<   2013年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

鍵盤デビュー大惨敗記。

【2013年11月16日(土)】

 この日、今年4月から開始したピアノ・レッスンの13回目のレッスン。場所は、高田の馬場の「スタジオ・ノア」。

 練習曲は、この曲なり。            




 まあ、だいたい8割程度の仕上がりにはなったのさ。
 というのは、この曲は、Am C Dm Fの4つのコードの繰り返し。
 左手の根音と右手でのコード押さえにあたって、確実にそれらのコードのキー音が押さえられるよう、A C D Fの鍵盤の上に合計8つの付箋を貼り付けて、指の着地点の目印となるように小細工をしての8割仕上がりって状態だったのだ。

 で、楽器の初演奏は、出来るだけ早い段階で人前で披露して恥をかいておくべきとの信条から、この日の練習を終えるや、早速、上野広小路の行きつけの072.gifフォーク居酒屋「旅のつづき・・・」で試運転をやらかそうと、はやる心を抑えてお店に向かう。
 人前でギターの初演奏をやったのもこの店なら、人前でキーボードの初演奏をやったのもこの店としして、ひとりよがりの〝自分伝説〟を作りたかったのでね。

 さて、入店したのが、夜7:20頃だ。
 いつもはハイボールなど飲みながら自分の順番が回ってくるを待つのだが、この日は酔ってしまうと鍵盤の着地点がわからなくなってしまうので、絶対に酔えないのだ。
 
 なので、ひたすらノンアルコールビールを飲みながら、待つこと2時間弱。やっと回ってきた順番。
 厳かにキーボードの前に座り、用意していた付箋をキーボードに貼り付ける作業に取りかかる。
 

 で、リュックから、やおらこれらの合計8つの付箋を取り出して鍵盤の上に左から順番にひとつづつ貼っていこうとした矢先、

 あーーーーーーーッ!!!

 付箋がひとつなーーーーい!!!
 

 8つ揃わなければ意味のない指の着地点の目印。ひとつ欠けただけでも、もう演奏不能に陥るのだ。
 落ち着いていたつもりが、頭はパニック。
 急遽、ギター演奏用に持って来ていたT-REXの2曲に切り替えて急場を凌いだという次第なのであ~る。      

 ひとりよがりの〝自分伝説〟だったのだが、、現実は想像以上にボクに試練を与えてくれたのだった。

 結果的に大惨敗だ。
 何しろ、人前で1音も音を鳴らしていないのだからね。

a0141884_22085284.jpg
 人前で鍵盤を叩くなど、次期尚早ということなのだろう。。
 ピアノを甘く見てはいけないな~。というか、芸事全般がきっとそうなのだろう。
 まだまだ練れていない出し物など、人前で披露してはいけないという戒めなのかも。 もっと謙虚になって、練習を積まなければならないことを自覚した夜なのだった。

 帰宅して開いたリュックの中から、欠落した付箋がひとつ、はらいと出て来たよ。
 南~無~。

a0141884_22152720.gif


[PR]
by misaochan3x6 | 2013-11-18 22:04 | 音楽とわたくし | Comments(0)

冬の実感2013。

毎年この季節になると、屋根の下で暖かいフトンにくるまって眠りにつける幸せをつくづく感じるのだ。
 いつの間にかこの国も、働いていれば何とか食える国から、うかうかして気づいた時にはブルーシートの住人に転落していたなんてことがリアルな可能性として身近に存在する国に変貌していたのだった。

 それは、にゃんことて同じではないか。
 寒い戸外で過ごすノラちゃんたちとは違って、屋根のある家のコタツの中で眠り姫のように眠れるこの幸せを、みーちゃんはどのように考えていらっしゃるのでせうか。

a0141884_11522896.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2013-11-17 11:52 | みーちゃんとわたくし | Comments(0)

何よりわいせつな昭和歌謡。

【2013年11月13日(水)】 

 きのうに続いて、仕事帰りに地元の書店に立ち寄ってこの雑誌を買う。
 「BRUTUS」の=特集・ラブソング=だ。
a0141884_10244009.jpg
 ただただ、このページに惹かれての購入なのさ。
a0141884_10271646.jpg
 あらためてプロフィールを見て、西川峰子とは同い年であることを認識したのだった。
 デビュー16歳の時、ボクは高2だったよね。この人がこんなに華奢な体つきだったことにちょっとビックリしたのさ。

 作詞は、千家和也。少し前に、なかにし礼の自伝を読んでいたら、この人、なかにし礼の弟子だって書いてあったよ。
 作詞家にも弟子がいるんだなって、ちょっと意外な気がしたしたものさ。

 いや、それにしても、歌詞だけをこんな形で見せられると、何てわいせつな歌なんだって思うよな。
 こんな歌詞をひり出すほどに昭和という時代は、猥雑な時代だったんだなって、あらためていま思うのさ。



[PR]
by misaochan3x6 | 2013-11-16 10:40 | 購本記 | Comments(0)

「あしたのジョー大解剖」とわたくし。

【2013年11月12日(火)】 

「手塚治虫とキャラクターの世界」でいい仕事をしてくれたあの三栄書房がまたまたやってくれたよ、ご同輩!!

今度は072.gif「あしたのジョー大解剖」だ。

●力石戦一挙掲載!

●最終話原画再録!

●漫画付き「直筆原作原稿」蔵出し14枚!

ほか、コンテンツ満載だ。この具だくさんで何と1,050円(税込)は超お得なり。

a0141884_10135201.jpg
仕事帰りの地元の書店で偶然見つけて、速攻購入。
えっ、ネットだと付録の購入が選べるのか。 
a0141884_10151345.jpg
 この記事を書きながらいま気づいたのだが、「連載終了40周年」とあるね。ってことは、1973年連載終了ってことか。
 この頃は、ちょうど「デビルマン」(1972年25号(6月11日号)~1973年27号(6月24日号)全53話)がものすごく面白くなって来ていた頃で、「あしたのジョー」の最終回にはそれほど反応しなかったというのが、当時の10代半ばの読者であるボクらの実感なんだよな。
 もういいだろ梶原一騎って思い続けていた挙句、ようやく連載を終える気になったんだなっていう感じ。きっと最期の方は、どうやって幕を引こうか、梶原もちばも悩み続けていたのかも知れないな。退屈なほど低空飛行の連載だったのが、子供心に見て取れたものなのさ。
 
a0141884_10423577.jpg
a0141884_11410063.jpg
a0141884_11442535.png


[PR]
by misaochan3x6 | 2013-11-16 10:15 | 購本記 | Comments(0)

Pissing In A River/Patti Smithとわたくし。

【2013年11月10日(日)】

 けふは1日、職員旅行ログの更新と、この曲のピアノ用のコード譜づくりに明け暮れておったんよ。
 もう少し根を詰めれて練習すれば、ピアノでの弾き歌いが出来るようになると思います。



 このカバーも参考になってなかなかよいぞ。049.gif




a0141884_22255229.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2013-11-10 22:27 | 音楽とわたくし | Comments(0)

東京コタツ歳時記2013。

 【2013年11月9日(土)】

 2005年からの東京における〝冬の訪れ〟と〝春の到来〟を最も正確に伝える、お約束のコーナー。

a0141884_18133504.jpg

 過去の記録は以下のとおりなり

 072.gifコタツ登場~撤去アーカイヴ。
    ●<2005年> 2005.11.6 ~ 2006.5.6
    ●<2006年> 2006.11.19 2007.5.6
    ●<2007年> 2007.11.15 2008.5.8
    ●<2008年> 2008.11.9 ~ 2009.4.19
    ●<2009年> 2009.11.15 2010.5.8
    ●<2010年> 2010.10.30   2011.4.30
    ●<2011年> 2011.11.15  2012.4.30
    ●<2012年> 2012.11.10 ~ 2013.5.13
    ●<2013年> 2013.11.9 ~

 ま、例年並みの登場ってことですね。


[PR]
by misaochan3x6 | 2013-11-10 18:03 | 自分遺産 | Comments(0)

職員旅行ア・ゴー・ゴー2013 (5)

【2013年11月2日(土)】072.gif<琵琶湖クルーズ編、清水寺編>

 きのうこのブログを更新中に、突然投稿ボックスの仕様が予告もなく変更されたので、記事が書きにくいったらありゃしない。
 プロバイダーは平気でこういうことをやってくれるから、情報弱者のボクら中高年はこういう環境の変化にものすご~く脆(もろ)いんよ。
 頼むでしかし。050.gif

 さあ、職員旅行も最終日だ。
 この日は、午前中、072.gif外輪船「ミシガン号」による琵琶湖クルーズに参加し、昼食を挟んでお約束の072.gif清水寺参拝。
 あのね、神社仏閣には興味ないゆーてるやろがい。
 
 といふわけで、写真アーカイブだ。ちぇすとーーーッ!!

 072.gif<琵琶湖クルーズ編>
a0141884_17130486.jpg
a0141884_17242646.jpg
a0141884_17250689.jpg
a0141884_17251341.jpg
a0141884_17252380.jpg
a0141884_17253178.jpg
a0141884_17254095.jpg
a0141884_17260235.jpg
a0141884_17261221.jpg
a0141884_17262263.jpg
 072.gif<清水寺編>
 
 そして、小雨降る清水寺へ。

a0141884_17325592.jpg
 しかし、この人の多さは一体何なんじゃーい!!
 原宿ちゃうねんから~。
 あのねー、ボクは神社仏閣には全然興味ないゆーてるやろがーい。何回もいうけどー。

 といふわけで、すべてを諦めて境内を一周することに。
 
a0141884_17352061.jpg
a0141884_10305250.jpg

a0141884_17360685.jpg
a0141884_17364592.jpg
a0141884_17365624.jpg
a0141884_17370977.jpg
a0141884_17372910.jpg
a0141884_22530917.jpg
 
a0141884_17383279.jpg
 とまあ、こうして2泊3日の滋賀県への職員旅行は終わったのであった。
a0141884_17422427.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2013-11-10 17:13 | トラベローグ | Comments(0)

職員旅行ア・ゴー・ゴー2013 (4)

 【2013年11月2日(土)】<ザビエル山田氏編>

 072.gifザビエル山田氏との出会いは、確か2011年の12月に知人を介して紹介を受け、その後、明けて2012年1月13日(金)に上京された際に上野でお会いしたというもの。
 この時は、仕事の幅を広げたいとのことで企画書を見せていただき、ボクに出来ることでお役に立てればと、ボク人脈のつてをご紹介することとしたのであります。

 んがしかし、この直後、1月28日(土)にアキレス腱完全断裂に見舞われ、さらには右脚股関節症治療のための人工関節手術入院と続いたため、退院後に再会を果たし、ボク人脈を紹介させていただいたという具合なのであ~る。
 今回の職員旅行、旅先の滋賀県上陸のお初ついでに、ここはザビエル氏の住まわれる岐阜県にも初上陸を果たしておこうではないかとの企図なのだ。

 といふわけで、京都から一度大津に戻り、ここで同僚と合流して2人でザビエル氏にお会いしようという寸法。
 14:40発の電車に乗り、米原(まいばら)と大垣の2箇所で乗り換え、約2時間後に岐阜駅に到着。

a0141884_12394794.jpg
 北口で待ち合わせることに。
a0141884_12413264.jpg
 と、前方に何やら金色に光る立像あり。何とそれは、織田信長像なのでありました。
a0141884_12443672.jpg
a0141884_12444644.jpg
 いや、びっくりしたな~も~。で、建立のいきさつは、こういうことらしいんだ。
 ふ~ん、そうなんだ。
 
a0141884_12461056.jpg
 でも、何だかマグマ大使みたいだよな。
a0141884_12505158.jpg
 やがてザビエル氏と合流。ついでに、金津園という歓楽地がどこにるのか尋ねると、何と駅の南側にあるとのことなので、案内してもらうことにしたのだった。
 さぞや大規模な歓楽地だろうと想像していたものの、あにはからんや、いわゆるソープ街で、しかも一区画ほどの規模しかなく、まったくもって〝昭和の残骸〟といった体なのであった。
 かつては隆盛を誇ったらしいのだが、いまや見る影もない有様で、店の前にポン引きらがさびしく立っていて活気はなく、ここに来る客などいるのかといった按配なり。
 ま、「見た」っていうアリバイだけは出来た程度。

 で、3人で飲み屋を探し、再び北口に出て、一番最初に目に入ったホルモン焼き屋に入り、約2時間の交歓とあいなった。

 氏の同業のマンガ家が何人も廃業に追い込まれたという出版不況の厳しさを聞きながら、読者(消費者)にはわからない現実を垣間見ることが出来たのだった。

 そしてまた、大垣~米原と乗り換え、大津まで約2時間電車に乗ってホテルに戻って来たのは、21:30を過ぎた頃だったんよ。
a0141884_11002278.jpg
 

[PR]
by misaochan3x6 | 2013-11-10 12:17 | トラベローグ | Comments(0)

職員旅行ア・ゴー・ゴー2013 (3)

【2013年11月2日(土)】072.gif<イノダコーヒ編>

 1974年、いまから39年前だ。その時、高2(16歳)のボクはひどく退屈していた。
 その時出会ったのが、植草甚一(JJおじさん)編集の月刊誌「宝島7月号」だったのさ。


a0141884_09410755.jpg
 当時の新し物好きの若者は皆、そのJJおじさんの生き方や文体にイカれたものさ。かくいうこのボクもね。
 で、このおじさんが書いていたのが、「072.gif京都のイノダのコーヒーはどうしてあんなにうまいんだろう」ってことなのさ。
 その時以来、いつかボクはイノダのコーヒーを飲まなければと思い続けていたってわけなんだ。

 去年の9月にも京都に寄ったんだけど、その時は時間がなかったのでその思いは果たせなかったので。きょうがその時なのだ。



 「京都タワー」を降りて、烏丸通を北へまっすぐ歩き出す。071.gif
 京都の交差点の名前は、交差する通りの名前をくっつけたものだとか。チャーター観光バスの18歳のバスガイドのおねーちゃんに教わったんだわさ。
 四条通と烏丸通の交差点は、なるほど「四条烏丸」ですわ。

a0141884_10024121.jpg
 で、ここを右折。そして、「堺町通」を左折。
a0141884_10090601.jpg
a0141884_10111326.jpg
 そこをまっすぐ「錦市場」を通り越しながら北に上がると、目指す「イノダコーヒ本店」が見えて来る。
a0141884_10180880.jpg
a0141884_10182428.jpg
a0141884_10202789.jpg
 そうさ、ここが39年間思い続けた場所なのだ。
a0141884_10230037.jpg
a0141884_10232026.jpg
a0141884_10234481.jpg
 「京都タワー」からずっと歩き続けていてちょっと暑かったので、外でコーヒーを飲むことに。いや、なかなかステキな場所だよな。
a0141884_10280813.jpg
 一番奥に席を取り、「コロンビアのエメラルド」を注文。
a0141884_10283973.jpg
 ここは黙っているとミルクが入ったコーヒーが来ると聞いていたのだが、濃紺のスーツ姿のコンシェルジュ風の女性スタッフは、「ミルクは入れますか」とまず聞いてきたよ。
 で、いつもはコーヒーにミルク、砂糖は入れない主義のボクなんだけど、試しにミルクを入れてもらうことにしたのさ。それが、このコーヒーだ。
 おっ、角砂糖が2つも付いてるぞ。
a0141884_10343338.jpg
a0141884_10344336.jpg
 カップに口を付けて一口すすった瞬間、味わいにキックのなさを感じるやいなや(ミルクのせいだな)、思い切って角砂糖を2つとも投入して、一気に味を変えてしまうことにたんだわさ。
 ああ、コーヒーに砂糖を入れて飲むなんて、やっぱり高校生の時以来ではないかな~。つまり、ここ30数年、ボクはずっとコーヒーはシュガーレスで飲んで来たってわけなんだ。
 で、ミルクと砂糖の入ったこの店のコーヒーは、トロリと甘い味がしたよ。
 39年思い続けた味としては、実にあっけなく物足りない感じ。

 スタバとかタリーズといったシアトル系のカフェのない時代、JJおじさんの嗜好を満足させられるのは、この店のコーヒーしかなかったのかも知れないな。
 ボクにはドトールのコーヒーでも十分においしいし、何といってもここの店の味が絶品だと思っているのは、西荻窪の「豆の木」のコーヒーなんだ。
 ここのは、本当においしいんよ。しかも値段も安いしね!!
a0141884_10540939.jpg
a0141884_10541887.jpg
a0141884_10542922.jpg
 コーヒーを飲み終え店を出て、地下鉄で京都駅まで戻る。
 そこから、もう一度この日の行動のスタートになった大津駅へ向かう。
 大津駅で同僚と待ち合わせ、再び電車に乗って岐阜駅まで行き、そこで、知り合いの岐阜在住のマンガ家ザビエル山田氏と飲むために。
a0141884_11005649.jpg
 
 

[PR]
by misaochan3x6 | 2013-11-09 12:37 | トラベローグ | Comments(0)

職員旅行ア・ゴー・ゴー2013 (2)

【2013年11月2日(土)】072.gif<京都タワー編>

 目覚めれば、そこは琵琶湖畔。

a0141884_10525469.jpg
a0141884_1053839.jpg
a0141884_10531671.jpg
 そして、職員旅行2日目は、「自由行動日」なのだ。
 この日のために考えていたプランは以下の3つなり。

 056.gif まず、京都に行って「京都タワー」に登る。

 056.gif 続いて、何が何でも「イノダコーヒ本店」に行ってコーヒーを飲む。

 056.gif そんでもって、今度は岐阜に移動し、知り合いの岐阜在住のマンガ家ザビエル山田氏と飲む。

a0141884_11152379.jpg
 さっそく<京都タワー編 >の行動開始だ。GO!! GO!!
 ホテルから歩いてJR大津駅へと向かうのだ。

a0141884_11162023.jpg
a0141884_11291145.jpg
a0141884_11444960.jpg
 大津駅から京都は至近距離。10分ほどでアッという間に到着だ。

a0141884_11182441.jpg
a0141884_1118354.jpg
 秋の観光シーズン3連休とあって、京都駅前は観光客でいっぱい。
 外国からの客も多い。稼ぐのだ、ジャピヤ~ン!!
 で、目の前にはもう072.gif「京都タワ
ー」
が。
a0141884_1130530.jpg
 このタワー、実はビルの上にブッ建てられているとは、今回の旅行に当たって下調べするまでついぞ知らなんだんよ。
 地下には大浴場もあって、屋上もあるみたいやんか。
 今度、両方攻めたろ。
a0141884_1133040.jpg
 というわけで、エレベで11階まで上がり、そこからまたエレベに乗り換えて展望台へ。
 ステンレスと乳白のアクリル板で作られたそのエレベの表示板が、ものスゴ~くカッコええんよ!!

a0141884_11373811.jpg
 さて、展望台からの眺めはかくのごとし。
a0141884_11483411.jpg
a0141884_11484880.jpg
a0141884_11491854.jpg
a0141884_1149522.jpg
a0141884_1150371.jpg
a0141884_11502124.jpg
a0141884_11505530.jpg
a0141884_11511182.jpg
a0141884_11512426.jpg
 あっ!!これは何だっ!!

a0141884_11524999.jpg
a0141884_1153744.jpg
 072.gif「京都タワー」のマスコットキャラ「たわわちゃん(since2004)」なのだ!!

a0141884_12194133.jpg
a0141884_08591899.jpg
a0141884_09071110.jpg
 さっそくウケ狙いでお孫ちゃん(さくら)のお土産に、1階のショップでぬいぐるみを購入。

a0141884_1293042.jpg
 ついでにもう1個。京都に行ったアリバイ残しの和装キティちゃんポーチなり。

a0141884_12113146.jpg
 さあ、登るべきところは登ったし、買うべきものは買った。
 次なる目的地、堺町三条「イノダコーヒ本店」へ急ごう。071.gif

a0141884_12153328.jpg
a0141884_12154834.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2013-11-09 10:52 | トラベローグ | Comments(0)