沖縄古典うたと三線コンサート@柳の庭(東京都文京区根津)に行くの巻。

【2015年11月28日(土)】

 ギャラリーemoticon-0171-star.gif「柳の庭(東京都文京区根津)」に、「沖縄古典うたと三線コンサート」を聴きに行く。
a0141884_205123.jpg
a0141884_15563274.jpg
a0141884_15565035.jpg

 いままで聴いた陽気な調子の沖縄音楽とはまるで違って、宮廷音楽を含む沖縄古典うたで、線が細くて何だか雅(みやび)な感じがしたのだった。

a0141884_2053014.jpg
a0141884_2055262.jpg
a0141884_1559681.jpg

 会場には炭火が活けられ、この火鉢の上に乗せられた鉄瓶で沸かしたお湯で淹れたさんぴん茶とともに沖縄のお菓子がふるまわれる。
 ボクは、和菓子処の島根プリーフェクチャーは松江市の出身なので和菓子には、ちとうるさいんすよ。
 沖縄のお菓子は、ボクにはどうもピンと来ないんですわ。それに、さんぴん茶とかルイボス茶とか、パンチのない味わいのお茶も好まないんです~。誠に申し訳ないのですが。
 さんぴん茶は、ジャスミン茶と同じ材料みたいなんですが、それならボクは最初っからジャスミン茶の方がいいですね。

 それから、この平たいお餅のようなお菓子は、これでもお饅頭とかで、後にも先にも感じたことのない、不思議なへたれな食感がしましたよ。それに、中の餡子もどうだかな~という味わいなり。誠に申し訳ないのですが。
 その隣は、ちんすこう。う~む。誠に申し訳ないのですが。
 
a0141884_1653262.jpg

 というわけで、午後3時から始まったコンサートは、午後4時半頃に終わりぬ。

 ギャラリーを出た午後5時すぐには、あたりはすっかり夜。そのあと、千駄木まで歩いて行って、ワンタン麵と餃子を食べて帰宅せり。

a0141884_16141464.jpg

 ところで、毎度、くどいんですが、この大きく育った雲竜型の柳の木を見るたびに、ボクは、鉄腕アトムに出て来る食用の巨大カタツムリの「ゲルニカ」を想起するのです。誠に申し訳ないのですが。

a0141884_16293389.jpg
a0141884_16294562.jpg
a0141884_16322224.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2015-11-29 16:05 | 音楽とわたくし | Comments(0)


<< やっぱり地元での古本買いは、心... 原節子 1920-2015 >>