GSベーシスト対決=ザ・モップスvsザ・スパーダース

【2016年9月23日(金)】

 まいどおなじみ、072.gif東中野の音楽cafe「じみへん」ネタ。060.gif
 オーナーのみどりさんからのお誘いで、この日、仕事帰りに出撃。

 この日のコンテンツは、元ザ・モップスのベーシスト三幸太郎氏(下方のポスター/写真右)と、元ザ・スパーダースのベーシスト加藤充氏(写真左)によるGSベーシスト対決。
 というよりも、GSのOB2人によるコラボ・ステージといった体。

a0141884_10271698.jpg

 前座の志多恵子氏のアコギと歌に続き、元ザ・モップスのベーシスト三幸太郎氏登場。アコギの弾き歌いなり。 
 16歳からプロ活動をされているとのことで、御年67歳。

a0141884_10342387.jpg

 同氏は、ザ・モップスの他には、井上陽水のバックバンドを務めておられた様子で、その関係での陽水話、例えば、「傘がない」は、「金がない」の意味だとか、その他、ここには書けない面白い楽屋話がいっぱい聞けてよかったであります。056.gif

 氏の若い頃の姿の認識がないので、今となっては、この人かな~って想像するしかないのです。

a0141884_10555566.jpg
a0141884_1057679.jpg

 ザ・モップスのデビューは、1967年11月20日(だっけな?)、ビクターからとのこと。 当時、GSブームに乗り遅れまいと、各レコード会社はバンドを続々デビューさせるのだが、ビクターは最後発で、ザ・モップス、ザ・ダイナマイツ、あともうひとつと、3バンド同時デビューであったとのこと。
 亡くなった鈴木ヒロミツ氏は、そもそも芸能界に入りたかった理由が、中尾ミエに会いたい一心だったのだとか。ふう~ん。

 あ、所属プロダクションは、ホリプロなんすね。
 最初からプロダクション・メイドのバンドなのか。ま、GSだからしょうがないわね。所詮、展開は、歌謡曲の延長線上なのだから。
 といふわけで、デビュー曲のこの曲がアコギの弾き歌いで披露される。





 作詞は、ホリプロの社長が見つけて来た、当時、まだ大学生だった阿久悠氏。
 「お前、このバンドの詞を書け!!」ということで、新橋の第一ホテルに缶詰めにして詞を書かせたものの、なかなか進まず、メンバーが、「そんな調子じゃ、朝まで待てないよ!!」っていったところ、「おっ!! それだ!!」となって、この曲の歌詞が出来たのだというエピソードなどを伺う。

 なんというメーカーのアコギなのか、鳴りのいいギターで、三幸太郎氏の存在感も、生粋のロッカーのグルーヴを感じさせて、なかなかのものでした。
 最後に歌われたこの歌を、ボクも客席から一緒に歌わせていただきました。053.gif

a0141884_11203220.jpg




a0141884_10492483.jpg
a0141884_1049452.jpg

 続いて、元ザ・スパーダースのベーシスト加藤充氏と、先の三幸太郎氏によるコラボ・ステージだ。
 加藤充氏、御年81歳!!

a0141884_11205730.jpg

 最初、入店した時、氏が元ザ・スパーダースのベーシスト加藤充氏とわからず、誰?この京都かどこかの老舗の漬け物屋の店主みたいなおっちゃん(失礼!!)と思っていたのですが、「バンバンバン」などを演奏されるに至っては、あ、漬け物屋のおっちゃんではなかったことを確認した次第。



 それにしても、エレキブームという、当時の最先端の音楽的なイノベーション・シーンの、まさにその場に居合わせたというキャリアというか、ツキは、すごいと思います。
 誰もが浴せる恩恵ではありませんね。
 それに、ザ・スパーダースは、メンバー7人全員が存命であるというのもすごいことだと思います!!

 
a0141884_11122257.jpg

 髭を生やした若き日の加藤充氏の精悍なマスク(後列右端)が素晴らしい!!

a0141884_11125510.jpg




 こんな機会でもなければ、ザ・モップスのベーシストが三幸太郎氏で、、元ザ・スパーダースのベーシストが加藤充氏だなんていう認識は、金輪際なかったのでありまして、縁といふものは、誠に異なものでありますね。
 日本のロッカーの先達の生き様を感じることが出来た夜でした。

a0141884_112120100.jpg



[PR]
by misaochan3x6 | 2016-10-01 10:36 | 音楽とわたくし | Comments(0)


<< 友人のたかよしさんが出演する高... 雨の日は家にいて。=ギター編= >>