<   2015年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

月刊宝島1980年6月号・7月号を買いに、神保町「ブンケン・ロック・サイド」に。

【2015年5月30日(土)】

 神保町にある049.gif「ブンケン・ロック・サイド」((有)文献書院)に電車で向かう。
 ここは、056.gif先日、三摩地氏とおっさんデートした時に彼に教えてももらった古書店。

a0141884_196280.jpg
a0141884_1962322.jpg
a0141884_1964686.jpg
a0141884_197352.jpg

 この時目星を付けていたこの2冊を購入するためにね。

 072.gif月刊宝島1980年6月号・7月号/㈱JICC出版局
a0141884_18273088.jpg

 なぜなら、この2冊には、先般、生原稿を見せてもらった著述家=石飛 仁氏の草稿=072.gif「あの日たち」の原型が掲載されているからなのであ~る。

 題して、「わが心騒ぐ回想の六年代/前編(6月号)・後編(7月号)」。

 6月号=1,200円+7月号=2,000円/合計3,200円 を投じて購入す。

 そんでもって、同店退店後、近くの漫画専門店に何気に赴くと、先般訪れた明治大学付属「米沢嘉博記念図書館」で2,000円を投じて読んだ「週刊少年マガジン1969年No.15」が400円で売られていたのと、同じく「週刊少年マガジン」で、ちばてつやの最高傑作短編「蛍三七子」掲載号(1973年/37・38合併号)が500円で売られていたのを、静かに見留めたのだった。

a0141884_1944920.jpg
a0141884_2331227.jpg
a0141884_225669.jpg
a0141884_2255337.jpg

 あまりに適価であることにちょっとビックリし、よっぽど買おうかとも思ったのだが、次の瞬間、買ったとたんにすぐに飽きてしまい、結局ゴミになることがすぐに想定出来、このまま思いとどまった方が得策だなと咄嗟に判断して、結局、購入は思いとどまったのであ~る。
 南~無~。

a0141884_1952304.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2015-05-31 18:58 | 購本記 | Comments(0)

三摩地ライブ「どきどき食堂」@ときどき食堂(新宿区落合)鑑賞記。

【2015年5月23日(土)】

 060.gif業のパフォーマー=三摩地(さんんまじ)氏のライブ=056.gif「どきどき食堂」を観に行く。

a0141884_13342082.jpg

 場所は、おなじみの「ときどき食堂(新宿区落合)」なり。
 いつものようにチャリで向かうことに。

a0141884_13351036.jpg
a0141884_13353085.jpg

 今回の出し物についての三摩地氏自身の前口上は以下のとおりなのだ。

 “食”と“死”をテーマにした恐怖のオムニバス・ストーリーです。
 血も凍る冷たいスープに苦味の利いたオードブルの数々…デザートには毒入りタルトをどうぞ!

 つまり、会場である「ときどき食堂」で、その名をもじって以下のメニューで、それぞれの味付けの小咄というかショーとストーリーを語るという嗜好なのだ。
 で、どきどきする話のレストランメニューだから、「どきどき食堂」というわけなのだ。

a0141884_1346627.jpg

 前回のこの会場でのパフォーマンスは、2013年11月17日(日)のこと。
 もう一昨年のことになるのか。月日が経つのがほんとに早過ぎるわさ。

 前回は全然気にならなかった演者と客の距離が、今回はひどく近いことがとても気になり、そのせいで劇にほとんで集中出来なかったんすわ。
 それに全体の構成が散漫な上に、小咄というかショーとストーリーの語りの中で、それとは関係のない横道にそれた展開も多くあり、なおさら客の集中を欠くありさま。
 仕事の疲れが抜け切れず、劇中居眠りをしていたボクの罪はもちろん認めて上のことである。

a0141884_14145078.jpg
a0141884_1415467.jpg
a0141884_18392326.jpg
a0141884_14152583.jpg
a0141884_14154251.jpg

 パフォーマンス終了後、三摩地氏を囲んでみんなで軽~く打ち上げ。

 そして、この打ち上げ後、場所を移しての2次会の席で、ボクは今回の出し物の散漫さを踏まえて、あらためてハッキリと三摩地氏に、戯作者としての自覚と立場を明確にして欲しいと進言。
 何よりそれが、彼のファンとしてボクがいま最も望んでいることだからなのだ。


a0141884_1416316.jpg

 ところで、この「ときどき食堂」の経営者であるふるうちさんによると、このお店は諸事情で5月いっぱいでお店を閉めるとのことである。
 店内には彼女の自作の焼き物がいろいろと展示されていたのだが、その中に「エルマーとりゅう」に出て来る竜の焼き物を発見して、ボクはひどく反応す。

a0141884_1433578.jpg

 というのは、この童話は、ボクがはじめて1冊をきちんと読んだ本だからなんだわさ。
 小学校1年生の時、学校の宿題で読書感想文を書かされた時にボクが選んだのが、実はこの本だったからね。1964年のことである。

072.gif エルマーとりゅう
 福音館書店/世界傑作童話シリーズ
 ルース・スタイルス・ガネット作 /ルース・クリスマン・ガネット絵 /渡辺茂男訳
 初版年月日:1964年8月15日

a0141884_14342433.jpg

 で、この竜を所望したところ、羽が取れてしまったので接着剤で止めてあり、作者としては売り物にはふさわしくないとのことだったので、あらためて作ってもらったら、それを購入することにしたのである。

 それにもうひとつ、「星の王子さま」の中のエピソードのひとつに出て来る、一見帽子と見える「ゾウを飲みこんだウワバミ」(中身の見えない版)も立体化して作ってもらうことにしたのだった。
a0141884_14504473.jpg

 あ、もう作った人がほかにいるみたいだな。

a0141884_1456641.jpg
a0141884_18475263.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2015-05-31 13:35 | キャラ立ち | Comments(0)

内田裕也氏とアニマルズ。

 072.gif 俺はロッキンローラー/廣済堂文庫/2009年第1版1刷
  1976年発行の単行本(講談社刊)の文庫復刻版。

a0141884_10502924.jpg

 あのですね、この本には、こんな記述もあったんすよ、ご同輩。
 出されたお題に対して裕也氏が反応して答えるといった体での問答集みたいなコーナーで。

 孤独
  「孤独といえば───アニマルズ」
  
 ってな具合。

 ふ~ん、そうなのか。内田裕也氏にとっては、アニマルズは孤独の象徴なのか。裕也氏この反応は、ボクにはかなり面白いものに感じたのだった。

 そういえば、ある雑誌の「私のレコードこの1枚」みたいな企画で、ピーター・バラカン氏が選んだのがこの1枚だったのだ。ボクには、このチョイスも十分に意外なものだったんだよな。
 そうか、アニマルズには、こんなアルバムもあったのか。

 072.gifThe Animals - Animal Tracks/1965
a0141884_22153912.jpg

 

[PR]
by misaochan3x6 | 2015-05-24 22:11 | 音楽とわたくし | Comments(0)

ストーンズ北米ツアー1975のこと。

 「別冊宝島② 道具としての英語」。

 自部屋の中に本が増えすぎてしまい、初版で買ったはずのこの本が見つからない。上京年(1977年)に買ったのではないか。

 
a0141884_10283323.jpg

 何を探していたのかというと、この本の中に、ストーンズがトラックの荷台をステージにしてライブをしているモノクロの写真が載っていて、ステージのバック描かれていたイラストがものすごくカッコよかったので、まずはそのページをここに貼ろうと思っていたのだが、見つからない。
 同じように探している本が、あと3冊あるんすけどね(泣)。

 ちなみに、そのカックいいイラストってのは、この絵なのだ。
 40年経っても、ちっともそのカッコよさは衰えてないだろ、ブラザー。

a0141884_10363499.jpg

 なぜ、ボクがこんなにストーンズの写真にこだわっているのかっていうと、内田裕也のこの本を読んでいたら、ストーンズのそのライブが、1975年の北米ツアーにの時に行われたゲリラ・ライブのことだということがわかったからなんだ。

 072.gif 俺はロッキンローラー/廣済堂文庫/2009年第1版1刷
  1976年発行の単行本(講談社刊)の文庫復刻版。

a0141884_10502924.jpg

 ちなみに、裕也氏はその時、このツアーのレセプション会場に招かれていたそうだが、2時間待っても記者会見が開かれず、その間、外でこのゲリラ・ライブが行われていたっていう記述を読んで、ああ、なるほどそういう経緯があったのかと思ったのでね。
 いや、その現場のすぐ近くに居合わせた内田裕也って男もすごいよな、と感じながら。
 1975年5月1日、ニューヨークの5番街での出来事なり。

 なお、このレセプション会場は、薄汚れたホテルの大部屋で開かれたとのことで、中に入るのに厳しいチェックを受けたそうな。また、会場内には無数のマイクが立てられ、テーブルの上には中華料理のスナックとワインが並べられていたのだとか。 
 それに、このステージには、キーボード奏者のビリー・プレストン(5番目のビートルズといわれた男。ビートルズとストーンズの両方で仕事をしていたこの男もすげーわな)がいたことは、裕也氏のこの本に頼らなければ、誰もわからないことなのである。これもまた、すげー貴重な記録なのだ。

 余談だが、その時ボクは高3のチェリーボーイで、教室の中で疎外感にさいなまれながら授業を受けていたはずなのだ。

 さて、そのゲリラ・ライブで、ストーンズは〝ブラウンシュガー〟1曲やって立ち去った模様。ちなみに、このアイディは、ドラムスチャーリー・ワッツ氏の案だとか。
 それにしても、いまやその画像がタダで観られるなんて、恐ろし世の中です。




[PR]
by misaochan3x6 | 2015-05-24 10:28 | 音楽とわたくし | Comments(0)

紫陽花の季節到来2015。

【2015年5月23日(土)】

 つつじの季節も終わったかと思ったら、いまは薔薇で、もう紫陽花の季節を迎えるんすね~。
 紫陽花、ボクは好きですな~。

a0141884_10222437.jpg
a0141884_10224741.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2015-05-24 10:24 | 花・草・木とわたくし | Comments(0)

亡国の日傘男発見。

【2015年5月23日(土)】

 所用ありて早稲田通りをチャリで新宿区落合方面に向かっている途中、目の前に日傘を差して歩いている男を発見。
 
a0141884_938356.jpg

 この日の本(ひのもと)=ジャポンに、ついに紫外線を嫌う美白願望男が出現するようになったのか。
 男なら日焼けではないんかい!!

a0141884_9503646.jpg

 亡国日本、ここに極まれり。絶句。
 (念のため本人の顔を確かめたのだが、美肌を願望をされるような器量のお方ではごじゃりませんでしたが)
[PR]
by misaochan3x6 | 2015-05-24 09:34 | キャラ立ち | Comments(0)

アカ子登場。

【2015年5月23日(土)】

 あっ!!
 最近話題の(わが家限定)アカ子を発見!! (命名、ボク。名前はあるらしいのだが、アカ猫だから、アカ子)
 その素性は、ご近所の飼い猫(らしい)。首輪してるしね。

a0141884_9183217.jpg

 以前からわが家の玄関先に来ては、うちの愛猫みーちゃん(推定年齢7歳半。もう熟女)を相手に、彼女の目と鼻の先の距離でにゃ~にゃ~鳴きまくる猫がいると奥さんから聞いていた、噂のにゃんこなのであ~る。
 そう聞きかされると、みーちゃんをかどわかす不逞の輩かと思ったのだが、実はメスで、おばーちゃんなのだとか。
 けふ、はじめて本人と遭遇したので、即写。

 彼女に鼻先で鳴きまくられても、みーちゃんは一向に無反応=無関心なのだとか。 
 それもおもしろいですな。
 声をかけると反応して鳴き返してくる、けっこう人懐っこいキャラのおばーちゃんにゃんこでした。
[PR]
by misaochan3x6 | 2015-05-24 09:17 | みーちゃんとわたくし | Comments(0)

久しぶりの「大塚うたごえ酒場」。

【2015年5月21日(木)】

 歌う労働者の集い056.gif「大塚うたごえ酒場」。
 はじめてここを訪れたのは、2009年9月30日(水)のことだった。
a0141884_20224962.jpg

 そして、この日の2次会で、いまのボクの音楽仲間である<チーム金子>のメンバーと出会ったのである。
 あれから6年。
 その間、息子は結婚し、2児の父親となり、必然的にボクは2人のお孫ちゃん(2人とも女の子)の爺さまとなり、そして、ソロになると、ボクはアコギを弾いて歌うようになりました。
 ああ、時は流れる。

a0141884_10564379.jpg

 当日の模様を活写。

a0141884_1192518.jpg
a0141884_1194659.jpg
a0141884_11101247.jpg
a0141884_11104455.jpg
a0141884_1111454.jpg
a0141884_11133642.jpg
a0141884_11162175.jpg
a0141884_11135832.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2015-05-22 20:23 | 音楽とわたくし | Comments(0)

吉祥寺慕情2015。そして思い出す東京のまち体験。

【2015年5月16日(土)】

a0141884_22541829.jpg 所用ありて吉祥寺にチャリで行く。

 東京には長い間住んでいるのだが、このまちには、よっぽどの用がない限りめったに足が向かないな~。

 1977年の上京以来、然り。

 そして、1992年に杉並区に住み始め、中央線沿線住民となって以来然りなのだ。


 新宿みたいに、「ボクが行く意味(=価値)はないまちだよな」ってばっさり切り捨てられないのは、このまちに半分嫉妬しているからかも知れないな。

a0141884_052823.jpg
a0141884_083992.jpg
a0141884_0121630.jpg

それににしても、「住みたい東京のまちNo1=吉祥寺」とかってさ。

 確かにかっこいいまちであることには間違いないんだけど、武蔵野文化人面(つら)したような漫画家のいしかわじゅんだとか、同じく漫画家で、田舎もんのくせにスカして暮している風の江口寿史がいるまちには、どうにもひどく抵抗感があるんすよ、同じ中央線沿線住民としてはね~。

 スカした「スタバ」より、庶民派の「ドトール」の方が入店しやすいのと同じ感覚で。

 チャリを置いてちょっと駅前周辺を歩いてみたんだけど、駅ビルRON RON(ロンロン)がatre(アトレ)に変わっていたり、近鉄百貨店がヨドバシカメラに変わっていたりと、ある種〝浦島太郎状態〟なのさ。
 いまさら何をと笑われるかも知れないのだけれどもさ。
 それほどこのまちのことは、何にも知らないってわけなのさ。

 あのですね、「ハーモニカ横丁」って、この日、はじめて足を踏み入れたんですわ。どうだい、ボクって終わってる?

 書きながら思い出したんだけど、そういえば、もうずっと、下北沢にも行ってないな~。
 そんでもって、これまた書きながら連鎖的に思い出したんだけど、1977年上京時に、東京のガイドブックとしてボクが利用していたタウンマガジンは、「月刊シティロード」だったよな。確か出版社は主婦の友社だっけか。
 その雑誌の真ん中にあった(と思うな)イラストマップが、上京したてのボクのような田舎ものにはありがたかったよね。
 秋山育(イラストレーター)の表紙で覚えてるのさ。(あのですね、ネットで引っ掛けた下のイラストは、彼のものではないと思います。彼のイラストと思われるバックナンバーが1冊だけボクの部屋のどこかにあるはずなんですが、見当たりません。(泣))

a0141884_22563457.jpg

 そうさ、あの頃は、そのイラストマップを隠し持ちながら、孤独なこころを道連れに、野良犬みたいに新宿だとか池袋だとか渋谷だとか下北沢だとか、そして、恐る恐る六本木だとかを歩いたものなのさ、決して田舎もんだとは悟られないようにしながらさ。

 ほとんど足を運ばなかったのは、赤坂、青山、原宿。
 浅草なんて埒外だったさ、泥臭過ぎて。
 恵比寿は就職してから知ったまち。高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪、西荻窪は、家族ができてから知ったまち。
 こんな風に書き出してみると、ボクの「東京地図」は、<記憶>と<現在=現地訪問によるフィールドワーク>の対比で描くことができるかもね。

 ところで、今度ひとりで、あの頃の「月刊シティロード」と出会うために、072.gif「宅壮一文庫」を訪れてみようかな。

a0141884_2333321.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2015-05-17 21:46 | 東京みかん | Comments(0)

日本の音楽と音響を切り拓くYAMAHAの世界。

 
a0141884_2134645.jpg
 
a0141884_21343185.jpg

 ほお、YAMAHAがPA(パブリック・アドレス=ナチがプロパガンダのために作った音響システムが起源とか)を作っていたとはね~。 

 それにしても、楽器作りの他に、モーター製造技術を生かしたバイクやモーターボートなんかも作っていたりして、何だかへんてこりんな会社ですわな、よく考えてみますとね。
[PR]
by misaochan3x6 | 2015-05-17 21:37 | 音楽とわたくし | Comments(0)