カテゴリ:東京みかん( 53 )

東中野ひとりみかん。

【2016年6月13日(月)】

a0141884_935161.gif 東中野にある音楽酒場「じみへん」で開催される多国籍バンド「Black Sea」のライヴを観に行くことに。

 仕事帰りに、JR東中野駅前に立つ。
 時間はまだ、午後7時前。時折、小雨がパラつく天候なのだった。

 この日は、いつもと違う道を探して行くことにしたところ、新しい発見があったので、それをアーカイブ。
 結果的に、「ひとり072.gifみかん」となったのであります。

a0141884_94049100.jpg

 西口からスタート。この出口は、お初なり。

a0141884_9421668.jpg
a0141884_9423429.jpg
a0141884_9424913.jpg
a0141884_943163.jpg

 おっ!! ここは何かあるなと感じさせるグルーヴが!!
 久し振りに萌えるストリートに遭遇す。ぃやっほーい!!

a0141884_9431752.jpg

 気になる店のオンパレードなのだ!!ちぇすとーっ!!

 ブタの店あり、ニワトリの店あり、ウサギの店あり、ウシの店ありの「アニマル・ストリート」なのだった。

a0141884_9484677.jpg
a0141884_949219.jpg
a0141884_9491488.jpg
a0141884_949292.jpg
a0141884_9504325.jpg
a0141884_9505765.jpg
a0141884_9511318.jpg
a0141884_9512655.jpg

 店のすぐ隣は線路なのだ。

a0141884_95252.jpg

 特に、ニワトリの店とウシの店に強く惹かれる。

 実は、今回は、近々訪れてみたいと思っているこの店の下見にと訪れたら、このストリートの発見につながったのだった。
 その店の名を、056.gif「ビスポーク(BESPOQUE)という。女性シェフがオーナーのイングリッシュ・パブなのだ。
 来てます、イングリッシュの波が。

a0141884_958196.jpg

 そのほか、そそる店の数々が。
 「ビスポーク(BESPOQUE)の右隣にある、キッチンを備えたこのシャレオツな店(写真下)はいったい何だろう?
 
a0141884_1025558.jpg

 この店(写真下)にしても、神宮前あたりにあっても不思議ではない店が、ここ東中野にあるというのが味わいなのである。

a0141884_103185.jpg
a0141884_1034211.jpg

 ふむう、ロック・バーもあるんですな。072.gif「ハロー・グッバイ」(Hello Goodbye)。毎週土曜日は、アコースティック・セッションがあるみたい。うひひ。

a0141884_104081.jpg

 おまけにラブホがあるなんて、用意がいい!!
 これが、なかなかでっかいラブホなんすよ、ブラザー。一度は使ってみたいと思うのが、男心というものではないでしょうか。えっ、オレだけ!?(笑)

a0141884_10171216.jpg

 さて、さて、そんなやましい物件にオヤジ心を萌えさせながら、「じみへん」に到着し、「Black Sea」のライヴを楽しんだのであります。

 先般、ドラマーが、亜米利加人からジャポンのドラマーに変わったとのことです。

a0141884_10201767.jpg
a0141884_10222916.gif

[PR]
by misaochan3x6 | 2016-06-19 09:58 | 東京みかん | Comments(0)

下北沢駅南口は、ケイオス(カオス)と化していた。

【2016年3月12日(土)】

 3月も早、10日以上を過ぎる。いや、それにしてもさぶ過ぎるんじゃい、ぼけがっ!!
 所用ありて、下北沢へチャリで。久し振りの世田谷だ。

 しばらく来ない間に、下北沢駅南口はケイオス(カオス)と化していたのだった。再開発が進んでいるのだろうか。
 その昔、この路面には踏切があり、小田急線の上り下りの電車が走っていたものだが。いまは、地中にもぐってしまったのだろうか。
 乗らなくなったもんな~、小田急線。

a0141884_20283650.jpg
a0141884_20285712.jpg
a0141884_20291057.jpg
a0141884_20302185.jpg
a0141884_20305149.jpg
a0141884_2031310.jpg
a0141884_20311488.jpg
a0141884_20312599.jpg
a0141884_2033664.jpg
a0141884_20332084.jpg

 路地裏にあるこのやきとり屋には、ずいぶん前によく行った記憶があるのだが、いつ頃、誰と行ったかはまるで覚えていないのだ。
 

a0141884_203532100.jpg
a0141884_20354565.jpg

 かなり好きだった店であり、あさりの澄まし汁など好んで注文していた覚えがある。お気に入りの店だけに、一緒に行く人は、相当親しい人を連れて行ったはずなのだが、さて、それは一体誰であったのであろうか?
 前前前職の頃のことかも知れないな。とすれば、2000年よりも以前のことになるから、16年も前のことなのだ。
 人間の記憶なんて、実にあてにならないものなんだな。

a0141884_2174787.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2016-03-12 20:31 | 東京みかん | Comments(0)

平和島に鰊(にしん)の甘露煮を買いに。

【2015年12月27日(日)】

a0141884_15302199.gif 12月5日(土)、久し振りの開催となった「東京みかん」のまちあるきツアーは、題して「大田区食いしん坊ツアー」。
 その概要は、以下のとおりなり。

a0141884_15325191.jpg
a0141884_15543330.jpg
a0141884_15513169.jpg

 そして、そのツアー中に見つけた佃煮屋=「(有)海幸食品」に向かうべく、再び平和島の地を訪れ、鰊の甘露煮、生あみの佃煮を求む。

a0141884_15381274.jpg
a0141884_154421.jpg
a0141884_15444479.jpg

 鰊の甘露煮は、来るべき大晦日の年越し蕎麦に入れて、鰊蕎麦として食すつもりなのであ~る。むふふのふ。

a0141884_1672816.jpg
a0141884_1695985.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2015-12-29 15:32 | 東京みかん | Comments(0)

西武新宿線「花小金井」初上陸の巻。

【2015年11月21日(土)】

a0141884_14459100.gif
 所用ありて、西武新宿線「花小金井」初上陸。

a0141884_14415024.jpg
a0141884_14421255.jpg

 上京(1977年)してけっこうな年を重ねるが、西武鉄道というレイルウェイになじみがない。っていうか、好きくないんだよね~。なぜか、どーしても~。

 途中の駅はスポット的には知ってはいるのだが、「花小金井」まで通しで乗ってみてはじめて、この30数年、個々に記憶のあったそれぞれの駅が、点から線につながったんですわ。
 ま、あなたにはどーでもいいことかも知れませぬが。

a0141884_1441122.png
a0141884_14423278.jpg

 花小金井だけに、駅の中に花屋があるのであろうか、ぬわんちて。くだらん。

 時間があったので、駅前をランブリングして、ちょっとだけ「ひとり072.gifみかん」。
 すぐに線路沿いにあるケイオス(カオス)な小路に出くわす。

a0141884_14503736.jpg
a0141884_14505143.jpg

 白ペンキを塗ったベニヤ板の看板にヘタクソな筆致で書かれた「創作ダイニング」の文字が。どう見ても、創作されたくない店構えだし、ダイニングとはほど遠い趣きなり。
 何やら能書きも書かれているのだが、どうにも説得力に乏しい風情なのだ。

a0141884_14533338.jpg

 むしろ引っかかるのは、店の中にあるストラトキャスタータイプのイレクトリック・ギターの背姿なのだよ、ご同輩。
 弾けるのか!? そして、歌えるのか!? この店で!?
 ネットで見つけた072.gif店情報。たぶん、十中八九、行くことはないと思うのだが。

a0141884_1502283.jpg

 ケイオス(カオス)は続くよ、どこまでも。

a0141884_1505160.jpg

 そして、時々、後ろを振る帰りながら、駅の方に戻る。

a0141884_1535570.jpg
a0141884_1541155.jpg
a0141884_1545593.jpg

 この小路の名を「はなこ ふれあいこみち」と称すなり。

a0141884_1543166.jpg
a0141884_1544348.jpg

 よかったー、「夢ロード」みたいな、聞かされるこっちの方が恥ずかしくて、冬の日本海に飛び込んで死にたくなるような名前ではなくて。

a0141884_15113363.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2015-11-22 14:45 | 東京みかん | Comments(0)

2015‎年‎6‎月‎15‎日(月)18:41:36、新宿7丁目の交差点に立つ。

【2015‎年‎6‎月‎15‎日(月)18:41:36】

 この日、18時41分36秒に新宿7丁目の交差点に立つ。この明るさで、まだ夜の7時前なのだ。
 明るいうちに仕事を終えて自由行動が出来る時のヨロコビは、何物にも代えがたいですね。

a0141884_13435237.jpg

 それにしても、この道の先はどこに通じているのだろうか。
 いつか極めてみたい。
 まだまだ知らない東京があるんだよ、ボクにはね。
 時間は、あるようで、ないな。
[PR]
by misaochan3x6 | 2015-06-27 13:45 | 東京みかん | Comments(0)

吉祥寺慕情2015。そして思い出す東京のまち体験。

【2015年5月16日(土)】

a0141884_22541829.jpg 所用ありて吉祥寺にチャリで行く。

 東京には長い間住んでいるのだが、このまちには、よっぽどの用がない限りめったに足が向かないな~。

 1977年の上京以来、然り。

 そして、1992年に杉並区に住み始め、中央線沿線住民となって以来然りなのだ。


 新宿みたいに、「ボクが行く意味(=価値)はないまちだよな」ってばっさり切り捨てられないのは、このまちに半分嫉妬しているからかも知れないな。

a0141884_052823.jpg
a0141884_083992.jpg
a0141884_0121630.jpg

それににしても、「住みたい東京のまちNo1=吉祥寺」とかってさ。

 確かにかっこいいまちであることには間違いないんだけど、武蔵野文化人面(つら)したような漫画家のいしかわじゅんだとか、同じく漫画家で、田舎もんのくせにスカして暮している風の江口寿史がいるまちには、どうにもひどく抵抗感があるんすよ、同じ中央線沿線住民としてはね~。

 スカした「スタバ」より、庶民派の「ドトール」の方が入店しやすいのと同じ感覚で。

 チャリを置いてちょっと駅前周辺を歩いてみたんだけど、駅ビルRON RON(ロンロン)がatre(アトレ)に変わっていたり、近鉄百貨店がヨドバシカメラに変わっていたりと、ある種〝浦島太郎状態〟なのさ。
 いまさら何をと笑われるかも知れないのだけれどもさ。
 それほどこのまちのことは、何にも知らないってわけなのさ。

 あのですね、「ハーモニカ横丁」って、この日、はじめて足を踏み入れたんですわ。どうだい、ボクって終わってる?

 書きながら思い出したんだけど、そういえば、もうずっと、下北沢にも行ってないな~。
 そんでもって、これまた書きながら連鎖的に思い出したんだけど、1977年上京時に、東京のガイドブックとしてボクが利用していたタウンマガジンは、「月刊シティロード」だったよな。確か出版社は主婦の友社だっけか。
 その雑誌の真ん中にあった(と思うな)イラストマップが、上京したてのボクのような田舎ものにはありがたかったよね。
 秋山育(イラストレーター)の表紙で覚えてるのさ。(あのですね、ネットで引っ掛けた下のイラストは、彼のものではないと思います。彼のイラストと思われるバックナンバーが1冊だけボクの部屋のどこかにあるはずなんですが、見当たりません。(泣))

a0141884_22563457.jpg

 そうさ、あの頃は、そのイラストマップを隠し持ちながら、孤独なこころを道連れに、野良犬みたいに新宿だとか池袋だとか渋谷だとか下北沢だとか、そして、恐る恐る六本木だとかを歩いたものなのさ、決して田舎もんだとは悟られないようにしながらさ。

 ほとんど足を運ばなかったのは、赤坂、青山、原宿。
 浅草なんて埒外だったさ、泥臭過ぎて。
 恵比寿は就職してから知ったまち。高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪、西荻窪は、家族ができてから知ったまち。
 こんな風に書き出してみると、ボクの「東京地図」は、<記憶>と<現在=現地訪問によるフィールドワーク>の対比で描くことができるかもね。

 ところで、今度ひとりで、あの頃の「月刊シティロード」と出会うために、072.gif「宅壮一文庫」を訪れてみようかな。

a0141884_2333321.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2015-05-17 21:46 | 東京みかん | Comments(0)

新宿歌舞伎町 新宿コマ劇場跡に実物大の「ゴジラヘッド」登場。

【2015年4月18日(土)】

 出勤前の朝のFMレイディオで、新宿歌舞伎町 新宿コマ劇場跡に実物大の「ゴジラヘッド」登場!!ってなニュースに触れていたので、新宿にチャリで出掛けたついでに現調することに。

 【関連スレッド】
 072.gif実物大「ゴジラヘッド」登場=新宿コマ劇場跡に-東京・歌舞伎町/時事ドットコム
 072.gif歌舞伎町にゴジラ・・・「新宿東宝ビル」のオブジェ/So-netニュース/2015年 04月16日 21時02分 提供元:読売新聞

 おお、ありました、ありました。近づいてみましょう。

a0141884_12134669.jpg
a0141884_1214096.jpg
a0141884_12141014.jpg

 ドドーーン!!
a0141884_12143517.jpg
a0141884_12142473.jpg

 このビルは、東宝が建設した複合商業施設「新宿東宝ビル」(30階)だそうで、17日(金)オープン。16日(木)には、記念式典が開かれたそうな。
 んで、東宝だけに、3階から6階にシネコンの「TOHOシネマズ」が入っておるらしいんよね(12スクリーン、計2,347席)。そんでもって、8階~30階がホテル(970室)なんだとさ。
 高さメ12メートルの実物大のゴジラヘッドは、8階のテラスにあるみたい。ホテルに宿泊しないと間近に見られんのかのう。

a0141884_12273718.jpg

 ビルの周りをぐるっと一周してみたんすが、前のコマ劇場の時のこの一帯のドロ臭い〝昭和のカオス感〟がすっかり消えていて、ボクにはとても好ましい空間になっていたんすわ。

 このすぐ近くにあった70年代の青春TVドラマ「俺たちの旅」のこのオープニングの冒頭に出て来る噴水も、もうありません。



 ところで、一周してみたら、こげな建物もありましたよ。

a0141884_12323982.jpg

 
[PR]
by misaochan3x6 | 2015-04-19 12:14 | 東京みかん | Comments(0)

鶯谷の食事処「信濃路」にイン。

a0141884_2330564.gif【2015年1月29日(木)】

 この日、所用あって外出。行く先は鶯谷。


 あのですね、渋谷区にも鶯谷町ってあるんですけど、ボクが行ったのは、台東区根岸にある「鶯谷」。実は台東区には、行政上「鶯谷」という地名は存在しないんですよ。

a0141884_23225677.jpg

 でね、用事を済ませると、ちょうどお昼過ぎだったので、かねてから入りたいと思っていた食事処「信濃路」にイ~ン。

a0141884_23234610.jpga0141884_2324284.jpga0141884_23242262.jpg








a0141884_23251197.jpg

 え~っと、どのくらい前から思い込んでいたかといいますと、056.gif3年前の夏(2012年)、右脚股関節の人工関節置換手術入院中に読んだ西村賢太の私小説の中に、彼がここでよく食事をしたか酒を飲んでいたかの描写が出て来るのを読んでからなんすわ。

a0141884_23255243.jpg

 実は、このお店、外から見ると入り口は一箇所だけなんですが、中に入ると客席が入り口側の店と反対側の店に分かれていて、ボクが入ったのは入り口側(左側)のカウンター席が奥までずっと続いている方だったんすよ。で、右側をチラ見したらテーブル席もあるみたい。072.gifネットで見たサイトによれば、どうやらこっちは座敷もあるみたいですね。今度はこっちも覗いてみようっと。

 で、野菜炒め550円を注文す。
 極めてオーソドックスな、〝直球の食堂メニュー〟でした。豆腐とワカメの味噌汁もいいすな。ごはんがちょっと柔らか目がおしかったですが。

a0141884_23315947.jpg

 それにしても、ボク以外の客のほとんどが昼間から酒を頼んでいるという、とても素敵なお店なのでした。
 あ、後で調べたら24時間営業なんすね。
 
 064.gif目移りしそうなほどメニューが豊富なので、いつか夜に来てひとり飲みしてみたいお店です。

 ところで、ご存知の方も多いでしょうが、ここ鶯谷はTOKIOでも屈指のラブホ街でして、ストリートには明らかに風俗の方とわかる女性(デリ系)がお仕事に向かわれる姿を目撃出来るまちなんでありんすわ。
 そんな中、この駅の近くには小学校などもあり、子どもたちは毎日ラブホ街の中を元気に通学しているわけなんです。
 そんでもって、下校した子どもを迎えに来たお母さんと子どもとデリ嬢が、昼間、同じホームで電車を待っている風景なども目撃出来るという環境なり。片や素人女性、片やプロフェッショナル。嗚呼、彼女らの〝女の人生〟を分ける分岐点は奈辺にあるのでせうか。
 などという、人生論的にも教育論としても大変ふところの深い味わいのまち、ここは鶯谷。地名でいえば、根岸です。

 あ、そうだ、去年買ったこの本読まなくちゃな。

 072.gif東京最後の異界 鶯谷/本橋信宏/宝島社/¥1,429(税別)

a0141884_22594239.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2015-02-01 22:13 | 東京みかん | Comments(0)

お食事処みかん。

【2015年1月19日(月)】

 a0141884_23372979.jpg気が付けば、もう1月も終わりですな、ご同輩。

 ところで、この日、お昼を食べに外出したところ、「遊食・みかん」という食事処に遭遇しました。

 ちなみに、台東区台東3-33-7っす。あいにく入店はしませんでしたが。(笑) おっ、072.gif「ぐるなび」に出てるぞ。



 これは一度行かねばね。
a0141884_22331422.jpg
a0141884_2233365.jpg
a0141884_223350100.jpg
a0141884_22372463.jpg
a0141884_22374222.jpg
a0141884_22375718.jpg
a0141884_22381329.jpg

 え~っとですね、なにゆえにわたくしがこんな風に「みかん」に反応しているかと申しますと、実はわたくしは、056.gif「東京みかん」というまちあるき散歩集団を、仲間の宮さん(東京みかん代表)と作って、今年で13年になるんすよ。

a0141884_23443532.jpg

 ところで、界隈にはこんな素敵な物件もありましたので、ついでにご紹介しておきますね。

a0141884_22414392.jpg
a0141884_22415893.jpg
a0141884_22421259.jpg
a0141884_22422855.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2015-01-20 23:38 | 東京みかん | Comments(0)

阿佐ヶ谷「ゴールド街」クライシス。

【2014年12月7日(日)】

a0141884_21385143.gif 阿佐ヶ谷「ゴールド街(商店街)」が瀕死の状態だって聞いたのは、「東京みかん」の代表宮さんからだったのさ。

 地元にいて気づかないというのもお恥ずかしい話。

 放ってはおけないネタなので、チャリで出かけてみることにしたんすわ。

a0141884_204398.jpg
a0141884_2041773.jpg
a0141884_2042729.jpg
a0141884_2043939.jpg

 さて、現場に到着すると、入口付近にはX’masの装飾が。

a0141884_2052043.jpg

 んがしか~し、新宿方向に伸びたガード下に連なる多くの商店のシャッターは閉まったままで、わずかに婦人用品店だけが店を開いている様子。

a0141884_206646.jpg
a0141884_2062614.jpg

 そして、2階へ上がる階段もすでに封鎖されているのだった。

a0141884_20102331.jpg
 

 日曜だからこんな状態なのか、それとも平日もこんな状態にあるのか。

 いんや、よ~く考えてみれば、商人ならば、客の多いかき入れ時の歳末の日曜日に店を開けていないわけがないので、やっぱりこの商店街はシャッター街となって廃(すた)れてしまったようなのだ。

 これから先、このシャッター街は再び蘇るのだろうかと思いつつ、散髪屋に寄るために、こことは反対側の三鷹方向に伸びたガード下にある「ダイヤ街」に移動したのだった。

a0141884_20161813.jpg
a0141884_20163163.jpg
a0141884_20164335.jpg
a0141884_20165622.jpg
a0141884_2017850.jpg
a0141884_20172041.jpg
a0141884_20173056.jpg

 PS.かつて、このまちを象徴する住人に、ダンさん(=漫画家 永島慎二氏)がいたのです。

a0141884_18184830.jpg
a0141884_1819381.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2014-12-09 21:38 | 東京みかん | Comments(0)