<   2014年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

武蔵小杉「玉や」に入れずの記。

【2014年11月28日(金)】

 仕事帰りに横須賀線の「新川崎」に用があり、職場のある御徒町から電車に乗る。

a0141884_23462966.jpg 日比谷線~東横線と乗り継いで、まだまだ時間があるので、時間潰しに、目的地のひとつ手前の「武蔵小杉」で下車。ここまで、御徒町から約1時間。

途中下車した目的は、TVで見たemoticon-0171-star.gif「玉や」という居酒屋の〝鰻カラクリ〟という鰻の身を串にぐるりと巻きつけた焼き物を食すためなのだ。


 武蔵小杉初上陸。ここは東京なのか、神奈川なのか。きょろきょろきょろ。

a0141884_23501428.jpg

 南口を出るとネットで取り出した地図を片手に店を訪ねて歩き始める。と、亀屋万年堂の角を右折すると店はわりと簡単に見つかったんだわさ。

a0141884_2351619.jpg
a0141884_23512038.jpg
a0141884_23513047.jpg
a0141884_23514028.jpg

 暖簾をくぐって店の中に入ると、席はほぼいっぱい。それでも大将に、「空いてますか?」と尋ねるも、あいにく満席です、すいませんとの返事なり。あ~あ、わざわざここまで来て、いきなりスカか~い。
 かーっ、ぺっ!!
 ま、いいけどね、たぶんこのまち、もう二度と来ることはないだろうからさ。

 とはいえ、時間潰しはせざるを得ないので河岸を変え、ここに来るまでに見つけたディープな一角=「センターロード小杉」で焼き鳥屋を見つけてイ~ン。その名は、「くろちゃん」。

a0141884_2358348.jpg
a0141884_23584580.jpg
a0141884_23585431.jpg

 入店すると、ここもほほ満席だったが、入り口付近のカウンター席をかろうじて確保し、飲み始める。その後、何人もの客が来たが、席が空かないので次々討ち死にしていく様子を見ながらのひとり酒。間一髪だったってわけなのさ。南無~。

 つくね、串物、手羽先ぎょうざ、煮込み、厚揚げ納豆などを次々と頼みながらホッピーを飲む。それにしても、ここの店は、出て来るつまみの全てにカラシが付いているのだった。
 頼んだ品物はどれもウマく、「玉や」に入れなかったスカ感を帳消しにするものでありました。

a0141884_0122683.jpg
a0141884_0124232.jpg
a0141884_0125856.jpg
a0141884_0171779.jpg

 しかし、外飲みのひとり酒、苦手なんだよな~、むかしから。話し相手がいないと、死ぬほど手持ち無沙汰で、間がもてんのよ~。

 んがしかし、この日の朝、通勤途中の地元駅の近くで拾った前日の「日刊ゲンダイ」がたまたまカバンの中にあり、これを読みながらの飲みだったので、なんとか間がもてたのでありんすわ。

a0141884_0233258.jpg
a0141884_0234354.jpg

 もう、紙媒体なんかはとっくに終わってしまっていて、ましてやこんなタブロイドのサラリーマン新聞なんかよく作ってるよな~、誰が読むんかいってずっと思っていたのだが、この日ほどこの媒体をありがたいと思ったことはなかったのだった。
 ふだんはパッパと読み飛ばしてしまう記事を丹念に読みながらホッピーを飲み、串物をかじり、ほろ酔い気分に浸りながら、濃厚で充実した自分だけの時間を過ごすことが出来たのである。
 話し相手がいなくても、外飲み出来る自分を発見したってわけなのさ。
 まったく、人生何が起こるかわからないな~。やっほー!!

 というわけで、飲み終わり、横須賀線に乗って目的地の「新川崎」に移動。
 ここで何用があったのかといえば、わが<チーム金子>による〝被災地鎮魂ツアー2014〟出発の時間にあたり、今回、ボクは急に不参加となってしまったので、せめてもの罪滅ぼしにと、餞別を渡しながら見送りをするためなのだった。

 〝被災地鎮魂ツアー〟その過去ログは、ここっすわ。
 emoticon-0171-star.gif【2011年8月6日(土)】 海に向かって鎮魂歌をⅠ@石巻港。
 emoticon-0171-star.gif【2011年8月7日(日)】海に向かって鎮魂歌をⅡ@仙台空港近く、そして、阿武隈川河口。
 emoticon-0171-star.gif【2013年7月6(土)】被災地鎮魂の歌旅2013 (1)
 emoticon-0171-star.gif【2013年7月7(日)】被災地鎮魂の歌旅2013 (2)
[PR]
by misaochan3x6 | 2014-11-29 23:48 | Comments(0)

訃報・ジョニー大倉。

【2014年11月27日(木)】

 ジョニー大倉の訃報に触れる。享年62歳。

a0141884_00677.jpg

 桑名正博や忌野清志郎といった効なり遂げたロックン・ローラ-の訃報と違って、ジョニー大倉の死がやけにボクの胸に沁みるのは、彼がキャロル解散からソロになってからずっと、矢沢永吉の影に隠れて冷や飯を食わされ続けて来たという印象をぬぐえないからなのだ。

 ジョニー大倉にとって、キャロルの栄光は、やはり大き過ぎたのだろうか。
 それとも、そんなことはてんで気にしないロックン・ロールライフを続けていたのだろうか。

 62歳。もし彼が病魔にさえ冒されなかったなら、音楽の火種さえ絶やさなければ、あるいは、ロックン・ローラ-としての業火にまみれ続けていたのであれば、ジョニー大倉は、まだまだこれからともいえたのではないか。

 合掌。

a0141884_20195140.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2014-11-29 00:00 | キャラ立ち | Comments(0)

「有吉佐和子没後30年記念特別展」に行ってきましたよ。

【2014年11月24日(月)・

 3連休最終日。

 秋も深くなって来ましたね。けふは、きのう、おととい違って気温が低いです。
 こんな日は、屋根の下で布団にくるまって眠ることが出来る境遇をつくづくありがたいと思い、所得のあるわが身を奇跡のように感じてしまうんですわ。

 というわけで、地元の「杉並区郷土博物館」で開催中の「有吉佐和子没後30年記念特別展」にチャリで行ってきましたよ。

a0141884_19404799.jpg

 会場近くを流れる善福寺川は、すでにとっぷり秋の気配。枯葉となっている木々は、桜の木なのであります。

a0141884_19411885.jpg

 そして、博物館に到着。ここは、嵯峨侯爵邸跡地なんだとか。
 20数年前、杉並に引っ越して来た当初は、気分も初々しいので、よくこの館を訪れたものですが、いまやすっかり疎遠となっておりまして。

a0141884_19424068.jpg
a0141884_1943244.jpg
a0141884_19451956.jpg
a0141884_19435153.jpg
a0141884_19441099.jpg

 さて、ここから先は撮影禁止です。

a0141884_19483928.jpg

 暖簾をくぐって会場内に入り、中の展示物を見て回ることに。また、会場の外には、氏の著書を展示した本棚も設置されていました。

a0141884_19495835.jpg

 ところで、ボクが読んだことのある氏の作品は、「恍惚の人」、「江口の里」、「私は忘れない」の3作品。読みかけで、長くそのままにしてあるのが「日本の島々、昔と今。」で、買ったまま読まずに放置しっぱなしなっているのが「複合汚染」、「女二人のニューギニア」といった塩梅なり。

 「恍惚の人」の舞台となった場所は、ボクの家の近所の杉並区内のあちこちであるという理由で、とても好きな作品。そして、「私は忘れない」については、内容はすっかり忘れてしまったものの、とてもおもしろかったという読後感だけは、いまも消えないのであります。

 さて、展示物をひととおり見終わり、図録を求めて退館。

a0141884_19511012.jpg

 そして、日が短くなったので、急いでチャリにまたがり妙法寺へと向かい、ここにある記念碑にも久し振りに再訪し、地元在住の文学者と身近に触れ合うことが出来ることの幸せに浸れた一日なのでありました。

a0141884_2011064.jpg
a0141884_20118.jpg
a0141884_2011269.jpg
a0141884_2012385.jpg
a0141884_201323.jpg
a0141884_2014281.jpg

 え?有吉佐和子、再ブームなの?

 emoticon-0171-star.gif<参考>
 http://salonofvertigo.blogspot.jp/2014/11/30.html
[PR]
by misaochan3x6 | 2014-11-24 18:54 | 地元アーカイヴ | Comments(0)

「東京みかん」で久し振りにナビを務める。

【2014年11月22日(土)】

 3連休の初日。
 本日はお日柄もよく、ちょっと歩くと汗ばむほどの好天なり。さて、この日起こった事柄は、以下のとおりでありんすわ。

a0141884_1702238.gif 東京まちあるきさんぽemoticon-0171-star.gif「東京みかん」(since2001年)。

 代表者の宮さんと作ったこの会も、気がつけば今年で13年になります。


 最初はボクもナビを担当していたんですが、2010年頃からは右脚股関節がおかしくなり、坐骨神経症も時々発症して不調となり、その後、2012年には右脚のアキレス腱断裂とあわせて右脚股関節症の手術もう受けて、しばらくナビゲーション役からは遠ざかっていたのですが、久し振りに復帰したのでありんすわ。
 ボクが覚えている自ナビの印象深くて記録された「みかんナビ」はemoticon-0155-flower.gifこれかな~

というわけで、今回ボクの企画=ナビは、以下のとおりであります。

 =======================================

 ★「東京みかん」プレゼンツ
 新宿~大久保ワンダリング2014


【 第1部 】新宿ワンダリング編

日    時 : 2014年11月22日(土) 
集 合 場 所  : 新宿スタジオアルタ前
集 合 時 間 : 13:00PM(10分経ったら出発します)途中合流可
コ ー ス  : 新宿2丁目をワンダリング→emoticon-0171-star.gif東京ダイナマイトソウル・イラストレーター=テリー・ジョンスン氏emoticon-0152-heart.gif「フラミンゴ・スタジオ」を目印に新宿5丁目~6丁目をワンダリング→花園神社(お酉様)→ゴールデン街→歌舞伎町一帯をワンダリング→ドン・キホーテ新宿店前到着

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 第2部 】大久保ワンダリング編

テ ー マ  : 大久保のまちに詳しいゲストナビの関根さん(女性)と合流して、地元目線で大久保周辺をワンダリング。
合 流 場 所  : ドン・キホーテ新宿店前(東京都新宿区大久保1-12-6)
合 流 時 間 : 15:00PM(10分経ったら出発します)途中合流可
コ ー ス  : 関根さんの生活者目線コースです。お楽しみに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 第3部 】「帰るのか?飲まずに」(笑)。というわけで、マストの打ち上げ

打ち上げ会場  :emoticon-0171-star.gif 生マッコリ家(や)
東京都新宿区大久保2-31-16
TEL : 03-3205-3231
自家醸造のシャーベット生マッコリの比類ないウマさ!!
開 始 時 間  : 16:30PM

 =======================================

 ナビゲーターなので、なかなか写真は撮れなかったんですが、「フラミンゴ・スタジオ」だけは撮りましたんよ。(笑)

a0141884_1738291.jpg
a0141884_17411711.jpg
a0141884_17412624.jpg
a0141884_17413445.jpg

 テリー・ジョンスンこと湯村輝彦氏には、70年代のサブカルチャーをハイティーンとして生きたボクのような世代には、至極当然な成り行きとして根本的に執着があって、5年前、ここを「ひとりみかん」として単独でストーキングしたことがあったのでありんすが、その時、この電柱広告には気が付かなかったな~。

a0141884_17441753.jpg

 【 第1部 】の実質的な参加者は1名で、ボクと代表者の宮さんと3名でスタート。
 
a0141884_1759379.jpg
 その後、【 第2部 】では、emoticon-0171-star.gif「憲法フォークジャンボリー in 東京」のファミリーであるemoticon-0171-star.gif「あらばき協働印刷」の代表であるおばちゃんこと関根さんにナビをお願いし、ここからの参加者は1名であり、参加者こそ全体で少なかったものの、コースとしてはかなり濃いものになったのであります。

 くどいけど、ナビしていたので、写真あんまり撮れませんでした。

 emoticon-0171-star.gifPS.
  途中、【 第1部 】の参加者であるリピーターのT宮さんのナビで訪れた、まちの写真館の中にあるケーキ屋さんという不思議なお店=emoticon-0171-star.gifネトケレーヴェ-NETKELWE -」でベイクトチーズケーキ(ホールで2,300円)を買い、打ち上げ終了後、食べました。
 おいしかったであります。

a0141884_1852347.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2014-11-24 17:01 | 東京みかん | Comments(0)

三摩地(さんまじ)ライブ「ぼくの伊福部昭 祝生誕百年祭 第2番」を観に行く。

【2014年11月20日(木)】

 業のパフォーマー=三摩地(さんまじ)氏のライブemoticon-0160-movie.gif「ぼくの伊福部昭 祝生誕百年祭 第2番」を観に行く。場所は、「労音お茶の水センター」。開演は夜7時。外は雨が降っている。

a0141884_11512523.jpg

 三摩地ウォッチャーとして今年ボクが観た彼のパフォーマンスのアーカイブは、以下のとおりなり。

 emoticon-0171-star.gif【2013年11月17日(日)】「粉本 江戸っ子繁盛記」
 emoticon-0171-star.gif【2014年2月22日(土)】「ぼくの伊福部昭先生 祝生誕百年音楽祭」
 emoticon-0171-star.gif【2014年6月1日(日)】「ウルトラセブンかく戦へり」

 今回の舞台は、2月の「ぼくの伊福部昭先生 祝生誕百年音楽祭」の第2弾という位置づけで、前回いきなり伊福部昭の応用編をやってしまったので、あらためて入門編をやることにしたのだとか。
 三摩地氏の手持ちのCDの編集によるDJライブというよりも、昭和の色濃い「レコードコンサート」といった趣なのである。 
 いや、昭和生まれには、これがいいんすよ。emoticon-0150-handshake.gif

a0141884_1261010.jpg

 そして、この舞台で観客は、サブタイトル=「ゴジラが吼える! 座頭市が斬る!」とあるとおり、作曲家伊福部昭が、ゴジラの映画音楽だけではなく、座頭市の映画音楽も数多く手がけた作家であったことを知ることになるのである。

a0141884_1262349.jpg

 当日配布されたレジュメをアップ。

a0141884_1284952.jpg
a0141884_1285769.jpg
a0141884_129556.jpg
a0141884_1291228.jpg

 「ゴジラ対キングコング」を演じる三摩地氏。

a0141884_12111271.jpg
a0141884_12112311.jpg

 そして、今回、ボクが最も反応したのは、氏のオリジナルである歌芝居=「座頭市春恋し旅」。梅の咲く頃、ふるさとを訪ねる座頭市の姿を描く一曲なのである。「憲法フォークジャンボリー in 東京」の第1回のステージ以来8年振りのパフォーマンスだとか。
 ボクの心の奥の奥の襞に沁みる、実にいい歌だったんすわ!!

a0141884_12171048.jpg
a0141884_12172128.jpg
a0141884_12173173.jpg
a0141884_12174078.jpg
a0141884_12174994.jpg
a0141884_12175819.jpg

 市川雷蔵とともに大映の二枚看板として二枚目俳優でスクリーンデビューしたものの、思うように人気が出なかった勝 新太郎が、1960年の「不知火検校」で盲目の悪僧を演じたことを契機に、2年後の1962年に兇状持ちで盲目の侠客である座頭の市というフリークス(異形・異能の者)を選んだことにより、役者としての開眼を果たすことになったのが、この「座頭市」シリーズなのである。(1962年~1989年。26作品)

a0141884_12522468.jpg





 弱者(盲目というハンディキャップト・パーソン)であり、市井の底辺に生きる座頭の市という役作りのリノベーションに成功した勝新自身が、実は弱者であり兇状持ちの侠客としての質を持っていたのではあるまいか。
 そして、市というフリークスを演じることで、勝新は60年代、大衆の中でヒーローと化していくのである。これこそ、河原乞食=役者という異形・異能の者の面目躍如の最たる例ではないのか。
 一方、60年代の子供らにとってのヒーローはといえば怪獣で、奇しくもこの存在もまたフリークスであり、大映は「ガメラ」を擁していたのだった。

 emoticon-0171-star.gifガメラ対大悪獣ギロン(1969年)

a0141884_18395240.jpg





 思えば、三摩地氏の業とは、伊福部昭に魅入られ、怪獣やそれらと対峙するウルトラセブンに魅入られ、座頭市に魅入られ、そして、それらの存在はすべてフリークス(異形・異能の者)だということなのである。
 しかし、表現者とは多かれ少なかれ業の者であり、結局、その身は業火には焼かれる宿世なのではなかろうか。

 業業(=GO GO)三摩地!! このままどこまでも行け!! フリークスたちの夢を乗せて!!

a0141884_13465044.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2014-11-24 11:43 | キャラ立ち | Comments(0)

<さくらまつり>復活。

【2014年11月16日(日)】

 ほとぼりも冷めましたよってに、<さくらまつり>何気に復活~。
 というわけで、3ヶ月振りに息子家族と会い、例によって郊外和食レストラン(in 板橋区)で会食。

a0141884_10404015.jpg

 生後1歳8ヶ月。息子からはけっこう喋るようになったって聞いてたんだけど、実際会ってみると、ボクらに遠慮してか、あんまり喋らなかったんだよね。自分の家ではないので、勝手が違っていたからなのかも知れないな。
 それに、思ったより大きくはなっていなかったんだけど、写真に撮ってモニターしてみたら、髪の毛も増えておねえさんらしなっていましたよ。
 何しろ、来年4月には妹が生まれ、ほんとのお姉さんになってしまうんだからね。

a0141884_10471684.jpg
a0141884_105273.jpg
a0141884_10521841.jpg
a0141884_10522732.jpg

 相変わらず手づかみで、うどんやらポテトやらケチャップごはんやらを威勢よく食べていましたよ。頼もしいお方。むふふのふ。

 そんでもって、その日の夜、おじいちゃん(=わたくし)は、例によってアコギを持ってチャリで西荻窪に向かい、「ヘブンズドア」で歌を歌ったのでした。
 ちなみに、この写真はボクではありません。

a0141884_114150.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2014-11-24 10:40 | さくらまつり | Comments(0)

雑感2014。

【2014年11月19日(水)】

 今年も残すところ、後1ヶ月半を切りましたね~。興味深いエキジビションをいくつか見逃してしまいました。
 これは、私が仲間と主宰している東京さんぽ集団emoticon-0171-star.gif「東京みかん」の代表宮さんから聞いたもの。
                   emoticon-0171-star.gifギャラリー・インフォ   emoticon-0171-star.gif鑑賞レポート

a0141884_1473031.jpg

 そんでもって、これは、偶然別のイベントの案内を確認するためにネットで調べた世田谷美術館の今夏のエキジビションなのさ。

a0141884_1481539.jpg

 その他、訃報では、健さんの訃報に気づくのも遅れました。ボクの父親と同じ歳(1931年生まれ。83歳)なんです。父はまだ存命なんですが。
 合掌。

a0141884_1503141.jpg
a0141884_1504485.jpg
a0141884_2131042.jpg
a0141884_2132134.jpg
a0141884_10351282.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2014-11-20 01:46 | しょのほか | Comments(0)

東京コタツ歳時記2014。

【2014年11月9日(日)】

 2005年からの東京における〝冬の訪れ〟と〝春の到来〟を最も正確に伝える、お約束のコーナー。
 今年のコタツ登場は、昨年と同じ日なのであった。

emoticon-0171-star.gifコタツ登場~撤去アーカイヴ。
    ●<2005年> 2005.11.6 ~ 2006.5.6
    ●<2006年> 2006.11.19 2007.5.6
    ●<2007年> 2007.11.15 2008.5.8
    ●<2008年> 2008.11.9 ~ 2009.4.19
    ●<2009年> 2009.11.15 2010.5.8
    ●<2010年> 2010.10.30   2011.4.30
    ●<2011年> 2011.11.15  2012.4.30
    ●<2012年> 2012.11.10 ~ 2013.5.13
    ●<2013年> 2013.11.9 ~ 2014.5.4
    ●<2014年> 2014.11.9~

a0141884_942630.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2014-11-16 09:38 | 自分遺産 | Comments(0)

「じみへん」@東中野=ロック部セッション=に行くの巻。

【2014年11月9日(日)】

 飲んだ後の締めのラーメン。
 それに匹敵するのが、安息日(日曜日)の締めのロックなのだ。マジか。(笑)

 さて、今宵、一日を締めくくるべく、東中野にあるライブカフェ「じみへん」に終結したのは、ボク、カメラマンの福田さん、そして福田さんの友人の木下さんの3人。
 emoticon-0155-flower.gif今年の6月に仕事帰りに地元高円寺の写真BAR「白&黒」へ行った時以来のグループ的なおつきあいなのだ。
 余談ながら、福田さんと知り合ったのは、いまから30年以上前のことですね。

 この日は、「じみへん ロック部セッションデー」につき、お店のオーナーのみどりさんから呼び出しを受けての出陣なのであります。

 いや~、結果的に大いに盛り上がりましたよ。
 どれくらい盛り上がったかっていうと、ま、ざっとこんな感じですかね。うししのし。



 いつものロック部「じみへんオールスターズ」に加え、20代の若いブルースマン2人(ボクはお初で会いました)が新鮮でしたね。
 しかし、若いってのは、理屈抜きでいいっすね~。
 
 おニューの焼酎ボトルは、ボクら3人のおっさんたちで一気に飲み干す。

 そして、ラウドな音で、ボクも含めた出場者全員が完全燃焼しました。
 心・技・体がひとつになったよき一日となりました。

 では、現場のお写真をね。シャスッ!!

a0141884_23574584.jpg
a0141884_2358710.jpg
a0141884_23584238.jpg
a0141884_2359638.jpg
a0141884_23592745.jpg
a0141884_031120.jpg
a0141884_032471.jpg

                                     福田さん▼
a0141884_033579.jpg
a0141884_03481.jpg
a0141884_035944.jpg

                                          木下さん(右)▼
a0141884_12371893.jpg

 VIVA ROCK!!

a0141884_15563965.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2014-11-11 23:58 | 音楽とわたくし | Comments(0)

吉祥寺行(3)。

【2014年11月9日(日)】

 さて、「手塚治虫美人画展」を見終わり帰宅することに。

 途中、井の頭通りにある古本屋に差しかかり、店の外に置かれた<オール100円の古本棚目>が入ってしばし在庫を物色。

a0141884_2034201.jpg
a0141884_2034425.jpg

 ほほう、橋本治の著書が並ぶ。しかし、これは労作だわ~。これを買って読む根性はボクはないけど、作家の労力を考えると卒倒しそうになりますね。

a0141884_204106.jpg

 そもそも、これを現代文に翻訳しようと思う執念というか気力がなければ、とてもじゃないけどこんな作業はできませんわな。
 お金ではなく、文学者としての〝業〟としかいいようがありません。
 脱帽です。

a0141884_20413179.jpg この著者のemoticon-0171-star.gif「これで古典がよくわかる」(ちくま文庫)は、ものすご~く勉強になっていい本ですよ。
 古典の知識が無理なく頭に入って来ます。ボクは断然この本をリコメンドします。

 というわけで、この本棚の中から吉本隆明と村上龍を1冊ずつ購入して店内レジに持っていくと、何と20%オフで、欲しい本が160円で買えてしまったのでした。

 入口は自動ドアで、店員は2人くらいいたみたいだけど、大丈夫なのか、こんなんで商売成り立つのか。
 ひとごとながら心配せずにはいられないボクなのでした。

a0141884_20432943.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2014-11-11 20:35 | 購本記 | Comments(0)