カテゴリ:購本記( 34 )

「超革命的中学生集団」とわたくし。

【2106年9月4日(日)】

 9月である。

 この日、疲れが取れず、埼玉県与野市で開催される知り合いの音楽仲間が出演する音楽イベントを観に行く元気が出ない。
 仕方なく時間潰しにチャリで荻窪に向かい、「ブックオフ」の店内を徘徊するが、希望の本には行き当たらない。
 帰りがけに「無印良品」に寄っておやつのお菓子を買い、店外の休憩エリアでおやつタイム。

 それでも元気が出ず、大した休日ではなかったな~と思いながら、でも、やっぱりこの日の一日に何かしら爪あとを残したいと思い、JR荻窪駅の南口にある古本屋を訪れる。
 店頭に詰まれた100円の文庫の中から、何気に見つけたのがこの文庫本だったのだ。

 emoticon-0171-star.gif超革命的中学生集団/早川書房刊/ハヤカワ文庫SF/1975年4月30日4刷

a0141884_21485691.jpg

 平井和正ははじめて読むが、無類の面白さなのだ。
 永井豪のイラストがところどころに差し込まれていて、これも楽しい。

 調べたら、初版は1971年刊行の朝日ソノラマ版で、「まんだらけ」では3万円の値が付いているのだった。

a0141884_21535438.jpg

 「ハチャメチャSF」とあるが、確かに看板に偽りはなかったのだ。
 それにしても、この本、もう再販は無理だろうな。何しろ、差別用語のオンパレードなのだ。
 まず多用されるのが、「キチイ」。そのほか、「バカでチョ」、「チビ」、「身体障害者」などなど。
 45年前、当時のジャパニーズの感性は、差別用語に対して極めて無自覚であり、かつ、無頓着であったがゆえに、とてもとても健全であったと、いまは思うのでる。
 オで、めらで、ビコで、メッチで、つぼで、かわ、などなど、言い得て妙なこれらの身体障害な特徴は、結局、この表現でしか的を射ないのである。
 身体障害者であるボクがいうから間違いありまっしぇん!!

 差別用語が屹立しない世界なんて、クソですぜ。批評精神のかけらもなし。

 ところで、「新刊は、買ったとたん古本になる」、がボクの持論である。
 そういう意味では、古本は最初っから古本なので安心だ。特に100円の文庫本はそうなのだ。

 ああ、それにしても、ボクの読書体験の原点は、やっぱりSFだったのである。
 しかも、イラスト入りのSF本なのだ。

 この項、つづく。
[PR]
by misaochan3x6 | 2016-09-07 22:04 | 購本記 | Comments(0)

やっぱり地元での古本買いは、心が落ち着きますの巻。

【2015年11月30日(日)】

 久し振りに遠出の用事がない日曜日なのだ。

 チャリで阿佐ヶ谷の郵便局に行って用事を済ませたあと、近くの書店「書原(しょげん)」に立ち寄る。
 いろいろ欲しい新刊があってk困るよな~。
 とはいえ、毎度いうけど、新刊は買ったとたんに古本になってしまうので、ならばいっそ100円で買ったお気に入りの古本の方がよっぽど価値あるってものなのさ。

 とはいえ、emoticon-0171-star.gifこの本は欲しいよな~。

a0141884_23515727.jpg

 などと思いつつ、他にも欲しい本を何冊かねめつけながら店を辞す。

 それから、ミスタードーナッツに寄ってオールドファッションとシナモン・オールドファッションを買って一旦帰宅。
 そのあと、ブックオフで本を売ったあと、手塚治虫を6冊買い、「アニマル洋子」に移動して、ここでも古本で赤塚不二夫を1冊を買う。
 そして、まちを流れる時間は、12月に向かって動いていたのだった。

a0141884_02254.jpg

 それにしても、2015年もあと1ヵ月。思い残しのないように意識しながら今年を終えたいものですな、ご同輩。
[PR]
by misaochan3x6 | 2015-11-30 00:04 | 購本記 | Comments(0)

月刊宝島1980年6月号・7月号を買いに、神保町「ブンケン・ロック・サイド」に。

【2015年5月30日(土)】

 神保町にあるemoticon-0148-yes.gif「ブンケン・ロック・サイド」((有)文献書院)に電車で向かう。
 ここは、emoticon-0155-flower.gif先日、三摩地氏とおっさんデートした時に彼に教えてももらった古書店。

a0141884_196280.jpg
a0141884_1962322.jpg
a0141884_1964686.jpg
a0141884_197352.jpg

 この時目星を付けていたこの2冊を購入するためにね。

 emoticon-0171-star.gif月刊宝島1980年6月号・7月号/㈱JICC出版局
a0141884_18273088.jpg

 なぜなら、この2冊には、先般、生原稿を見せてもらった著述家=石飛 仁氏の草稿=emoticon-0171-star.gif「あの日たち」の原型が掲載されているからなのであ~る。

 題して、「わが心騒ぐ回想の六年代/前編(6月号)・後編(7月号)」。

 6月号=1,200円+7月号=2,000円/合計3,200円 を投じて購入す。

 そんでもって、同店退店後、近くの漫画専門店に何気に赴くと、先般訪れた明治大学付属「米沢嘉博記念図書館」で2,000円を投じて読んだ「週刊少年マガジン1969年No.15」が400円で売られていたのと、同じく「週刊少年マガジン」で、ちばてつやの最高傑作短編「蛍三七子」掲載号(1973年/37・38合併号)が500円で売られていたのを、静かに見留めたのだった。

a0141884_1944920.jpg
a0141884_2331227.jpg
a0141884_225669.jpg
a0141884_2255337.jpg

 あまりに適価であることにちょっとビックリし、よっぽど買おうかとも思ったのだが、次の瞬間、買ったとたんにすぐに飽きてしまい、結局ゴミになることがすぐに想定出来、このまま思いとどまった方が得策だなと咄嗟に判断して、結局、購入は思いとどまったのであ~る。
 南~無~。

a0141884_1952304.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2015-05-31 18:58 | 購本記 | Comments(0)

迷宮の花街 渋谷円山町/本橋信宏/宝島社を読了。

 作家・本橋信宏氏の本は抜群に面白い。フィールドワークによる〝東京論〟として。
 キー・ワードは〝風俗〟だ。

 先日、氏の著作emoticon-0171-star.gif「迷宮の花街 渋谷円山町/本橋信宏/宝島社/¥1,450(税別)」を読了。

a0141884_15481235.jpg

 何よりもカバーの写真がいい。ほとんど、ジャケ買いなのだった。

 氏の〝あとがき〟から、引用する。

 「本書のカバー表紙の写真は、ビートルズ」の『アビーロード』アルバムジャケット裏面でブルーのミニスカートが横切る写真に匹敵するだろう。」

 ビートルズには何の興味もないボクは、ビートルズのレコードは1枚も買ったことがないので、「アビーロード」のアルバムジャケットの裏面のデザインがどうだったかなんて、この記述に出会うまでは全然知らなかったのさ。
 表ジャケットだけが有名なアルバムなのだが、ネットで調べたら、確かにそのとおりだったんだ。

a0141884_15215425.jpg

 その昔、本橋少年は、この裏ジャケの写真に何らかの劣情をもよおしたのだろうか。
 そして、その劣情は、その後、彼自身が大人になって渋谷円山町をフールドワークして書き上げた自著のカバー写真に反応する情動と一直線につながっているのだろうか。

 ボクにはその原体験がなかっただけに、今回初見の「アビーロード」の裏ジャケには何の反応もしなかったのだがね。

a0141884_15353321.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2015-05-10 15:05 | 購本記 | Comments(0)

晶文社創業55年記念企画=〝片岡義男復刻版フェア〟。

【2015年2月18日(水)】

 雨交じりの中、お昼ご飯を食べに外出したついでに、職場近くの大型書店に立ち寄ったところ、emoticon-0155-flower.gif晶文社創業55年記念企画として、〝片岡義男復刻版フェア〟コーナーを発見してしまったんすよ。

 かなわんな~、こういうマネされちゃうと~。

 1970年代を中学生から大学生で過ごしたボクらの世代にとって、片岡義男はツボ中のツボなんすよ。当時、亜米利加西海岸からの熱い風は、この人の文章から吹いてきた感がありますよってにね~。

 というわけで、真ん中の「ロンサム・カウボーイ」は古本で買い直してあるので(高校の頃、新刊で買って読んだのだが、その後売却)、残りの2冊を平台から引っこ抜いて、速攻購入す。

a0141884_20152468.jpg

 それにしても、本文の印刷方式は活版じゃないの?これ。前の版が残ってたのかな。それとも、新しく組み直したのかな。そうだとしたら、すげーことだわ、このネット社会のご時世に。

 ところで、ボクの中では、片岡義男=雑誌「月刊宝島」=ロバート・クラムはセットになっているんですよ。それに、植草甚一(JJ氏)が加わりますが。
 この本の帯にあるキャッチなんかは、モロ植草甚一だしね。(笑)

a0141884_2019618.jpg
a0141884_20191288.jpg
a0141884_2211970.jpg
a0141884_2213045.jpg
a0141884_2214666.jpg
a0141884_22219.jpg
a0141884_2221661.gif
a0141884_2234887.jpg
a0141884_224150.jpg
a0141884_2242414.jpg
a0141884_2243925.jpg
a0141884_226224.jpg
a0141884_2263360.jpg
a0141884_2264654.jpg
a0141884_22718.jpg
a0141884_2274347.jpg
a0141884_227555.jpg
a0141884_228883.jpg
a0141884_2282093.jpg
a0141884_2283194.jpg
a0141884_23194025.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2015-02-19 20:12 | 購本記 | Comments(3)

沢木耕太郎「246」(新潮文庫)を読む。

【2015年2月4日(水)】

 いま、昨年12月に職場近くの大型書店で購入したemoticon-0171-star.gif沢木耕太郎(1947年11月29日~/67歳)の「246」(新潮文庫)を読んでいるとこなんすよ。
 解説も入れれば、総ページが560ページにもなるかなり分厚い本(2cm以上の厚さがあるよ!!)なのだ。
 タイトルの「246」(ニーヨンロク)は、筆者の住まいである世田谷区弦巻(つるまき・当時)と仕事場のある三軒茶屋(当時)をつなぐ国道246号線の意。


a0141884_2184235.jpga0141884_818192.jpg































a0141884_825512.jpg もともとは、隔月刊だった頃の雑誌「SWITCH」(SWITCH PUBLISHING/スイッチ・パブリッシング発行)の1986年4月号から1987年4月号にかけて、沢木耕太郎の日記という体裁で、1986年1月から9月までの記録が7回にわたって連載され、その後、本誌での連載終了から20年を経た2007年にemoticon-0171-star.gif大判装丁で単行本化されたらしいんすわ。その時は、1986年の12月までのメモ的な記録も載せてね。



 で、それが今回、新潮文庫入りした(2014年11月発行)っていう経緯らしいのである。

a0141884_8195547.jpg
a0141884_820912.jpg
a0141884_8202333.jpg

 ところで、この1986年という年は、沢木耕太郎のベストセラー「深夜特急」の刊行年であり、ボクら夫婦もこの本の読者だったので、感慨もひとしおというわけなんですが、それにも増してこの年がボクらにとって意義深いのは、1986年はボクの息子が生まれた年だからなんでありますよ。

 彼は、この年の1月25日の土曜日、その頃ボクが勤めていた会社の社休日で、しかも給料日に、江戸川橋の産院で生まれたのであります。あの日は寒くて乾燥してはいたものの、晴れの日で実に実にいい天気だったよな~。
 で、この時は、〝地上の煉獄〟であるこの世に生まれて来るからには、せめて親であるボクたちだけでも生まれて来る彼のことを歓迎してやろうと、ラマーズ法で分娩室に入れる産院を探し、事前に市ヶ谷にある「家の光会館」で講習を受けて出産に望んだのであります。

 その時、ボクは28歳。いまにして思えば、気絶するほど若かったよな~。

 あいにく、1月から書かれたこの日記には、ボクの息子が生まれた1月25日のことは記述がなかったので、そのことについては残念至極ではあったものの、この年、東京には3月の中旬まで雪が降り、実に雪の多い冬だったということも記述されていて、「ああ、そうだったっけな~」って、記録として残されたことのありがたさに、新たな感慨をもよおしたのでした。 
 タイムマシンってのは、きっと、本にパッケージされたこういった記述のことなんじゃないすかね~。じわわ~~ん。

 それにしても、この本の中に書かれた、当時2歳半だった娘さん(りーちゃん)に関するエピソードは面白いな~。
 もういまのボクには、息子の小さい頃の記憶なんてとっくにないので、小さい子の生態は、お孫ちゃんのさくらさん(1歳11ヶ月)を見ながら追想するしか手がない昨今、いまのさくらさんよりちょっと先の年頃のりーちゃんに関する記述は、これからのさくらさんの生態がどうなるかの参考にもなり、大いに楽しいのです。

 ところで、ありがたいことに、沢木氏のこの日記の初出誌である1986年の「SWITCH」のバックナンバーに関するデータがネットにアップされていたのでここにアーカイヴしておきますわ。

emoticon-0171-star.gifSWITCH/バックナンバー(1986年4月 Vol.4 No.4)
   ・沢木耕太郎「246」/[第1回]雪の手ざわり、死者の声
emoticon-0171-star.gifSWITCH/バックナンバー(1986年6月 vol.4 No.5 )
   ・沢木耕太郎「246」/[第2回]月の光、虚構の枷
emoticon-0171-star.gifSWITCH/バックナンバー(1986年8月 Vol.4 No.6 )
   ・沢木耕太郎「246」/[第3回]花のざわめき、銀の幕
emoticon-0171-star.gifSWITCH/バックナンバー(1986年10月 Vol.4 No.7)
   ・沢木耕太郎「246」/[第4回]雨のしずく、蜜の味
emoticon-0171-star.gifSWITCH/バックナンバー(1986年12月 Vol.4 No.8)
   ・沢木耕太郎「246」/[第5回]夢の子犬、日々の泡
emoticon-0171-star.gifSWITCH/バックナンバー(1987年2月 Vol.5 No.1)
   ・沢木耕太郎「246」[第6回]蛇の輝き、旅の果て
emoticon-0171-star.gifSWITCH/バックナンバー(1987年4月 Vol.5 No.2)
   ・沢木耕太郎「246」[最終回]鼠の眠り、不意の時
[PR]
by misaochan3x6 | 2015-02-04 21:10 | 購本記 | Comments(0)

早くも曜日の感覚がなくなって来ましたよ、ご同輩。

【2014年12月28日(日)】

 連休2日目。早くも曜日の感覚がなくなって来ましたよ、ご同輩。そういえば日曜日なんだよな。実感、全然ねー。
 午後、チャリで外出。「アニマル洋子」に寄って、店頭100円本棚でこれらの本を見つけて速攻購入。
a0141884_1248131.jpg

 「劇画王 梶原一騎評伝」(蕪木 和夫/風塵社1995年第2刷 )は拾い物でしたわ。うひひのひ。
                        

a0141884_12514795.jpg

 それから阿佐ヶ谷に移動して、スーパーの衣料品フロアでネクタイを新調したあと、パール商店街の中にあるラーメン屋でチャーハンと餃子を食べて帰宅。

 取るに足りない日ではあったが、ボクはそれなりに楽しみましたよ。
[PR]
by misaochan3x6 | 2014-12-30 12:37 | 購本記 | Comments(0)

吉祥寺行(3)。

【2014年11月9日(日)】

 さて、「手塚治虫美人画展」を見終わり帰宅することに。

 途中、井の頭通りにある古本屋に差しかかり、店の外に置かれた<オール100円の古本棚目>が入ってしばし在庫を物色。

a0141884_2034201.jpg
a0141884_2034425.jpg

 ほほう、橋本治の著書が並ぶ。しかし、これは労作だわ~。これを買って読む根性はボクはないけど、作家の労力を考えると卒倒しそうになりますね。

a0141884_204106.jpg

 そもそも、これを現代文に翻訳しようと思う執念というか気力がなければ、とてもじゃないけどこんな作業はできませんわな。
 お金ではなく、文学者としての〝業〟としかいいようがありません。
 脱帽です。

a0141884_20413179.jpg この著者のemoticon-0171-star.gif「これで古典がよくわかる」(ちくま文庫)は、ものすご~く勉強になっていい本ですよ。
 古典の知識が無理なく頭に入って来ます。ボクは断然この本をリコメンドします。

 というわけで、この本棚の中から吉本隆明と村上龍を1冊ずつ購入して店内レジに持っていくと、何と20%オフで、欲しい本が160円で買えてしまったのでした。

 入口は自動ドアで、店員は2人くらいいたみたいだけど、大丈夫なのか、こんなんで商売成り立つのか。
 ひとごとながら心配せずにはいられないボクなのでした。

a0141884_20432943.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2014-11-11 20:35 | 購本記 | Comments(0)

「憲法フォークジャンボリー in 彩の国2014」に参加して来ましたよ。

【2014年5月4日(日)】

 この日、新宿駅で朝8:08の湘南新宿ライン宇都宮行きに乗る。

 向かうは、埼玉県久喜駅なり。<チーム金子>として、「憲法フォークジャンボリー in 彩の国2014」に参加するためにね。

 あれっ、そういえばこの路線って、シタール奏者ミナクマリさんのレコ発ライヴに栃木まで同行した時に載ったことがあるな。
 2008年7月4日(金)のことですね。君知るや。


a0141884_0311135.jpga0141884_9461970.jpg

















 
 そんでもって、9時過ぎに久喜駅に到着。久喜初上陸なり。

a0141884_9544156.jpg
a0141884_9573034.jpg

 目の前の広い直線道路をまっすぐ10数分歩くと、そこが今回のイベントの会場である久喜市中央公民館。なかなか立派な建物なり。

a0141884_10353720.jpg
a0141884_1011595.jpg

 このイベントは昨年12月から始まり、今回で2回目の開催だとか。
 それでですね、この日のプログラムは、emoticon-0171-star.gif「憲法フォークジャンボリー in 東京」公式HPの左側にあるこのバナーをクリックしてちゃぶだいね。そうするとPDFが開くから。

a0141884_10252117.gif

 さて、11:00から始まったイベントは、20組の表現者たち(1組は急遽欠場)が出場し、3部構成で進行。

a0141884_1093425.jpg

 わが<チーム金子>は、第2部に出場。オリジナル1曲とカバー2曲を歌う。

a0141884_1157301.jpg

 ところで、今回、特筆すべきは、「POCOPAN」という名前の女子高生4人組のロック・バンドの参加でしょうな。ベースの子が急遽欠場で、代わりにリードギターの子のお父さんが代打で登場というのも素晴らしい!!
 間違いなく中高年だらけのこのイベントに、10代の女子がよくも嫌がらずに参加する気になってくれたものである。しかも、今回が初ステージとのこと。
 この〝萌え効果〟は大きいと思いますよ。つくづくありがたいことですわ。3曲やってくれました。

 次回は、ぜひこの曲にチャレンジしてほしいと思います。





 ま、そんなこんなで、ステージは進み、最後は表現者全員によるフィナーレのシングアウトで午後5時半に無事終了。
a0141884_10155727.jpg

 この日は140名くらいの来場数があったとか。いや、大成功だと思います。

 そして、終了後、会場の片づけをして交流会にも参加。
 会場は、この公民館からさらに10数分歩いたところにある千勝神社という神社の社務所なり。
 なかなかオツな会場選択だな~。

a0141884_10404244.jpga0141884_1041985.jpga0141884_10413178.jpg








a0141884_10435390.jpg

 隣り合わせた出場者の方と語らいながら日本酒を飲み、すしや揚げ物などをパクつき2時間を過ごす。
 何しろ久喜、わたくしの住むまちからは、too far。帰りの電車の時間を調べながら会場を辞す。帰宅すると、夜10時半過ぎになっていたのだった。

a0141884_10562240.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2014-05-06 09:42 | 購本記 | Comments(0)

何よりわいせつな昭和歌謡。

【2013年11月13日(水)】 

 きのうに続いて、仕事帰りに地元の書店に立ち寄ってこの雑誌を買う。
 「BRUTUS」の=特集・ラブソング=だ。
a0141884_10244009.jpg
 ただただ、このページに惹かれての購入なのさ。
a0141884_10271646.jpg
 あらためてプロフィールを見て、西川峰子とは同い年であることを認識したのだった。
 デビュー16歳の時、ボクは高2だったよね。この人がこんなに華奢な体つきだったことにちょっとビックリしたのさ。

 作詞は、千家和也。少し前に、なかにし礼の自伝を読んでいたら、この人、なかにし礼の弟子だって書いてあったよ。
 作詞家にも弟子がいるんだなって、ちょっと意外な気がしたしたものさ。

 いや、それにしても、歌詞だけをこんな形で見せられると、何てわいせつな歌なんだって思うよな。
 こんな歌詞をひり出すほどに昭和という時代は、猥雑な時代だったんだなって、あらためていま思うのさ。



[PR]
by misaochan3x6 | 2013-11-16 10:40 | 購本記 | Comments(0)