ノーベル文学賞2016 ア・ゴー・ゴー!!

【2016年10月14日(金)】

 「ブロンド・オン・ブロンド」。
 1966年にリリースされたボブ・ディラン7作目のスタジオ・アルバム。ロック史上初の2枚組アルバムである。

a0141884_2183562.jpg
a0141884_2185335.jpg

072.gifSide 1
 1.Rainy Day Women #12 & 35
 2.Pledging My Time
 3.Visions of Johanna
 4.One of Us Must Know (Sooner or Later)

072.gifSide 2
 1.I want You
 2.Stuck Inside of Mobile with the Memphis Blues Again
 3.Leopard-Skin Pill-Box Hat
 4. Just Like a Woman

072.gifSide 3
 1.Most Likely You Go Your Way and I'll Go Mine
 2.Temporary Like Achilles
 3.Absolutely Sweet Marie
 4. 4th Time Around
 5.Obviously 5 Believers

072.gifSide 4
 1.Sad Eyed Lady of the Lowlands


 あれから50年。
 ついこの間、このアルバムの中から、この曲をカバーしてみようかなと思って練習を開始した矢先、何と、ロバート・アレン・ジンママン氏(Robert Allen Zimmerman)(75)が、ボブ・ディランとして、ノーベル文学賞受賞となりました。(後に、本名をボブ・ディランと改名したらしい) 
 056.gif世界文壇では賛否両論あるようですが、ボクは快挙と感じています。

 この件について30数年来の友人のTさんと話したところ、彼は、「ディラン本人は、それほど気にしてないんじゃないのかな」ってコメントしたので、ボクもそうだろうなって思ったいたら、どうやら、やっぱりそんな感じなんだよな。(笑)
a0141884_426385.jpg

 このTさんとは、その昔、彼からディランの日本武道館公演のチケットが2枚あるんだけど行かないかって誘われたので、一緒に行ったことがあるんだけど、いつのことだったのか記憶が曖昧だったので、ウィキってみたら、2001年2月14日(水)とあったのだ。
 ボクとしては、2000年の12月のことだと思い込んでいて、20世紀の最後に生のディランのステージを観ることが出来てよかったなって思ってたんだけど、長いこと勘違いしていたみたいだね。
 事実は、21世紀のはじめに、生のディランのステージを観ていたってことなんだよな。
 その頃、ブログなんていう便利なツールはなかったので、記録してなかったんだわさ。

 じゃ、話がちょっと長くなってしまったけど、Bob Dylan氏とCat Power さんのマッシュアップ版で、〝Stuck inside of mobile with the memphis blues again 〟をお届けします。060.gif





 ところで、ジャポンでは、ハルキ・ムラカミの受賞を期待していた向きもあるかもしれませんが、ボクとしては、この感想には共感しますよね。
a0141884_2121317.jpg

 どんなに売れていようが、みんながみんな、ハルキ・ムラカミを好きではないわけです。
 てか、世界的に評価が高いことと、彼の本が売れることが、ボクには到底理解出来ないことなのです。
[PR]
by misaochan3x6 | 2016-10-14 21:26 | キャラ立ち | Comments(0)


<< ノーベル文学賞2016 ア・ゴ... 3連休の最終日、ちっともアガら... >>