<   2010年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

伊豆大島キャムプ2010。

 072.gifGWは伊豆大島キャムプ(4/30(金)船中泊)~5/1(土)・5/2(日)・5/3(月)・5/4(火)帰京)。
 飲んで、焚き火して、下手なアコギを弾きながら好きな歌を放歌・放吟、温泉、ウマい男の料理。来る日も来る日も、ただひたすらこのこの繰り返し。
 レイドバックした日々。
 もう充電はいらない。ひたすら放電だ。
 この半年の間に、キャムプ地にはドラム缶風呂が導入されたとのことだ。

a0141884_046381.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2010-04-30 00:38 | 自分遺産 | Comments(0)

フォークグループ「あじさい」ライヴ@江古田マーキー。

【2010年4月29日(木)】

 強風の一日。
 その中をチャリで江古田に向かうその先は、〝江古田マーキー〟。ライヴハウスだよん。
 本日は、フォーク・グループ「あじさい」のライヴなり。

 072.gifクリックしたらでっかくなるよん♪▼
a0141884_2123486.jpg

 〝江古田マーキー〟の名前はずいぶん前から知っていたのだが、行くのはこの日がお初なんだわさ。
 自宅からチャリをふつーにこいで、やく40分で到着。

a0141884_1738837.jpga0141884_17382336.jpga0141884_17383329.jpg









a0141884_17395730.jpg いや、いいもんだね~、明るいうちのライヴって。

 それに、〝江古田マーキー〟なかなかいい箱だ。

 お客さんもいっぱいでよかったです。ほのぼの系のいいライヴでしたよん。♪




 072.gifそういえば「BECK」映画になるんだったよな。
[PR]
by misaochan3x6 | 2010-04-29 18:21 | 音楽とわたくし | Comments(0)

お初なり。「のし梅さん太郎」。

【2010年4月27日(火)】

a0141884_20463255.jpg 用ありて留守中に入った息子の部屋で、大量備蓄されていた「のし梅さん太郎」を発見。

 お初なり。



 盗み食いしたら、うま!!
 超のつくほどにぃ~。♪
 製造は、「株式会社 菓道(かどう)」 in 茨城プリーフェクチャー。
 今どきホームページのない一本気な会社なり。

 息子が購入したのは、60袋入り ではないのか。

 どこで知った。どこで買った。
 オレにも教えてくで~~~。 

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
[PR]
by misaochan3x6 | 2010-04-27 20:46 | お菓子とわたくし | Comments(0)

爆撃改装中?

 仕事帰りに降りた地元駅。(地下鉄だよ)

a0141884_20373892.jpga0141884_20374870.jpg 出口近くにあるコンビニに立ち寄ろうとしたところ、改装中。






a0141884_20391967.jpga0141884_20392850.jpg しかし、店内は爆撃にでもあったような荒れ具合なのさ。

 あんまり見事に面白いので写真撮っちゃった。

 :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
[PR]
by misaochan3x6 | 2010-04-27 20:36 | 地元アーカイヴ | Comments(0)

ポール・ウェラーとわたくし。

 <ポール>といえば、〝マッカートニー〟と反応する人もいれば、〝牧〟と反応する人もいると思うが、ボクの場合は、うむもいわさず〝ウェラー〟となるんよね~。
 何しろ、タメだからん。♪

 方やイングランド出身でワールド・ワイドに有名。方やジャパン・アイランズに生まれてまったくの無名のジャップ。しかし、そんなことはどうでもいいのであるよ、本質的に。
 この地上で、同じ年(born in 1958)に生を受けたことに深く感謝なのだ。勝手に同胞。やっほー!!
 

 ところで、けさ聞いたFM番組によれば、ポール師匠のガール・フレンドは23歳なのだそうだ。ワォ!!
 選らばれた人間には、いろんなことが許されるのであ~る。
 女は許さないかも知れないが、ボクは断じて許すんよ。
 新譜買おっかな!!
[PR]
by misaochan3x6 | 2010-04-25 17:41 | 音楽とわたくし | Comments(0)

アフター・ザ・チェリーブロッサム。

【2010年4月25日(日)】

a0141884_16532126.jpg 桜の季節も終わり、続けとばかりに様々な花がそこここに咲き始めている。

 気温だけはきのうよりは暖かいものの、吹く風の芯にはまだ冷たさが残っていて、何だか冬の<悪意>のようなものを感じる一日なのだった。

 さて、来るべきGWは、寒波襲来のため年末年始に断念せざるを得なか


った「伊豆大島キャムプ」のリベンジを果たすべく、はやる心を抑えているんであ~る。
 早速、近所の生協で、3泊4日分の酒とつまみの買出しにいそしむ。うひひ。
 
 ところで、この週末、奥さんは京都に旅に出て、家にはボクと愛猫みーちゃんの2人きり。
 お母さん子なので淋しいのか、みゃーみゃーとボクに何かを訴えかけるのだが、奥さんほどには猫語を解せないので、時々困っちゃうんだよな~。
 トイレ掃除とご飯の用意だけはボクにも出来るんだけどね~。

 072.gifPS.しっかし、ギターちっとも上手くなんねーよ。057.gif057.gif
a0141884_17121295.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2010-04-25 16:53 | 自分遺産 | Comments(0)

日本映画にとっての2008年。

【2010年4月24日(土)】

 「三寒四温」っていうのは、1週間(7日間)のうち、寒い日3日、暖かい日4日っていう意味の、今頃の季節の寒暖の様子のことをいうんんだろうが、今年は「六寒一温」ぢゃねーかよ。
 きょうも終日サブかったのさ。まったくど-なてんだよ、北半球、ベーロイ!!

 というわけで、サブいので家に引きこもり、コタツに体を埋め、亀のように首だけ出しながらTV三昧。 
 ケーブルTVの日本映画専用チャンネルでこの日観た邦画は、偶然にも2本とも2008年の公開の映画だったんさ。
 う~ん、2008年とね~。ゆうべの晩ご飯、何を食べたかも覚えていないのに、この映画が公開された一昨年(おととし)がどんな年だったかなんて思い出せないな~。Do you remember?

 072.gif人のセックスを笑うな ▼

 


 072.gifブラブラバンバン▼



 こっちの映画は、途中から観たんだけど、安良城 紅(=現BENI)が出てるやんけ。知らなかったな~。
 いや、それにしても、知らないことが多すぎるんよ、まだまだね。原作、マンガなんかい。
 それにしてもBENI、原画イメージに応えてるやん!!
 
a0141884_015454.jpg
a0141884_0151810.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2010-04-25 00:01 | キャラ立ち | Comments(0)

magazine on my mind.

 林真理子のヌード写真を載せた「写楽」(小学館)や、最晩年の梶原一騎のインタビューを載せた「STUDIO VOICE」(流行通信)のことを、時々思い出すのさ。

 両方とも持ってたんだけど、いつの間にか手元から消え失せてしまっていたのだった。
 今にして思えば、スカ(=ハズレの意)の時代の80年代の成果物としては、高い遺産価値だと思うんよ、この頃至極。
[PR]
by misaochan3x6 | 2010-04-24 23:37 | 自分遺産 | Comments(0)

<南部合唱団>の歌練習に初参加。

【2010年4月18 日(日)】

a0141884_1525456.jpg 縁あって<南部合唱団>の歌練習に初参加。

 <南部合唱団>は、大田、品川、目黒(東京南部地域)を中心に活動している混声四部合唱団。
 創立は1958年11月とのこと。
 あっ、ボクと同い年じゃん!!

 向かうは、旗の台@品川区。
 東京在住32年、この地を訪れるのはお初なり。

何の歌練なのかというと、5月20(木)の音楽会で歌う混声四部合唱曲(2曲)の練習なのだ。
 





    072.gif南部合唱団音楽会
     〝生きる〟
     2010年5月20日(木)/開場18:30 開演19:00
     きゅりあん・大ホール
     JR京浜東北線・東急大井町線
     東京臨海高速鉄道りんかい線大井町駅下車

     大人2,000円中学生/障害者1200円 小学生800円
     70歳以上ご招待 友の会会員200円引 当日200円増
     全席自由 保育室あり(要予約)

     指揮:安達陽一 ピアノ:中瀬千央 制作:南部合唱団 制作協力:原昭二


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 072.gif会場に着くと、いきなり2曲分の譜面を渡されたんだわさ。
 誰かと歌を歌うっていえば、いつもは、その場に居合わせた誰かのアコギに合わせて自分一人で歌うか、アコギのMくんとかKさんと一緒に歌うか、それともお酒を飲みながらみんなで歌集を見ながら歌うのがせいぜいなのに、楽譜を見ながら歌うなんて、ほとんど初めてなんぢゃないかちらね。(小・中学校の音楽の時間にあったのかも知れないけど、もう覚えてないや)
 それに、4声に譜面割りされた楽譜をちゃんと見るなんて、生まれてのことなんよ。
 で、隣のMくんの声に合わせて、口まねで歌い始めたってわけなのさ。
 ボクのパートは、男性のバス・パートなり。

 いや~、生きてみるもんである。
 そんでもって、何でもやってみるもんであるよ。
 譜面に合わせながら、男女混声四部合唱で歌うことの一種の不自由さと、それを超えて協調し合うことを体験出来たってことは、ボクにとっては大きな収穫だったのさ。
 誘ってくださったSさん、ありがとうございます。 

 072.gifところで、いままた、人々の中で、静かに、「うたごえ」が広がり始めていることを、この頃ボクは日々実感しているってわけなのさ。
 運動という大きなうねり、ムーブメントではないにしても、じわじわ広がっている感じはしてるんだ。
 カラオケ・ルームの閉じた世界の中では、それ以上何かは広がらないからね。
 みんな、だんだんそれに気づき始めたのかも知れないね。
 そういうボクも、去年の秋ごろから、直感的に「うたごえ」には関わり始めたというわけなんだ。
 所詮、人間はひとりなのだが、それでもひとりでは生きていけないのもまた人間なのだ。
 
 「音楽が必要とされなくなった」といって自死した加藤和彦のことは、前にも書いた。 人間の活動が労働に組み込まれた瞬間から、人間は近代性という桎梏(しっこく)から逃れることは出来なくなってしまったが、同時に、歌はその瞬間から生まれたのさ。
 過酷な労働から自らを解放できるのは、歌かSEXしかないからね。
 労働歌が人間の性とは不可分であるのは、おそらく世界共通のものだろうよ。
 ブルースの起源しかり、日本の古い作業唄=民謡(田植唄、木挽唄、子守唄、糸ひき唄、石切唄、地曳唄)が猥歌と切り離せないのもそのためだ。

 072.gifそして、最近のボクの実感は、歌謡曲でもロックでも、「労働者」自身が自ら好んで歌う歌ならば、広い意味ですべて労働歌=ワーク・ソングなんだっていう実感なのさ。
 さすがに<南部合唱団>では歌うことは出来ないが、それとは別の場所で、ボクはKさんのアコギで、この歌をボクの労働歌=ワーク・ソングとして歌うことを、密かに企んでるってわけなんだ。
 うひょひょ。


[PR]
by misaochan3x6 | 2010-04-19 01:49 | 音楽とわたくし | Comments(0)

ホーム・スイート・ホーム。

【2010年4月14日(水)】

a0141884_14101828.jpg 帰宅して何気に1階の居間を覗く。

 あっ!!

 オレの席にみーちゃんが、三毛の体の色によく似た敷物の上に鎮座。しか~も、新聞を道連れにぃ♪。

 あらら、今やそこはもう、あなたの席なのね~。何しろこの席は、TVがよく見えるからね~。

 う~ん、みーちゃんには勝てないな~って、2階の自部屋に上がって着替えを済ませた後、申し訳程度にギターをちょこっとかき鳴らしてから、メールチェック&ウィスキーの水割りガブ飲み。

a0141884_14112897.jpg 一区切りつけた後、晩ご飯を食べようと、1階の居間に下りる。すととんとん。

 ああっ!!

 っと、今度はわが席に息子とみーちゃんのツーショットだ。

 オレの席ないやん。(゜Д゜)ノ


 ま、本来、この席は、わたくしと息子の共用席なんやけどね。
 すべてを許して、息子とみーちゃんの対面に座って、こたつと兼用になった食卓で晩ご飯を食べたのさ。
[PR]
by misaochan3x6 | 2010-04-15 13:33 | みーちゃんとわたくし | Comments(0)