<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

夏近し。

 都内では、熱中症で早くも15人が倒れたとか。
 逗子海岸では海開きが行われ(6/24・金)、埼玉県熊谷市では39.3度を記録。
 夏は近いのである。むふふ。

 待っとれよ、夏。今年も、いろんなことをしてやるぜ。

a0141884_13503335.jpg

 
[PR]
by misaochan3x6 | 2011-06-26 13:50 | しょのほか | Comments(0)

DESIGN HEART主催のイベントに行って来ました。

【2011年6月18日(土)】

a0141884_10332888.jpg 「紅茶の会」を終えて、一級建築士事務所 [H2DO] を主宰する友人の久保さんから届いたメールに反応して、この日、次のイベント会場に向かう。
 久保さんからのインヴィテーション・メールはこちら。
   ▼
 〝Design Heart Salon @LwP asakusa〟のお知らせです。

 Design Heartは、私が参加しているデザインユニットです。


このたびDesignHeart〟が、LwP asakusa(ループ アサクサ)にシェアオフィスを借りることを記念してイベントを行います。
 6月18日(土)18:00-からLwP asakusaにて開催します。
 ワンドリンク1,000円です。
 デザインハートの紹介やメンバーの最近のプロジェクトなどを紹介し、その後メンバーが運営するフェッテパニッサがLwP浅草に出張してバーを運営します。
 直前のお知らせですが、お時間ある方は是非起こしください。
 LwP asakusa
 DesignHeart
 フェッテパニッサ

072.gifこのDesign Heartのイベントは、前回は、2010年10月26日(火)だんたんよ。

 というわけで、小雨交じりの中で向かうのは浅草。
 築40年のサンダル屋の店舗をリノベーション(和製英語でいうとリフォームだ)して1階に店舗スペースを、2階にシェアオフィスを作ったというもの。
a0141884_10265962.jpg
a0141884_10271780.jpg

a0141884_10282995.jpga0141884_10285469.jpga0141884_1029205.jpg









 072.gifDesign Heart構成メンバーによるプロジェクターでの自作品等のプレゼンが行われる。

a0141884_1033499.jpga0141884_10341949.jpg







 072.gif会場は満員。また、「フェッテパニッサ」による出張バーも開店。

a0141884_10495065.jpga0141884_10501259.jpg ビール、ワイン(赤・白・スパークリング)に、おつまみは、〝フェッテ・パニッサ〟。
 ひよこ豆をベースに水、塩などで作ったペーストがパニッサ。このパニッサを油で揚げたのがフェッテなのだ。 
 知ったかぶって書いてはいるけど、こんな食べ物があるなんてこの日まで知らなかったんさ。

 気鋭の建築家やプロダクト・デザイナー、金属加工職人、木工職人によるこのユニット。
 若いクリエーターたちが結集して、そこから生まれる力を源泉に何事かのソリューションを発見していく。
 いいではないか。
 しかし、音楽が足りない。
 音楽の現場には、デザインの発想は不可欠であるにもかかわらず、デザインの現場には、音楽の独創が決定的に足りないのだ。
 しかも、ブルースがだ。
 これをいったいどうしたらいいのか。
a0141884_13452640.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2011-06-26 10:14 | 自分遺産 | Comments(0)

ミナちゃん「紅茶の会」に行って来ました。

【2011年6月18日(土)】

 紅茶のブレンダー=ミナクマリさん(ミナちゃん)から、「紅茶の会」のインビテーション・メールが到着。
 毎回、英國流のティー・パーティーを指向しているこの会にお菓子の提供は欠かせないのだが、今回のお菓子の作り手は、いつものパティシエまりちゃんとは違って、中近東ラウンジバー「クリシュナ」のパティシエ あこさんなのだった。
 そんでもって、今回の企画は、この会常連参加者のヨシノさんプロデュースなり。イエー。
 
072.gif『紅茶会』のご案内
 6/18(土)にミナクマリちゃんの紅茶会を開催します。
 今回はインド三大紅茶の講座と、オリジナルハーバルティーの作り方を体験できますよ。
お茶にあわせて、美味しいお菓子をあこちゃんにシフォンケーキやスコーンを 作っていただきます。紅茶についてお勉強しつつ、美味しいお菓子をいただけちゃうという素敵な企 画。今回はライブ前に開催ということで、以下の時間帯に開催します。ぜひご参加くださいね。

(詳細)
 日時:2011/6/18(土) 14時~16時(2時間を予定)
 会費:1500円(筆記用具をお持ちください)
 定員:15名(先着順です)
 会場:渋谷Flow+輪(フラワー)
 所在地:渋谷区松濤1-14-7
a0141884_1747894.jpg

 渋谷に到着すると雨降り気味。
 道行きの途中のドンキでビニール傘を買おうかとも思ったんだけど、何だかお金がもったいないのでヤメにして会場に向かう。
 
 実は、前にも何度かこの会場でのミナちゃんイベントに参加しようとしたのだけれども、その度道に迷って断念した経緯があるんだわさ。
 そんでもって、例によってこの日も道に迷ってしまい、イラつく梅雨の鬱陶しさともあわせて、よっぽど帰っちゃおうかな~(怒)って思ったんだけど、何とか気をとり直して探しに探して、やっとこさたどり着くことが出来たんだよ。
 う~ん、それにしてわかりにく過ぎだぜ、松濤!! 雨模様もイラつくぜ。ファーーーーーック!!

 さて、それでは、お約束の写真アーカイヴだ。チェストーーッ!!

a0141884_1894883.jpga0141884_18103647.jpga0141884_1811764.jpg









 この日集まった善男善女は、全部で6人(男子2人、女子4人)。
072.gifこれが、今回のテースティング・シートなのさ。
a0141884_18211364.jpg

 茶葉によって水色(すいしょく)が違うのです。パレットみたいだなって、いつも思うんだ。

a0141884_1829681.jpga0141884_18292667.jpga0141884_18294867.jpg










a0141884_18361341.jpg あこさん謹製のラムレーズン入りココアのシフォンケーキなり。
 この他、同じくあこさん謹製のスコーンものちほど登場。ウマかったです。

 そんでもって、お土産は、きな粉で作ったクッキー。
 あとで帰りの移動中の電車の中で食べたけど、イケました!!
 あこさん、ありがとー!!



a0141884_18432258.jpg さて、この日のもうひとつのメニューは、<自分で作るオリジナル・ハーバル・ティー>のコーナーだ。

 本日は、インド三大紅茶産地のひとつ〝ニルギリ産紅茶〟をベースに、各自お好みのドライ・ハーブをチョイスして、自分だけのオリジナル・ハーバル・ティーを作るというワークショップの開催だ。




 レシピは、〝ニルギリ産紅茶〟(写真左)20gに、この日ミナちゃんが用意してくれた10数種類のドライ・ハーブ(写真真ん中)をお好みでチョイスして10gにして、7オンスの紙コップの中で混ぜるという、ごくごくシンプルなもの。
 ボクの作ったレシピはこうだ。
 ニルギリ産紅茶20g
 ハーブ
  ハーブには強い親近感を抱いているので、ローズマリー、ローズ、ジンジャー、エキナセアを迷わず適当に摘まんで10g
 写真左が完成品だ。
 ついでながら、花にもフラワー・レメディー的に鋭く反応するボクなのさ。やっほ-!!
 
a0141884_18543411.jpga0141884_1854178.jpga0141884_18545354.jpg









 その場で味見をしてみたところ、われながらウマいお茶が出来たのさ。
 ちょっとジンジャーが強めなので、体がホットになるぞ。

 それにしても、数種類のドライ・ハーブを好みでチョイスして計りを使って10gを正確にするというのは、実はやってみるとなかなか難しい作業なのである。
 それに、紅茶と合わせて合計30gという量も現実に遭遇しなければ実感出来ないことなのであ~る。
 いや、何でも体験してみるもんなんだわさ。
 人より経験が多いってことは、それだけ人生に深く関わっているってことなんだ。
 誰が何といおうとも、体験の量はその人にとってかけがえのないことなのさ。
 な、そうだろ、ブラザー。
a0141884_19223783.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2011-06-19 17:32 | 自分遺産 | Comments(0)

それにしてもチャリティー、チャリテーィって。

 震災チャリティー落語に震災チャリティージャズ・コンサートetc.
 どこの誰にいつ渡るともわからない金を誰かに託すことがそんなに意味あることなのか。
 それを称して一般的に〝死に金〟というのではないのか。
 まったく、ジャップのやることはわからんよな。

 手前味噌だが、奥さんが7月に岩手に旅行に行くという。
 被災地に直接金を落として来るというのである。
 やっぱり、〝直接支援〟というのがストレートでいいよね。
a0141884_28466.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2011-06-14 01:55 | しょのほか | Comments(0)

南三陸町を行く。

【2011年6月5日(日)】

 石巻市での被災地体感の翌日、今度は違う車に乗り換えて、石巻市から南三陸町を通って仙台市内へのルートを行く。
 石巻を発って北上川沿いに進みながら、車窓からは、通常では考えられない被災風景の連続に遭遇し続けたのだった。
a0141884_21592569.jpg
a0141884_21594412.jpg
a0141884_2201266.jpg

 今回の震災さえなければ、初夏の日差しの中できらめく海が続く、風光明媚な海岸風景であるはずが、今回の想定外の規模による津波の前には、リアス式海岸はあまりにも無防備な地形であることを認識させられたんだ。
a0141884_1434931.jpg

a0141884_2224167.jpg
a0141884_2231619.jpg
a0141884_2234225.jpg

 被災者の方々には心からお悔やみ申し上げるとともに、今後、我々ができることとは、「この震災への関心を絶やさない」ということであり、ここから、各自が自分でできることを模索していくということに尽きるのではないかと実感したのだった。
 その意味では、被災地ボランティアへの参加だけが支援活動なのではなく、東北地方々に旅行に行き、現地での消費活動に直接的に関わることも支援のひとつであり、何よりも楽しく続けることが、支援のモチベーションとなるのではないかと思われたのである。
 
 震災後、被災地が受ける2次的なダメージの最大のものとは、被災地への関心が薄れ、この震災への意識そのものが風化してしまうことなのではないだろうか。
a0141884_2254443.jpg
a0141884_22665.jpg
a0141884_22628100.jpg
a0141884_2265148.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2011-06-13 21:42 | 自分遺産 | Comments(0)

石巻で。

【2011年6月4日(土)】
 陸前高田初上陸後1ヶ月、縁あって石巻市内の被災状況を車に乗せてもらって見る機会を得たのだった。
 現場で見知った同市の被害の実態とは、市内の中心を流れる北上川に津波が逆流し、川を溢れさせ、川底のヘドロが鉄砲水となって市内中を襲い、建物等を破壊・倒壊させたというものだ。
 石ノ森萬画館もこの市内にあるんだよ。

 市内中に堆積したこのヘドロは、やがて乾燥し、風に舞い、いまや微細な泥の粒子が市内全体をスモッグのようにうっすらと覆っており、市内を歩くには、マスクが欠かせないと感じられたのだった。
a0141884_20565369.jpg

 車で市内を案内してくださった方によれば、この粉塵が原因となって、肺の中にまだらに炎症が散らばるタイプの肺炎が流行しているとのことであり、さながら、〝アスベスト禍〟を思わせた。
 また、河口近くでは、海からの津波の被害と相まって、被害はさらに大きくなった模様であり、移動中の車窓からは、建物の壁に残された泥の跡が確認できて、汚泥が胸よりも高い位置に押し寄せたことを認識することができたんだ。

 当初、記録用にたくさんの写真を撮る気でいたものの、移動中、車窓から次々に目に飛びこんで来る現場の生々しさに、次第に気分が重くなって、まさに〝心が折られる〟という感じになってしまい、とうとう写真は、石巻市内での最後の停車地で数カットを撮るに止まってしまったのさ。
 また、石巻市は漁港のまちでもあるだけに、市内では、魚の腐敗臭なのか、市内全体を異臭が覆っている状態で、この匂いもまた、人の意気を消沈させるには充分なものだったんだ。

 それにしても、実際にこの目で見た被災現場は、一体どこから手をつけていいかわからない状態で、ここ石巻市もまた他の被災地と同様に、復興に向けた遙かに遠い道のりでの再出発を余儀なくさせられていた。
 市内のここここで見かけた「がんばれ東北」、「がんばれ石巻」、「がんばれ石巻」の常套句が実に実に無力というよりも愚鈍に感じられたのさ。
 現実は、〝がんばりようがない〟のである。
 人々は、とっくにがんばっているのである。避難所での強ストレスにさらされながらも。

 さあ、いつまでも思考停止中のジャップどもよ、いまから6~7年前に、とあるフリーペーパーのインタビューでブチかました吉川晃司の卓越したこのコメントをキミらに叩きつけてあげるぜ。

 がんばれいうな。
a0141884_205977.jpg
a0141884_20593621.jpg
a0141884_210281.jpg

a0141884_2115945.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2011-06-13 20:45 | 自分遺産 | Comments(0)

ログの更新もままならぬ日々というのもね・・・。

【2011年6月12日(日)】

 この雨は梅雨なのか。
 なんだかイラッとくるよな。

 それにしても、土・日更新のこのブログへの投稿もままならぬ日々というのも、実に実にフラストレーションが溜まるっちゅうもんなのよね~。
 陸前高田の被災地視察以来、週末の時間が自分のコントロール下にないことの不満ゆうのんは、実際、大きいんよんね。
 頼むでしかし。ファーーーーーーック!!




[PR]
by misaochan3x6 | 2011-06-12 18:21 | 地元アーカイヴ | Comments(0)