<   2012年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

あしたから入院、そして手術。

【2012年6月24日(日)】

 けふはいい天気になりました。
 外出日和ですね。

 emoticon-0171-star.gifさて、何度も申し上げているとおり、私は、昨秋発症した右変形性股関節症治療のため、6/25(月)に代々木の「JR東京総合病院」に入院し、人工関節置換手術を受けることにしました。
 手術なんて、1970年(中1)の蓄膿症手術以来、42年ぶりのことなのよ。
 もう、まな板の上の鯉の心境なんだわさ。
 その後、リハビリ入院が3週間程度続くようです。

a0141884_10312642.jpg

 emoticon-0171-star.gif入院後、病棟はPC・携帯は医療機器の影響があるとのことで持ち込み禁止なので、外部との連絡が完全に遮断されます。
 したがいまして、2005年3月以、間断なく来書き込んで来たブログの更新も、しばらく中断を余儀なくされます。

  退院は、7月後半になると思います。
 強い右股関節になって戻って来る予定です。

 復員後、このブログを再開しますので、皆様、その節はまたよろしくお願いします。m(__)m


a0141884_10551762.jpg

emoticon-0171-star.gifおまけ


[PR]
by misaochan3x6 | 2012-06-24 10:32 | わが病床六尺 | Comments(2)

stoogesジャケは本物か?

a0141884_2236714.jpg
a0141884_22394568.jpg

a0141884_2254532.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2012-06-22 22:36 | キャラ立ち | Comments(0)

何でいまどきサントリーがベロと。アゲイン。

【2012年6月22日(金)】

a0141884_22203255.jpg そして再び、けふ、仕事帰りに立ち寄ったセブンイレブンのリーチイン(ドリンク用の冷蔵ショーケース)の中に、今度は、ストーンズのベロマークのシュリンクをほどこした小瓶を見つけたので、早速買って帰ったんだわさ。

 ジンベースのアルコホール飲料とのことだが、味は何だかリポD系の味わいなんだ。

 そういう意味で、「エナジーテイスト」ってわけなのかな。
 ま、嫌いな味ではないよ。
 ってか、むしろ好きな味だわな。

a0141884_22214587.jpg

 ボトルの前後に、ベロマークの口金のついた半開きのジッパーのデザインが。
 なかなかに凝ってますわな。

a0141884_22215695.jpg
a0141884_2222115.jpg


 う~む、それにしても、何度もいうけど、何でいまどき、水と生きるサントリーがベロと合体するん?

 ま、企画者の弁も聞いといたらなな。


[PR]
by misaochan3x6 | 2012-06-22 22:20 | キャラ立ち | Comments(0)

何でいまどきサントリーがベロと。

【2012年6月21日(木)】

 先日、居間でうたた寝していたら、寝ぼけた耳元にTVから聴こえて来たのは、ストーンズの〝Rocks off〟。

 それはそれとして、けふ、仕事帰りに立ち寄ったセブンイレブンのリーチイン(ドリンク用の冷蔵ショーケース)の中に、ストーンズのベロマークを印刷したビール缶のような物を見つけ、ああ、これのCMだったのかと気付き、早速買って帰ったのさ。

a0141884_2110563.jpg

 ビール化と思ったら、シトラスハイボールだと。
 味は軽め。



 それにしても、何でいまどき、水と生きるサントリーがベロと合体?
[PR]
by misaochan3x6 | 2012-06-21 21:10 | キャラ立ち | Comments(1)

アコースティックカフェ@西荻窪貸切。

【2012年6月17日(日)】

 前日は雨がちの一日で気温も低く、ほとんど外出もせずに家で震えておったんよ。
 
 ところ~が、一転、けふは、なんじゃーいこの暑さはーっ!!いうくらいの陽気になりくさったんだわさ。
 日中の最高気温は、たぶん30℃は超えていることでありませう。

 さて、そんな中、歌うことに取り憑かれ わたくしとしては、最近おなじみの「アコースティックカフェ@西荻窪」の「第3回フリーライブ&フリーマーケット」にエントリーし、午後3時前、松葉杖の代わりに山歩き用のストック2本をママチャリに乗せ、背中のリュックにはお気に入りのコード譜を詰めて出発したのであ~る。

 お店に着いたのは、午後3時半過ぎ。
 目の前を先客が地下への階段を降りる。
 そのおっちゃんに続いて、ボクもお店にイ~ン。

 店に入ると、何と客は、そのおっちゃんとボクの2人きりなり。
 マスターいわく、きょうはキャンセルが相次いだので、フリーライブは中止にしたとのこと。
 先客のおっちゃんは、友だちにいわれて、初めてこのお店に来たとのことで、譜面は持参していない模様。

 ってことで、結局この日は、ボクの〝貸切ステージ〟という結果になってしまったのさ。

a0141884_7264756.jpg

 コード譜を持って来た以下の13曲を、店のエレアコを借りて歌って一巡した後、今度は、マスターのアコギのバッキングでヴォーカルに専念して二巡めを歌ったという一日だったのだ。

 emoticon-0171-star.gif一人/I Stand Alone 井上堯之
 emoticon-0171-star.gif花・太陽・雨/PYG
 emoticon-0171-star.gifさようなら世界夫人よ/頭脳警察
 emoticon-0171-star.gifカリフォルニアの青い空/Albert Hammond
 emoticon-0171-star.gifSomebody To Love/Jefferson Airplane
 emoticon-0171-star.gifAll I Have to Do Is Dream/Everly Brothers
 emoticon-0171-star.gifOne more cup of coffee/Bob Dylan
 emoticon-0171-star.gifいいんだぜ/中島らも
 emoticon-0171-star.gifTommorrow never knows/The Beatles
 emoticon-0171-star.gifスローモーション/中森明菜
 emoticon-0171-star.gifThe Greates/Cat Power
 emoticon-0171-star.gifI wanna be your dog/The stooges
 emoticon-0171-star.gifLet it bleed/The Rolling Stones

 そして、最後に、歌詞カードなしで歌える唯一のこの曲で締めた、2時間のワンマン・ライヴだったのであります。
 emoticon-0171-star.gifknockin' on heaven's door/Bob Dylan

 それにしても、十分練習にはなったんだけど、客の前で歌うつもりで来たので、あの何ともいえない緊張感というか、聴いてもらえるヨロコビを感じられなかったので、何とも張り合いがなく、すっかり調子狂っちゃったんだわさ。

 ぎゃふん!!
[PR]
by misaochan3x6 | 2012-06-17 18:41 | 音楽とわたくし | Comments(0)

メシでもどーよというお誘いに乗って。

【2012年5月13日(水)】

 久し振りにメシでもどーよ、という息子のお誘いに乗って、この日、地元は丸の内線新高円寺駅近くの台湾料理屋〝台北餃子〟で、息子の彼女と3人で飲み。
 ふたりとも、不憫なこの身を気遣ってくれているみたいなのねんのねん。
 いや、うれしさのみぎりなり。

 さて、この店は、すでに前に入って調査済み。店の感じがすご~くよくて、料理も美味し。
 お店のオーナーは、台湾の夫婦の方なのだ。

 夜7時に駅の近くで集合し、お店にイ~ン。
 
a0141884_20272538.jpg
a0141884_20273283.jpg

 楽しく飲んで語って食べて過ごした地元ナイト。
 
 いや、好きな人たちとの飲みは、会話が尽きないね~。
 料理にも大満足。

 それにしても、20代の連中との飲みは、実にいい気分なのだ。
 いまやボクの着ぐるみ(身体)はガタが来始め、あちこち痛いところだらけだが、気持ちというか気分は19歳の時に上京した時(1977年)のままなのであ~る。

 父の日も近いのか、この日のお勘定は、若いふたりがおごってくれたんだわさ。
 感謝です。 
[PR]
by misaochan3x6 | 2012-06-15 20:21 | 自分遺産 | Comments(0)

再びの減量開始から1ヵ月経過。どうよ。

【2012年6月11日(月)】

a0141884_21451886.jpg 4年前、50歳になったのを機に始めたのが、ダイエットとアコースティック・ギターだったんよね。

 このうちのダイエットは、2008年の4月初旬から、「レコーディングダイエット」というメソッドで減量を開始して、当初72~3kgあった体重が、90日後には64kgまで8kg減を達成出来たという実績を持っているのである。

 んがしか~し、その後、このメソッドを続けてはいたものの、やがて意志は砕けて元の木阿弥、食べたいだけ食べて、飲みたいだけ飲むという生活に逆戻りして、気がつけばリバウンドして、最近の体重は74kgくらいにまで復調(!?)していたのであ~る。





 さて、そんな中、今回の右変形性股関節症の悪化に伴って松葉杖生活を余儀なくされる中、健全な左脚、左膝への負担を軽減するために、再び減量生活を開始ししたってわけなんである。

 今回使ったメソッドは、これ。
 emoticon-0171-star.gif1日1食の「空腹が人を健康にする」メソッドだ。

 この本によれば、1日3食しっかり食べなくても人間は大丈夫なんであると、著者のドクターは主張しているのである。
 そこで、今回このメソッドを使って5/19(土)から減量を開始した結果、4週間後の現在、当初74kgあった体重は、5kg減の69kgにまで減じたということを報告しておこうと思うんだわさ。
 南~無~。
[PR]
by misaochan3x6 | 2012-06-11 21:15 | 自分遺産 | Comments(0)

梅雨を迎えた阿佐ヶ谷の景色。

【2012年6月10日(日)】

 さあ、皆の衆、梅雨を迎えた阿佐ヶ谷の景色とは、こんな具合なのさ。

 この日、JR高架下の〝ダイヤ商店街〟に赴き、1,000円ヘアカットサロンで9mmの坊主頭、いわる丸刈りにして、サッパリしたのだった。

a0141884_16314273.jpg
a0141884_16311719.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2012-06-10 16:31 | しょのほか | Comments(0)

そのひとの後姿。

a0141884_1648639.jpg ある日、ふと憧れのそのひとの後姿を見る機会があり、その時彼女がすっかりおばさん化していることに気付いて、愕然としたことがあるんよね。
 1年前のことですね。

 上から糸で引っ張られていたような張力で保っていたスレンダーな体の線が、プツンとその糸が切れて、けっこうだらしなく溶けて流れて、ダルな感じになっていたのを確認した時には、少なからずショックだったんだわさ。

 その時、彼女は41歳になっていたんだよ。



 さらに、ヒップアップされたお尻のラインも、ある意味無残におばさんのものになっていたのが最近わかって、さらにショックは隠せない昨今なのであ~る。

a0141884_16493154.jpg おんなが年を取るということは、結局、こいうことなのですね。ぐすん。

 この一連の記述は、詞を整理してブルースコード進行で曲にすると、歌として成立するのではないかと思います。

 残念ながら、ボクにその能力はないんだけど。

 
[PR]
by misaochan3x6 | 2012-06-10 15:52 | キャラ立ち | Comments(0)

なぜボクはカバーを歌うのか。

【2012年6月10日(日)】

a0141884_11451199.jpg emoticon-0171-star.gif花の美しさというものはない。

 むかし読んだ小林秀雄の文章にこんな一節があったように思うが、その意味がさっぱりわからず、何をゆうとるんだこのおっさんは!!と思ったもんである。



 そして、いまもってこの意味がわからないのだ。

 いまはどうだか知らないが、ボクが大学受験した30数年前は、国語の読解問題には、必ずといっていいほど小林の文章が出題されて、受験生どもを大いに苦しめたものなのだ。 

 このクソおやじの文章を〝悪文〟といい切れる人間は、当時、文学界にも教育界にも誰もいなかったのである。
 つまり、小林がわからないような日本人はみなバカであるって空気がこの国全体を支配してたんよ。
 だから、当時の日本人は、みんな小林がわかったような顔をしたがったのさ。
 ホントは何をいっているのかさっぱりわからないのだが、誰もがバカにだけは思われたくなかったので。

 しかし、いまなら堂々といえるよ。
 バカでけっこうなのだ!!小林は悪文な~のだってね。

a0141884_16412724.png

 さて、花だが、花はやっぱり美しいんよ。
 特にバラなどはね。

 その花の美しさを、何とか自分のものにしようと、アマチュア写真家などは、何枚も何枚も花の写真をおとりになるけど、結局、写真になって見た花は、自分が見た時の美しさのようには写っていないものなのだ。

 何がいいたかったのかというと、写真表現では、所詮、花は即物的に花でしかないんだわさということなんよ。経験的にいうとね。

 emoticon-0171-star.gifさて、前フリが長過ぎたが、話題を歌に引きつけていえば、ある人が、自分の気に入った歌を歌いたい衝動に駆られてカバーしたとたん、その歌はもうカバーした歌い手のものになってしまうという気がするのです。

 歌の属性とは、もともとそういうものなのではないでせうか。
 なので、歌は、人から人へと歌い継がれていくのだと思います。

 最近ボクは、下手なギターをかき鳴らしながら、この歌を好んで人前で歌うんですが、オリジナルを聴き直してみると、自分で勝手に節回しを変えて歌っていることに気づきます。

 でもそれは、この歌が自分のものに消化したことの証しなのではないでせうか。



 歌を自分のものに出来た喜びが忘れられず、ボクはいろんな歌をカバーするのです。

 emoticon-0171-star.gifさあ、けふは晴れてすご~くいい天気になってので、あとでチャリを車椅子代わりに外出して、頭を坊主にしに床屋に行かなくちゃな!!

 それから生協に行って、ウィスキーのニューボトルも補充せねば。
 そのウィスキーにソーダとつまみを買って、久しぶりに戸外で、〝ひとり酒場〟でもしようかな。
 むひひ。
[PR]
by misaochan3x6 | 2012-06-10 11:28 | 音楽とわたくし | Comments(0)