<   2010年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

東京みかん「三宿パン屋放浪記」ツアーに参加して来ました。♪

【2010年6月25日(土)】

a0141884_1210169.gif 梅雨の切れ間のこの日、久しぶりに東京みかん「三宿パン屋放浪記」ツアーに参加して来ました。♪
 ボク自身、「みかん」のスターティング・メンバーの1人であるにもかかわらず、最近はとんとごぶさたしてしまい、他のコア・メンバーの皆様にご負担ばかりおかけしておりまして、誠に申し訳なく。

 参加した限りは、写真でのアーカイヴには努力を惜しみませんので、ご容赦を。というわけで、今回もらったインビテーション・メールはこちら。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 emoticon-0171-star.gif 皆さまお待たせしました!約7年ぶりの「東京みかんパン屋放浪記」。Wol.21 題して「三宿パン屋放浪記」ツアー!

 ◆開催月日:2010年6月26日  土曜日(雨天決行)
 ◆集合時間:午前11:00(15分程度の調整アリ)
 ◆集合場所:東急田園都市線三軒茶屋駅改札前(東京みかん木札をぶら下げておりますので目印にどうぞ)
 ◆案内人:まなかさん(ハンカチ専門店H TOKYO店主・三宿420商店会会長)
  http://www.htokyo.com/
  http://d.hatena.ne.jp/mishukuR420/

 お歩きルート:
 まさにパン尽くし!その他のキーワードは「ピクニック」、「タイムトリップ」、「360度パノラマ」、「学校見学」、 「老舗でゆったり」など三宿の魅力満々載!その他の詳しい情報は東京みかんWEBにてご覧くだせー。
  http://www.tokyomikan.com/

 参加方法:
 先着順の完全予約制とさせて頂きますので、ご参加希望の方はメールにてご予約ください。
 また、今回のツアーは散策終了後の「お疲れさん会」へご参加いただける方のみご応募ください。

 お疲れさん会について:
 三宿通りにあるドン的存在の老舗スナック「みつる」にて行います。飲食代は3,000円ほどを予定しております。焼きソバが超絶品!

 その他:
 ※Wol. とは「Walk Volume」を略化した造称です。
 ※予定しております定員数を超えた場合にはご参加いただけませんのでご容赦ください。
 ※キャンセルは開催日3日前までの受付とさせて頂きますので予めご了承くださいませ。
 ※当日は楽しく事故の内容努めますが、万が一事故や事件などに遭遇した場合には各自個人の責任とし、コチラでは一切の責任等を負いかねますのでご了承ください。
 emoticon-0171-star.gifORANGETOKYOPROJECT


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 emoticon-0171-star.gif当日のルートマップはこちら。クリックすると大きくなりますよん。♪
a0141884_12254971.jpg

 さて、この日集まった善男善女は、ボクも含めて、男7名+女7名+お子ちゃま3名といった陣容だ。
 集合場所である東急田園都市線三軒茶屋駅改札前を11時半頃出発。
 以下、ルート順に写真アーカイヴだ。ちぇすとーーっ!!

 この日は、昭和女子大人見講堂では、ホリプロの株主総会開催。また、昭和小学校の学校説明会も。ほ~、そうかいな。

a0141884_10493980.jpga0141884_10495524.jpga0141884_1051992.jpg









 emoticon-0171-star.gif地図① せたパンに到着。

a0141884_1057404.jpga0141884_10575446.jpg 三宿周辺にあるパン屋をはしごして、お気に入りのパンを買い求めて歩き、最終的に世田谷公園でそのパンを食べながらみんなでランチという企画なり。

 これは、この「パン屋放浪記」の第1回の阿佐ヶ谷(2003年)の時のコンセプトと同じ。


 小物中心のまちのパン屋さんという感じ。ハード系のパンは売っていませんでした。

 emoticon-0171-star.gif地図② ラ・テールに到着。
 ドイツ風(?)の外観。客の絶えないパン屋。客単価の高そうな世田谷婦人が目立つ。ハード系のパンも揃っていて、なかなかよい感じ。
 この先、もっと素敵なパンに出会うかもしれないと思って、ボクはここまで、パンは買わなかったんよ。
 と、ここで、今回の三宿ツアーの案内人であるまなかさん(ハンカチ専門店H TOKYO店主・三宿420商店会会長)と合流だ。

a0141884_1154913.jpga0141884_116563.jpga0141884_116216.jpg









 emoticon-0171-star.gif地図③ 喜楽亭
 いよいよ、まなかさんの案内で次のスポットに到着。パン屋にしては、「亭」が付くので変わってるよなって思っていたら、案の定、ここはパン屋ではなく、レストランというかビストロだった。
 ここで作るカレーパンがウマイという仕掛けだったんよ。なるほど~。♪

a0141884_11185265.jpga0141884_111928.jpga0141884_11191396.jpg









 で、この「喜楽亭」で、ツアーはじめてのパンを購入。いわずと知れたカレーパンだ。
 この時、時間はすでに13時半を回っており、腹も減り時、ランチ会場である世田谷公園まで我慢できず、即効かぶりつく。
 ンマ~~イ!!

 さて、続く④アルチザン・テラは420号線沿いにあるのだが、ここに行く途中、まなかさんのお店「ハンカチ専門店H TOKYO」があるので、ちょこっとお立ち寄り。
 オリジナル・ハンカチのお店。着古したお気に入りで思い出の男性のYシャツからのハンカチも作ってくれるそうです。
 何といってもアクセントは、ワンポイント刺繍でオリジナル性が、グッとアップするのよん。♪

a0141884_1151347.jpga0141884_11504917.jpga0141884_11511357.jpg









 emoticon-0171-star.gif地図④アルチザン・テラ

a0141884_1159631.jpga0141884_11585366.jpg 続くこのお店は、先ほどの「地図② ラ・テール」の姉妹店なり。

 焼き菓子も豊富で、ワインも売っちょるんよね。

 なかなかおしゃれさんなお店であります。


 こんな機会でもなければ、オヤジが一人で入れるような店ではありませんね。(>_<)

 emoticon-0171-star.gif地図⑤シニフィアン・シニフィエ

a0141884_12134891.jpga0141884_1214549.jpg 続くこの店は、世田谷公園が目の前の「シニフィアン・シニフィエ」。

 「シニフィアン・シニフィエ」なんて、80年代のニューアカ(ニュー・アカデミズム)お勉強ブームの中で、多少トンガって先端を気取っていた、その頃20代だったボクらにしてみれば、「その語源の由来くら

 いは知ってるぜ、うふふ」ってなもんなのであ~る。♪ うふふ。
 地下にあるお店で、ワインの試飲もしておりました。
 この店も、パン屋というよりは、おしゃれなレストランといった雰囲気。

a0141884_1302630.jpg 歩きながら、世田谷には世田谷のよいところがあり、わが杉並には杉並のよいところがあるなと気づく。

 ここが大事。
 「み」て「感じる」から「みかん」。

 まち歩きの要諦は〝気づき〟と〝発見〟なり。
 やっほー!!

 さて、三宿パン屋ツアー最後のお店となるには、⑥関口ベーカリー。
 折りしも、世田谷公園前には、偶然にもパンの移動販売車が出ておったんだわさ。

 その世田谷公園の中を突っ切り、「関口ベーカリー」へ。
 歩くことしばし。店にたどりつくと、住所は目黒区東山となっていた。区界の店なり。
 emoticon-0171-star.gif地図⑥関口ベーカリー

a0141884_137138.jpga0141884_1371560.jpga0141884_1372952.jpg









a0141884_1384857.jpga0141884_139191.jpg 店の名前のイメージからは、惣菜パンを中心にした素朴なまちのパン屋さんといった風情。

 この建物の外観もまさにそのことを証明して余りあるものなのなり。

 んが、バ~ット、実際に店を訪れてみ


 ると、あにはからんや、なかなかに本格派であり、惣菜系のパンのバンズには、ソフト系のバンズではなく、ちょっとハード寄りのバンズを使用しておったんよ。
 やるね~。あなどれないぜ、「関口ベーカリー」。

 というわけで、ボクは迷わず惣菜系のバンズ・パンを購入。
 各人もそれぞれにマイ・フェバリットを求め、いざ、ランチ会場の世田谷公園に戻る。
 
a0141884_13271051.jpga0141884_13272063.jpga0141884_13273296.jpg









a0141884_13282211.jpg さて、たどり着いた世田谷公園では、すでに、まなかさんの奥さんとお子ちゃま、そして、、まなかさんの奥さんのお友だちの奥様とそのお子ちゃまが、ビニールシートを敷いてみんなのおいでを待っておいででした。
 手回しいいね~。
 やるな~。♪


 さて、この時、時間はすでにあと10分で午後2時になるという時間。
 腹減りましたね、みなさん。
 というわけで、みかん隊もリュックからビニールシートを取り出し、会場を広げてランチ開始だ。
 いただきま~す!!
 自己紹介あり、ビールあり、ワインありで、しばしワイワイ ♪♪
a0141884_1337521.jpg
a0141884_13371830.jpg

 食べるべきものを食べ、飲むべきものも飲んだので、再びツアー開始。
 後半戦に突入だ。
 目指すは、この日の仕上げ場所、スナック「みつる」だー!!

 後半戦、最初に向かったのは、再びまなかさんのお店「ハンカチ専門店 H TOKYO」だ。
 というのは、今回の三宿パン屋ツアーにふさわしく、まなかさんに、食パンの刺繍の入った今回のツアーの特性ハンカチを造ってもらっているので、注文者がこのハンカチをお店に取りに行くという段取りになっていたのである。
a0141884_13513587.jpg
a0141884_13514770.jpg

a0141884_13533633.jpgちなみに、左図はこの特性ハンカチのイメージ図なり。
 
 そんでもって、これは、試作した刺繍の形跡。
a0141884_13551164.jpg









a0141884_13552113.jpg








 ボクは、このツアー特性ハンカチを「」の料理長へのプレゼント用に2枚購入。

a0141884_1463721.jpga0141884_1471982.jpga0141884_1473058.jpg









a0141884_1483319.jpga0141884_1484458.jpg 店の中にある「ハンカチの木」。

 いや、これはボクの勝手な命名だ。

 そして、このお店は、オリジナル・ハンカチだけではなく、若い職人さんが作るオーダー・メイドの革靴も扱っていたのだった。


a0141884_14134039.jpga0141884_1413507.jpga0141884_1414069.jpg









 emoticon-0171-star.gif地図⑨ 世田谷ものづくり学校
 買い物終了後、隊は再び動き出し、向かうは「世田谷ものづくり学校」。
 池尻小だか、池尻中の空き校舎を利用したワークショップ型の施設のようだ。

a0141884_1421206.jpga0141884_14213023.jpga0141884_14214263.jpg









a0141884_1423678.jpga0141884_14231753.jpg ものづくり系のワークショップの会場となる部屋や、cafe、さまざまなお店もあるぞ。

 まなかさんの紹介で、元校長室で営業中(?)の有田昌史氏を訪ね、しばし、みんなで歓談。
 


 emoticon-0171-star.gif地図⑩GLOBE
 英国アンティーク家具を中心に、照明、雑貨を販売し、ガーデン、カフェ、工房も併設している「ザ・グローブ」へ移動。
 ツアー訪問地としては、ここが最後なり。

a0141884_1435395.jpga0141884_1435148.jpga0141884_1435247.jpg









 emoticon-0171-star.gif地図⑪スナック「みつる」
 さあ、待ってましたの打ち上げだ!!

a0141884_14433617.jpga0141884_1443508.jpga0141884_14441341.jpg









 満ち溢れる昭和空間。ふきの煮物、さやえんどうとイカの煮物、焼きそばと糠漬け。
 食も、昭和ど真ん中なり。
 われわれは、皿に盛られたそれらの食べ物をきれいに平らげ、店のママを大いに喜ばせる結果となったのであ~る。♪

 スナックなので、自然にカラオケ。(>_<)
 待ってましたと歌い始めたのはこのボクだったのさ。すまんね、これだけは譲れないのでね。

a0141884_14541436.jpga0141884_14543390.jpg









a0141884_14544725.jpg









a0141884_1511185.jpg 夕方6時から始まった打ち上げは、2時間ちょいかかって無事終了。
 ボクにとっては、久しぶりの「みかん」。
 よく歩きました。
[PR]
by misaochan3x6 | 2010-06-28 12:04 | 東京みかん | Comments(0)

「憲法フォークジャンボリーin東京2010」の出場者が決まりました。♪

emoticon-0171-star.gif以前もお知らせした「憲法フォークジャンボリーin東京2010」の出場者が決まりましたよ~ん。♪
 
d0175566_15374481.jpg

 わが<チーム金子>は、8/1(日)の17:50に出場予定です。ぱふ。ぱふ~。
 ボクのVoで1曲と、バンマス金子さんの友人の弁護士である中村裕二氏をフィーチャーしての1曲、都合2曲で出場。
 emoticon-0171-star.gif画像をクリックすると大きくなります。▼
a0141884_1546046.jpg

 emoticon-0171-star.gif会場は、ここよ。 ご来場お待ちしています~。 
a0141884_15543010.jpg

 
[PR]
by misaochan3x6 | 2010-06-27 15:46 | 音楽とわたくし | Comments(2)

お昼寝みーちゃん。

【2010年6月27日(日)】

 emoticon-0171-star.gif座椅子のクッションを枕に昼寝するみーちゃんを背後から秘撮。
 彼女の大好きなお母さん(ボクの奥さん)は、きのうから旅に出かけてしまったので、
 きょうは、みーちゃんと二人きりなのだ。むふふ。
a0141884_155926.jpg

 何かにつけてお触りしようとするボクは、基本的には、みーちゃんにはあまり好まれてはいないことは、よ~くわかっちょるんよ。
 これは、娘を持つ世間のオヤジと同じ。(>_<)

 emoticon-0171-star.gifところで、前に、「朔」の店長さんには、このブログの右下にある「ネームカード」を登録すると、ブログ内で使える画像の容量が飛躍的に高まることを教えてもらってたんだけど、一度登録したにもかかわらず、登録完了の返信メールが届かなかったので、うまくいかなかったのさ。
 そこで、意を新たに、本日、再びチャレンジしたら、今度はうまくいったのよん。♪
 これで、このブログ内で使える画像の容量は、1GBになったんよ。
 店長さん、ありがと~~~!!

 これで、もう当分はサイトの引っ越しをしなくてもよくなったんだよ~ん。♪
 やっほー!!
[PR]
by misaochan3x6 | 2010-06-27 15:05 | みーちゃんとわたくし | Comments(0)

Do you believe in Jeff Bridges?

【2010年6月26日(土)】

 この日は、久しぶりの「東京みかん」。
 集合時間に間に合うまでのスタート時間が来るまで、居間のTVで映画を観る。行き当たりばったりにブチ当たったのがこの映画なのさ。
 emoticon-0171-star.gif〝THUNDERBOLT AND LIGHTFOOT - ( 1974 ) 〟

 

 邦題は、〝サンダーボルト〟。何だか威勢のいいタイトルだが、雰囲気はあるものの、どんなテーマの映画だかわかりにくいよな。
 原タイトルは、〝THUNDERBOLT AND LIGHTFOOT〟。映画を観ているとわかるんけど、結局、主人公2人の名前なのだ。ブッチ・キャシディー&サンダンス・キッドみたいなもんだな。
 頼むぜ、配給会社の宣伝部さんよ。かーっ、ペッ!!

 映画のおいしいところで出発時間が来たので、TVのスイッチを切って外出。
 みかん無事終了後、帰宅して何気にTVのスイッチを入れると、ありがたいことに、同じ番組の再放映をやっていたんだわさ。うひひ。emoticon-0171-star.gif(今回は、三宿を歩いた「三宿みかん」の模様は、別スレで後報。)こちらよん♪
 今度は最後まで観終わることが出来て、エンドロールを観ていたら、主人公のひとりで、THUNDERBOLT役のClinton Eastwoodの相棒で、LIGHTFOOT役を演じていたのが、Jeff Bridges(1949~)であることに気づく。
 あ、そうなの!!
 実は、この人のことを知ったのはついついこの間のことなんよ。
 好きくない新宿のロードショー館で、彼主演の〝CRAZY HEART〟を観たばかりだからね。ごめんね、何にも知らなくて。
 1974年時点で25歳の Jeff Bridges。この映画の中では、トッポいヤング・アメリカンを演じていたのさ。
 あれから36年。いまや、還暦を迎えたこの男は、こうもシブいオヤジにない変わっておったんよ。やるな~、Jeff。人間から、いまや猿に変わってしまったKeith Richardsとは、えらい違いやな。 
 いやいや、あやかりたい蚊帳釣りたい。


[PR]
by misaochan3x6 | 2010-06-27 14:09 | キャラ立ち | Comments(0)

<チーム金子>半年振りに集結。

【2010年6月24日(金)】

 マイケルの死から1年。誰もがマイケルを好きだというわけではないんすよ。誰もがボクのことを好きではないのと同じ意味でね。
 それに、「キング・オブ・ポップ」という呼び名もどうかと思うんさ。やっぱり、カラードにはキングは似合わんよ。あんまり騒がんでくれる?

a0141884_11365984.jpg さて、<チーム金子>単独では半年振りの集結なり。

 集合場所は、前回同様「旅のつづき・・・」@上野広小路だ。

 満を持しての集合だったにもかかわらず、この日のステージは、前回の盛り上がりが半年経ってもまだボクの中で記憶に生々しいだけに、何だか不完全燃焼の感じがぬぐい切れないんだわさ。

 emoticon-0171-star.gifバンマス金子さんはエレクトリック・ベース、どんぐりさんのVo.&ギター。ゲストの水さんのハーモニカをフィーチャーしたこの日のステージ模様。

 波に乗れなかったって感じ。
 っていうか、この日、波は来なかったんよ。

 いや、またくもって、ステージは生モノ。フタを開けてみなければ展開はわからないね。

a0141884_11414638.jpg
a0141884_11415643.jpg

 ボクはというと、実はこの曲をうまく歌うことばかり考えて、集中力が途切れていたんよ。
 頭の中で何度もリピートしては、自分のものにしようと気を揉んでばかりいたからね。
 つまり、囚われ過ぎてたってわけなんよ。
 で、結局、この日その曲は披露しませんでした。いつものお約束の曲は、数曲歌ったのだけれどもね。
 今度はうまくやるつもりなのさ、ブラザー。



 emoticon-0171-star.gifPS.その後、店にはバンマスと閉店までいて、店を出て別れて直後、上野広小路の夜を跳梁跋扈する中国女のひとりに速攻拉致られ、その女がちーママを務めるぼったくりバーで、あり金全部巻き上げられてしまったんよね。(T_T)

 それにしても、中国女って、客の財布が空になったのがわかると、どうして決まったように、すぐにカードでお金下ろして来いっていうのかな~。高円寺の中国女経営のぼったくりバーもまた然りなんよ。ま、カラオケだけはしっかり歌って来たけどね。ぎゃふん!!
[PR]
by misaochan3x6 | 2010-06-27 11:18 | 音楽とわたくし | Comments(0)

Epitaph - King Crimson

a0141884_23224137.jpg さて、調子に乗ってKing Crimsonの〝Epitaph〟のコードはあるかと思って調べたらあったのさ

 曲の重厚さや、複雑そうな詩のイメージに比べたら、コード・ネームは驚くほどシンプルで、何だか拍子抜けしたのだった。

 そんでもって、これならオレにも歌えそうだと、原曲を当たろうとyou tubeを開いたら、思わず膝から崩れ落ちそうなるというか、うんにゃ、思わずのけ反り、ひっくり返ってブリッジしてしまいそうな曲にブチ当たったんだわさ。
 それがこれなんよ。
 何と、昭和の歌姫、ザ・ピーナツが歌っているやおまへんか!!ぐわっ!!



 まったくもって、常識というものは覆されるためにあるのである。
 さらに調べたら、ザ・ピーナツ、ユーライア・ヒープの「対自核」まで歌ってるやんけ!!
 がっびーん!!

 こうなりゃ、もう破れかぶれだ。ついでにこいつもアップしておくぜ。 
 1974年2月1日リリースされたLP「スーパー・プレゼント'74 」より。日本語詞:安井かずみなんだとか。
 まったくもって、昭和ってのは、底なし沼の恐怖なんだわさ。ブルルッ。
 ってか、60年代のアイドル歌謡シーンは断末魔の状態で、もう何をどうしたら過去のように売れるのかわからなくなって、迷走しまくっているという状況なのではないか。つまり、もうマーケの読みが通用しなくなっているんだよな。
 いや、もっと簡単にいうと、ザ・ピーナッツもフォーリーブスも、もう売るモンがなくなっちまったってわけなのさ。
 そして、この直後、アイドル歌謡シーンには、2つのモンスターアイドル、山口百恵、ピンク・レディーが登場することになるのだ。



 ご存知かとは思うけど、オリジナルはこれよ。
 念のため。
 


 キミも歌いたかったら訳詞はここよ。join me,now. 
[PR]
by misaochan3x6 | 2010-06-20 22:59 | ロック道(みち) | Comments(0)

Wish You Were Here.

 この間、仕事帰りにチャリで家に向かうある日の夜、信号待ちの横断歩道で、ふとこの曲を口ずさんでいたオレなのさ。
 無防備な自分に自分自身が着き付けた匕首(あいくち)のような感覚。
 まったくもって、生きているということは油断がならないし、また、一瞬先は闇でも光でもあるので面白いんだわさ。ほっ、ほっ、ほっ。

 それにしても、深く深く胸に突き刺さる曲であることよ。



 コードを調べたらで始まる曲で、オレには珍しく転調なしで歌える曲だったんだ。
a0141884_19254075.jpg

 キミも歌いたかったら訳詞はここさ。now,join me.
[PR]
by misaochan3x6 | 2010-06-20 19:19 | ロック道(みち) | Comments(0)

新宿2days.

【2010年6月19日(土)】

 梅雨にもW杯にも無反応なり。
 梅雨は、夏の前哨戦と思えば何ともないし、W杯など球蹴りのどこが面白いのかと思うのさ。
 かーっ、ペッ!!

 さて、この日は新宿に映画を観に行って来たんだよ。
 拳銃も、暴力も、レイプも、憎悪も、恐怖も、ドラッグも出て来ないない映画。
 つまり、<アメリカ映画>の必須タームから最も遠く離れたアメリカン・シネマなのだった。
 商業映画でこれは成り立つのか。



 そして、思ったのは、拳銃も、暴力も、レイプも、憎悪も、恐怖も、ドラッグもなくて成り立つ<アメリカン・ライフ>は本当に存在するのかってことなんだが。
 さて、この映画の中にあるのは、車で旅を続ける57歳のカントリー・シンガーの酒(ウィスキー)とタバコとギターと歌の日々、そして、このオヤジに訪れた真実の恋の物語だけなのだ。

 映画を観終ってから、紀伊国屋書店5Fの「チケットセンター」に寄って、チケット予約したイベントのチケットをもらおうと訪ねたら、6時半で終了してたのさ。FUCK!!
 あり得ねーだろ、そんなに早い時間に店を閉めるなんてのは。


【2010年6月20日(日】

a0141884_1854922.jpg というわけで、外出のついでに、再び紀伊国屋書店5Fの「チケットセンター」に寄る。

 求めたチケットというのは、7月20日(火)19:00から開催される、町田康×川上未映子のトークショーのチケットなのさ。

 幻戯書房刊の「野坂昭如単行本未収録小説集成」刊行記念トークショーなり。

 売切御礼=完売だ。

 いま、野坂昭如という作家のことをどれだけの日本人が覚えていて、かつ、意識の底深にくかくまっているのかという実態については、7月20日にある程度は把握できるというのかな。

 今回対談する二人の作家にとって、野坂昭如という存在がどのような位置づけであるのかというのも楽しみだ。
 そして、会場に来る客層も、一体どんな年代が多いのかも、大いに気にはなるんだわさ。
a0141884_2016476.jpg
a0141884_20163686.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2010-06-20 18:27 | しょのほか | Comments(0)

新ユニット<チーム善福寺川~ズ♪>結成さる。

【2010年6月12日(土)】

 いや、暑い日だったね。
 
a0141884_9515536.gif この日は、午後4時に、近所に住むデザイナーのミノティカさんと、善福寺川緑地で待ち合わせての初アコギ・セッションなり。

 呼び出しの電話がかかるやいなや(as soon as)、リュックの中に、ウィスキー、氷入りの水筒、マグカップ、クラッカー、プロセス・チーズをシュばやく放り込み、自アコギをソフトケースに押し込んで、チャリで速攻出撃だ。

 待ち合わせると、すぐ、に野球場のフェンスの外側にあるベンチに陣取りセッション開始。
 おっと、その前に、まずは缶ビールで乾杯だ。




 さて、初顔合わせにしては、結果は良好で、かつて地域の活動にいっしょに取り組んだこともあり、呼吸はピッタリだったと思うんだけど、ミノさんの方はどうだったんだろうな。

 この日、2時間あまりの初セッションでボクが歌ったのは以下の曲なり。いずれもボクにはお約束の歌ばかりなのさ。
  emoticon-0171-star.gifyou gotta move
  emoticon-0171-star.gifmoon river
  emoticon-0171-star.giftommorow never knows
  emoticon-0171-star.gifcountry honk
  emoticon-0171-star.gifknockin' on heaven's door
  emoticon-0171-star.gifさようなら世界婦人よ
  emoticon-0171-star.gifチェルシーの歌
  emoticon-0171-star.gifひみつのアッコちゃん「スキスキソング」 

 いや~、屋外での放歌・放吟は、やっぱりいいね~。
 酒と歌とギターがあれば、女はいらね~や。
 カラオケではこの開放感は決して味わえないんだわさ。
 それにしても、ボクは歌わずにはいられないタチなので、ミノさんを流しのギター代わりにしてしまい、ボクだけが気持ちよく歌いまくる結果になってしまったのかも知れないな~。
 ミノさん、あんまり楽しめなかったとしたらゴメンね。
 でも、ボクが弾くより、ミノさんのギターの方がうまいんだから、仕方ないよな。うへへ。

 さて、この日の2大収穫は、以下の2つなり。
 emoticon-0171-star.gifユニット名が決定した。その名も、<チーム善福寺川~ズ♪>
 emoticon-0171-star.gif早くも、当ユニットの〝キラー・コンテンツ〟が確立した。それは、この曲。



 イントロのつかみの音はB7
 あとは、ひたすら、で演奏可能なのだ。やっほー♪♪

 次回は、ミノさんの循環するブルース・コードの進行に乗せて、ポエトリー・リーディングを試行してみようと思うんさ。
 ボクのオリジナルなブルース表現としては、これが一番ピッタリ来る方法だと思えるんよ。
 そもそも、アコギを弾きたいと動機したきっかけは、宮沢賢治の詩〝春と修羅〟を、オリジナルのブルースで歌いたいっていう情動だったんだからね。2008年の冬のことだったのさ。
 でも、結局、ボクにはソング・ライティングの能力はないことがわかって、それは諦めたんだけれども。
 他にも読み上げたい文章はあるんだよ。たとえば、〝さらば愛しき女よ〟(レイモンド・チャンドラー)の中の一節とかね。
 やりたいことがカタチになるまでは時間がかかるよな。
 だからこそ、カタチが見えて来た時のヨロコビは大きいんだけれども。

 emoticon-0171-star.gifPS.セッションの最後は、ウィスキーの飲み過ぎでヘロヘロになっちまったのさ。ぎゃふん!!
[PR]
by misaochan3x6 | 2010-06-13 08:55 | 音楽とわたくし | Comments(2)

「朔」と東中野でカレーの晩ご飯を食べて。

【2010年6月9日(水)】

 emoticon-0171-star.gif石垣島のカレー屋さん=トラベラーズcafe「朔」。


a0141884_23535749.jpg その出自は、移動販売車でのスタートなのである。

 2000年8月28日~2004年9月1日までの4年間がその営業期間なんだわさ。

 その初日からラストの日の両方に立会い、かつ、店の創立に何がしかの関わりを持たせてもらったのはこのボクなのよん。
 キミは知ってたかな?


 
 そんでもって、その後、「朔」は、2005年の5月のGW後に石垣島に移動し、準備期間を経ること2年弱、満を持しての固定店オープン(2007年2月10日)となったのであ~る。

 その間の自ブログでの「朔」関連記事のアーカヴはこちらなのさ。ひん、ひん。

 emoticon-0171-star.gif「朔」と東京最後の頃。(2005年5月/GW)
 emoticon-0171-star.gif「朔」 石垣がオープンしたよ!!(2007年2月10日)
 emoticon-0171-star.gif職員旅行で石垣島に行って来ました。(2008年2月8日)

 ま、何がいいたいかっていうと、「朔」とは縁が深くて、ボクにはほとんど家族みたいなもので、石垣と東京に分かれてはいるものの、ボクらは<チーム朔>とでもいうべき間柄なんだってことなのさ。emoticon-0139-bow.gif

 で、その「朔」に新しい家族が増えたのが2008年10月のことなんだ。
 emoticon-0171-star.gifトラベラーズカフェ「朔」に行ってきました(1)(2008年10月5日)
 emoticon-0171-star.gifトラベラーズカフェ「朔」に行ってきました(2)(2008年10月5日) 

 それからまた1年とちょと。
 今度は、「朔」がそれぞれの実家に第1子(長男)のお披露目ツアーを敢行したこの6月、ツアー最期の地である東京で再会を果たすことができたのだった。
 そして、料理長のおなかの中には新しい家族(第2子)を宿しての再会なんであるよ。

 さて、この日の夜、JR中野駅で2008年10月以来の再会を果たした後、、タクシーで東中野のカレー屋さんに移動して4人で晩ご飯を食す。やっほー!!♪

 あのね、写真はないよ。
 家族の写真を露出させるのが気恥ずかしいのと同じ感覚で、写真はないよ。
 そうさ、ボクらが<チーム朔>。
 またどこかでいつかは必ず会えるものだと信じて疑わない関係であるがゆえに、写真はあえて撮らないのである。 
 なぜなら、家族の映像は、はいつでもどこでもまぶたの裏側で再現できるからなのさ。
[PR]
by misaochan3x6 | 2010-06-10 23:14 | 自分遺産 | Comments(0)