STUDIO BAYD(スタジオベイド)高輪店主催のLIVEに行くの巻。

【2016年3月13日(日)】

 多国籍バンド「Black Sea」の日本人ベーシストである友人のちくちゃんから、ライブのお誘い。

a0141884_2043022.jpg

 ボクは、東中野にある音楽cafe「じみへん」ほかで、何度かこのバンドのライブを観ているのである。
 概要は、以下のとおり。

 072.gifイベント名:第2回 STUDIO BAYD(スタジオベイド)高輪店主催のLIVE
 072.gif日にち:3月13日(日)
 072.gif場所:STUDIO BAYD(スタジオベイド)下北沢店
 072.gif時間:開場/18:30 開演/19:00

a0141884_12535146.jpg

 というわけで、夜、チャリにまたがり出撃す。夜の茶沢通りを三軒茶屋方面に南下。

a0141884_20172549.jpg
a0141884_20182883.jpg

 井の頭線の高架下を進むと、「DISC UNION」が。同店、今年で30周年とか。何となく入店し、30年ぶりくらいにレコード盤のジャケットに触れる。

a0141884_20192723.jpg
a0141884_2021202.jpg

 代沢三差路のちょい先の進行方向左側にある1階がドラッグストアのビルの地下が会場なのだ。

a0141884_20234019.jpg
a0141884_2024246.jpg
a0141884_20242177.jpg
a0141884_20243975.jpg
a0141884_20245533.jpg

 さて、この日は、前座を含み、「Black Sea」も入れた合計6バンドが出場。「Black Sea」はトリなのだった。
 全部のバンドは撮り切れませんでしたが、撮った限りの写真を載せときます。(バンド名は不明)

a0141884_2034578.jpg
a0141884_20352659.jpg

 そして、「Black Sea」登場。バンド名は、ボクの大好きな英吉利のバンド「XTC」のアルバムタイトルから取った模様。
 アコギとVo.のジェイソンさんは英国人、リードギターのギルバートさんはスイス人、ドラムスのリチャードさんは亜米利加人、ベースのちくちゃんは日本人という多国籍バンドなのだ。

a0141884_20564267.jpg
a0141884_20432868.jpg
a0141884_20584591.jpg
a0141884_2043518.jpg
a0141884_2044671.jpg
 
 ちくちゃんによれば、ギルバートさんは、その昔、ラモーンズのマーキー・ラモーンのバンドにいたそうで(残念ながら、ボクはラモーンズのことはほとんど知らないのだ)、また、Mr.RAT BOYでyou tube検索すると、若き日のギルバートさんの映像に出会えるのだ。



 というわけで、プロ・ミュージシャンは、ギルバートさんだけで、それ以外のメンバーは、全員アマチュアなんであります。

 そして、この日は、ドラムスのリチャードさんが仕事の関係で亜米利加に帰国されるとのことで、日本でのラスト・ギグという次第。

a0141884_20482597.jpg
a0141884_20484533.jpg

 実に充実した「Black Sea」のステージだったのだ。

 072.gifPS.満足気分にひたりながらの帰り道、ガレージに、何気にロールスロイスを停めたマンションがおましたで。さすが、世田谷。死ぬまでに一度は乗ってみたいビーイクルですわな。

a0141884_20513645.jpg
a0141884_214190.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2016-03-14 20:19 | 音楽とわたくし | Comments(0)


<< 内村光良の死んだ目が好きなのだ。 メンフィス・オープンで優勝した... >>