<   2012年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧

1年先の鬼よ笑えよ。

【2012年7月30日(月)】

 また1週間が始まりましたね。

 さて、ここ数年、ボクは昼休みの時間中、いつの間にか外出が億劫になってしまい、外出せずに自席でお昼ご飯を食べていたのですが、退院後は、また外出の習慣を取り戻し、職場近くの公園で、リハビリテーション自主訓練を地道に続けているのであります。

a0141884_17393623.jpg

 こつこつ1年続けていけば、来年の今頃、右脚の筋肉は回復して、きっといまよりはよい状態になっているのではないかと思います。

 というか、そう信じなければ、リハビリテーションなんてやってられないのよね。
[PR]
by misaochan3x6 | 2012-07-30 17:38 | 自分遺産 | Comments(0)

夏到来2012 ア・ゴーゴー!!

【2012年7月29日(日)】

 でっへっへっへ、いやいや~、昨日に続き、けふも十分にあったかい一日ですね~。
 つか、まったくもって暑いですね~。

 ま、夏はこうでなければね~。 
 いいぞ、いいぞ~。

 (たぶん、毎年同じことをいってると思いますし、きのうもいうてましたわ。やっほー!!)

 さて、午前中、浜田山の先にあるスポーツ用品店の支店に急行し、約15年ぶりくらいに海パンを新調して、和田堀公園プールに直行す。

a0141884_17331078.jpg

 072.gifここは、わたくしが1994年に杉並区民となって以来、毎年夏に訪れる50mの戸外プールなんすよ。

 去年、ここで太陽に身を委ねていた時には、まさか1年後、右変形性股関節症の悪化のために、人口関節置換手術を受けるなどとは夢にも思っていなかったのであります。
 いやはや、まったくもって、〝一寸先は予定調和の外にあり〟なり。
 そんでもって、プールに行く前も行ってから後も、日に何度も風呂場で水のシャワーを浴びて体を冷やす一日なのでした。

a0141884_17444492.jpg
 
 さて、夕方、地元のスーパーにチャリを走らせ、ホッピーと焼き鳥(皮2本、レバー2本)による「ひとり酒場」の準備。
 計量ビーカーに、ホッピー・焼酎・氷を投入して開店だ。
 やっほー!!
a0141884_17573349.jpg

 飲みながら、暑中見舞いハガキを数枚書く。 
[PR]
by misaochan3x6 | 2012-07-29 17:27 | 自分遺産 | Comments(0)

平成24年厄年・八方塞り年令表~!?

【2012年7月28日(土)】

 でっへっへっへ、いや、あったかいですね~。
 ってか、暑いですね~。

 ま、夏はこうでなければね~。(たぶん、毎年同じことをいってると思います)

a0141884_184878.jpga0141884_1841357.jpg さて、午前中、阿佐ヶ谷に用事があり、ふと立ち寄った神明宮(しんめいぐう)に、「平成24年厄年・八方塞り年令表」なるものが掲示されていることにに気づく。 

a0141884_1861556.jpg







a0141884_1895972.jpg

 にゃ、にゃにゅっ~!!
 昭和33年生まれ八方塞がり~?

a0141884_1810521.jpg

 ビンゴじゃ~ん!!
a0141884_18293787.gif

 どうりで、昨秋から発症した右変形性股関節症を経て、アキレス腱完全断裂に至り、その後、また再び右変形性股関節症の悪化による緊急入院~緊急手術に至るこの間の出来事は説明出来るのではないかしらね。
 おほほ。
a0141884_18243851.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2012-07-28 17:54 | 自分遺産 | Comments(0)

演奏可能曲目リスト60。

 では、入院生活中に病室で整理した結果の「演奏可能曲目リスト60」を発表しま~す。
 ボクがアコギを弾きながら歌える歌なのさ。

 もちろん弾き方は我流。
 腕前はm(__)m
 ま、よいではないですか。本人が楽しければいいんだから。(ニコッ)

 それにしても、結局、ストーンズ、イギー・ポップ、ジョン・レノンなんだよな~、ボクの場合。

 072.gifクリックすると大きくなるよ。
a0141884_1533441.jpg
a0141884_1534630.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2012-07-27 14:32 | 音楽とわたくし | Comments(0)

変わっていくもの、変わらないもの。

【2012年7月23日(月)】

a0141884_19423623.jpga0141884_19424617.jpg 仕事帰りに、約半年振りに「アニマル洋子」にチャリで出向く。

 この店、古本と古着のお店で、アキレス腱断裂の日(1/25・土)からずっとご無沙汰していたんだわさ。



 といふのも、「ルック商店街」の高円寺寄りに位置するこの店は、ゆっくりとした下り坂に面していて、行く時には楽なのだが、帰りは当然のごとく上(のぼ)り坂になる。
 そうなると、この店の前の坂をチャリをこいで上(のぼ)るには、松葉杖を使っている身でははなはだ辛いので、結局、この店から足が遠のいてしまったってわけなのさ。
 あ~、長ったらしい説明でゴメンね。

 ま、「アニマル洋子」はあいかわらずのたたずまいでそこにあったんだけどね。

a0141884_19435757.jpg ところで、青梅街道沿いに、いつの間にか「バーガーキング」出来てるやんっ!!




 奥さん情報だと、6/27(水)にオープンしたとか。
 ボクが手術の傷の痛みに耐えながら病室のベッドで身を横たえていたあの日 だな。

 その前は何があったんだっけって奥さんに聞いたら、「近ツリがあったよ」っていう回答だったんだ。
 まったくよく憶えているもんだわさ。

 072.gif朝、近所の小学生のガキんちょの姿を見かけなくなったのだが、世間はもう夏休みかい?
 それに、朝の通勤電車も少し混雑が緩和されているのは何ゆえ?
[PR]
by misaochan3x6 | 2012-07-24 17:58 | 地元アーカイヴ | Comments(2)

「憲法フォークジャンボリー in 東京2012」に出演しますのだ。

【2012年7月22日(日)】

 全国で開催される音楽の祭典「憲法フォークジャンボリー 」。
 なぜ憲法なのかって?
 世界にも稀な〝戦争放棄〟(9条)を擁するわが国の憲法精神を顕彰してのイベントと聞いております。

 東京で開催されるので「 in 東京」。
 今年で6回目の開催。

 チラシはこれです。

a0141884_21165097.jpg

 専用サイトはここよ。060.gif

 そんでもって、ボクがリード・ボーカルを努めている5人編成のアコギ・ユニット<チーム金子>で、今回、3回目の出場となります。

 <過去出場のアーカイヴ>
 072.gif2010年の初出演 
 072.gif2011年の2回目の出演

 ちなみに、このイベントは、8月3日(金)~8月5日(日)の3日間、100数十名の表現者たちが出演し、わが<チーム金子>は、8月5日(日)の13:30頃ステージに登場します。

a0141884_21224327.jpg

 といふわけで、練習、練習。

 この日、メンバーの正子さんちに集合して、ボクがボーカルを務めるこの曲の練習。
 午後1時にメンバーが集まって、たっぷり2時間練習をこなしたのだった。
 いい結果が得られたよ。
 乞うご期待!!

 072.gif花・太陽・雨/PYG(1971年)



a0141884_21445648.jpg

a0141884_21453570.jpg

 072.gifさて、練習の後の<飲み会>風景をアーカイヴだ。
   実は、ボクの復員記念も兼ねた飲み会になっているんすよね。

a0141884_21484931.jpg
a0141884_2149773.jpg
a0141884_21491750.jpg
a0141884_21492625.jpg

 音楽的な志向の違うメンバーが、縁あってユニットを組んだこの出会いに、ただひたすら感謝です。
[PR]
by misaochan3x6 | 2012-07-23 21:16 | 音楽とわたくし | Comments(0)

みーちゃんとふたりきり。うぷぷ。

【2012年7月21日土)】

a0141884_18422133.jpg 全国的に大量の熱中症患者を出した先週とは打って変わって、気温が低く、ゆうべなどタオルケット1枚では肌寒い陽気なり。
 けふは、雨がちの低気温の一日。

 サブい夏なんて、やめてほしいと思いまーす。(怒)

 さて、奥さんはきのうの夜から来週の月曜日の午前中までひとり旅中。
 というわけで、みーちゃんとふたりきり。

 しばらく家を空けたので、みーちゃんがなかなかなついてくれなかったのだが、きのうあたりから、ようやく復調気味なので、まずはひと安心。

 072.gifバイザウェイ、知り合いのみどりさんから、快気祝いに宅配便で「越乃寒梅」が届く。
 折りしも同じ便で、仙台在住のアマチュア写真家Tさんからもお中元の「笹かまぼこ」をいただく。
 恥ずかしながら、これまで「越乃寒梅」を飲んだことがないので、「笹かまぼこ」を肴に、午後2時、早速、「ひとり酒場」をオープン。

 いや、「越乃寒梅」寒露なり。
 最初の飲み口は、トロっとしていたのです。
 
[PR]
by misaochan3x6 | 2012-07-21 18:22 | みーちゃんとわたくし | Comments(0)

復員しました。

【2012年7月19日(木)】

 この日、約1ヶ月振りの職場復帰を果たす。

 退院の翌日からそんなに気張らんでも、という向きもあるかも知れないが、そんな悠長なこというてたら、机なくなってまうやーん!!
 怪我で3ヶ月も休ませてもらえる職場の例など聞くと、逆にびっくりドンキーですわな。

 いや、本音をいうと、やっぱり仕事してる方が楽しいよ。
 テーマがある生活の方が張り合いがあるもの。

 といふわけで、松葉杖を一本杖に代えて出勤~。
 交互に脚を右、左に出しながらね。

 股関節そのものにはもう痛みはないものの、右脚の筋肉が衰えているので、脚そのものを支える力がなくて、まだギクシャクした動きになってしまうのさ。

a0141884_17581810.jpg

 072.gif入院中は、杖なし歩行などなかなか難しいのではと思っていたところ、家に帰ってみると意外にも〝杖なし歩行〟は難しくないことを実感したんよ。
 というのは、生活動線の中では、ひとつの移動に伴う行動から次の行動への移動距離は極めて短いので、杖なしでも十分に行動が可能であるってことがわかったんだわさ。
 
 いままでどおりの調子で長距離移動出来るようになるには、まだまだ時間はかかるわな。
[PR]
by misaochan3x6 | 2012-07-21 17:54 | 自分遺産 | Comments(0)

入院日記・番外編(3)/読書とわたくし・藤澤清造の長編小説「根津権現裏」

【2012年7月17日(火)】

 この日から、西村賢太の師たる藤澤清造の長編「根津権現裏」(新潮文庫)を読み始める。

 文庫本の帯には、「幻の小説が、90年の時を経て甦る。」とあるね。
 初版の発行は、大正12年(1922年)4月、著者34歳の作だ。
a0141884_12154860.jpg

 読み始めてすぐにわかったのは、藤澤清造の「没後弟子」を自認し、石川県七尾市にある藤澤清造の墓の隣に、2002年6月に生前墓を立ててしまった西村の文学的な出自(=文体の獲得と<私小説>という表現スタイルの獲得)は「根津権現裏」に由来するということであり、見慣れぬ、聞きなれぬ以下の表現は、みな、この「根津権現裏」に散見されるのである。

 「結句」、「云う」、「すぐと」、「とうどう」「慊い(あきたりない)」、「曩め(はじめ)」、「購め(もとめ)」、「果敢なくなってしまった」、「ほき出した」、「篦棒」、「罵詈讒謗」、「閑所」、「買淫」。

 さらに、「はや」、「どうで」といった出自不明の副詞。
 
 この内のどれかが、藤澤清造の出身地である能登方言に由来するもののようであるとは、何となくわかって来たんだわさ。
 あとは、本人独特のものの謂(い)いか、当時の日本語のスタンダードであるのかも知れないね。

 西村本人のいう「大正時代の澱(おり)」の中の、まさに澱中の澱である藤澤清造の〝文体〟という胎内をくぐり抜けて血肉化された澱こそが、西村賢太の文体であることが、ようやくわかったのだ。

 あれっ!? 金さえあれば毎日「買淫」したいといったのは、師匠の方だっけ、弟子の方だっけ?

 それにしても、「根津権現裏」、どうでもいい小説である。

 いま、59章中、36章までを読み進めて来た時点でいうと、3行で終わる表現を、文庫本のページ数でいうと200ページ近くをかけて延々書き続けられる、藤澤清造という男のその粘着体質というか、駄文に賭ける物書きとしての情動には、ただただ恐れ入るばかりである。
 とはいえ、この小説の初版本の題字は高村光太郎であり、当時、田山花袋が島崎藤村がこの作文を激賞したというのだから、これも恐れ入るのである。

 
 しかし、その作品に惚れ抜き、新潮文庫にいきなり文庫オリジナル版として復刻ランクインさせ、(西村本人いわく、このレーベルの文庫化の売り上げ目標を基準としたハードルはかなり高いのだそうである)、しかも、ボクが手にしている判の時点で、平成23年(2011年)7月1日発行/平成23年(2011年)11月25日三刷にまで売り上げさせたという点では。西村賢太の妄執や恐るべし、といった結果なのだ。

 いずれにしても、藤澤清造の「没後弟子」を自認する西村賢太の〝人生を変えた本〟(西村本人の弁)という動機付けがなければ、とうてい読む気など起きない本なのである。 
 「どの仏を尊しとするかは本人の勝手である。ほっとけ!!」といったようなニュアンスのことを、確か西村はどこかで書いていたような気がするな。

 ま、長い読書人生には、こんな無駄道があってもいいのかも知れないな。

 ああ、それにしても、「根津権現裏」、どうでもいい小説である。
 くどいわ、語り口が。


 死んでしまえ、といった時には、すでに藤澤清造、昭和7年(1932年)1月29日(金)の朝、慢性の性病に由来する精神異常の結果、芝公園の六角堂内で凍死体となって発見されたのである。
 享年44歳。
 南無~。
[PR]
by misaochan3x6 | 2012-07-19 06:06 | 入院日記 | Comments(0)

入院日記・番外編(2)/「F♯m」とわたくし

 072.gifTell me/The Rolling Stonesに出て来るコード(和音)は、以下のとおり。

  A B7  C♯m D E E7 F♯m の5つ。

そんでもって、

 072.gifLove is Blue/Paul Mauriat に出て来るコードは、以下のとおり。

 A B7 C♯m D E Em F♯m の5つ。

 5つのコードの内、4つのコードが共通しているのがおもしろい。
 違う表現をすれば、4つのコードの組み合わせというか、コード進行の違いで、曲というのはこうも違うものなのかということなんよ。
 まったくもって、音楽とは奥深い。

 さて、この中で曲者のコードが、人差し指で全弦をカバー(セーハ)して押さえる「F♯m」なんだわさ。

 ギターにチャレンジする善人のほとんどが、このセーハで討ち死にして敗れるのである。
 俗にいう「Fの壁」
 同様に、「B」もセーハしなければ、音が出ない。

 そうなんよ、ギターって、ちゃんと弦が押さえられないと、きれいに音が鳴らない悪魔の楽器なんよ。
 難儀やわ~。
 そんな難儀な悪魔の楽器を愛してしまったわたくしもまた、難儀な男なり。

 というわけで、ずっと避けていたセーハなのだが、「F♯m」が抑えられなければ、この2曲は永遠にモノにならないとなれば、弾けるようにするしかないのである。

 そんでもって、この「F♯m」のフォームのまま、指を右に1フレット移動すると「G♯m」になるのだが、このコードできちんと音が出せると、この曲のイントロとアウトロが弾けるんだわさ。

 072.gifI Faught the Law/The CLASH ver.

  E E B7 A G♯m E
 
 頼むでしか~し。


[PR]
by misaochan3x6 | 2012-07-19 05:57 | 入院日記 | Comments(0)