<   2015年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

absolutely パットマンX。そして、ジョージちゃん。

【2015年1月25日(日)】

 ボクの少年時代(1966年/8歳小3~1977年・19歳大学1年)までの11年間を形作ってきたのは、
ロック・プロレス・マンガ・ギャグ である。そして、「三つ子の魂百まで」のことばどおり、この年になってもそれらの惑星圏内からは金輪際逃れられないのだ。特にマンガはね。

a0141884_22373931.jpg

 というわけで、きょうは「パットマンX」(「週刊少年マガジン」1967年~1968年連載/ジョージ秋山:1943.4.27~)がどーしても読みたくなって、午後、〝中野まんだらけ〟にチャリをトバしたってわけなんだ。
 実は、むかしむかし、カバーの取れた若木書房版の「パットマンX」全5巻の内の第4巻だったかを持っていたのだが、出来心で捨ててしまい後悔しきりで、ず~っとこの作品のことが気になっていたのだった。

 【参考】イズミ少年の漫画日記 
 072.gif第13回「報われない愛のヒーロー」パットマンX(ジョージ秋山)その1

 072.gif第14回「1968年の香港カゼ」パットマンX(ジョージ秋山)その2

a0141884_20524564.jpg
a0141884_21445577.jpg

 それにしても、中野は久し振りだな。

a0141884_20281225.jpg

 〝中野まんだらけ〟の4階=072.gifマニア館に到着。

a0141884_20314936.jpg
a0141884_20431449.jpg
a0141884_20433322.jpg

 店内に入り、若木書房のコーナーを探すと、すぐに「パットマンX」第1巻(1969.12.20第2刷)を発見し、購入。1,80円(税込)なり。
 この作品の内容は、まさにこの第1巻のカバーに記されたファンからの次のコメントに集約されている。

 「〝パットマンX〟のほのぼのとした笑いや涙が、いまのかさかさした若い人の心に、とてもすばらしい栄養をあたえているように思えるのです。」

 高度経済成長期のジャポンでは、既に40年以上も前に、現代人である若い人の心はかさかさしていたのである。

 そして、このペーソスに満ち満ちた作品がジョージ秋山の心根のどこに由来するのかといえば、同じくこの第1巻の巻末に記された、この作品で第9回(1968年)講談社児童まんが賞受賞した彼自身(当時25歳)のコメントから読み解くことが出来るのだ。
 ここから直感的に、ある種の差別にさらされた弱者の視点のようなものをうっすらと感じてしまうのはボクだけだろうか。

a0141884_2143418.jpg

 その後、一流作家の仲間入りして功なり遂げた後のジョージ秋山の自画像の特異な世界観も、結局、そこから由来するのではないかとね。

a0141884_22254113.jpg
a0141884_22255868.jpg
a0141884_2226915.jpg

 「週刊少年マガジン」でこの作品が連載された当時の内田勝編集長による「巨人の星」、「あしたのジョー」といった梶原一騎原作をはじめとした〝劇画インベージョン〟が始まる直前の、牧歌的だがどこか哀しみを秘めた少年世界を<児童マンガ>の中で体現した最後の砦といった体の作品なのだ。

 これに比べれば、小学館「週刊少年サンデー」連載の藤子不二雄や赤塚不二夫の作品などは、今にして思えば内省化されたナイーブさのかけらもない、ジャンクフード的な<児童マンガ>の世界なのである。

a0141884_20335581.jpg
a0141884_21463644.jpg

 ちなみに、5巻揃いでは、5,000円(税別)でしたが、今回は手を出さず。

a0141884_20354254.jpg

 ついでに、表のショーケースの「追悼 平井和正」のコーナーにある「エリート」朝日ソノラマ版 SUN WIDE COMICS全2巻(1985初版)も購入。こちらは2冊で1,80円(税込)。お得なり。

a0141884_2044091.jpg
a0141884_20441728.jpg
a0141884_20501725.jpg

 ところで、このマンガ・ソノシートは何と42万円の値がついておるではないですか。

a0141884_21495911.jpg

 ま、この値段でも買いたい人は買うでしょうんでしょうね。そういう意味では、妥当な額ともいえるんでしょうが、んがしかし、買ったとたんに彼の所有欲は満たされ、その瞬間、このソノシートは一瞬にして無価値化されるのでありまして。
 で、再び手放すことになり売られる時には、わたくしが古物商なら買い取り価格はいいとこ3,000円から5,000円ってとこですかな。
 資本主義化されたこの世界では、人間が介在する交換行為による<価値の差異>なんてものは、だいたいこんなもんだと思いますね。

 さて、帰宅途中、NTTビルを過ぎる辺りに見えるインテリジェント化された中野区駅前のビル群。右側に見えるのはKIRINビール、その向こうに見えるのは明治大学のビルなのだ。

a0141884_2159796.jpg

 おんや~? その左側に見えるこの建物は、音楽スタジオではないですか。出来たんすな、いつの間にかこんなものが。
 近くに大学も出来たので、経営者が学生需要を感じたのか。かつて、わたくしがキーボードを学ぼうと苦闘していた頃(2013年4月~11月。結局、挫折)、一時利用した高田の馬場にもあるスタジオ・チェーンの1店のようですな。

a0141884_2283065.jpg

 かくのごとく、まちは新陳代謝を繰り返す。
[PR]
by misaochan3x6 | 2015-01-25 20:26 | まんが道(みち) | Comments(0)

「STOP!教育の貧困2015 FOR EVERLIFE」というイベントに行ってきましたぜ。

【2015年1月24日(土)】

 〝大久保R’sアートコート(大久保労音)〟で開催された「STOP!教育の貧困2015 FOR EVERLIFE」というイベントに、電車に乗って赴く。

a0141884_7135554.jpg

 前回は、「STOP!教育の貧困 トーク&ライブ」のタイトルで2010年8月28日(土)に新宿で開催され、ボクはこの時も会場の人となっている。
 そうか、あれからもう5年経つのか。その間、3.11(東日本大震災)を挟んで。

a0141884_19163032.jpg
a0141884_7142233.jpg
a0141884_7165256.jpg

 東京都の定時制高校の先生たちが主体となって開催されるこのイベント。
 前回から5年が経ち、この国の貧富の格差が進行したことの影響で、貧困家庭の数は増え、そのため学費が払えない家庭の奨学金申請数は倍増したとのことだ。

 また、海外では奨学金の返還義務はないのがスタンダードとのことで、ジャポンのように返還義務がある上に利子まで取られのは、〝スカラシップ〟ではなく〝ローン〟というにだそうだ。

 なるほどねー。

 やっぱ、思ったとおり大した国じゃないわ、ジャポン!!

 そんでもって、かの大国亜米利加にいたっては、やっぱりわが国と同じく〝ローン〟らしいのだが、返済できない男子学生は兵役を課されるのだとか。ゾゾ~~ッ。
 わが国の未来が暗示されてはいまいか。


a0141884_7171797.jpg

 072.gif五十嵐政史とソウルブラザーズ▼

a0141884_717428.jpg

 072.gifみほこん▼

a0141884_718021.jpg

 072.gifちくわ朋彦▼

a0141884_7181616.jpg

 072.gifよしだよしこ▼

a0141884_7182881.jpg

 それにしても、よしこさん、ギターうまいな~。

 鳴りがいいし、ひとつひとつの音がすごくきれいで、まっすぐハートに届いて来るのでありますよ。いつもおんなじこと書いてますけども。それに、声もいいしね~。
 うらやますぃ~わ、とても。

a0141884_742980.jpg
a0141884_7422272.jpg
a0141884_742355.jpg

 見よ、この美しいセーハ(左手人差し指による全弦カバーフォーム)!!完璧だ。ボクはこのフォームが出来ない。

a0141884_7455279.jpg

 そして、左手親指にも注目してほしい。この親指の立ち方も美しいではないか。ボクは手が小さくて、こんな風に親指が美しく反り返らないのだ。

a0141884_7501784.jpg

 さらに、このコードでは、左手親指がネックにしっかりとかぶさっているのがおわかりだろうか。これ、ギター弾きの理想のフォームなんすよ!! いや~、まったくもって見事というほかないすわ。ボクは手が小さくて、こんな風に親指がネックにかぶさらないのでありんすわ。

a0141884_7581859.jpg
a0141884_7583067.jpg

  072.gif中川五郎▼

a0141884_8123653.jpg
a0141884_8124995.jpg
a0141884_813366.jpg
a0141884_8131448.jpg
a0141884_8132789.jpg
a0141884_8135151.jpg

 五郎さんのこの日のステージは、あまりパンキッシュな感じがしなくて、ボクとしては少々物足りなさを感じてしまいましたけどね。
 ま、プロ、アマ関係なしに、歌は<心・技・体>。ノリのいい日もそうでない日もありますわな。
 そして、全員でのステージ。

a0141884_8183299.jpg
a0141884_8195711.jpg

 終了後、交流会開催。主催者挨拶、五郎さん、よしこさんの挨拶などがあり、楽しいひと時を過ごしました。

a0141884_8284080.jpg
a0141884_829341.jpg
a0141884_830068.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2015-01-25 19:17 | 音楽とわたくし | Comments(0)

on〝I Shall be Released〟.

【2015年1月20日(火)】

 休み時間にお昼を食べに外出した際に時々立ち寄る書店の雑誌コーナー。
 そこで見かけた072.gifRolling Stone (ローリング・ストーン) 日本版2015年/2月号。税込710円なり。

a0141884_1229928.jpg

 072.gif巻頭大特集=「忌野清志郎、不滅の魂」
 どうやら、2015年2月10日(火)から全国公開される061.gif「忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー The FILM ~♯1入門編~ 」(上映時間:126分 )に合わせたカバー・ストーリーみたいだな。

 「この清志郎の顔は、いい表情してるなー」って思いながら、でもボクは熱狂的な清志郎信者ではないので(何だかサブいんよ、清志郎信者の皆さんの居様って)、パラパラと中味をめくって立ち読みしていると、
 052.gif〝DYLAN'S ACCIDENTAL MASTER-PIECE〟=「ボブ・ディラン-偶然の傑作」という特集記事に遭遇する。

a0141884_637464.jpg

 この記事関連で前置き的にいうと、物の本によれば、フォークからエレクトリックに転向し、最初の絶頂期を迎えていたディランは、1966年7月29日、ニューヨーク州ウッドストック近郊でオートバイ事故を起こし、重傷が報じられ、その後、彼はすべてのスケジュールをキャンセルし、再起不能説や死亡説などの噂が流布する中、入りショービジネスの世界から一旦は姿を消し隠遁生活に入る。

 その間、翌1967年の春から1968年の初めにかけて、彼はニューヨーク州北部のウッドストック近郊にこもり、ディランの自宅やスタジオを使って、ザ・ホークス(のちのザ・バンド)のメンバーとともにレコード会社向けデモテープの制作に打ち込む生活を送る。
 このスタジオは、ザ・ホークスのメンバーであるリチャード・マニュエル、リック・ダンコ、ガース・ハドソンが借りていた一軒家の地下室に作られ、この建物は〝ビッグ・ピンク〟と呼ばれた。

a0141884_1414143.jpg

 そして、ここで録音されたテープは〝ベースメント・テープス〟と呼ばれ、その後、音源が流出し続け、このデモ音源の一部が1975年にロビー・ロバートソンの手により、新たにオーバーダブを加えた改良版として「地下室(ザ・ベースメント・テープス)」のタイトルで公式発表されるまで、数々の海賊版(ブートレグ)を生むことになる。


a0141884_1422973.jpg

 というわけで、この特集は、 064.gif2014年11月、ブートレッグ・シリーズ第11弾として発売された「ザ・ベースメント・テープス/完全版」登場に合わせて書かれた記事であり、ボクは清志郎の特集記事よりは、こっちの方に反応したってわけなんであ~る。








 そこで、ケツポケットから早速財布を取り出し、この雑誌を購入。


a0141884_13224088.jpg しかし、そもそもボクは、1975年に発売された「地下室(ザ・ベースメント・テープス)」のアルバムジャケットのセンスの悪さを理由に、この音源を一切聴く気もないので、今回の完全版にももちろん興味もない。

 むしろここで書きとめておきたいのは、この記事の中に記述された〝I Shall be Released〟が、はじめて人の耳に触れた時の、震えるように感動的なエピソードのことなのさ。

a0141884_6384546.jpg
a0141884_644435.jpg

 というわけで、あらためて〝I Shall be Released〟をきちんと意識することが出来、ようやくこの曲を心をこめてしっかりとカバーしてみようという気になったってわけなんだ。





 そんなこんなで、いつもながらに個人的な動機を長文で読ませてしまってごめんね、ジロー。

072.gifPS.あのですね、「デイブ・グロールインタビュー」もいいぞ!!何より、彼のルックスが好きだわ!!

a0141884_6412497.jpg
a0141884_13355333.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2015-01-25 12:45 | 音楽とわたくし | Comments(0)

十兵衛の涙。

 闘いに散った友を思い決然と立つ女(確か、設定は小学生のハズだぞ!!)の、ここまで美しい表情と涙をボクは見たことがない。
 彼女の名は、第二十五代 柳生十兵衛三厳(みつよし)。
 それに、このセリフのキレもしびれんばかりのカッコよさなのだ!!

 よし、さっそくここに貼っておこう。

a0141884_1237952.jpg

 それにしても、豪ちゃんのこの時の描線の勢いとキレは、ほんとにすげーわ。脱帽です。

 この絵は、国宝に指定すべきだと思います。

[PR]
by misaochan3x6 | 2015-01-24 12:50 | キャラ立ち | Comments(2)

上野で底辺酒。

【2015年1月22日(木)】

a0141884_23122787.jpg 仕事帰りに職場の同僚と、時々立ち寄る上野の立ち飲み居酒屋で飲み。

 ボクはひたすらハイボール。ここ何年もビールからは遠ざかっているのであります。

 で、ひたすら飲んで食べて、最後の酒は熱燗を頼んだところ、とっくりで来るかと思いきや、何とコップ酒で登場だー!!


 いや、いいっすね~。底辺労働者が頼む熱燗は、やっぱりコップ酒に限りますね。

 VIVA台東区。VIVA上野。

 このまちには底辺労働者がよく似合う。

 
a0141884_10313433.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2015-01-22 23:12 | 自分遺産 | Comments(0)

ギブソンSGのひみつ・ヒミツ・秘密。

 拾ったタブロイド誌に載っていたナイ~スなギター情報。
   072.gif夕刊フジ/2015.1.20 tue(29日発行)

a0141884_22365173.jpg

 ああ、そうなんすか、Fが弾きやすいんだ。知らなんだ。

 でも、ボクはむかしからSGのプロポーションってカッチョわるいよな~って思ってた派なんで、この企業度努力は、むしろフェンダー社に求めたいところなんだよね~って、この記事を読んで感じた次第なんでありますよ、ブラザー。

a0141884_2248787.jpg

 ところで、F。人差し指で全弦カバー(セーハ)できなくても、〝にぎりF〟で十分弾けるんすよ。「でも、それはF7っしょ」っていわれても、そんなの関係ねー!!(古っ。サブ~)
 それがどーしたって顔で弾けばいいと思いますよ、ボクは。

a0141884_2315314.gif

[PR]
by misaochan3x6 | 2015-01-22 22:34 | キャラ立ち | Comments(0)

お食事処みかん。

【2015年1月19日(月)】

 a0141884_23372979.jpg気が付けば、もう1月も終わりですな、ご同輩。

 ところで、この日、お昼を食べに外出したところ、「遊食・みかん」という食事処に遭遇しました。

 ちなみに、台東区台東3-33-7っす。あいにく入店はしませんでしたが。(笑) おっ、072.gif「ぐるなび」に出てるぞ。



 これは一度行かねばね。
a0141884_22331422.jpg
a0141884_2233365.jpg
a0141884_223350100.jpg
a0141884_22372463.jpg
a0141884_22374222.jpg
a0141884_22375718.jpg
a0141884_22381329.jpg

 え~っとですね、なにゆえにわたくしがこんな風に「みかん」に反応しているかと申しますと、実はわたくしは、056.gif「東京みかん」というまちあるき散歩集団を、仲間の宮さん(東京みかん代表)と作って、今年で13年になるんすよ。

a0141884_23443532.jpg

 ところで、界隈にはこんな素敵な物件もありましたので、ついでにご紹介しておきますね。

a0141884_22414392.jpg
a0141884_22415893.jpg
a0141884_22421259.jpg
a0141884_22422855.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2015-01-20 23:38 | 東京みかん | Comments(0)

今年はじめての〝ヘブンズドア〟@西荻窪。

【2015年1月18日(日)】

 えー、064.gif本厚木での〝もちつき大会〟に参加して帰宅した後、寒風の中、アコギをかつぎチャリをトバして、行きつけの〝ヘブンズドア〟@西荻窪のオープンマイク・デーに参戦す。
 今年お初なり~。それにしても、我ながらオレも元気だよな~、好きなこととなると。(笑)

 店に到着し、地下への階段を降りて重い防音ドアを開けると、TOMOさんの演奏中。あいかわらずこの人のキーボードはウマいな~。ボーカルも勢いがあるし~。

a0141884_13294120.jpg

 そんでもって、このあと、常連やニューカマーが次々にステージに立つ。

a0141884_13323626.jpg
a0141884_13325343.jpg
a0141884_13342660.jpg
a0141884_1334535.jpg
a0141884_1335770.jpg
a0141884_13352267.jpg

 この日ボクが歌ったのは、他の人にギターは弾いてもらってこの曲を。



 このあと、自分でギターを弾いて060.gif次の曲(Pink Floyd/See Emily Play/1967)を歌い始めたところで、すぐに1弦が切れてしまったので、即刻演奏中止に。何しろこの日は、本厚木の持ちつき大会で昼頃から延々飲に続けていた上に、この店で自分の順番が来るまでけっこう時間がかかって眠たくなって、しらけてしまったからなんすわ。

 ところで、このオープンマイク・デーの常連の中には、Black Sabbathを歌う女の人と、それを支えるエレキギターの人(ギブソンSGの使い手)がいるので、今度、このギター弾きの「虹色さん」にギターをお願いしながら、この曲をぶっ放してみたいと思っちょるんでありますわ。

 果たしてウマくいくかな~。いひひのひ。


[PR]
by misaochan3x6 | 2015-01-20 20:55 | 音楽とわたくし | Comments(0)

今年も本厚木で〝もちつき大会〟開催。

【2015年1月18日(日)】

 さて、この日、本厚木のとあるお宅で開催される〝もちつき大会〟が今年も開催されるという情報を事前に確認しておいたので、今年は<チーム金子>のメンバーも誘って参加することにしたんでありんすわ。

a0141884_2034679.jpg

 といいますのも、064.gif昨年参加して楽しかったは楽しかったんですが、〝もちつき大会〟だけでは何かが不足しており、それは何かいえば、せっかくの人々の楽しい集いにもかかわらず、「音楽が決定的に足りなーい!!」という不満だったのであ~る。

 そこで、主催者の方には、「仲間の楽団を連れて行きます」と伝えたところ、「東京から楽団が来る~!!」っていう風にえらく期待されて喜んでもらえる好感触を得たのであった。

 というわけで、<チーム金子>のメンバーのうちボクを含む4人(一人都合が悪く欠席)で小田急線の新宿駅待ち合わせて、急行に乗り、1時間後に着いた本厚木駅前でタクシーを拾って会場に向かうことに。

 昨年同様、今回も大変お日柄がよく、会場に到着するや否や(as soon as)もうご近所の方も集っておられ、既に火も起こされて湯が沸き、せいろでは早くもその蒸気によって蒸された餅米が蒸し上がって、臼に移されるところでありんした。つまり、催しはもう始まっていたんすわ。ぎゃーっ!!
 時間でいえば、午前11時半頃なり。

a0141884_20355067.jpg
a0141884_2037834.jpg

 何と、庭先に出されたテーブルには、早くもご馳走の品々が並べられているではあ~りませんか。え~っと、メニューとしましては、タンドリーチキン、チーズチキン、チリビーンズ、厚揚げと大根のおでん、焼き魚などなどー。そのあと、小豆ぜんざいも登場~。じゅるる~。

a0141884_20361289.jpg

 そんでもって、早速、もちつき開始。まずは、蒸した餅米を半搗きして柔らかくしながら、続いて、搗き手が次々に交代して、もちに仕上げていくのだ。

a0141884_11181314.jpg
a0141884_11182856.jpg
a0141884_11184366.jpg
a0141884_11185867.jpg

 それでは、ここからは、<チーム金子>のメンバーのもちつきの様子をアーカイブ。
 最初にどんぐり氏。

a0141884_11272345.jpg

 続いて、正子さん。

a0141884_11281087.jpg

 最後にバンマス金子さん。

a0141884_11302058.jpg

 その後、もちつきはこんな感じで進みましたよー。

a0141884_11535457.jpg
a0141884_1154169.jpg
a0141884_11543696.jpg

そして、仕上がったもちを、ボクはぜんざいでいただく。ウマイ~!!

a0141884_11505569.jpg

 焼きもちもいいっすね~。

a0141884_11532076.jpg
a0141884_1155026.jpg
a0141884_11552087.jpg
a0141884_1156347.jpg

  さて、ひとしきり飲んで食べて、おなかが満たされたところで、ここから、わが<チーム金子>の演奏開始。オリジナル、カバーを含めた曲(ギター演奏とコーラス)を次々に披露す。

a0141884_1234448.jpg

 と、そこに、主催者のお知り合いで、神奈川県川崎市多摩区生田(いくた)で<うたごえ活動>を主宰される方もコーラスやアコーディオン演奏でジョイントしていただき、会場は歌の世界に包まれる~♪

a0141884_1243152.jpg
a0141884_1245031.jpg
a0141884_1251888.jpg
a0141884_1285265.jpg

 こうして、庭先での演奏会は、参加者からのリクエストに応えながら、12時半頃から、3時半頃まで続いたのであった。

a0141884_1211272.jpg
a0141884_12131799.jpg

 やっぱり、歌あっての宴なんですよ、ご同輩。

a0141884_12133888.jpg
a0141884_1213514.jpg

 やがて日も陰って来たので、会場を室内へと移して、リクエストを交えた<チーム金子>の演奏会はさらに続く。

a0141884_12203487.jpg
a0141884_12205066.jpg

 んがしかし、楽しい時間にもやがていつかは終わりというものがあり、帰りの時間もあるので、好評のうちに夕方6時半過ぎにお開きとしたのだった。

 呼んでもらったタクシーに乗ろうと家の外に出ると、あたりはすっかり暗くなっておりました。そして、来た時と同じように、本厚木から小田急線の急行に乗って家路についたのでした。

 おかげさまでもちつき大会の主催者、来られたお客様に大変喜んでいただき、ボクも歌を提供出来てすごくよかったなって思った次第です。

 <チーム金子>のメンバーも含め、会場におられた善男善女、子どもたち、赤子に至るまで、深く深く感謝です。
[PR]
by misaochan3x6 | 2015-01-20 20:34 | 自分遺産 | Comments(0)

3連休最終日。「成人の日」を思う。

【2015年1月12日(火)・

 3連休最終日である。

 特に何かがあった3連休とか、特に何かをやり遂げた3連休とかでもありませんでしたね。ま、退屈していたことだけは確かなんですが。

a0141884_20203085.jpg

 さて、この日は「成人の日」。まちの中で着飾った着物姿の若い女を何人か見かけるが、さしたる感興もなし。

 自分に引きつけていえば、ボクの「成人の日」は1978年である。上京2年目の大学2年生の時であり、徹底的に孤独感に苛まれ、死を夢想していた20歳なのだった。
 もう一度その歳に戻れといわれたら断る以外ないすね。通過点として、まんざら無意味ではなかったにしてもね。

 いや、それにしても、自分が思っていた「大人」のイメージは、歳を重ねるごとにどんどん遠ざかった行くんだよな~。
 いまではお孫ちゃんもいる身となり、今春には2人目のお孫ちゃんが誕生し、ボクもあと3年で「還暦」といわれる年代になるのだが、一向に実感がわかず、自分では、1977年に上京した19歳の時の感性が、いささかも劣化しているとは思えない人生を送っているのであ~る。

a0141884_2036242.jpg

 「それでいいのか」という問いには、064.gif「これでいいのだ」という、至高の〝断言肯定命題〟で応えたい。

 ところで、この映像中の甲本ヒロトのハープ(3分43秒から)は、めちゃくちゃカッコいいいですなー。ボクもこんな風にハープを吹けたらって、痛切に思うんですよー。ぱお~ん。



[PR]
by misaochan3x6 | 2015-01-14 20:15 | 自分遺産 | Comments(0)