カテゴリ:しょのほか( 83 )

さくらとこもものおわかれの会。

【2016年10月2日(日)】

 親しくさせていただいているなかを社長と、そのご友人の岩田さん。
 そして、なかを社長の愛犬の柴犬のさくら(母)と彼女の娘=こももにボクを加えたこの5人は、なかを社長の車に同乗して、旅する仲間であったのだ。

 わんこを数えるのに、人間を数えるのと同じ数え方=「人(にん)」とは何事ぞ、という方もおられるに違いないのだが、一度(ひとたび)、動物と同じ屋根の下で暮らし、ましてや、ともに旅するまでになった仲のわんこを数えるのに、ボクは「匹」とは絶対いえないし、「頭」とも数えられないのだ。
 非常識と指さされようとも、さくらとこももとボクらは、誰が何といおうとも、5人の仲間だったのである。

a0141884_16201231.jpg

 072.gif奥の毛並みのよいのが母のさくら、そして、手前が娘のこもも。こももは、母よりも体が大きいのだ。
a0141884_16204129.jpg

 2007年3月の伊豆への旅を皮切りに、2015年6月のつくばへの旅が最後となったその軌跡はここに。

【2007年】
 072.gif2007年3月3日(土)/伊豆高原で1泊して来ました。(1)
 072.gif2007年3月4日(日)/伊豆高原で1泊して来ました。(2)
 072.gif2007年3月4日(日)/伊豆高原で1泊して来ました。(3)
 072.gif2007年3月4日(日)/伊豆高原で1泊して来ました。(4)
 072.gif2007年3月4日(日)/伊豆高原で1泊して来ました。(5)
 072.gif2007年3月4日(日)/伊豆高原で1泊して来ました。(6)
 072.gif2007年3月4日(日)/伊豆高原で1泊して来ました。(7)

【2012年】
 072.gif2012年9月29日(土)/箱根2DAYSア・ゴーゴー!!(1)仙石高原編
 072.gif2012年9月30日(日)/箱根2DAYSア・ゴーゴー!!(2)大涌谷編。

 072.gif2012年10月27日(土)/南房総2DAYSア・ゴーゴー!!(1)
 072.gif2012年10月28日(日)/南房総2DAYSア・ゴーゴー!!(2)

 072.gif2012年12月15日(土)(1)/草津ロックン・ロール・サーカス2012(1)
 072.gif2012年12月15日(土)(2)/草津ロックン・ロール・サーカス2012(2)

【2013年】
 072.gif2013年10月12日(土)/伊豆高原ア・ゴー・ゴー2013<秋編>(1)
 072.gif2013年10月13日(日)/伊豆高原ア・ゴー・ゴー2013<秋編>(2)

 072.gif2013年11月23日(土)/草津ア・ゴー・ゴー2013<ウィンター編>(1)
 072.gif2013年11月24日(日)/草津ア・ゴー・ゴー2013<ウィンター編>(2)

【2014年】
 072.gif2014年1月18日(土)/マウント富士周辺ドライブ・ア・ゴー・ゴー!!(1)
 072.gif2014年1月19日(日)/マウント富士周辺ドライブ・ア・ゴー・ゴー!!(2)

 072.gif2014年12月13日(土)/草津ア・ゴー・ゴー2014<師走編>(1)
 072.gif2014年12月14日(日)/草津ア・ゴー・ゴー2014<師走編>(2)

【2015年】
 072.gif2015年2月28日(土)~2015年3月1日(日)/那須に行って来ましたの巻。
    ※諸般の事情により記録なし。

 072.gif2015年3月14日(土)伊香保行(1)
 072.gif2015年3月15日(日)伊香保行(2)

 072.gif2015年6月20日(土)~21日(日)つくば 2015.6.20(sat)~2015.6.21(sun)

【番外編/2005年】
 2005年11月、ボクは、056.gif「石飛仁と行く古代出雲ツアー」に参加し、20日(日)に島根県雲南市三刀屋という土地でで行われた『御門(みかど)火まつり』に臨んだあと、現地に1泊したことがある。
 この時、縁あって、東京から車でさくらと一緒に山口県に墓参りに行かれる途中だったなかを社長とここで合流し、宿泊施設でさくらと同じふとんで寝たのだった。
 さくらはその時、まだ処女である。わんことはいえ、生娘と同衾(どうきん)出来たことは、ボクにはとても思い出深い体験になったのだった。

 そんな風にして、ボクら5人は旅を続けて来たのである。

 しかし、今年、5月、その一角が崩れる。

 母のさくら(2003年11月4日生まれ)が、5月22日(日)に亡くなってしまったのである。
 享年12歳6ヶ月18日。

 残された娘のこもも(2006年9月10日生まれ)は、母亡きあと、落ち込むこともなく無邪気に暮らしていたとのことだが、やがて彼女も病を発症し、9月28日(水)の夕方、母を追うように旅立ったのだった。
 享年10歳18日。

 そして、この日、ボクは、なかを社長宅で催された「さくらとこもものおわかれの会」に、アコギをかついで出席して、彼女らの霊前に数曲を捧ぐ。
 その中には、2014年8月13日(水)、やはりアコギをかついで郷里に帰り、高校時代の同級生で、舌癌で逝ってしまった友人を弔うために、彼の霊前で歌ったこの歌も含まれていたのである。




a0141884_15562964.jpg
a0141884_15564699.jpg
a0141884_1557236.jpg
a0141884_1558453.jpg

 母であるさくら(写真下/右)は、道を歩くと誰でもが振り返る美人だった。そして、娘のこもも(写真下/左)は、上戸彩に似た二重で、とてもかわい子だったのだ。

a0141884_1695321.jpg

 同じく、母のさくら(写真下/右)と娘のこもも(写真下/左)。 

a0141884_404370.jpg

072.gif美人のさくら▼。

a0141884_444134.jpg

072.gif上戸彩に似たこもも▼

a0141884_1614459.jpg
a0141884_451081.jpg

 歌のあと、彼女らを偲んでの酒席は、なかを社長、岩田さん、ボクの3人で午後5時前から始まり、途中、岩田さんが午後9時半に席を辞されたあとも23時頃まで続き、ボクが彼女たちからもらったたくさんの思い出や、彼女たちへの思いを語るうちに、ボクはついに感極まって、恥も外聞もなく、声を上げて男泣きに泣いたのであった。
 これは、わが愛猫の「駒ちゃん=駒吉」が亡くなったあの日と同じ光景である。

 この日、ほとんど半世紀ぶりくらいににギターを弾いたという岩田さんは、ポロンポロンと弦を爪弾く内に見事に「赤色エレジー」のコード進行を思い出し、ここに、新しい表現者=「エレジー岩田」が誕生した瞬間であったのだ。
 その導きを、さくらとこももがしてくれた夜なのであった。
 合掌。

a0141884_15585515.jpg
a0141884_15595573.jpg



[PR]
by misaochan3x6 | 2016-10-08 15:52 | しょのほか | Comments(0)

プロレス考2016。

 わが国ジャポンの伝統的な芸能の形態に、プロ=レスリングとは別のジャンルである「プロレス」というサブカルなジャンルがあることに、まずは感謝したい。

a0141884_20435156.jpg

 この「プロレス」という定義は、現時点でまだ現役のプロ=レスラーである武藤敬司の傑出したこの言説で、ひとまず一義的に集約されるのである。

 「プロレス」はファンタジーである。

 しかし、この「プロレス」のファンタジー性は、絶えずある反措定との闘いにさらされているのだ。
 その脈絡の中で、インディーズプロレス団体=DDTの高木社長のこのコメントは、至言である。

 「プロレス」はマンネリとの闘いである。

a0141884_20421121.jpg

 そうなのだ、演劇や映画とは決定的に違い、 「プロレス」はマンネリを大敵としているのである。 

 観客は、絶えず新しいゲーム(=試合)としての「プロレス」を希求するのだが、レスラーも人の子、生身の人間であるが故に、なかなかそれに応えるのは至難の技なのだ。

 ボクとしては、このゲームがどこまでエスカレートするのかは知らないが、「プロレス」というジャンルには、何がどうあっても延命して欲しいと痛切に思うのである。

 頼むよ、ボクの大好きな「プロレス」。

a0141884_2114434.jpg
a0141884_21145184.jpg

 072.gifケンカの聖書(バイブル)

a0141884_21191372.jpg
a0141884_21192827.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2016-09-02 20:51 | しょのほか | Comments(0)

暑中お見舞い申し上げます。2016年盛夏

 暑中お見舞い申し上げます。

 TOKIOは雨季が明けました。
 ポケモンGO、どこがおもろいんすか。

a0141884_0124327.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2016-07-29 00:14 | しょのほか | Comments(0)

ありがたい(有難い)の反対語は?

 少し前に、ある文章を読んでいたら、ありがたい(有難い)の反対語は何かと書かれていたのだが、その時、ボクはそれに対する回答を即座に思いつくことが出来なかったのである。

 正解は、●●●●であると、その文章の最後に書かれていて、いわれてみれば、なるほどそうだよなっていう答えだったのだが。(皆さんも考えてみてください)

a0141884_22253450.jpg

 このジャポンに生まれて58年3ヶ月経ったある日のことである。
 何というか、オレもまだまだだなって思うのさ。
[PR]
by misaochan3x6 | 2016-06-30 22:06 | しょのほか | Comments(0)

日付が記してあるメールや文書に曜日を入れない人のことなど。

 あのですね、日付が記してある内容のメールや文書に、曜日を入れないで送って来るジャップがあまりにも多いので、ほんとに困るのことよ。

a0141884_20231059.jpg

 ボクにとっては、日付よりも曜日の方がはるかに大事で、そもそも何かのお誘いがある場合などは、土日でしかお応え出来ひんのですわ、基本的に。

 よっぽどのことがない限りは、平日、仕事が終わったら、まっすぐ家に帰って体を休めたいお年頃。平日の仕事終わりでのお誘いは、ちと疲れるのです。
 何しろ、もう、おじいちゃんですから。

 なので、曜日が記されていない日付だけのメールや文書が来ると、手帳を取り出して曜日を確認する手間ひまをかけて、これに対応す。

 たのむでしかし。
[PR]
by misaochan3x6 | 2016-06-08 09:20 | しょのほか | Comments(0)

東京オリムピック2020、それがどうした。

 東京オリムピック2020まであと5年。

 エムブレムと新国立競技場でケチがついてのスタートだから、本番は押して知るべしなのだ。
 むしろ謙虚に、この程度の催しと心得て迎えるのが、武士(もののふ)の国としての気概ではないのか。

a0141884_1955134.jpg
a0141884_1929081.png
a0141884_19311666.jpg

 そして、前回開催の1964年のトゥルースがここにある。

a0141884_19323577.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2015-10-31 19:31 | しょのほか | Comments(0)

六本木の泥の川。

【2015‎年‎9‎月‎9日(水)】

 9月にポツンと1日だけ取った夏季休暇。

 とはいえ、例年は残暑でまだまだ暑い日が続いているのだが、今年の夏の終わりが早くて、このところTOKIOは雨がちな日が続いているのさ。
 で、いまは、台風18号で大雨。

a0141884_16421486.gif

 わけあって昼間、六本木に出かけていたのだが、六本木通りの坂道を赤坂方面に下って目的地に行く途中、俳優座のちょっと先の三河台公園(写真下)前の交差点に出来た泥の川に遭遇す。

a0141884_16505212.jpg
a0141884_16511786.jpg

 泥の出所を探ってみると、交差点近くの工事現場からなのだった。

a0141884_1653543.jpg
a0141884_16543362.jpg

 偶然にも、その工事現場を隣のビルの上階から撮影することに成功。

a0141884_1705279.jpg

 そうこうするうちに、携帯に港区からの<エリアメール>が届いたのだった。

 【港区】避難準備情報発令 
 午後1時42分、気象庁から大雨警報(土砂災害)が発表されました。土砂災害の危険性が高くなることが予想されるため、港区は、午後2時40分に土砂災害に関する避難準備情報を発令しました。詳しくは、港区公式ホームページをご参照ください。
 (東京都港区)

[PR]
by misaochan3x6 | 2015-09-09 16:51 | しょのほか | Comments(0)

限りなく透明に近いブルー

a0141884_13354160.jpg
a0141884_1336241.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2015-05-16 13:36 | しょのほか | Comments(0)

台風6号発生、その時ボクは。そしてあなたは。

【2015年5月12日(火)】

 早くも5月に台風6号ジャポン襲来なんて、一体北半球はどうなっておるのか。
 片手に傘を差しながらチャリをこいで家に帰る途中、雨でずぶ濡れになってしまったわ。
 たのむでしかし。

a0141884_2501710.jpg


 
[PR]
by misaochan3x6 | 2015-05-13 02:53 | しょのほか | Comments(0)

花に惹かれるわたくしの感性と手塚治虫の作品モチーフについて。

【2015年5月2日(土)】

 つつじの季節であります。

a0141884_1142532.jpg
a0141884_11431891.jpg

 季節のところどころで、ボクが花の美しさに惹かれるのは、花が性器に他ならないからかも知れません。
 あん~~!?てことは、、動物であるボクと植物は、ボクの性的衝動っていうか、性的な情動によって交感(コレスポンダンス)したってことではななかろうか。

 あっ!!これって、手塚治虫の「前世紀/ロスト・ワールド」の中にあるモチーフのひとつに通底しとらんですか!?

 いや~、このログを書きながら、思わぬ気づきを得られましたわー。
 
a0141884_1253439.jpg
a0141884_1254841.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2015-05-03 11:49 | しょのほか | Comments(0)