札幌に出張の朝、羽田でラーメン。

【2009年12月4日(金)】

a0141884_10205276.jpg 11月27日(金)広島出張~12月1日(火)福岡日帰り出張に続き、打ち続く出張の〝締め〟は、12月4日(金)札幌日帰り出張なり。

 この日の朝食は、出発の羽田国際空港の搭乗ゲート近くにある食堂でのラーメン朝食だ。
 羽田空港にはラーメンがよく似合う?
 そんなわきゃね~だろっての。(゜Д゜)

 ふ~ん、恵比寿「香月(かづき)」の出店か。
 塩ラーメン(750円なり)を注文して食す。

 社会人2年目の頃(1982年)、恵比寿にある移転前のこの店に、当時の職場の上司であるS課長に同僚と一緒に連れて行ってもらって食べた時にはうまいと感じたものだが、店が元の場所の近くに移転してから行って食べた時には、もう最初に食べた時のうまさは失われていたという記憶がある。
  
 チャーシューから食べ始め、スープを啜り、麺を口に運びながらずっと考えていたのは、この「うまくなさ」の由来はどこから来るものなのか、ということだった。
 麺も、スープも、一体となって総合的にうまくない。
 積極的にまずくはないが、肯定的なうまさはどこにも見当たらないのだった。
 麺を食べ尽くし、スープを半分飲んだところで、やはりずっと、この「うまくなさ」の由来を考えていたんだわさ。

a0141884_102879.jpg

 そして、スープを飲み干して何となく気がついた。
 結局、この店は、客の舌のことは何も考えていないのだなということをね。
 さりとて、店に信念に裏打ちされた自分の舌があるかというと、そうとは思えんのよ。
 平たくいえば、とりあえず店に客は付いているので〝手抜き〟で済ましているといった感じだな。
 もう、店は客のひとりひとりの顔が想像出来なくなっているのではないか。大衆というのっぺりしたユーザー像だけで味作りをしている感じなのだ。 
 客は食べるまでは、店側のそんな思惑はわからない。
 わかったあとの答えは、客にはきっちりあるのだが、今度は逆に、店には客のこの答えはすぐにはわからない。
 まったくもって、客商売とはおそろしいものだね baby blues ♪。
a0141884_10323943.jpg

 いつもの結論だが、やっぱりラーメンは、自分のために自分好みのシーズニングとオプション具材で上げたインスタント・ラーメンが一番うまいということだ。

 この日、遠くに富士山がくっきり見えていた。
 すご~く得した気分。053.gif
a0141884_10473257.jpg

 この前、福岡に飛行機で行った時には、岡山上空辺りでもう退屈してたんだけど、今回の札幌行きは退屈することがなかった。
 やっぱり、東京から福岡に行くよりは、新千歳空港の方が近いんだな。
[PR]
by misaochan3x6 | 2009-12-06 10:21 | 食べローグ | Comments(0)


<< ミーちゃん来たーーーっ!! \... HIKARI CLINIC@岡... >>