<   2011年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

「子育て日記」みーちゃん編。(泣)

【2011年11月27日(日)】

 金曜日(11/25・金)の夜から、奥さんは四国にひとり旅。
 これで「四国全権制覇」っていってたけど、どこの県に行ったのかは、2回聞いた気がするんだけど、全然おぼえてないや。
 っていうか、そもそも興味ないんよね。
 〝お互い適度に無関心〟という距離感で、今年結婚26周年なり。
 南~無~。

a0141884_1741253.jpg というわけで、お母さん(奥さん)大好きっ子のみーちゃんは<かまって体質>の女の子なので、お母さんの姿が見えなくなって3日目のきょうは、禁断症状が見えて、もう大変だったんよ。

 やたらにみゃ~みゃ~鳴いて絡まれること絡まれること。

 しょうがないので、着ているパーカーのおなかにくるんで「カンガルー抱っこ」してあげたら、何とか気が治まったみたい。

 いや、きょうび、自分の息子の子育てにも、こんな苦労をしたことないわ。
 ってゆ~か、息子の場合は、まったくもって奥さん任せで、彼が大学を卒業するまで(2009年2月)は、ボクは<自分のお世話>で精一杯で、子育てまでに気が回らなかったんよね、正味のハナシが。

 いや、まったくもって、頼むでしかし。

 というわけで、ほとぼりが冷めた頃にチャリで外出。
 きょう「アニマル洋子」の店頭100円ワゴンで買ったのはこの3冊。

 emoticon-0171-star.gif鉄腕アトム⑫=ロボイド=(SUN COMICS/1975.11.30初版)
 emoticon-0171-star.gif大竹まことの料理本(角川書店/2001.6.25再版)
 emoticon-0171-star.gifカイエ1978年8月号=特集・80年代芸術へ向けて=(冬樹社/1978.8.1)

 そのあと、阿佐ヶ谷の「書原」に向かって新刊のチェック。

 午前中は、自アコギ弾き語り用のコード譜作りに勤(いそ)しむ。むふふ。
 きょう作ったのは、この4曲。









 そんでもって、近日中にお披露目予定のこの曲をアコギで弾くためのおさらいをしたんよ。


[PR]
by misaochan3x6 | 2011-11-27 17:22 | みーちゃんとわたくし | Comments(0)

<チーム金子>うたごえピクニック@蚕糸の森公園。

【2011年11月23日(水)・

 何の祝日かもわからず、ホリデイをむさぼる。でへへ。

 この日、親しい音楽仲間の<チーム金子>とフォークグループ<あじさい>の面々に送ったインビテーション・メールは以下のとおり。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a0141884_1834437.jpg  さて、今月久しぶりに<チーム金子>で集まりませんか?

 わたくしの地元の公園で、ギター持参の「うたごえピクニック」なんかどうでしょう?

 以下、企画案です。

 11/23(水・祝)
 地下鉄丸ノ内線「東高円寺駅」地上出口に正午(12時)集合。(出口は一ヶ所のみ)
 会場は、駅の隣にある「蚕糸の森公園」の緑の丘。写真添付。
 駅の近くのコンビニで、食物と酒を購入して公園へ。
 雨天中止。小雨でも。

 皆さんのご参加を心からお待ちしています。m(__)m

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 というわけで、この日参集いただいた善男善女は、<チーム金子>から、正子さん、どんぐり、モーリス松井さん、ボクの4名。バンマス金子さんは、残念ながら、仕事の都合で不参加。
 そして、フォークグループ<あじさい>からは、キンシューさん、キクチさん、みやさんの3名の合計7名なり。
 集合場所の近くのコンビニで酒を、そしてオリジン弁当でおにぎりとお惣菜を買って、本日の会場となる「蚕糸の森公園」の緑の丘へと向かう。
 きょうはお日柄もよく、風もないよい日で、大人のピクニックを満喫したのだった。
 ぃやっほーーーい!!
 んぢゃ、写真アーカイヴだ。
 ちぇすとーーーーーーーっ!!

a0141884_18485632.jpg
a0141884_18492765.jpg
a0141884_18495145.jpg

 秋の日の日差しは思いのほか移動が早くて、日の差す場所を求めて、レジャーシートごと大移動をしたのだった。
 
a0141884_18565346.jpg
a0141884_18571867.jpg
a0141884_18574147.jpg

 ギター巧者の面々の中で、この日、ボクはギター・デビュー。
 日頃の練習の成果を聴いていただこうと、持参した数葉のコード譜の中で、結局、自分らしさを発揮できたと思えた曲は、わずか1曲だったのさ。



 しかし、人前で恥をかくということは、とても大事だと思うんよ。
 この歳(53歳)になると、もはや人は完全に〝守り〟に入るというか、〝籠り〟に入ってしまうので、恥をかくということは、ほとんど<怖れ>に近い行為なんだわさ。
 それを、敢えてやる
 恥をかく機会を好んで捕らえて、残された人生の<怖れ>を克服していくのさ。

 そして、気温が低くなってので、午後3時にはお開きとしたのだった。
[PR]
by misaochan3x6 | 2011-11-23 18:30 | 音楽とわたくし | Comments(0)

秋の不忍池。

【2011年11月22日(火)】

a0141884_189244.gif きょうも、お昼は吉牛(並)270円を食すために外出。

 食べ終わって、不忍池まで「ひとりみかん」。

 空が高いな~。

a0141884_1814941.jpg
a0141884_18142567.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2011-11-23 18:14 | 東京みかん | Comments(0)

吉牛(並)270円ランチ作戦完了!!

【2011年11月21日(月)】

a0141884_19285442.jpg デフレもここまで長引いて給料も上がらないと、年収が●●百万円くらいないと、ランチに1,000円かけるなんてもう無理だわね~。
 いまのボクの年収だと、せいぜいワンコイン(500円)がいっぱいいっぱいなんだわさ。

 そういうボクの昼食事情といえば、ここ2年ほどは、週末に近所の生協で1週間分の昼ご飯の材料を買い込んで、外出せずに職場の机で昼ご飯を食べている状態なう。

 で、メニューはといえば、白米や赤飯の場合には、それらをチンしながら、トマト、魚の缶詰、焼き鳥の缶詰をお総菜にするか、カップ焼きそば、カップうどん・そば・ラーメンなどを食しつつ、インスタント味噌汁・玉子スープなどを飲んでいる昨今なんよ。

 節約目的ばかりではなく、職場近くに魅力的な食事処を欠くという理由もあってね。

 ところで、本日のランチは、TVで仲村トオルが吉牛(並)270円を宣伝していたのを目ざとく見つけたので、(11月24日(木)までの短期決戦だ。急げ!!)これは食べねばと、久しぶりに外メシを食べることにしたのであ~る。
 ま、たまには昼間、外の空気を吸いに出るのもいいもんだ。
 何しろ、朝から夕方まで、1日中机に座りっぱなしでパソコンとにらめっこしているここ6年間の事務職暮らしなのでね。

 それにしても、社会人となった1981年、独身時代のその当時のボクは、昼ご飯には、食後の喫茶店でのコーヒー代も含めて軽~く1,000円を超えるランチを平気で食べていたことが、いまとなっては奇跡とも思える昨今なのである。
 果たして、時代はよくなっているのか、悪くなっているのか?
 マイナススタートの人生経験者から比べると、結局、過去を(特に80年代のバブル期を)知っている人間ほど、いまの時代は生きにくくなっていることだろうさ。

 頼むで、しかし。
a0141884_19354020.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2011-11-21 19:28 | 自分遺産 | Comments(0)

The Golden Age of Rock n Roll/Mott the Hoople 1974 CBS (UK)

 攻撃は最大の防御なり。
 そして、カヴァーこそ最大の自己表現なり。
 押忍!!

a0141884_2411184.jpg

 いや、いや、わたくしとしたことが、アコギ自演のカヴァー・リストにこの曲を加えることを、すっかり忘れていたんだわさ。

 最も好きなヴォーカル&ギターのいる、最も好きなバンドの、最も好きなアルバムの中の、最も好きなこの1曲にのことをね。
 emoticon-0171-star.gifThe Golden Age of Rock n Roll/Mott the Hoople 1974 CBS (UK)

a0141884_244031.jpgemoticon-0171-star.gif1.The Golden Age of Rock 'n' Roll (3:26)
2.Marionette (5:08)
3.Alice (5:20)
4.Crash Street Kidds (4:31)
5.Born Late '58 (4:00)
6.Trudi's Song (4:26)
7.Pearl n' Roy (England) (4:31)
8.Through The Looking Glass (4:37)
9.Roll Away The Stone (3:10)
10.Where Do You All Come From?1, 2 (3:26)
11.Rest In Peace1, 2 (3:55)


12.Foxy Foxy1, 2 (3:32)
13.Saturday Gigs2
14.The Saturday Kids (demo)2
15.Lounge Lizzard2
16.American Pie/Golden Age of Rock n Roll (live)2



 Ian Hunter(vo.&g)の嫌味に鳴らない程度の、あの軽~いノイズの入ったhazy(騒々しい)な声質はタマらん!!
a0141884_312159.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2011-11-16 02:41 | 音楽とわたくし | Comments(0)

東京コタツ歳時記。

【2011年11月15日(火)】

  2005年からの東京における〝冬の訪れ〟と〝春の到来〟を最も正確に伝える、お約束のコーナーが今年も登場だ!!

 昨年は、寒さに耐えられず(何度もいうけど、ボクは、冬はキライというよりは、〝憎んでいる〟のである)、コタツを出したのは、10月30日(土)だったのだが、今年は、みーちゃんが寒がり始めたので出したという理由による。
 ボク的には、今年はまだ大丈夫だったんだけど。

a0141884_2261262.jpg

emoticon-0171-star.gifコタツ登場~撤去アーカイヴ。
    ●<2005年> 2005.11.6 ~ 2006.5.6
    ●<2006年> 2006.11.19 2007.5.6
    ●<2007年> 2007.11.15 2008.5.8
    ●<2008年> 2008.11.9 ~ 2009.4.19
    ●<2009年> 2009.11.15 2010.5.8
    ●<2010年> 2010.10.30 2011.4.30
    ●<2011年> 2011.11.15
 上記データによると、だいたい平年並みのコタツ登場ということがわかるんよ。
[PR]
by misaochan3x6 | 2011-11-16 02:19 | コタツとわたくし | Comments(0)

「x'mas同窓会コンサートスペシャル2011」って・・・。

 賞味期限の切れたキャラをかき集めて、「同窓会」というパッケージで売る。
 まったくもってあざといね~、〝越後屋商売〟いうのんは。
 中高年は、「同窓会」という響きに極端に弱いんよ。
 何しろ、客も出演者も、もう人生の終わりに向けて下り始めているのでね。
 「同病相哀れむ」という心境か。
 正直、ちょっと惹かれるものはあるんよ。頼むで、しかし。

 それにしても、柏原芳恵も〝期限切れキャラ〟なのか・・・。
 それでいいのか!!
a0141884_632274.jpg

a0141884_6323698.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2011-11-15 06:32 | キャラ立ち | Comments(0)

「よしだよしこ 8th Anniversaryコンサート -ココロノタカラ-」に行って来ましたよん♪

【2011年11月12日(土)】

 「よしだよしこ 8th Anniversaryコンサート -ココロノタカラ-」に行って来ましたよん
 きょうもチャリに乗って。
 会場は、労音大久保会館=R'sコート。
a0141884_555572.jpg
a0141884_5562212.jpg

 声もよく伸びてキレイだし、それに、ギターうまいわ!!
 何といっても〝鳴り〟がいいよ。ハートにまっすぐ届く音だ。
 あんな風に弾けたらいいけど、ま、ボクにはボクのスタイルがあるしね。

 それに、ダルシマの音も飾り気がなくていいものだよね。
 プロだから当たり前といえば当たり前かも知れないけど、歌詞カード見ないで暗譜だけでよく何十曲も歌って弾けるものだよな。
 ボクにはできません。
 
a0141884_621326.jpg

 そして、きょうのゲストは、音楽評論家の田川 律さん。御歳76歳。
 エッセイ「まるで転がる石みたいだった」 (晶文社、1975年)、「男らしいってわかるかい?」(晶文社、1977年)のタイトルは、何となく覚えていたんだ。
 まさか、歌を歌われるとは思わなかった。
 ギタリストを従えての登場だ。なかなか味のあるうたごえ。
a0141884_610224.jpg

 コンサート終了後、会場ロビーでの打ち上げの後、近くの居酒屋に移動して、お約束の二次会に突入。
 <チーム金子>の正子さん、どんぐりと久しぶりに飲む。
 8月6日(土)の「海に向かって鎮魂歌を@石巻港編」8月7日(日)の「海に向かって鎮魂歌を@仙台空港近く、そして、阿武隈川河口編」以来、3ヶ月ぶりなのだ。

 何だかずいぶん遠い昔のことのように思えるな。

 じわわ~~~ん。
[PR]
by misaochan3x6 | 2011-11-15 05:54 | 音楽とわたくし | Comments(0)

いまさらの「 ハレンチ学園」。されど、永井豪。

【201年11月12日(土)】

 この日、お約束の高円寺ルック商店街にある古本と古着の店「アニマル洋子」の店頭100円ワゴンで買ったのは、「JUMCPMICS ハレンチ学園」全13巻の内、⑥⑦⑨⑪⑫の5巻だ。


a0141884_12362013.jpga0141884_12365036.jpga0141884_12374051.jpg









a0141884_12383440.jpga0141884_12391391.jpga0141884_1239391.jpg









a0141884_12401657.jpga0141884_12405819.jpga0141884_12412861.jpg









a0141884_12423729.jpga0141884_1243328.jpga0141884_12433136.jpg










a0141884_12463461.jpg

 この作品、ウィキペディアで調べてみると、以下のように[第1部]~[第3部]までの連載と記述されていたのだった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
emoticon-0171-star.gif[第1部]
 1968年8/1創刊号(週刊化前)読みきり掲載・他短編挟んで連載へ~1970年(昭和45年)7/20(30)号
 「少年ブック」「別冊少年ジャンプ」にも掲載あり。
 〝ハレンチ大戦争〟はこの部に含まれる。永井自身は〝ハレンチ大戦争〟で物語世界を完結したのだが、編集部の強い意向により第1部完という形となった。

emoticon-0171-star.gif[第2部]
 1970年(昭和45年)8/24(35)号~1971年(昭和46年)2/8(7)号
 ハレンチ大戦争から3年、15歳で大学を卒業し教師となった十兵衛は聖ハレンチ女学園を叩き潰すために乗り込む。山岸は十兵衛を追い妹のマミと聖ハレンチ女学園に入学する。

emoticon-0171-star.gif[第3部 ]
 1972年(昭和47年)1/1(1)号~1972年(昭和47年)9/25(41)号
 連載時はサイドストーリー「ヒゲゴジラ伝」が間に挟まり、その頭から第4部と称されていたが、その前後は同一設定上のストーリーのため、ここでは第3部とする。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 さて、ボクが買った⑥巻は、〝ハレンチ大戦争〟で幕を閉じる第1部 の終了巻だったのだが、余ったページに「キックちゃん」「ウルトラスパイヒゲゴジラ」「ファイティング・パンツくん」「ハンターく」が収録されている。

 週刊化前の「少年ジャンプ」1968年 8/1創刊号からの連載開始以来(この時、ボクは小5)、43年の時を経て、はじめて「JUMCPMICS版」でこの作品に触れることになる。
 
なぜなら、ボクの母親はどちらかというと教育ママの部類で、小学校の頃にマンガ週刊誌やマンガの単行本など買ってもらえなかったのである。
a0141884_12352372.jpg

a0141884_20442380.jpg

 それに、当時住んでいたところが田舎なのでTV放映もしてなかったしね。



 あの頃は、ボクの通っていた小学校の教室でもスカートめくりが流行っていて、同級生の男の子の中にはスカートをバンバンめくっているヤツもいたのだが、ボクには出来なかったな~。
 男だから当然やってみたかったんんだけど、ついに、自分の殻を破れなかったんだよな。

 さて、〝ハレンチ大戦争〟で完結する第⑥巻では、後の「魔王ダンテ/1971年『週刊ぼくらマガジン』連載」~「デビルマン/1972年『週刊少年マガジン』連載」~「バイオレンスジャック/1973年『週刊少年マガジン』連載」に通じる、<2大勢力の激突による戦争での世界の終焉>という、この作家の終末観が早くも露出していて興味深いのだ。

 emoticon-0171-star.gifClick here,then more bigger pictute you can get!! ▼
a0141884_2022581.jpg
a0141884_2025756.jpg

emoticon-0171-star.gif[第3部 ]
 1972年(昭和47年)1/1(1)号~1972年(昭和47年)9/25(41)号
a0141884_20123176.jpg

 [第1部]でやめておけば、マンガ史において高い作品価値を残せたものを、二匹目のどじょうを狙うジャンプ編集部(一ツ橋系)の欲に押されて、結局、[第3部 ]まで描かされた永井豪だが、一方、デビューを飾った音羽の杜=講談社では、「週刊ぼくらマガジン」での「魔王ダンテ」の連載(1971.1/1 1号~6/1 23号)を経て、「週刊少年マガジン1972年 25号」で、「デビルマン」の連載を開始しているのだ。

a0141884_5152964.jpga0141884_515538.jpg

















 身過ぎ世過ぎとしての漫画家人生と、商業誌の限界の中で、描きたいものを描きたいという表現者の<境界>が交錯した永井豪の1972年ではなかったか。 
 
そして、この年、ボクは高校受験を控えて、まさに崖っぷちに立っていたのだった!!
a0141884_20483529.jpg
a0141884_2049694.jpg

a0141884_21103929.gif

[PR]
by misaochan3x6 | 2011-11-13 12:15 | まんが道(みち) | Comments(0)

きょうは、ちょっとチャリで高円寺まで。

【2011年11月12日(土)】

a0141884_4185981.jpg 容体(観下変形性股関節症)は、おかげさまで、日に日によくなって行くのがわかるんよ。

 整形外科のドクターの処方による薬の効果もさることながら、自力で導入して飲み続けているemoticon-0171-star.gifヨシキリザメの中骨のパウダー(通販での取り寄せだ)が功を奏したかも。
 何しろ高かったからね~。
 効いてもらわなくては困るんよ。

 うっすらと痛みはあるものの、気をつけて歩けば、もうほとんど気にならない状態。
 きょうは、外出にも杖を使わなくても大丈夫なのだ。

 つまりもう、ほとんどよくなっているっちゅーことなんだわさ。ィエイ!! 
a0141884_16465875.jpg

 そこで、きょうは、杖を持たずにチャリで外出することに。
a0141884_16498100.jpg

 というわけで、向かうは、高円寺。
 ちょっとしたゆるい坂道なら、右脚でもペダルがこげるようになったのであ~る。
 いや、ありがたや、ありがたや。

 さて、そんなこんなで、前から気になっていた、北口の「中通商店街」のもちつき大会を見に行くことに。
 このイベント、毎年やっているらしく、去年も気にはなっていたんだけど、結局、行けずじまいだったんだ。

a0141884_1653696.jpga0141884_16533187.jpg

 
















 地元商店街の空き地で、商店街の方々と住民とが集まって催される、ごく内輪の素朴な交流イベントなのかと思いきや、会場周辺には長い列が。
 それに、看板をよく見ると、無用サービスかと思っていたら、何じゃいお金が要るんやないか~~~~~い!!
 か~~~~っ、ぺっ!!

a0141884_16573935.jpga0141884_1658591.jpga0141884_16583292.jpg









a0141884_172362.jpga0141884_173111.jpga0141884_1732590.jpg









 アホかーーーッ!!なんや、しょ~もないわ。 
 というわけで、諦めて、「高円寺フェスタ2011」のイベント会場に向かうことにする。

a0141884_1752847.jpg

 確か、女子プロレスをやるはずだったよな。
 プログラムを確かめつつ、会場の北口広場へ移動。
a0141884_1783813.jpg

a0141884_17115599.jpg

 あ…会場には、早くも人ごみが。
a0141884_1726133.jpg

 それにしても、いい天気である。日差しを浴びていると、汗ばむほどなのだ。
 しばし、前座の試合を観戦。

a0141884_17293051.jpga0141884_1729434.jpga0141884_17295637.jpg









a0141884_17313271.jpg

 続いて登場したアジャコング戦をチラ見して、会場を辞したのだった。

a0141884_17452256.jpg
a0141884_1746140.jpg
a0141884_17462884.jpg
a0141884_17465344.jpg

 emoticon-0171-star.gifおしまい
[PR]
by misaochan3x6 | 2011-11-12 16:50 | 地元アーカイヴ | Comments(0)