<   2010年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

「イボグリくん」revisited.

【2010年11月28日(日)】

 穏やかな陽気のいい1日なり。

 午前中、阿佐ヶ谷の安売り靴屋チェーンで仕事靴を2足購入。
 1足は、先々月くらいに、仕事仲間と葛飾区立石に飲みに行って入った鶏料理屋で、ボクの靴を誰かに履き間違えられて失くした分の補充と、もう1足は、先月壊れてしまった分の補充なんだわさ。

 で、午後は、チャリで中野に移動。
 目指すは「中野まんだらけ」。久しぶりだな~。

 途中、中野のNTT(写真左)の脇を通るのだが、これと同じ建物(写真右)を、先月、広島出張を終えて「広島平和記念資料館」に行く途中の元安橋から見たんよね。

a0141884_17531386.jpga0141884_17545031.jpg
















 出張の楽しみは、都内で見た建物と同じものを地方でも見ることがあるアメイジングにあるんよね。やっほー!!

a0141884_18121237.jpg で、「中野まんだらけ」に移動してこの日購入したのは、この本だ。

072.gif能登の白クマうらみのはり手
 (THE VERY BEST OF TATSUHIKO YAMAGAMI)
 小学館クリエイティブ
 2008.1.30/初版第1刷
 ¥ 1,680 → ¥ 1,260


 この本に収録された「イボグリくん」シリーズは全5話で、中でも「青春山脈」と題された作品中に描かれたエロ描写は、青少年のカウパー氏腺を激しく、かつ、劣情的に刺激する表現にあふれていて、正しく<有害図書>に指定されるべき作品なんだけど、むかし、この作品を収録していた双葉社版の単行本を古本(100円)で買っていたにもかかわらず、うっかり手放してしまい、その後、後悔の念にさいなまれていたのであ~る。

a0141884_18241030.gif072.gifイボグリくん
 双葉社・ACTION COMICS 
 1982年12月24日発行
 全1巻 絶版


 で、結局、20数年ぶり(多分)にこの作品と再会するに当たり、最初の買った本代の10倍を投入することになってしまったのだった。

 ま、せめてもの慰めは、小学館クリエイティブ版には、初出誌データが記載されていることと、4色ページ、2色ページが登載されていることかしらね。

 再会を念ずる積年の思いは果たされたのである。
 うっ。ぴゅ、ぴゅっ!!
[PR]
by misaochan3x6 | 2010-11-28 17:47 | まんが道(みち) | Comments(0)

GO GO EBIZO!!GO GO !!

072.gif海老蔵(32)殴られ重傷、全治2ヶ月ニュース。
 六本木でキャバクラ店を経営する男性は、「酔ったときは『おれは人間国宝だぞ!』とすごむのがいつものパターンでした」と振り返る。
 過去、中目黒や代官山にも頻繁に出没していたが、一般の女性客に失礼な言葉を投げかけるなどしてトラブルになることも多く、「複数の店で出入り禁止になっていたようだ」(飲食店関係者)。

a0141884_1795795.jpg


 今年7月には、海老蔵の酒グセが公共の電波で明かされる一幕も。
 テレビ中継された海老蔵と麻央の結婚披露宴で、海老蔵の親友で俳優の伊藤英明(35)が、「(酔った海老蔵が)初対面でいきなり『給料いくら?』と聞いてきた」と暴露。「歩合制だけど」と返すと、「事務所に何%引かれるの?」と畳み掛けられたことを明かした。
 また、一部スポーツ紙によると5年前、当時、阪神タイガースの選手だった赤星憲広(34)ら4選手が飲んでいた席に海老蔵が乱入。「いくらもらってるの?」とたずね、「オレなんか、国から60(歳)まで2億もらえる!」と自慢を始めた。

 いいぞ、いいぞ。GO GO EBIZO!!GO GO !!
a0141884_17204715.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2010-11-28 17:10 | キャラ立ち | Comments(0)

息子が独立。

【2010年11月25日(木)】

a0141884_1935559.jpg 生涯のうちに、同じ屋根の下で子供と一緒に過ごせる時間は、驚くほど短いのよね。
 ほとんどないといってもいいくらいなんだ。

 これは、実際に子供を持ってはじめてわかったことなのさ。

072.gifさて、この日、すでに社会人となった息子(あれっ!?いつからだっけ?忘れたな。ぎゃふん!!)からボクの携帯に「今日何時に帰ってくんの?」とのメールがあり、「夜9時半頃になるけど、飲みに行く?」って返信したら、「いいよ。彼女連れてきてもいい?」って聞くから、「いいよ」って答えたのさ。

 「あと、お話もあるんだけど、重たくないから気楽にね」とも。

a0141884_1955249.gif

 ふ~ん、新しい彼女が出来たんだ、うらやますぃ~。
 確か、この間前の彼女を紹介されたのは、今年のバレンタインデーの前だったよな、などと思いつつ、んで、何の話かなと思いながら、雨の降る高円寺南口のお好み焼き屋で3人で会う。

 息子の焼いてくれたお好み焼き(これが、ふっくらと肉厚に上手に焼くんだわ!!)を頬張りながら、その話ってやつを聞いたところ、家を出て独立したいっていう話だったのさ。
 もう、物件も決めて、年内に引越しする予定とのこと。
 ボクに保証人になってほしいっていうお願いだったのよ。

 反対する理由は何もないので、即座にOKさ。かくいうボクがひとり暮らしを始めたのは、19歳のときだったからね~。(今から33年前のことだ。)
 あとは、お母さん(ボクの奥さん)の了解が得られればいいよって答えたんだ。
 お好み焼き屋での話はそれでおしまい。
 あとは、お約束の〝3人でカラオケ〟だ。
 近くのカラオケ屋で、またもやボクの<マイ・ロックン・ロール・エクスプロージョン・エゴ・ナイト・ショー>を貫徹したのだった。
 ぃやっほーーーーい!!
 新しい彼女にはウケがよかったよ。うひひ♪
a0141884_1923638.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2010-11-27 18:55 | 自分遺産 | Comments(0)

地上最強の格闘技。にゃんの道。

072.gif首相撲
a0141884_515215.jpg

072.gifヘッド・シザース
a0141884_524972.jpg

072.gifクロス・カウンター
a0141884_533173.jpg

072.gifねこパンチ(2:15あたりで炸裂!!)1992年


[PR]
by misaochan3x6 | 2010-11-25 05:03 | みーちゃんとわたくし | Comments(0)

Ahh・・・nothingu but the・・・

【2010年111月23日(日)・

 早朝、雨が降っていたものの、やがて雨はやみ、昼頃からは晴天になったんだ。

a0141884_16414891.gif

 一週間のうちの谷間の祝日、特にこれという予定もない。
 午前中、だらだらと時間を過ごして、午後からチャリで外出。

 赴く先は、お約束の「アニマル洋子」さ。
 早速、店頭100円ワゴンからこの日引き揚げたのはこの2冊なり。
 
 ●文芸読本 坂口安吾
  河出書房新社/1979.7.20

 ●FOR BEGINERS/アナキズム
  現代書館/1990.5.20
  第2刷
 

 その後、高円寺北口にある、ディスカウント・ショップというか、ホーム・センターというか、その中間の位置づけの「olympic」高円寺店に移動して、愛猫みーちゃんの首輪を下見。
 来るべき、〝みーちゃん来招1周年((12/6)〟に合わせて、彼女の首輪を新調すべく、プレゼントの下見だったのだ。
 でも、ここには、いい品物はなかったのよん。

 んぢゃ、ここはやっぱり、ペット・ショップしかないね~と思い、阿佐ヶ谷に移動。「ペット・ショップ こじま」に立ち寄りだ。
 むふふ、納得の一品を確認して辞す。わっほーう!!

 そんでもって、「書原」に移動して、かねてから目をつけていたというか、魅入られていた本を購入す。それがこの3冊。

a0141884_16494181.jpga0141884_1650197.jpga0141884_1650212.jpg












 072.gif960円+税×each.

 ああ、新刊はいつもボクを誘惑し続けるよ、alright。
 んがしか~し、清水の舞台から飛び降りるつもりで購入した新刊(新刊本、高いからね~(>_<))も、買ってしまった瞬間に、それは瞬く間に「古本」になってしまうんだよな~。
 理不尽といえば、これ以上理不尽なことはないと思うボクなのだが、いかがなものかな、ご同輩。試されているのかな?
 というわけで、最初っから古本である古本が、ボクは限りなく好きだってわけなのさ。ルルル~♪
 
 さて、この本のシリーズは、直近でいえば、「ふーじょんぷろだくと版」があるんけど、②巻までの刊行で止まったままだったんよね。(ボクも、この②巻までは買っていたんだけどもさ。)
 その前は、SUN COMICS版があるんだけどね。

a0141884_17225996.jpg

 それが、ここに来て、突然の<完全版>刊行なのだ。ぅわお!!
 まったく、新刊のパブリッシングは、何が飛び出すか油断が出来ないぜ。
 それにしても、今回は、<完全版>というだけあって、確かにパーフェクトな仕上がりだ。
 見事です。
a0141884_17415786.gif

a0141884_17424379.jpg


 それにしても、冬の日の光は、午後3時を回るとすっかり力がなくなってどうっしようもなくショボくなりますね。
 そうなると、大人の男子としては、もう飲むしか術はなくて、酒場に向かうか、さもなければボクのように自部屋で飲み始めるって始末なのさ。
 そう、このログだって、酒(ウイスキー)を飲みながら朦朧として書いているってわけなんだわさ。ぎゃーす!!
 (そういえば、栗山千明は、毎晩、晩酌してるってTVでいうとったな。週2でひとりで焼き鳥屋に行くか、さもなければ、家飲みだってさ。男前~。惚れてまうやろ。)



 ま、それにしても、劇的でない1日だったよな。膝かっくん。
[PR]
by misaochan3x6 | 2010-11-23 16:28 | 購本記 | Comments(0)

よしだよしこライブ2010 〝HERE NOW〟

【2010年11月21日(日)】

a0141884_1152920.jpg このところ、週末は音楽三昧。

 この日は、知り合いの方からのお誘いを受けて、「よしだよしこライブ2010〝HERE NOW」〟に赴く。

 先週の2泊3日の沖縄出張(11/16・火~11/18・水)の3日目の昼頃、那覇のゴルフ場で上役らが多数参加するゴルフコンペの接遇係をしていたところに、やおらプルプルプルと携帯のバイヴが鳴って、そのお誘いコールがあったってわけなんよ。

 というわけで、お約束のチャリで Let’s la go!!
        072.gif場所は、「R'sアートコート@新大久保」だよ♪
a0141884_1172837.jpg

a0141884_2155312.jpg
 
 16:00スタートで2時間、アンコールを含めて25曲。
 ギターうまいよな~。

a0141884_11113861.jpg

 ダルシマという楽器は、初めて見たよ。名前だけは、りりいのアルバム・タイトルで知ってたけどね。
 この日、彼女が弾いたのは、「マウンテン・ダルシマ」というんだそうだ。
 ふう~ん。素朴だが力強いアイリッシュな音が出るんだね。

a0141884_11115341.jpg

 最後の1曲は、「にぎやかに行きましょう!!」という彼女のコメントで、CCRの「PROUD MARY」
 「誰かギタリストはいませんか?」の呼びかけに応えたのは、わが<チーム金子>のバンマス=金子さん。飛び入りで登場だ。
 ヴォーカルの募集はなかったので、ボクは登壇せず。
 ま、呼ばれたとしても、歌詞をちゃんとおぼえてなかったので、無理だったんだけれどもさ。
 で、この日の歌詞はオリジナルではなく、日本語訳だったのさ。
 う~ん、やっぱり日本語だと、かなりグルーヴが殺がれるもんだな~。

a0141884_1125974.jpg

 当日のご本人の感想はこちらですよん♪

072.gifさて、ライブ終了後は、お約束の打ち上げだ~。

a0141884_11371851.jpga0141884_11373673.jpga0141884_11375052.jpg









a0141884_11383631.jpga0141884_11385268.jpga0141884_1139811.jpg









a0141884_11402282.jpga0141884_11403775.jpga0141884_1140537.jpg









 結局、打ち上げには<チーム金子>のメンバーと最後までいて、再びチャリにまたがり、かえる。(帰る)お約束の、ぎゃー!!
a0141884_19275257.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2010-11-23 11:05 | Comments(0)

東京スカイツリー。

 グングン大きくなっちょるんよね。
 職場のトイレの窓からも見えるんよ。
a0141884_1050203.gif
a0141884_10515783.gif
a0141884_17445426.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2010-11-23 10:50 | キャラ立ち | Comments(0)

「ハイジ」は「アーデルハイド」!?

【2010年11月20日(土)】

 前日、コタツでうたた寝したまま朝を向かえ、目覚めた早朝、TVのリモコンのスイッチを入れると、古臭い感じの洋画をやっていたのだった。

 そのままコタツにもぐったままで観るともなく観ていると、どうやら、いわゆる〝アルプスの少女ハイジ〟のようなのだ。
 そのうち、字幕を読んでいたら、「ハイジ」は、「アーデルハイド」の愛称だということがわかったんよ。

 エエッ!? ホンマかいなッ!? 知らなんだわ~~。

a0141884_1437653.jpg

a0141884_14372772.jpg

 いや、たいていのジャップはそんなこと知らんと思うわ。
 しきゃ~も、調べてみると、ドイツ語では語尾の d は/t/音で、「アーデルハイ【ド】」は日本語訛りだというのである。 
 ふ~~~ん。そうなんや

 そんでもって、この映画(最後のテロップに1970とあり。1970年製作の映画なのだ。)では、クララはアルプスの山の中で車椅子から立ち上がるのではなく、自分の部屋で立ち上がっとるやないか~い。

 アニメとどっちが正しいんや。
 うむむ、そうなると、アニメ、何となくバッタもん臭いんやけどな~。

 いやはや、日本人の脳みそは、思いっきり東映動画に毒されてるんと違うかな?
 「母を訪ねて三千里」も然りでは。ブルルッ。

a0141884_14535458.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2010-11-21 14:37 | キャラ立ち | Comments(0)

「日曜酒場」~昭和40年男「宴」連荘。(2)

【2010年11月14日(日)】

072.gif<昭和40年男「宴」編>

a0141884_11224221.jpg さて、前口の日曜酒場」を後にして、一旦家に帰り、この日新調したチャリにまたがり、次に向かうのは、荻窪のライヴハウス〝荻窪ルースター・ノースサイド〟だ。

 この会場では、雑誌「昭和40年男」編集部の主催による読者交流イベント「」が、17:30から開催されていたんよ。

 読者年齢からは10歳以上年長のこのボクにも、この雑誌は年寄り扱いなどせずに、広く門戸を広げてくれてるんねよ。
 感謝です。

a0141884_112326.gif




072.gif会場に着いたのは、20:40過ぎで、もうイベントはお開きに近く、最後の<編集長バンド>による読者の飛び入りステージに突入していたのだった。


a0141884_1203010.jpga0141884_1205267.jpga0141884_1234179.jpg









a0141884_1243477.jpga0141884_1244844.jpg







072.gif滑り込みで間に合い、編集長に事前にサポートをお願いしていたこの曲を歌う。



 実はこの曲、今回のステージが初披露で、多少自部屋でひそやかに深夜練習してはいたものの、歌詞がまだ曲そのものも含めて<血肉化>していなかったんよ。
 なので、「日曜酒場」のウマ酒に酔っ払ってしまって、結局、デタラメな歌詞で歌ってしまったんだわさ。
 ぎゃふん!!
 でも、<編集長バンド>のサポートに助けられて何とか歌い切る。満足なり。うひひ。

 編集長には、「1曲だけしかあきまへんで~」とはいわれていたものの、パンティーさえ脱がしてしまえばこっちのもんだとばかりに、この後、〝アッコちゃんスキスキソング〟から〝Anarchy In The UK〟へと移行する曲実験の初ステージを敢行しつつ、最後はお約束の〝Knockin' on heaven's door 〟に至る<マイ・ロックン・ロール・エクスプロージョン・エゴ・ナイト・ショー>を貫徹したのだった。

 個人的には満足の一夜となり、溜飲は大い下ったわけなのだが、客には出張り過ぎの感じを与えてしまったかも知れないね。

 そうであれば、この場をお借りしてお詫びします。
 みなさん、ごめんなさい。
 でも、次も同じ過ちを犯すつもりなので、よろしくお願いしますよん♪

a0141884_1228940.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2010-11-21 11:00 | 音楽とわたくし | Comments(0)

「日曜酒場」~昭和40年男「宴」連荘。(1)

【2010年11月14日(日)】

072.gif<「日曜酒場」編>

a0141884_18492539.gif 「東京みかん」代表のミヤさんから、みかんメンバーの携帯に送られてきたのが、このインヴィテーション・メールなり。

 ▼
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ●「日曜酒場」 イン 〝squattart(スクワッター)〟 14日(日)14時~
 ●東京都渋谷区恵比寿西1-4-13-3F

072.gif 「スクワッター」代表のジュンジです。
 さてさて皆さん、ナガシの料理人ハヤトの居酒屋=「日曜酒場」を、恵比寿西の五差路に面した一番低くてぼろいビル屋上で、本日14日(日)14時~22時くらいでやります。
 毎回色んな分野の色んな人が来ます。
 寒いので暖かい格好で4649です。何とか暖かくできるように考えてますが。

 僕のお勧め料理は、スープドポワッソンかな(南仏の定番スープ)。なかなか食べられないですよ。釣り魚料理、鍋などポッカポッカ系もあります。全て自家製。酒はビールから熱燗、ほっとサングリアとか。ほっとワインは風邪に効きますぜ。
 僕はアシスタントコックやってます、焼き物担当。4649お願いします。

 同時にKEYの作品展示、無農薬野菜の販売も諸々おもろいですよ。是非。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

072.gif前回の「日曜酒場」のログはここよ♪
 というわけで、電車で会場にlet's la go!!

072.gifおっと、その前に、会場近くで昔ボクが働いていた職場がいまどうなっているか、久しぶりに現地調査に赴く。(前回、ここを訪れたのは、2005年4月のことだった。)
 渋谷区東3丁目の目黒川のすぐ近くにあるその場所は、1981年4月に社会人となった23歳のボクが初めてて社会人となって勤めた職場で、プロ用の写真現像所(プロ・ラボ)だったんだ。

 今思えば、あの頃はずいぶん景気がよかったものなのさ。
 何しろ、仕事は放っておいても入って来た時代で、営業といっても、得意先のプロ・カメラマンの事務所やスタジオ、広告代理店、レンタル・スタジオ、デザイン事務所に撮影済みのフィルムやプリント用の原稿を車で取りに行って、現像やプリントの仕上がりを届ける単なる「集配業務」だったから、気楽なものなのさ。
 ボクはといえば、車の運転はあまり得意ではなかったので、店頭の受付カウンターでの接客業務から社会人キャリアをスタートさせたのだった。

 前置きが長くなったが、その場所がここで、今は〝L'école du Vin〟と名乗るワインスクールに変貌していたのであ~る。
a0141884_9353569.jpg

 入り口から中の様子をチラ見したところでは、建物の中の造りはそれほど変化はない感じで、その昔ボクが立って仕事をしていた接客カウンターはそのままの場所にあったんよ。
 2階にはセレクトショップが出来ていたんだわさ。

a0141884_947441.jpga0141884_948127.jpga0141884_948172.jpg









 そんでもって、その旧職場近くの山手線沿いにあった得意先のスタジオ兼写真事務所は、今やダンス・スタジオに変わってしまっていたのだった。

a0141884_954504.jpga0141884_955525.jpga0141884_9551923.jpg









a0141884_1012246.jpg さあ、<青春プレイバック>の感傷にひたるのはこれくらいにして、「日曜酒場」の会場に移動開始だ。

 恵比寿西の五差路に面した味わいのこのビルの屋上が今回の会場。

 そして、3階には、この「日曜酒場」の支配人であるジュンジさんが代表を務める〝squattart(スクワッター)〟があるのさ。






 では、会場の様子を写真でランダム・アーカイヴだ。ちぇすとーーッ!!

a0141884_10173676.jpga0141884_10175016.jpga0141884_1018381.jpg









 口開けは、ジュンジさん特製のサングリア。それから日本酒に移行し、チリコンカン、シュラスコなどを食しつつ、ひたすら日本酒を飲む。
 それにしても、この日本酒ウマいな~。
 それに、ハヤトさんのつまみもいい味だ。やっほー!!

a0141884_10333889.jpga0141884_10335590.jpga0141884_10341135.jpg









a0141884_1036436.jpga0141884_10365692.jpga0141884_10371083.jpg









a0141884_10373193.jpga0141884_10374795.jpga0141884_1038476.jpg









 いや~、屋上イベントって<非日常>でいいね~。

a0141884_10395280.jpga0141884_1040616.jpga0141884_10402147.jpg









a0141884_10413736.jpga0141884_10415223.jpga0141884_1042671.jpg









 あたりが暗くなるにつれて、昼間の面子が入れ替わり、新しいお客が入り始めていたところで、ボクはタイム・アップ。
 実は、この日は掛け持ちのイベント参加で、この「日曜酒場」に続いて荻窪のライヴハウスに移動なのだ。
  荻窪には19:00着を予定していたのだが、結局、酒と肴がウマ過ぎて、「日曜酒場」を後にしたのは18:30を過ぎた頃で、予定の時間には間に合いそうになかったんよ。
 さあ、急げや急げ。
072.gif昭和40年男「宴」編>につづ。


[PR]
by misaochan3x6 | 2010-11-20 18:51 | 東京みかん | Comments(0)