怖れていたことが起こりました。

【2016年10月23日(日)】

 恐れていたことが、とうとう起こってしまいました。

 2009年11月から書き続け、間もなく丸7年を目前に迎えるこのブログも、無料で使える画像のキャパ(最大容量)がいっぱいになってしまい、もうこれ以上写真や画像がアップできなくなってしまいました。
 一度、容量を拡張する手立てを打ったことはあるんですが、ついにそれも限界を迎えてしまったというわけです。

 画像を貼りまくるボクとしては、というよりも、画像を駆使しなければ、ブロガーとして絶対に満足出来ないボクにとっては、これは大きな痛手であり、さりとて有料で容量を上げるサービスを受けるのも何だかしゃら臭いので、またまた引越し(新ブログの開設)をせざるを得ない状況となってしまったのであります。

(;゚д゚)ェ…

 というわけで、間もなく引越ししますので、皆さん、また新しいブログでお会いしましょうね。

 ブログタイトルは、
「杉並区松ノ木ウエルシア薬局近く。キミはボクを見たかい。(5) 」とします。

 引っ越し先のURLは、ここ

 ああ、これで、7回目の引越しだな(笑)
  写真や画像抜きに文字だけでブログを書くことは、ボクの業が許してくれないのであります。
[PR]
# by misaochan3x6 | 2016-10-24 02:08 | 自分遺産 | Comments(0)

獲れたての梶芽衣子画像をあなたに。

 梶芽衣子画像の中から、本名=太田雅子の獲れたての画像をおひとつ、あなたに。。

a0141884_21165664.jpg

 21歳ってことは、1968年の写真なのだな。このとき、ボクは10歳(小5)。

 その昔、胸の大きい女性のことをボインと呼び、その後、デカパイ⇒巨乳とその呼称は変遷す。
 で、バスト80ってことは、ボインの側から見ると、コインと呼ぶ時代があったので、まさに彼女のバストは、そのコインに相当してますわな。
 いまから50年近く前には、セクハラという概念はこの地上にはなかったのでして。
[PR]
# by misaochan3x6 | 2016-10-21 21:24 | キャラ立ち | Comments(0)

「バソキヤ」とわたくし。その味を賞味して。

【2016年10月21日(金)】

 あれから1週間。
 件(くだん)のやきそばを、晩ごはんとして食すなり。

a0141884_20513985.jpg

 「ひっくり返るおいしさ」ほどではなかったにしろ、〝ぺヤング〟よりも絶妙に太いその麵の食感と、濃い目でちょい甘目のソースは、グッドなり。

 わが舌と腹は、大いに喜んだのであ~る。
 あとのせのトッピングである、フライドポテトのチープなかけらは、お愛嬌といった感じで、まるで訴求力はないけどね。 
 けっこうおいしかったので、週明け、これを買った職場近くのディスカウント・ショップの投売りコーナーで買い増ししておこうかな。
 でも、きょうの昼休憩で外出した際に売り場をチラ見したら、けっこう品がなくなって、あとわずかになっていましたけれどもー。
[PR]
# by misaochan3x6 | 2016-10-21 21:00 | 食べローグ | Comments(0)

お前は、エレガ(エレベーター・ガール)かっ!? はたまた、エレ男なのかっ!?

【2016年10月21日(金)】

 エレベーターに乗る時、昇降ボタンのすぐ目の前に陣取る奴がおるよね。

 こちらが自分の行きたい階のボタンを押す際には、そやつと昇降ボタンの隙間に手を延ばして、というか、こじ入れながら、希望階のボタンを押さねばならんのよ。
 まったくもって、うぜーったらありゃしねー。
 思わず、お前は、エレガ(エレベーター・ガール)かっ!?とツッコミたくなるんすわ。
 たいていは、女なんだけど、時々、男のこともあるのさ。きょうがそうだったんだけどね。

 で、そのエレガ、またはエレ男は、誰かが降りる度に、すぐさま「閉」ボタンを押してドアを閉めようとするんだわさ。
 何をそんなに急いでドアを閉める必要があるのか、ボクには理解出来ない。ちょっと待てば、ドアは自動で閉まるのである。そもそも、エレベーターの作りは、そうなっておるのだ。

 あるいは、そやつは、自分がエレベーターを降りる時も、あとに残った人のことを思って、とでもいいたげな雰囲気を背中から強烈に発しつつ、あたかもそれが美礼ででもあるかのように振る舞いながら、自ら「閉」ボタンを押して、ドアの向こうに消えて行くのであ~る。

 ボクは、海外渡航経験に乏しいのでよくわからないが、そげなしゃら臭いマネをする輩(やから)は、たぶん、世界広しといえども、ジャップくらいだと思うのだが、海外の人でも同じようなことをする民がいるのか。
 もし誰か知っていたら、教えてほしいものであります。

 それにしても、うざしゃら臭い風習ですこと。

 かーっ、ぺっ!!
[PR]
# by misaochan3x6 | 2016-10-21 17:51 | キャラ立ち | Comments(0)

「フォークグループ あじさい」主催のフィールド・フォーク・イベントに参加して来ましたの巻。

【2016年10月16日(日)】

 わが愛すべき音楽仲間「フォークグループ あじさい」が主催する、毎年秋の恒例のフィールド・フォーク・イベントに参加して来ましたよん。

a0141884_14455765.jpg
a0141884_14461781.jpg

 場所は、昨年に引き続き、西武池袋線「高麗(こま)駅」下車、徒歩20分くらいのところにある巾着田(きんちゃくだ) の河原。
 ここで、豚汁などを作って食べながら、飲めや歌えの野外パーリーという趣向なのですだ。
 
 毎回、シュールで楽しいタイトルをプレゼンしてくださるのは、「あじさい」のメンバー近周(きんしゅう)さん(ギター、バンジョー、フラットマンドリン、ヴォーカル)

 今回のタイトルは、「タガメの密を探して」なのであ~る。(笑)

 過去の様子は、ここで確認しておくんなまし。

 2014年10月12日(日)/河原でポン@飯能河原。
 2015年11月1日(日)/フィールドフォーク in 巾着田(きんちゃくだ) 「タニシの歌声を聴く」。
 今回、ボクはちょっと遅れて駅に到着。しかも、デジカメを忘れてしまったので、携帯電話のカメラで撮るハメに。
 んぢゃ、早速、写真アーカイブ行きまっせ~!!
 ちぇすとーっ!!

 おっとその前に、同じく「あじさい」のメンバーである菊っちょさん(パーカッション、ギター、ボーカル)のブログでの今回の模様も、ここで確認しておいてくださいねっ。

 好天にめぐまれての開催。途中、ちょっと雲行きが怪しくなる場面もあったのだが、何とか持ち直したのだった。
 河原の周囲は、かようなランドスケープなり。

a0141884_1438359.jpg
a0141884_143853100.jpg

 そして、気になるのは、参加者数なのだ。前回、前々回の参加者は、ともに11人で、萩尾望都の作品「11人いる!」をダシにブログ展開出来たのだが、さて、今回参加の人数は!?

 あーっ、14人いるぅぅうう!!(笑)

 ヽ(`Д´)ノ 

 んがしか~し、何人の善男善女だろうが、このブログは成立しますのだ。わっはっはっは!!

a0141884_14401976.jpg

 まずは、火起こしなのだ。▼

a0141884_14423343.jpg
a0141884_14424616.jpg

 メインの豚汁の準備。▼

a0141884_14442631.jpg
a0141884_14444324.jpg
a0141884_14445738.jpg

 でけましたっ!!

a0141884_14451316.jpg

 ウマイですっ!! うえ~い!! 

a0141884_14452913.jpg

 こっちは、総菜パンの〝炙(あぶ)り〟!!(笑)▼

a0141884_1450366.jpg

 飲み、喰らい、そして歌う。この繰り返しなり。宴は続くよ、どこまでも。<3<3

a0141884_14574584.jpg
a0141884_1458693.jpg
a0141884_14582177.jpg
a0141884_14583378.jpg
a0141884_14584253.jpg
a0141884_14585721.jpg
a0141884_1459862.jpg

 今回、初参加のどんぐりさん(憲法フォークジャンボリー事務局長)は、最近、ギブソンのSGを購入してエレキ小僧となっており、この日もSGとミニ・アンプを持参しての参戦。
 ボクもSGを借りて、1曲演ってみましたよ。おほほのほ。(写真は、「あじさい」のメンバーである菊っちょさんのブログから拝借。 了解済み )

a0141884_154196.png

 さて、いよいよ宴も終盤に差しかかった時、隣のグループから、合唱の声が聴こえて来たのだった。

a0141884_1571155.jpg

 それを聴きつけたどんぐりさんが、引き寄せられるようにエレキとミニ・アンプを持って、ごく自然な流れでその輪に加わって行くのである。
 このへんが、この男の真骨頂なのだ。(笑)
 
a0141884_15104524.jpg

 そして、「翼をください」の歌唱誘導を始めるやいなや(as soon as)、わがグループも完全にこの輪に加わっての大合唱となりぬ。

a0141884_15112865.jpg
a0141884_1511413.jpg

 このグループは、山岳関係の方たちの集まりで、この近くでの山岳救助訓練を追えた後の河原での催しだったようである。
 リーダーの男性は、若い頃、新宿のうたごえ喫茶「ともしび」(いまもあります )に通っていたとのことで、今回のハプニングは、大変喜ばれたのだった。
 また、リーダー以外の参加者からも好評で、「サプライズをありがとう!!」という声をいただいたり、「最近の若い者も捨てたもんじゃないね」といってくださる声が聞こえたりで、なかなかに素晴らしいエンディングとなる。
 いや、いや、見た目は、一見若く見えたかもかもしれないが、実際は、わがグループは、みんないい歳でして。(笑)

 このあと、腹ごなしに散歩に出かけたメンバー以外の数人は、先ほどの大団円の余韻の中、車座になってアコギを弾き交わす。
 あ、飲み疲れて(?)寝ている人もいるね。(笑)

a0141884_15161149.jpg

 そして、最後は、現場を片付けて、この宴も終了となる。
 音楽を通じて集える仲間のつながりって、やっぱり、いいね。
a0141884_15162494.jpg

 終わり。
[PR]
# by misaochan3x6 | 2016-10-21 17:50 | 音楽とわたくし | Comments(0)