三摩地ライブ<きず>を観に行く。

【2015年8月23日(日)】

 転がり続ける表現師=森三摩地による夏のライブ。
 場所は、おなじみの労音御茶ノ水会館なのだ。前回のライブは、emoticon-0171-star.gif5月23日(土)のことだ。

a0141884_220753.jpg

 今回は、終戦間もない頃の日本を舞台にした2つの小説を下敷きにして、氏ならではの味付けをほどこした翻案劇2題。彼いうところのemoticon-0151-skype.gif〝粉本(ふんぽん)〟というスタイルだ。

 そして、2題ともお盆の時期を舞台としており、また、あの戦争(大東亜戦争または太平洋戦争)を、戦闘をによらない方法で描写した一人劇となっている。
 その2つの劇に共通した戦争テーマが「きず」と表現され、また、2つに共通したシーンが、「マッチ擦るつかのまの真相を貴方ははたして受け容れられるか・・・」というチラシの惹句に籠められ、ともに〝戦後秘話〟といった趣(おもむき)の舞台だったのだ。

 構成は、【第1部】と【第2部】に分かれた2部構成。それぞれの題材となった小説は以下の作品である。

 emoticon-0171-star.gif【第1部】山田風太郎作「黒衣の聖女」
 emoticon-0171-star.gif【第2部】日影丈吉作「狐の鶏」

a0141884_2138798.jpg
a0141884_21384956.jpg
a0141884_21392428.jpg
a0141884_21395977.jpg

 終演後、お客も交えて、三摩地氏手作りの酒肴を味わいながら会場で打ち上げ。
 あ、今回は、写真撮るの忘れてしまったね。
[PR]
by misaochan3x6 | 2015-08-24 22:00 | キャラ立ち | Comments(0)


<< 夏の終わりのハーモニー。 第17回 杉並方南歌謡祭を観に行く。 >>