「3月生まれの合同誕生会2016」開催@息子んち。

【2016年3月20日(日)】 

 TOKIO在住のわがファミリーネーム(姓)に連なる人々が集い、この日、「3月生まれの合同誕生会2016」を開催す。
 会場は、今年もボクの息子の家なのさ。
 例によって、奥さん運転の車に乗って会場に向かう。
 昨年の様子は、056.gifここっすわ

 さて、今年は、鉄板を用意して、お好み焼きパーリーとす。
 そんでもって、みんなでケーキを食べてお祝いを。
 1歳になった下のお孫ちゃんのりお用のケーキは、彼女のお母さん特性のケーキなり。まだ食べさせてはいけない食材があるからね。

a0141884_1472748.jpg
a0141884_1474012.jpg
a0141884_1475563.jpg
a0141884_148915.jpg
a0141884_1482788.jpg
a0141884_1484151.jpg

 思えば、去年の会では、この子は生まれたばかりの本当の赤子だったのだ。

a0141884_1485224.jpg

 それにしても、ボクとボクの奥さんは、所詮、どこまでいっても、その出自は赤の他人同士であり、息子とて同様に、彼と彼の奥さんも、所詮、どこまでいっても、その出自は赤の他人同士なのである。

 とすれば、男にとって血族といえるのは、結局、わが子でしかないのかも知れないが、でも、女の子は嫁いでしまえば、このジャポンでは多くの場合、他人の姓を名乗らざるを得ない。
 とどのつまり、男系のみが血脈のリレーランナーということになるのだろうか。

 宴が終わると、さくらさんに見送ってもらい、奥さんと2人で会場を辞す。

a0141884_14133230.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2016-03-21 14:13 | さくらさんとりおちゃん | Comments(0)


<< 西荻窪のライブ・カフェ「ヘブン... 期待の枝垂桜は、柳だったのだ。 >>