<   2016年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

息子一家4人とボクとで帰省。そして、苦しかった2月のこと。

【2016年2月日20(土)~21日(日)】

 息子一家4人とボクとで、いまはわけあって実家を離れて別々に暮すことになった年老いた両親(父=85歳、母=83歳)の様子と、元の実家と、両親それぞれの新しい暮らしをこの目で見ておくために帰省す。
 島根プリーフェクチャーの県庁所在地である、松江というシティー(市)である。
 息子一家を連れて行ったのは、両親が高齢なため、次の機会を待ってはいられないと判断したためなのだ。
 両親にしてみれば、ひ孫に当たる家族(さくらとりお)を見せる目的もあって。

 羽田~出雲空港間の飛行機での移動となる。

a0141884_18223169.jpg
a0141884_1823275.jpg
a0141884_18264885.jpg

 ところで、息子がボクの故郷に行ったのは、ちょうど10年前だって、彼はそういってたよ。その時、彼は20歳で大学生だったのだ。
 ボクと2人での旅だったってことだけは覚えてるんだけど、ちょうど10年前だってことは、ボクの記憶の中にはないんだな。
 その時は、親子3代で松江城に行ったのさ。
 その息子が、いまや2児の父であるなんて、まったく時間とは恐ろしい。隔世の感があるのだ。

 父のことは、つらくてここでは書けない。10年間という時の刻む残酷さを呪わずにはいられない。母にはいまの生活環境はとてもよさそうだった。
 ボクが実家を離れて来年でちょうど40年になる。
 両親のことは、地元に残る妹夫婦の世話になりっぱなしなのである。感謝すること以外手がない状態だ。

a0141884_18154169.jpg
a0141884_18344629.jpg

 そして、このボクは、2月は仕事に忙殺された上に、その仕事に起因した悩みにずっとさいなまれ続けていた1ヵ月だったのだ。
 本当に、久し振りに苦しんだ。長年振舞って来た自分自身に由来する〝仕事習慣〟が原因でね。
 そして、先日、やっとどうにか、この長いトンネルを抜けたと感じることが出来るようになったってわけなのさ。

 生活習慣も、仕事習慣も、それが正しく行われていないと気づけば、気づいたその瞬間から変えてしまえばよいのだと、いまは思う。恐ろしいのは、まさに「習慣化」していることでそのことに気づかないことの方だといえる。
 イノベーションは身近なところにきっかけがあることに気がづいた次第。もうすぐ58歳になるこの歳で。
 
 何かを大きく乗り越えた自分への慰労という意味で、いま、ボクはこの曲を自分自身に贈ってみようと思うのだ。

072.gif The Moody Blues - I'm Just A Singer (In A Rock And Roll Band)



[PR]
by misaochan3x6 | 2016-02-28 12:13 | 自分遺産 | Comments(0)

地元の緑地帯で過ごす至福のひととき。

【2016年2月14日(日)】

 それにしても、何といふ陽気なのであろうか。ここ、TOKIOは、けふは5月並みの気温上昇で、そのバカ陽気につられ、地元に流れる川に沿う緑地帯へと出向き、ベンチに座ってスーパーで買い出したお昼ごはんを食す。

 風も強くて、「春一番」だったらしいんよ。

 さて、一旦帰宅したものの、そのまま家に閉じこもっているのはあまりにももったいないので、再び同じ場所にチャリで出向いたのは、もう午後3時半を回っていた頃のことだったのであ~る。

a0141884_17411892.jpg
a0141884_1742417.jpg

 外出のおともは、キャリフォーニャ・ワインで、このところお気に入りの056.gif「カルロ・ロッシ」のロゼなのだ。これ、飲み口がすご~くスッキリしてキレがよく、とてもてウマいです!!
 そして、読み本は、何年か前に古本で買っていた「レコード・コレクターズ」1998年10月号=「特集・カントリーロック」なり。

a0141884_17464814.jpg
a0141884_174729.jpg
a0141884_17471872.jpg

 カントリー・ロックなんて、ほとんど知らないジャンルなんだよな~。

 自分にはほとんど無縁でどうでもいい音楽ジャンルに関する読み物って、読む本に困った時の暇つぶしネタとしては、ものすごーく重要なんすわ。

 それにしても、周りを見渡せば、落ち葉はまだ冬物なり。あれ、これって、どこかで見た光景なんだよな。

a0141884_1835099.jpg
a0141884_17541136.jpg
a0141884_17542479.jpg

 そんでもって、近くに新しい公園を発見す。今度はこの公園に来てみよう。

a0141884_17594560.jpg

 1月末から2月に入ると急に仕事に忙殺されることになり、現在、神経をすり減らす日々が続くその合間に、ふと訪れた安息の時間に記す。



[PR]
by misaochan3x6 | 2016-02-14 17:45 | 地元アーカイヴ | Comments(0)

世田谷とわたくし。そして、浦沢直樹のこと。

 そういえば、しばらく世田谷区に足を踏み入れてないな~、と気づくのである。
 どれくらい足が遠のいているのかさえわからないな。チャリで30分も走れば区に届く距離なのに、このところ、極端に縁がないのである。

 小春日和の日に、チャリで東松原にでも出掛けてみたいものである。
 赤堤なんかもいいね。ここは、不況風などとはまるで無縁な、鼻歌混じりみたいに余裕をカマした金持ちのまちなのだ。

 そういえば、世田谷文学館は、いま浦沢直樹展なのか。

a0141884_2511360.jpg

 それに合わせてなのか、「美術手帖」も浦沢だ。

a0141884_2521891.jpg

 ボクはこの人の描線が大キライなのである。絵柄も含めてね。
 理由は、ない。キライなものは、キライでしかないのである。

a0141884_2542449.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2016-02-14 02:57 | まんが道(みち) | Comments(0)

KING OF POP考。

 「芸術新潮」に続いて「ユリイカ」までもが、江口寿史特集ってかい。

a0141884_5295151.jpg
a0141884_530553.jpg

 「KING OF POP」だなどとたわけたことを。まったくもって、しゃらくさいのお。ジャポンのポップも底が浅いわ。

a0141884_532214.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2016-02-13 05:32 | まんが道(みち) | Comments(0)

おなかいっぱいの2016年芸能諸事情。

【2016年2月7日(日)】

 わずか1,2ヶ月の内に、SMAP騒動、ベッキーゲス不倫、清原シャブシャブ逮捕と、おなかいっぱいの2016年なのだ。

a0141884_1394861.png
a0141884_1422846.jpg
a0141884_1474630.jpg




 そういえば、ASUKAってあれからどうしたかな。
[PR]
by misaochan3x6 | 2016-02-07 01:39 | キャラ立ち | Comments(0)