<   2012年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

箱根2DAYSア・ゴーゴー!!(2)大涌谷編。

【2012年9月30日(日)】

 朝食は朝8時から。
 全員で食堂へ。
 この朝食もウマし。

 食後の運動を兼ねて、わんこたちを連れて仙石高原のすすきの原へ。
 遠目にはスキー場と見えたが、実際は施設などない高原だったのだ。

a0141884_1174453.jpg

a0141884_1184013.jpg

a0141884_120185.jpga0141884_1204992.jpga0141884_120573.jpg








a0141884_1214923.jpga0141884_1215756.jpga0141884_122585.jpg









a0141884_12382.jpg

 そして、一堂車に乗り込み、箱根観光へ。
 向かうのは、大涌谷。

 072.gifここからはひたすら写真アーカイヴだ。
 ちぇすとーーっ!!
a0141884_1281576.jpg
a0141884_1283420.jpga0141884_1283573.jpga0141884_1285892.jpga0141884_1285878.jpg
a0141884_1291612.jpg

a0141884_1345330.jpga0141884_1345087.jpga0141884_1351085.jpg









a0141884_1363074.jpga0141884_1364186.jpga0141884_1364669.jpg









 072.gif上の方に見える山の麓のお土産処を目指して、わんこたちと一緒に歩き出す。

a0141884_1373439.jpga0141884_1374442.jpga0141884_1375810.jpg









 072.gifあたりは、一面に硫黄臭がたちこめているのだ。

a0141884_150213.jpga0141884_150211.jpga0141884_1502046.jpg









 072.gif順路を登り、やがて見えてきたお土産処、その名も「黒玉子茶屋」で名物の黒玉子を買って食す。
 硫黄臭でくさいのかと思いきや、味はノーマルなゆで卵だったのだ。

a0141884_1523593.jpga0141884_1524512.jpga0141884_1525111.jpg









 072.gif2匹のわんこは、どこへ行っても人気者だ。
 日本人といわず、台湾人といわず、韓国人といわず寄って来て、頭をなでて行くのである。
 そして、さくらとこももも黒玉子のご相伴に預かるのだ。ぱくぱくぱく。

a0141884_1593348.jpga0141884_1593085.jpga0141884_1594991.jpg








a0141884_281096.jpg

 さて、大涌谷を出た頃にはお腹が空く時間となり、箱根でなぜかの「どさんこラーメン屋」に入りラーメンをすする。
 ついでにボク、ぎょうざも注文したのねんのねん。

 さあ、旅もいよいよ終盤。
 締めはやっぱり温泉ということになり、072.gif「天山温泉」へと向かう。

a0141884_295784.jpg ここの男湯は、中庭に大小の露天風呂3基とサウナ、それに内風呂ひとつを擁するおしゃれ気な温泉施設なり。

 ここでボクは、なかを社長の「この湯は、草津の湯に似ているので、キミのアキレス腱のリハビリにいいと思うよ」という薦めで、大きな方の露天風呂の最奥にしつらえられた湯船に浸かる。

 この泉質が草津と似ているのかと思いつつ湯に入ると、熱い湯が肌にピリッと滲みて来る感じがしたのだった。



 結果的に、この湯に浸かったおかげで、ボクの右脚のアキレス腱の状態は、ものすご~くよくなったのである!!

 こうなったら、やっぱし草津には行っとかんとな!!

 長湯は苦手なので、30分程度で湯から上がった後、休憩処の畳の上で寝転がっている内に、北上中の台風17号の影響で強い雨が降り出して来た。

a0141884_21424100.jpg

 あ~あ、もう少し湯に浸かっていたら、072.gif昨年の大雄山で入った湯の時のように、2年連続で雨の中の温泉気分が堪能出来たのにな~。
 でも、一度服を着替えてしまったので、再び裸になって湯に浸かるほどの根気は、もうなかったんだわさ。
a0141884_216318.gif

 
 さて、「天山温泉」を辞し、追いかけて来る台風17号の風雨の中を一路TOKIOを目指して車は走る。
 こうして、わんことの楽しい旅から自宅に帰ったのは、夜の7時頃であった。

072.gifクリックすると画像が大きくなるよ!!▼
a0141884_2232431.jpg

a0141884_220696.gif

[PR]
by misaochan3x6 | 2012-09-30 19:43 | トラベローグ | Comments(2)

箱根2DAYSア・ゴーゴー!!(1)仙石高原編。

【2012年9月29日(土)】

a0141884_1925997.jpg 親しくさせていただいている、なかを社長、いわたさん、そして、なかを社長の愛犬=柴犬のさくらとこもも母娘(おやこ)とともに、箱根1泊1万円の旅にGO!!

 この日、集合場所の西荻窪北口に10時amを目標に集合し、さくらとこもも母娘を乗せた、なかを社長の車に乗り込む。




 今年は、1月早々、アキレス腱断裂のアクシデントに見舞われ松葉杖生活を余儀なくさせられ、やがて、右脚の股関節症悪化が進行し、人工関節置換手術を受けるなど、半年以上病苦とつきあい(おっと、うっかり、「闘い」と書きそうになったが、病気と闘っても勝ち目はないので、つきあうことにしていたんだったわ)、ようやく旅に出られるコンディションになったのであ~る。

 なかを社長、いわたさんと旅するのは、072.gifちょうど1年前の熱海への車旅以来なり。
 そして、さくらとこもも母娘との車旅となると、072.gif2007年3月以来、5年振りとなるのだ。

 さて、向かうは、072.gif箱根仙石高原にあるわんこと泊まれるお宿「仙石高原大箱根一の湯」。

a0141884_19454677.jpg

 ボクは終始、なかを社長&いわたさんの運転にお世話になりっぱなしの車窓の人であり、それは、さくらとこもも同じ。

a0141884_1926227.jpga0141884_1927228.jpg 母のさくら(写真左右)は、窓から顔を出して流れる風景を楽しむのが好き。







a0141884_19265647.jpga0141884_19302941.jpg そして、娘のこもも(写真左右)は、前席の運転主席と助手席の間にあるクッションに前足を置き、後ろ足は後部座席のソファに踏ん張って、フロントガラスに映る風景を眺めるのが好きなのである。




a0141884_19334614.jpg

 途中、海老名のSAでお昼を食べた後、三国峠で富士山を眺望しようとしたものの、あいにく雲に隠れてその姿は拝めなかった。
a0141884_19353995.jpg
a0141884_19353256.jpg
a0141884_1935589.jpg

 そして、午後3時前にお宿に到着。
a0141884_19492751.jpg

a0141884_19375542.jpga0141884_19381798.jpga0141884_19382518.jpg









a0141884_19394947.jpg 早速、チェックインして、部屋で少し休んでいる間にも、駐車場には、わんこ連れの宿泊客の車が次々に入って来て満車状態。

 平日でも満室とのことで、びっくりドンキーなのさ!!



 部屋で一休みの後、3人で離れにある露天風呂にドブン。
 旅の疲れを癒す。
 ちっちゃい湯船だったけど、でもやっぱり温泉はいいね~。
a0141884_19425453.jpg

 この時、わんこたちは部屋で留守番。
 置いてきぼりにされて、母娘で哀しげな声をあげておったんよ。

a0141884_19522657.jpg そして、夕方6時から夕食。

 宿泊客は皆、わんこ連れでの食事である。

 メニューはなかなかにおいしく、品数も豊富。



 しかも、明日の朝食付きで1万円とは安~い!!
a0141884_2011888.jpg
a0141884_2012769.jpg
a0141884_1959783.jpg

 そんでもって夕食後、夜は、コンビニであつらえたつまみと持ち込みの焼酎でおとなの宴。
 その後、さくらとこももを同衾しての就寝となる。

 072.gifPS.あのですね、車に乗せてもらっての〝おまかせの旅〟なので、正直いって、どこをどう走ったのかルートはさっぱりわからないのですありますが、この日巡ったのは、ピンポイントでいうとこの場所なのでありますよ~。(汗々)

 072.gifクリックすると画像が大きくなるよ!!▼
a0141884_208526.jpg

072.gif2日目の<大涌谷編>につづく。
[PR]
by misaochan3x6 | 2012-09-30 19:42 | トラベローグ | Comments(0)

まりちゃんのお店「ア ビエント!」が1周年。

【2010年9月28日(金)】

 先日、072.gif「東京みかん」代表のみやさんから、まりちゃんのお店072.gif「ア ビエント!」が1周年を迎えるので、9/29(土)、お店でパーティーやりますよ、のメール連絡あり。

 そうか、あれから1年か。
 あいにく、その日は用事があってパーティーに参加出来ないので、お祝いだけ述べようと、仕事帰りにお店に立ち寄る。
a0141884_6113437.jpg

 この日は、まりちゃんと千春さん(072.gif 「ギャラリー アシエット」 のオーナーでもあるんよ)のふたりでお店を切り盛り中。
a0141884_6122011.jpg

 ボクは白ワインをオーダーし、女子ふたりはグラスビールで、一足先に3人で乾杯だ。
 1周年バンザ~~~イ!!

a0141884_729187.gif

 そのあと、ボクは店内でお食事に移る。

072.gifまずは、フォカッチャとハンバーグのサンドイッチ。
 全部まりちゃんの手作りで、しかも無添加だ。
 これ、超ウマいんよ!!
 レタスもケチャップも不要なり。
 ストレートにパンと肉の味を愉しむ。もぐもぐもぐ。
a0141884_6232580.jpg

a0141884_6285094.jpg まりちゃんの長男のてっちゃん(小3)が、サッカーの練習を終えて店に。

 腹を減らしていたので、半分食べかけのボクのサンドイッチをあげたのさ。

 彼の4年前の姿を見たければ、ここよ



 072.gif続いて、〝びっくりプリン〟。
 明日のパーティー用に作ったプリンらしいんだけど、まりちゃん、うっかり砂糖を入れ忘れたらしいよ。
 なので、甘くないから、お好みで自分で味を整えるプリンなのだ。
 お醤油を垂らせば雲丹(うに)味になるらしいけど、それはご遠慮して、ボクは、まりちゃんお手製のいちごジャムをからめて食す。
 このジャム、ウマ~~~い!!
 カップの底にあるカラメルソースの苦味との相性はバツグンなのだ。
a0141884_6564896.jpg

 
 072.gif最後は、秋刀魚と焼きなすのむにゃむにゃむにゃ、バルサミコソースがけ。(4杯目の白ワインで酔っ払って、料理名を忘れた)
 焼きなす、香ばしくておいしいわ!!
 
a0141884_723380.jpg

 さて、こうしてすっかりお腹も満たされ、いい塩梅で酔っ払ったので、支払いを済ませてお店を辞す。

 店を出て、次に、まりちゃんに教えてもらった072.gif「マイ プレイス」というお店に向かうことに。
 そこは、楽器が置いてあり、客が自由に演奏出来るバーとのことだ。
a0141884_782729.jpg

 お店のマークが、ハロウィンのおばけカボチャを連想させておもしろい。 
a0141884_7114033.jpg

 営業時間は以下のとおりらしいのだが、あいにくこの日の営業は夜9時からのようだ。
a0141884_7144890.jpg
a0141884_7145626.jpg

 この店にたどり着いたのは夜8時で、開店までまだ1時間あったので、この日は諦めて帰宅す。
 いつか、仕事帰りにでも訪ねることにしよう。
[PR]
by misaochan3x6 | 2012-09-29 06:09 | 食べローグ | Comments(0)

結局、手塚治虫。

【2010年9月27日(木)】

a0141884_22174169.jpg 仕事帰りに立ち寄った「アニマル洋子」。
 9月いっぱいで古着の販売を終了するとのこと。
 ふ~ん、結局、古着では儲からなかったんですね~。

 さて、店頭100円ワゴンを引っ掻き回して、結局、この日求めたのは、手塚治虫なり。

 この2冊だ。


a0141884_22275430.jpg072.gif秋田漫画文庫/塚治虫 鉄の旋律
 1989.12.15 20版

072.gif 秋田漫画文庫 手塚治虫  時計仕掛けのりんご
 1976.7.20 初版

a0141884_23223630.jpg













 〝マンガの神様〟といわれた'50年代~'60年代の児童マンガ家の身分から、劇画の台頭によって一気に地上に引き摺り下ろされて〝ただのマンガ家〟になってしまい、食わんがために、自分よりはるか年下の若いマンガ家たちに伍して青年誌上で闘わなくてはならなくなった'70年代の作品群。

 いやそれにしても、暗いね~、暗過ぎるよね~、この頃の手塚治虫の画は、ね。
a0141884_5582264.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2012-09-28 22:20 | 購本記 | Comments(0)

夏休みの一日。(2)

【2010年9月26日(水)】

a0141884_21545143.gif あのですね、くどいですが、「びっくりドンキー」のハンバーグ肉のあのウマさは、実に実に、体に悪い添加物なしには確立できない味であることは明々白々ではあるんよ。

 例えば、甘辛く煮たダンボールを捏ねて練りこんであるとかね。

 さりとて、ボクは、そのことを全面的に否定するほど朴念仁ではありませんよ。
 ウマいものはウマければいいのでね、そう頻繁に食べなければ。

 さて、ゆうべの息子夫婦との会食の席で、彼が小さい頃の話になって、奥さんが放ったこの一言はボクには意外だったんよ。

 (息子に)チョコレートだけは食べさせないようにしていたんだけど、この人(=ボク)が食べさせてしまって、すべてが台なし
って。

 えーーーーーッ!!!

 そんなのはじめて聞いたよ。
 だったら最初にいってくれたら、そんなことしなかったのに。

 っていうか、そもそもチョコ、なんでダメなの!?

a0141884_22122469.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2012-09-28 22:00 | 自分遺産 | Comments(0)

夏休みの一日。(1)

【2010年9月26日(水)】

a0141884_22201086.jpg あっ!!
 東京メトロ丸の内線の地元「新高円寺駅」近くにある「食堂むつみ亭」がクローズしているではないですかっ!!

 いや、みどもは一度もこの店には入ったことないですけれどもね。(だって、このデフレ時代にメニューの値段が高いんだもん)

 実は、この地は角地で、店の前にチャリが止められないのが不利な立地なのか、ボクがこのまちに引っ越して来て以来18年、この場所にはさまざまな店の出入りがあり(ブティック、ビデオ屋、奥さんいわく、たい焼き屋などなど)、この「食堂むつみ亭」が入ってようやく安定したのかと思いきや、やっぱりダメだったみたいなのねんのねん。

 悲しき〝宿命の地〟なのであります。

 でも、5~6年はもったのではないかしらね、奇跡的に。
 次はどんなテナントが入るのでせうか、お気の毒に。007.gif

 072.gifところで、きょう、ボクは夏休みで、本当なら、息子夫婦とボクの3人で、両親がまだ元気な内にボクの実家に飛行機を使って行って(島根プリーフェクチャーの県庁所在地、松江だよ)、息子の奥さんのお披露目をしようと思ってたんだけど、実は、彼の奥さんは妊娠2ヶ月目に入っていて、安定期になるまでは飛行機は避けよ、とのドクターストップにより、結局、松江行きは中止にしたんだわさ。

 でも、せっかくなので、きょうの夏休みは生かして、息子夫婦とボクとボクの奥さんの4人で会食することにしたんよ。

a0141884_2331658.gif というわけで、息子の運転で、072.gif「びっくりドンキー」関町店に行きました。


 初めて行ったけど、ここの肉(ハンバーグ)ウマいわ!!
 何か肉に特別な悪い細工でもしているのであろうか。

a0141884_2243069.jpg

 
 さて、前にも書いたことあるけど、息子が幼稚園の頃、小石川に住んでいた時に、家族3人で食卓を囲んでいた際に放った名言を、再びここに記しておこうと思います。

 〝みんなで(ごはんを)食べると、いい気持ちがする!!〟
[PR]
by misaochan3x6 | 2012-09-26 22:20 | 宿命の地 | Comments(0)

雨の日、西荻窪まで行って濡れ損。

【2012年9月23日(日)】 

 終日雨なり。057.gif

a0141884_15282566.gif

 奥さんは金曜日から北海道に紅葉を追いかけて、またひとり旅に出かけ、ボクはまた、みーちゃんとふたりで過ごす。

 それにしても、昼間、みーちゃんは一体どこに潜んでいるのであろうろうか。
 呼べど姿を見せず、てっきり家出でもしたのかと思いきや、やがてふいにどこからか忽然と姿を現すのである。
 忍者娘み-ちゃんなのだ。
a0141884_1531734.jpg


 さて、この日は、行きつけの「アコースティックカフェ」が閉店するとのことで、有終の美を飾るその日の目撃者になろうと、雨の中、午後1時頃外出す。

 まずはチャリで阿佐ヶ谷のヘア・カット・チェーンに寄って、いつものように9mmの丸刈りした後、そこからJRに乗って西荻窪に移動し、徒歩でお店に向かうことに。

 そして、この風景は、そうです、JR西荻窪駅のホームから見る雨にけぶる(あれっ!? けむる? わかんなくなっちゃった!!)西荻窪の風景なのです。

a0141884_1544245.jpg
a0141884_15441295.jpg

 そんでもって、駅から歩いて数分でお店に到着。
 時間は、午後2時過ぎ。

a0141884_1546512.jpg

 あれっ!? すでに看板類が取り除かれて、何だかシレっとした感じ。
 ヘンだな~と思いながらお店の入り口に通じる地下までの階段を降りると、店の入り口は鉄の扉で閉じられてひっそりとしていたのだった。

 いつもはとっくに開いている時間なのだが、閉店日のきょうは開店時間がズレているのであろうか。
 オーナーの携帯電話は知っていたのだが、開店時間を聞いたところで、その時間まで待つ気はさらさらないので、仕方なく帰ることにしたのだった。

 そして、家に帰ってきたのは午後3時。 
 結局、意味もなく濡れるために外出したようなものだったのさ。

 雨の日、西荻窪まで行って濡れ損、というお話し。

a0141884_15544135.gif

 あ~あ、また地元近辺で、ひとりよがりに歌って弾ける店を探さなくっちゃね~。
 それとも、シンガーソング・カバラーとして、いよいよ路上ライブ開始か?035.gif
[PR]
by misaochan3x6 | 2012-09-23 15:31 | みーちゃんとわたくし | Comments(0)

白ワインでサングリア。

【2012年9月17日(月)

 連休の最終日。
 旅の疲れを癒すべく家で過ごす。

 さて、この日、かねてから作ってみたいと思っていた白ワインのサングリアにチャレンジ。

 072.gif写真はイメージっす。

a0141884_21434597.jpg

 コンビニで白ワインとメロンのカットフルーツを買ってきて、家にある巨峰を使ってトライ。

 白ワインにメロンと巨峰を漬け込むこと約1時間でこれを飲む。
 赤ワインのサングリアもよいが、白ワインのサングリアも
a0141884_21494869.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2012-09-17 21:40 | キャラ立ち | Comments(0)

西中島南方、鉄橋下でピクニック。

【2012年9月16日(日)②】

 さて、今回の広島出張スピンオフ企画の最後は、「淀川ピクニック」なり。

 この企画のいきさつはこうだ。

 072.gif昨夏の大阪でのトオルさんとのジャムセッションを今回も同じ店でやろうとしていたところ、店のスケジュールと合わなかったとのトオルさんからの連絡。
 それならばと、昨年、そのジャムセッションにお客として来てくれた、やぁぁまだ!くんと彼の奥さんとトオルさんとボクの4人でのピクニック企画に変更することにしたんだわさ。
 確か、やぁぁまだ!くんは、淀川の近くに住んでいるといってたのでね。
 下の写真は、やぁぁまだ!くんから送られて来た淀川河川敷の現調写真なのだ。

a0141884_1241769.jpg

 しかし、残念ながら、今回は、トオルさんは家の都合で参加出来なくなったので、3人で挙行することになったってわけなのである。
 ちゅどーーーんッツ!!
 068.gifそのトオルさんからのコメントは、ここだよ。060.gif
 トオルさん、また機会を見つけていろいろ企(たくら)みませうね。(笑)
a0141884_9564099.jpg

 というわけで、この日、彼の地元駅である「西中島南方」に13:00に待ち合わせをしたのだった。
 奇しくも、072.gif大阪市交通局発行のフリーペーパー「ノッテオリテ」最新号に、この駅の紹介記事が出ていたのよん。
a0141884_9164645.jpg

 さて、約束の時間に待ち合わせ場所で、この日はチャリで出迎えてくれた、やぁぁまだ!くんと合流。
 早速、買出しにと思いきや、何と食材とお酒は、彼と彼の奥さんが用意して来てくれたのである。(いや、ボクはトシちゃんではないのだが)
a0141884_932473.jpg

a0141884_9412022.jpg チャリに食材とお酒を乗せ、まずはふたりで宴会場へと向かう。

 残念ながら、今回は携帯電話の充電器を忘れて来てしまい、省電力のため、日生(ひなせ)以降は写真撮影を控えたため、写真はありません。

 さて、河川敷に降りると、宴会場となる鉄橋下には、すでにたくさんのBBQ客のグループが宴をスタートさせているではないか!! すげーよ、淀川。


 やがて、やぁぁまだ!くんの奥さんもチャリで駆けつけてくくれ、日差しを避けるために、われわれも鉄橋下を宴会場と決め、レジャーシートを敷き、そして、やぁぁまだ!くんの奥さんの心のこもったお弁当を広げ、ビールを飲みながら食べ、かつ、大いに語らうのだった。

 ありがとう、やぁぁまだ!くん、奥さん。 
 おかげさまで、楽しい旅の思い出が出来ました。
 m(__)m
 

 さて、お弁当の残りとワンカップを帰りの新幹線弁当にすることにし、2時間の宴会を終え、3人で宴会場から歩きで新大阪まで向かい、ボクは新幹線に乗ったのだった。

 それにしても、この日、やぁぁまだ!くんと彼の奥さんと3人でのピクニックを企画していなければ、そもそも、きのう財布を失くした時点で意気消沈して、やぁぁまだ!くんにこの日の開催の中止を連絡する動機もなかったし、彼にそのことを連絡したことが、結局、その日の内に失くした財布が見つかることにつながったことを考えると、実に感慨深い大阪の旅となったわけであります。

 もう一度、ありがとう、やぁぁまだ!くん。
 感謝ですOSAKA。


 あなたたちの住むスィートホーム・OSAKAが生んだ、すばらしき<大阪遺産>であるこの歌を、TOKIOに住むこのボクからお贈りします。

 072.gif俺の借金全部でなんぼや


[PR]
by misaochan3x6 | 2012-09-17 21:19 | トラベローグ | Comments(7)

阪急電車に乗って京都河原町まで。

【2012年9月16日(日)①】

 今回、京都に行きたくなったのにはわけがあるんよ。
 きっかけは、小泉のこの書評なり。

 072.gif読売新聞/2012年8月12日(日) 
a0141884_21103361.jpg

 ああ、このバルコニーはもうなくなってしまったのか、と深い感慨に浸る。
 そして、チロも、陽子(1947~1990)さんも。
a0141884_21145022.jpg

a0141884_2118024.jpg 潜在的にこの書評のことが意識の底にあり、そして、久し振りに訪れた「アニマル洋子」の店頭100円ワゴンでこの本を見つけて、引きつけられるように求めたのが、9月9日(日)のことだったのさ。

 彼女がこの地上から去ってしまった22年後に、彼女が書いたこの本で、彼女のことを知り、そして当時のアラーキーの様子も知ることになる。

 何よりもボクが驚いたのは、この本の中で、いまも彼女は生きてるっていう実感なんだ。すごくヴィヴィッドにね!!



 書かれた文章も、そして載せられた写真も、リアルに〝いま〟を語っていた。
 この夫婦は、まるでフランス人の恋人同士のように暮らしていたのがわかったのである。

 そして、この本の中で、ふたりで大阪から阪急電車に乗って京都河原町の老舗の蕎麦屋<松葉>に、にしん蕎麦を食べにいく件(くだり)に出会うのである。
 (クリックすると大きくなります)

a0141884_21335563.jpg

 そうか、阪急電車で京都まで行けるのか!!
 在阪の方にには笑われるかも知れないが、これは、東京在住者のボクにとっては大発見だったのさ。

 というわけで、阪急電車に乗って京都に行き、072.gif河原町の老舗の蕎麦屋<松葉>でにしん蕎麦を食べ、ついでにこの本に書かれたように、072.gifイノダコーヒでは、コーヒーに最初から砂糖とミルクが入って出されるのかを確かめることにしたのだった。

 というわけで、この日、難波の「サウナ・ニュージャパン」を朝8時過ぎにチェックアウトして、阪急梅田に向かい、京都行きの準急に乗ったのであ~る。
a0141884_21433831.jpg

 駅に着いてみて、そういえば去年の8月に、ここから宝塚線に乗って「手塚治虫記念館」を訪れたことを思い出したんだ。
 それにしてもこの電鉄会社のテイストは、何ともおしゃれな感じで、関西特有の金持ちの匂いがぷんぷんするのである。
 う~ん、いい感じ~。053.gif

 さて、10時過ぎに河原町に到着し、<松葉>を目指す。
 なるほど、本店は072.gif南座のとなりにあると本に書かれていたとおり、南座に大きく<松葉>の看板が出ているではないか。
 そして、これまた本にあるとおり、本店のおばちゃんは態度が横柄で、北店の方が積極態度がいいことを確かめるべく北店に向かうが、残念ながらまだ開店時間に至らなかったのだ。
 (あとで調べたら、本店が10:30開店。北店は11:30開店とのことだった。)

 あいにくにしん蕎麦にはありつけなかったものの、四条通が八坂神社の参道であることにあらためて気付いたのと、この通りには、先ほどの「南座」といい、072.gifレストラン菊水といい、072.gif中華料理の「東華菜館」といった、実に魅力的な近代建築が至近距離で集中しているスポットであることを認識したのである。
 今度京都に来る時は、建築家と一緒に訪れたいと思ったわけなのさ。

 ちなみに、前回、この京都を訪れたのは2000年の1月で、写真関係の仕事をしていた頃ではなかったかしら。
 その時、市内をけっこう歩き回った記憶があるよ。
 でも、その時は、四条通が八坂神社の参道であることも、「南座」と「レストラン菊水」の存在には気が付かなかったな~。

 さて、滞在時間が限られているので、ここから072.gif「錦市場」に向かい、アーケードの中をぶらぶら。
 12年前もここを歩いて、初めて見る京野菜のアメイジングな世界に驚いたものなのさ。
 イノダコーヒによる時間はもうないので、京都散策はこれくらいにして、再び阪急電車(今度は特急)に乗って梅田まで戻る。

 この後、今回の旅の最終目的地に向かってGO!!
a0141884_2229262.gif

[PR]
by misaochan3x6 | 2012-09-17 21:15 | トラベローグ | Comments(2)