夢に出て来たピンクフロイドの曲の巻。

【2016年6月2日(木)】

 ああ、もう6月なんですね!!

 さて、ゆうべ見た夢に出て来たピンクフロイドネタ。

 ボクはどこかのダンスホールのようなところで、マイクを片手にトランス状態である曲に合わせながら、とても気持ちよく、ひとりで踊っている。
 そう、とても気持ちよくだ。かつ優雅に。(笑)
 そして、バックに流れているその曲は、なぜかピンクフロイドの「Welcome to the machine」。



 と、そこへ、見知った顔の女性(美人なのだ!!)が、「ブタのバルーンのバンドの曲なんかでいつまで踊っているの!!」というような意味のことをいいながら目の前に現れる。
 どうやら彼女は、ボクをどこかへ連れて行こうと迎えに来たらしいのだ。

 「ブタのバルーンのバンド」!!
 
 ああ、ピンクフロイドのアルバム「アニマルズ」のことだな。何だ、彼女、洋楽なんか知らないタイプだと思っていたのに、そんなことは知っていたんだ、とボクは妙に感心したのだった。

a0141884_20232996.jpg

 そして、夢とも現(うつつ)ともわからない境界線の時間の中で、ボクは「Welcome to the machine」とは別のピンクフロイドの曲のことを思っていたのである。
 ああ、あの曲のタイトルは何だったっけな。

 その後、この夢のストーリーは、夢の中では必然性をもって進むのだが、ここでは割愛する。(夢の定番どおり、目が覚めてみたら何の必然性もない展開のストーリーだったので)

 さて、気になるその曲は、「Welcome to the machine」が入っているアルバム「 Wish You Were Here/1975」には入っていなかった。
 となれば、「The Dark Side of the Moon/1973」かも知れないな。

 よし、ここはひとつ、聴いて確認してみねばね。=3=3=3

 というわけで調べてみたら、この曲だったってわけなのさ。
 あ~、スッキリした!!


[PR]
by misaochan3x6 | 2016-06-02 18:03 | 音楽とわたくし | Comments(0)


<< エレキとキーボードとわたくし。 類似品漫画1960’。 >>