<   2012年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

映画 「血と骨」 (2004年作品)。

【2012年12月30日(日)】

 終日雨。057.gif

 きのうから大晦日まで、奥さんは信州にひとり旅立ち、ボクはみーちゃんとふたりきり。
 家に引き篭もりTV三昧。

 ケーブルTVの邦画専門チャンネルで途中から引き込まれて観た「血と骨」。
 いや、まったくもって、ビートたけしが抱える暴力衝動はスゲーわ。


[PR]
by misaochan3x6 | 2012-12-31 17:26 | キャラ立ち | Comments(0)

パリミキ杉並成田東店閉店。

【2012年12月29日(土)】

 先日お知らせしたとおり、パリミキ杉並成田東店が、12月24日(月)・をもって、閉店しましたんよ。
a0141884_10513369.jpg
a0141884_1052169.jpg

 看板や建物のペイントがすべて取り払われて、のっぺりとした〝白い館〟になってしまったのだった。

 跡地は何になるのかな~。
[PR]
by misaochan3x6 | 2012-12-31 10:52 | 地元アーカイヴ | Comments(0)

みーちゃんと電気ストーブ。

【2012年12月29日(土)】

 きのうは仕事納め。

 来年の1月2日(水)に中学校の同窓会があるので、大晦日に帰省するつもりでいたにだが、ボクのノロウィルス感染を嫌った81歳の父親から、今回は帰省を断念してくれとのオーダーが入ったので、やむなく中止することにしたのだった。
 各地で院内感染した体力のない老人たちの死亡報道が続いているからね~。
 というわけで、きょうから自宅待機での9連休に突入だ。

 それにしても、今年はサブ過ぎるな~。
 先日のクリスマス寒波に続いて、
年末寒波到来だとぉぉぉおおおおおおおおお!!
a0141884_10305215.jpg

 というわけで、この日、寒さに耐え切れず、高円寺にチャリで赴き、地元の電気屋で300W、600W、900Wの3段階に切り替えられる電気ストーブを購入。
 やっぱり、身近に火の気があるって、あったかいな~。

 自部屋にセッティングするやいなや(as soon as)、さっそく、みーちゃんが珍しそうにやって来て、いまや、彼女のお気にのアイテムになったのであります。
a0141884_10271439.jpg
a0141884_10272953.jpg
a0141884_10283021.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2012-12-31 10:24 | みーちゃんとわたくし | Comments(0)

馬場っちの作った「鳥たちの記憶」という歌は素晴らしい。

【2012年12月24日(月)・

a0141884_9334812.jpg3連休、最終日。

 音楽仲間の馬場っち(ギタリスト)とその弟子かまたきさんと、阿佐ヶ谷のカラオケ屋で合流。
 馬場っちが作詞・作曲した歌があまりに素晴らしいので、コードを教えてもらおうという寸法である。

 「鳥たちの記憶」という、東日本大震災を題材にした歌なのだ。


 彼の弟子のかまたきさんが持って来たボーカルマイクを使って、馬場っちの歌声とギター演奏のレコーディング。

 ついでに、ボクが曲をつけた大杉栄の2つの歌も録音してもらったのさ。

 それにしても、シラフでしかもレコーディングという局面になると、自分の歌とギターがいかに下手なのかが、あまりにもあからさまにわかってしまうのは意外な体験だったのだ。

 いつも酔っ払いながら放歌・放吟していて、それをよしとしていたのだが、どうやらそのスタンスには問題がありそうだな。
 ギターの音をきれいに出そうとする努力も足らなかったことに気付く。

 馬場っちにこの曲のコード譜を書いてもらい、ストロークを教えてもらって3時間のレッスンを終えたのだった。

 ところで、巷はイブ。
 非モテには1年で最もツラい1日の到来だ。

a0141884_955833.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2012-12-31 09:35 | 音楽とわたくし | Comments(0)

なごみの湯@荻窪で垢落とし。

【2012年12月23日(日)】

a0141884_9171677.gif 日頃仕事でお付き合いのある方々とボクの3人で、荻窪にあるご近所温泉072.gifなごみの湯」で1年の垢落とし。
 4階にある男湯で湯に浸かったあと、3階の食事処で忘年会。


 んがしかし、ノロウィルスのせいなのか、何だか酒を飲む元気もなくて、宴会中、終始床に寝そべりながら体を休めているといった塩梅。

 まったくもってあとのふたりには申し訳ないことをしました。
 ホストはボクだったので、欠席するわけにもいかず・・・。
[PR]
by misaochan3x6 | 2012-12-31 09:13 | 自分遺産 | Comments(0)

この日は息子の結婚式&披露宴でした。そして、ノロウィルス感染。

【2012年12月22日(土)】

 おめでたい日に雨が降ると、「あいにくの」という枕詞(まくらことば)が付いてしまうのは、雨自身にとっては不本意なことかも知れないね。
 というわけで、あにくの雨の中、この日、息子と義理の娘の結婚式&披露宴が行われたのでした。057.gif
 場所は、原宿表参道口の072.gifカフェ・ラティア」。
a0141884_17441957.jpg
a0141884_1752937.jpg

 ウェディングのノウハウのあるカフェ。
 出席者は、両家の親族と新郎・新婦の友人、それにボクがお招きした<チーム金子>の面々の総勢約40人なり。
a0141884_17524838.jpg
a0141884_1753084.jpg

 結婚式は、親族だけの人前(じんぜん)結婚式。
 すなわち、キリスト教式でもなく、神式でもなく、つまり、神の前での宣誓ではなく、両家の親族の立会いのみで結婚の誓いを立てるスタイル。
 この歳はじめて耳にした日本語だったのさ。
a0141884_17583962.jpg
a0141884_17584767.jpg
a0141884_17585661.jpg
a0141884_1759419.jpg
a0141884_17591268.jpg
a0141884_17591940.jpg
a0141884_17592644.jpg
a0141884_17593327.jpg

a0141884_18351988.gif 披露宴は、息子の小学校か中学校まで一緒に過ごした友人たちが大いに盛り上げてくれたので、その勢いに乗って、わが<チーム金子>もアトラクションのコーナーで大いに披露宴を盛り上げたのだった。
 ぅわおぅ!!

a0141884_1843524.jpg
a0141884_1844291.jpg
a0141884_1845033.jpg
a0141884_185583.jpg
a0141884_185148.jpg
a0141884_1852124.jpg

 ところで、式の途中から何だかお腹の調子が悪くなり、式が終わってカラオケ屋に移動して開催した<チーム金子>の忘年会も意気が上がらなかったんよ。
 その後、ドシャ降りのような水下痢が続いたので、後日、阿佐ヶ谷のかかりつけの内科で検診を受けたところ、ノロウィルス感染との診断だったのだ。

 ぎゃふん!!


[PR]
by misaochan3x6 | 2012-12-30 17:45 | おじいへの道 | Comments(0)

大杉 栄の詩と散文に曲をつけてみましたよ♪

【2012年12月11日(火)】

a0141884_21284950.jpg わが地元杉並区は高円寺北口のとある古本屋で、以前に100円で求めた大杉栄自叙伝 (中公文庫BIBLIO20世紀)を最近読んでいたら、その中に出てきた詩と短い散文に反応して、彼のことばの向こうから自然に音が降りてきて、それぞれに曲が付き、この日仕事を終えて帰宅した夜、完成しましたんよ。060.gif

 その詩とは、「監獄か社会か」。

 そして、短い散文とは「僕は精神が好きだ」なのである。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

社会か監獄か 072.gif1913年4月

(1)お互いに君と僕と怖れている。

(2)お互いに 君は僕に対して、僕は君に対して、
   自分を保護するために、ここに社会という組織を作った。

(3)君は僕の敵だ。
   僕は君の敵だ。

(4)君は僕がやるにちがいないと思い、
   僕は君がやるにちがいないと思う、
   あらゆる悪意と暴行とに対して、
   民法や刑法の幾千個条を定めた。

(5)これが君と僕の社会だ。
  君と僕の監獄だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

僕は精神が好きだ 072.gif1918年2月

(1)僕は精神が好きだ。
   しかしその精神が理論化されるとたいがいはいやになる。
   理論化という行程の間に、多くは社会的現実との調和、事大的妥協があるからだ。
   まやかしがあるからだ。
   精神そのままの思想はまれだ。
   精神そのままの行為はなおさらまれだ。
   この意味から僕は文壇諸君のぼんやりした民本主義や人道主義が好きだ。
   少なくともかわいい。

(2)しかし法律学者や政治学者の民本呼ばわりや人道呼ばわりは大嫌いだ。
   聞いただけでも虫ずが走る。
   社会主義も大嫌いだ。
   無政府主義もどうかすると少々いやになる。
   僕の一番好きなのは人間の盲目的行為だ。
   精神そのままの爆発だ。

(3)思想に自由あれ。
   しかしまた行為にも自由あれ。
   そしてさらにはまた動機にも自由あれ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 調べてみたら、ボクのほかにも大杉栄の詩に反応した男がいたのだった。
 いやはや、つくづくと世間は狭いものであ~る。

 072.gif坂口恭平が、大杉栄の『日本脱出記』から《魔子よ魔子よ》を歌う。


[PR]
by misaochan3x6 | 2012-12-18 21:31 | 音楽とわたくし | Comments(0)

草津ロックン・ロール・サーカス2012(2)

【2012年12月15日(土)】(2)

 さて、「草津温泉館」で草津デビューを飾った後、町の中心部に車で移動。

 そうさ、憧れの湯畑。
 キング・オブ温泉場の湯畑に行ってみたのさ。

 ガオーーーーーッ!!
a0141884_1533736.jpg

 いや~、いいね~、湯畑。岡本太郎デザインだ。
a0141884_15582794.jpg

 それにしても、ボクは何でこの湯畑の造形と風情に囚われているのであろうか。

a0141884_1514124.jpga0141884_1514225.jpga0141884_15142826.jpg








a0141884_15144835.jpga0141884_15144177.jpga0141884_15153312.jpg








a0141884_15154133.jpga0141884_15154982.jpg









 浴衣に丹前という由緒正しき温泉場の客がそぞろ歩く湯の町を、西の河原へと向かう。
 いやいや、何とも風情があるよね~。
 まったくもって、憧れのつげ義春の世界なのだ。

a0141884_1542258.gif

a0141884_15242565.jpga0141884_15243268.jpga0141884_15243922.jpg










a0141884_15245236.jpga0141884_1525210.jpga0141884_15251026.jpg









a0141884_15253163.jpga0141884_15253973.jpga0141884_15254758.jpg








a0141884_15465170.jpga0141884_15465889.jpg









 途中、「片岡鶴太郎美術館」なんかがあったりして。
 やだね~、所詮、河原乞食の文化人気取り。
 げろげーろ。
a0141884_169120.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2012-12-16 21:36 | トラベローグ | Comments(0)

草津ロックン・ロール・サーカス2012(3)

【2012年12月16日(日)】

 一夜明けてまず向かったのは、072.gif西(さい)の河原露天風呂だ。

a0141884_16232915.jpg
a0141884_16234297.jpg

 源泉掛け流し口から注ぐ湯の温度は悪意あるがごとく熱く、またPh2.0の酸性泉は、肌にピリピリ来るのである。
 おまけに、湯のしぶきの飛沫が目に入ると沁み痛いのは、きっと塩分(Na)を含んでいるからではあるまいか。 
 しかし、あれですな、湯に浸かりながら思うのは、やっぱり温泉場には女とふたりきりでこっそり来たいものだなという邪(よこし)まな心なりよ。ぐふふ。
 ま、たぶん金輪際、実現はしないだろうけどね。

 続いて訪れたのが072.gif大滝乃湯」。

 ここでも、46℃のPh2.0の酸性泉に身を浸す。

 いや~、それにしてもここの泉質は、まったくもって、ボクのアキレス腱断裂後のリハビリに合うんだよな~。
 草津、最高~~!!!
 気分は、ロックン・ロール!!!

 そうさ、こんな感じなのさ。


[PR]
by misaochan3x6 | 2012-12-16 21:36 | トラベローグ | Comments(0)

草津ロックン・ロール・サーカス2012(1)

【2012年12月15日(土)】(1)

a0141884_14214982.jpga0141884_14214032.jpg 親しくさせていただいている、なかを社長、いわたさん、そして、なかを社長の愛犬=柴犬のさくらとこもも母娘(おやこ)と車で行く1泊1万円の旅。

 今回は、待ちに待った草津行きなのだ!!



 ちぇすとーーーーっ!!

 さて、いつものように、集合場所の西荻窪北口に10時amを目標に集合し、さくらとこもも母娘を乗せた、なかを社長の車に乗り込み、GO。

 群馬県とはいえ、実は長野県にずっと近いロケーションなのだ。
a0141884_14231072.jpg

a0141884_14504957.gif 9年連続の温泉ランキング第1位の湯。

 実は行ってみてわかったのは、この湯はいま、「泉質主義」というイズムを貫徹しているのであった。

 やるな~。

a0141884_14353318.jpga0141884_1436093.jpg さて、宿泊したのは、わんちゃんOKのコンドミニアム。

 先月行った館山似非プロバンスのオーベルジュとは違って、犬たちと同じベッドで同衾出来たのだった。
 いやっほーい!!


 チェックインして旅の荷をほどくやいなや、さっそく車で、コンドミニアムでもらった温泉チケットが有効な「草津温泉館」で湯に浸かる。

a0141884_1444331.jpga0141884_14444579.jpga0141884_14445317.jpg









a0141884_14482750.jpga0141884_14483478.jpga0141884_14484427.jpg








a0141884_14533458.jpg

a0141884_14555488.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2012-12-16 21:33 | トラベローグ | Comments(0)