カテゴリ:キャラ立ち( 177 )

Do you believe in Jeff Bridges?

【2010年6月26日(土)】

 この日は、久しぶりの「東京みかん」。
 集合時間に間に合うまでのスタート時間が来るまで、居間のTVで映画を観る。行き当たりばったりにブチ当たったのがこの映画なのさ。
 072.gif〝THUNDERBOLT AND LIGHTFOOT - ( 1974 ) 〟

 

 邦題は、〝サンダーボルト〟。何だか威勢のいいタイトルだが、雰囲気はあるものの、どんなテーマの映画だかわかりにくいよな。
 原タイトルは、〝THUNDERBOLT AND LIGHTFOOT〟。映画を観ているとわかるんけど、結局、主人公2人の名前なのだ。ブッチ・キャシディー&サンダンス・キッドみたいなもんだな。
 頼むぜ、配給会社の宣伝部さんよ。かーっ、ペッ!!

 映画のおいしいところで出発時間が来たので、TVのスイッチを切って外出。
 みかん無事終了後、帰宅して何気にTVのスイッチを入れると、ありがたいことに、同じ番組の再放映をやっていたんだわさ。うひひ。072.gif(今回は、三宿を歩いた「三宿みかん」の模様は、別スレで後報。)こちらよん♪
 今度は最後まで観終わることが出来て、エンドロールを観ていたら、主人公のひとりで、THUNDERBOLT役のClinton Eastwoodの相棒で、LIGHTFOOT役を演じていたのが、Jeff Bridges(1949~)であることに気づく。
 あ、そうなの!!
 実は、この人のことを知ったのはついついこの間のことなんよ。
 好きくない新宿のロードショー館で、彼主演の〝CRAZY HEART〟を観たばかりだからね。ごめんね、何にも知らなくて。
 1974年時点で25歳の Jeff Bridges。この映画の中では、トッポいヤング・アメリカンを演じていたのさ。
 あれから36年。いまや、還暦を迎えたこの男は、こうもシブいオヤジにない変わっておったんよ。やるな~、Jeff。人間から、いまや猿に変わってしまったKeith Richardsとは、えらい違いやな。 
 いやいや、あやかりたい蚊帳釣りたい。


[PR]
by misaochan3x6 | 2010-06-27 14:09 | キャラ立ち | Comments(0)

デニス・ホッパー死去。

【2010年5月30日(日)】

 デニス・ホッパー死去。享年74歳とな。
 その魂、安らかであれかし。
 合掌。
a0141884_21534545.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2010-05-30 21:48 | キャラ立ち | Comments(0)

ハゲてもかっこいいバロウズ。

 かっこいいハゲ方というものがあるなら、それはバロウズ。
 シャツとジーンズがこれほど似合うじじいというのもニクいぜ。
 タマらん!!
a0141884_5572072.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2010-05-28 05:57 | キャラ立ち | Comments(0)

日本映画にとっての2008年。

【2010年4月24日(土)】

 「三寒四温」っていうのは、1週間(7日間)のうち、寒い日3日、暖かい日4日っていう意味の、今頃の季節の寒暖の様子のことをいうんんだろうが、今年は「六寒一温」ぢゃねーかよ。
 きょうも終日サブかったのさ。まったくど-なてんだよ、北半球、ベーロイ!!

 というわけで、サブいので家に引きこもり、コタツに体を埋め、亀のように首だけ出しながらTV三昧。 
 ケーブルTVの日本映画専用チャンネルでこの日観た邦画は、偶然にも2本とも2008年の公開の映画だったんさ。
 う~ん、2008年とね~。ゆうべの晩ご飯、何を食べたかも覚えていないのに、この映画が公開された一昨年(おととし)がどんな年だったかなんて思い出せないな~。Do you remember?

 072.gif人のセックスを笑うな ▼

 


 072.gifブラブラバンバン▼



 こっちの映画は、途中から観たんだけど、安良城 紅(=現BENI)が出てるやんけ。知らなかったな~。
 いや、それにしても、知らないことが多すぎるんよ、まだまだね。原作、マンガなんかい。
 それにしてもBENI、原画イメージに応えてるやん!!
 
a0141884_015454.jpg
a0141884_0151810.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2010-04-25 00:01 | キャラ立ち | Comments(0)

やっぱりツッコんでまうわぁ~「美STORY」。

a0141884_15285642.jpg2010年 4月号

 4月号で、リヴ・タイラーを持って来たので、ああこの手(外人起用)もあったのかと思い、この雑誌もようやくノーマルな美軌道に乗ったのかと、少々さびしい思いをしていたところに、5月号リリースだ。





a0141884_15334367.jpg あっか~ん!!
 あかんがな~、真矢みきを、こんな風にドサ廻りの歌舞伎役者みたいに撮ってもたら~。
 エグい味付けやわぁ~。
 もっと清楚な感じ欲しいねんけどな~。
 (新聞のモノクロ広告の方が、もっとエグい味わいになっちょります)

 しかし、ゲテと美の間を振幅するこの雑誌の真骨頂を心の底から愛して止まないファン心理からすると、待ってましたのピクチャーなのであ~る。

 いや、おいしいわ。
 
 来月号が楽しみになって来た!!うひひ。
[PR]
by misaochan3x6 | 2010-03-19 15:29 | キャラ立ち | Comments(0)

いや、BOP(ボトム・オブ・ザ・ピラミッド)っていってもさ。

 この地上には、世界人口の7割に当たる約40億人の、年間所得3,000ドル=約27万円以下で生活する超貧困層が形成する約5兆ドル(約450兆円)の市場があり、そしてそこでは、この人々を相手にうまい汁を吸っている企業がいくつもあるというのである。
 いわゆる、BOP(ボトム・オブ・ザ・ピラミッド)ってやつなのさ。

 上には上があるが、下には下を狙って出し抜く輩がいるってわけだ。
 まさに貧乏人の生き血を吸って生き抜く悪魔の所業であり、これをして資本主義の粋(すい)といえるのだが、何のことはない、国という存在は、太古の昔からとっくにこんなことはやってのけていたのである。
 南無~。
a0141884_20382391.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2010-02-04 20:36 | キャラ立ち | Comments(0)

「美STORY」にとって美とは何か。

 「第14回 読売出版広告賞 金賞」は、光文社の「美STORY」ってか。
 野沢直子のような顔で鏡の前に立ち、越路吹雪のような顔で歯茎笑いをするミポリンが栄えある入賞だ。
 いろんな意味で、力のある広告表現やったからね~。
 目をつけてたボクとしても何だかうれすぃ~よ。♪

 072.gifクリックすると、ちょっとおっきくなるよん。
a0141884_2245979.jpg

 ゲテモノ・キャラで掴んどいて、一体この先どうなることかと思わせつつ、究極の「美おばさん(荻野アンナ)」に落として行く展開は、なかなかエグれてていいと思うんよ。
 これなら、雑誌のタイトルどおりのミポリンだわ。

a0141884_2415521.jpg美STORY

2010年 03月号
























 ヒール・ホールドで締め上げられた苦痛から逃れたとたん、弧を描く美しいジャーマン・スープレックスで鮮やかにキメられたような感じ。
 わっかるかな~~!?(古ッ!!)
 
 ゲテと美を紙一重で操れるこの雑誌の力ワザには、今後も大いに注目して行きたいと思っちょるんよ。♪
 頼むで、しかし。
[PR]
by misaochan3x6 | 2010-01-30 02:34 | キャラ立ち | Comments(0)