邪をさらにこじらせた結果、2日間とも一歩も外出せずに家で床に臥(ふ)せっていたのだった。
 あのですね、いまさらなんですが、年号が書いてないけど、2016年の催しだよな。(笑)

a0141884_2233161.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2016-07-25 22:38 | 自分遺産 | Comments(0)

待ち人来たらずの2016年夏。都立和田堀公園でひとり。

【2016年7月18日(月)・

 3連休の最終日。
 何で祝日なのかは知らにゃ~い。

 この日は、ここ「都立和田堀公園」内のいつものこの場所で、音楽仲間と飲めや歌えの宴を催す予定だったのだが、この日の主役の人の都合が悪くて、やむなく中止しとしたのだった。

a0141884_21554531.jpg

 天気予報では雨だったにもかかわらず、当日は晴天に恵まれ、ご覧のとおりの天気となりぬ。
 とはいえ、負け惜しみではなく、実はボクもこの日は何だかノリが悪くて、中止になってホッとしていたのは確かなのである。
 ちょっと夏風邪気味で、調子は万全とはいえなかったしね。

 しかし、何年かぶりに一緒にギターでジャムりたいと思っていた、近所に住んでいるデザイナーのTさんには前もって連絡しており、中止の電話連絡が取れなかった関係上、午後1時から2時までの1時間、ボクはTさんが来るかも知れないと思い、ここで何もせず、ベンチに自分のアコギを置いたままじっと彼を待ち続けていたのである。
 そのTさんとは、056.gif約10年前に地域のイベントで活動をともにした懐かしい思い出があるんすよ。
 で、結果、彼は来なかったのであります。でも、ボクは彼を薄情だとは、ちっとも思わないんだな。

 なぜなら、約束とドタキャンはセットなのである。(by杉作J太郎)

 次にTさんと会える機会は、10年後かも知れないな。ううふふのふ。

072.gifPS.060.gifこの日、中野サンプラザでは、こげな楽しい催しがあるのことを、あとになって気がついたのだった。
 失敗、失敗。
[PR]
by misaochan3x6 | 2016-07-25 22:13 | 音楽とわたくし | Comments(0)

パンクは続くよどこまでも。そして、YMOのこと。

 大学入学のために上京した1977年の夏、ボクは故郷には帰らなかったと思いますね。

a0141884_082334.jpg

 その理由は、ボクにしかわかりません。
 口を割りたくない理由です。とても個人的で取るに足らなくて、ものすごく小さくてつまらない理由なんですが。
 ちなみに、この年ボクは19歳。もちろんヴァージンです。

 暑い夏だったと思います。
 女も、そして、友だちもいない千葉県稲毛にある四畳半のアパートの2階の部屋で、汗にまみれてオナニーばかりしていたと思います。
 死んだイラストレーターの渡辺和博は、「人間は汁である」という名言を残しています。
 そうです、その夏、ボクは汁まみれでした。否、この50年間、いつも。

 さて、翌年の夏,、1978年の夏休みは、帰郷した記憶があります。
 その時、5歳年下の妹からいわれたのが、この一言なのでした。

 「おにいちゃん、これがパンクよ!!」

 それが、この曲でした。

 072.gifThe Sex Pistols - Anarchy In The U.K




 そして、これ以後、世界のミュージック・シーンは、パンク・ニューウェイブ旋風に席捲されるのです。

a0141884_18344428.jpg

 そして、ニューウェーブ・シーンで忘れられないのがこの曲。いわずと知れたストーンズのDEVOによるカバーなのです。

 072.gifDevo - (I Can't Get No)Satisfaction (Video)



 さて、この曲にまつわるエピソードを、ちょっとばかし語ろうかな。
それは、1978年の秋のことではなかったでせうか。当時の田舎者の出自を隠せない二十歳のボクとしては、ずいぶん背伸びして、072.gif「六本木ピットイン」(1977年~2004年)に東京出身の友だちと行ったのです。

a0141884_202878.jpg
a0141884_20282996.jpg

 その日の夜、ステージに出ていたメンバーは、細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏、鮎川誠の4人。
 確か、黒のスーツというか燕尾服みたいな衣装で正装していた記憶があり、そして、早くもこの曲を完璧にコピーしていたセンスにはビックリしたのものです。
 実はあとで、これが、「YMO」の実質的なデビューだったと知ることになります。
 そして、これ以後、80年代初頭まで、怒濤の「YMO」旋風が吹き荒れることになるのであります。

 072.gifイエロー・マジック・オーケストラ(YELLOW MAGIC ORCHESTRA)
 発売日/1978年11月25日(アルファレコード)




 ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー(SOLID STATE SURVIVOR)
 発売日/1979年9月25日
 



 また、当時、巷には、072.gif貸しレコード屋「友&愛」が店舗拡大中で、ボクも文京区に住んでいた独身時代、白山にある店でレコードをよく借りていた思い出があり、「YMO」のレコードもよく借りた思い出がありますね。

 いまは、you tubeがあるから、そういう意味ではいい時代になったものです。まったくもって隔世の感がありますよね。

 072.gifPS.ジャポンにとっての「パンク元年」は、ボクの認識では、1977年だと考えているのですが、こんな画像を見ると、世界的にパンクの萌芽はすでにそれに遡ること3年前の1974年、NYで胎動していたことがわかるのであります。南~無~。

 072.gifTelevision with Richard Hell, rehearsing at Terry Ork’s loft, NYC, 1974.

a0141884_19572645.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2016-07-18 23:33 | 音楽とわたくし | Comments(0)

このギターの音だ、あのギターの音は!!

 ああ、いいな~、このギターの音。好きな音なんだ。どうやったらこんな音が出せんるんだろう。

 072.gifSuchmos "MINT"





 そういえば、このギターの音と同じグルーヴのカッコいいギターの音をボクは知っているのだ。

 060.gifそうさ、ICEの宮内和之(2007年12月18日没/享年43歳)のギターの音だよ。





 それにしても、ヴォーカルの国岡真由美、ええ乳しとるのぉ~。

a0141884_16241355.jpg

 あれから20年。夫の宮内和之亡きいま、彼女はどこで何をしているのであろうか。そして、いまでもあの時のスタイルと乳をキープしているのであろうか。





 大いに気になるのである。
[PR]
by misaochan3x6 | 2016-07-16 16:26 | 音楽とわたくし | Comments(0)

伊予はすでに16ではないのかっ!!

 先日、奥さんとの会話の中で、松本伊予が50歳であることが発覚。
 
 そんなバナナラマ(古っ!!)

 伊予はまだ16歳ではなかったのか!!
 いや、実は、あれから34年経っていたのだった。
 にわかには信じがたいが、どうやらほんとうのことらしいのだ。
 ふしぎだがほんとうだ。

a0141884_1671473.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2016-07-16 16:06 | キャラ立ち | Comments(0)

何とかならんのか、蓮舫の笑い皺!!

 何とかならんのか!!

 蓮舫の両眼の端から頬にかけて刻まれた何本ものあの笑い皺!!

a0141884_19253256.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2016-07-13 17:40 | キャラ立ち | Comments(0)

当たり前のことは、実はとてもありがたい(有難い)ことなのだ。

【2016年7月13日(水)】

 このブログで何度も同じことを書いて恐縮なんですが、わが子と一緒に過ごせる時間は、気がついてみると驚くほど短いのである。

 かつて、ボクも一人息子と一つ屋根の下で起居をともにしたのだが、いつの間にか彼は家を出て一人暮らしを始め、やがてお嫁さんをもらって家庭を築き、子どもがひとり生まれ、ふたり生まれして、そして今日に至るのである。

 もっと深く彼と関わって生きていればよかったと、今にして思うのだ。
 ボクは長い間、〝自分のお世話で忙しく〟、息子のことはほとんど奥さん任せにしていた時期が長かったのである。
 「後悔先に立たず」とは、まさにこのことなのだ。

 いまボクが、なぜ、毎月1回は必ず息子の家を訪れてふたりのお孫ちゃんに接しているのかといえば、息子が幼い頃、彼とふれあっていた時間の、いまではすっかり薄くなってしまったその記憶を、もう一度彼女らの身の上で追体験して取り戻そうとあがいているからにほかならい。

 家族と当たり前のように過ごしている時間は、その時間が失われてしまえば、実にありがたい(有難い)時間だったのである。
 逆にいうと、当たり前のことは、あとで気がついてはじめて、ありがたい(有難い)ことだったということがわかり、しかし、もうその時には後悔しても始まらないという厳粛な事実に気付かざるを得ないのだ。

 少し前に、ボクは056.gif、「ありがたい(有難い)」の反対語がすぐに回答できなかったことについて書いたのだが、その答えは、「当たり前」が正解だったのである。
 「ありがたい」は、文字どおり「有難い」のであり、そえゆえその反対語は、「ふつうにあり得る」すなわち「当たり前」ということになるわけだ。

 いま、ボクは、奥さんと「当たり前」のように同じ屋根の下で31年暮らしているのだが、この「当たり前」の環境が失われた時、ボクは彼女にしてもらった様々なことを「ありがたい(有難い)」と思うのだろうな。
 いま、しみじみとそのことに気付くのだ。
[PR]
by misaochan3x6 | 2016-07-13 17:33 | 自分遺産 | Comments(0)