〝Because the Night〟by Patti Smith

 1978年、「Darkness on the Edge of Town/闇に吠える街」を制作中のブルース・スプリングスティーンが、同じレコーディングスタジオを使用していたパティ・スミスに 歌詞を依頼して生まれた曲。
 しかし、この曲は実際にはこのアルバムに収録されなかったものの、女性視点の歌詞に変えて、パティ・スミスが自らのアルバム「Easter」に収録し、同時にシングルとして発売された。
 この時、ボクは21歳だったんだ。



 さて、先日ふと気になって、ネットでこの曲のスコア(楽譜)を調べたところ、だいたい以下のコードで成り立っていることがわかったのさ。それにしても、曲のリリースから30年以上経ってからスコアを調べるなんてどうかしているよな。
 でも、本人の旬ってヤツは、いつも仕掛ける側とは乖離してるっていうことなんよ、all rigiht ♪。
 
 Bm         G   A       Bm   
 Take me now baby here as I am

 Bm         G   A       Bm 
 Pull me close, try and understand

 Bm         G   A       Bm   
 Desire is hunger is the fire I breathe

 Bm         G   A       Bm 
 Love is a banquet on which we feed

 ふ~ん、そうなんだ。んが、しかし、そんなに早いコード・チェンジには応えられないな~。


 それにしてもBm、いわれてみれば、確かにこの音なんだわさ。でも、知らね~よ、Bmなんてなコードはさ。
 あれッ!? この音は、AMERICAの〝Sister golden hair〟のイントロの音と同じなんではないかい?
 いや、間違っててもいいじゃん、ボクはボクでそんな気になっていい気分でいるんだからさ。


[PR]
by misaochan3x6 | 2009-12-06 18:37 | 音楽とわたくし | Comments(0)


<< ルック・バック・イン2009. ミーちゃん来たーーーっ!! \... >>