映画「ジャージーボーイズ」を観に行って来ましたよ♪

【2014年10月4日(土)】

 この日、「新宿ピカデリー」に映画「ジャージーボーイズ」を観んとてチャリにまたがり出撃。

 クリント・イーストウッドおじいちゃん(この映画の監督さんなのだ)が教えてくれたボクの知らない60年代のグループ「ザ・フォーシーズンズ」の栄光と挫折の物語。





a0141884_20463226.jpg ボクが観に行ったのは「新宿ピカデリー」。

 このシアターは、靖国通りに面したシネコンで、ビル1棟が全部映画館なのだ。オープンは2008年7月とのこと。

 先月の札幌のシネコンで、大人1,800円のチケット代が<障害者割引>で1,000円になるということに味をしめてのシアター通いなり。



 ボクなどの障害者に対するチケット代の優遇措置というのは、何よりもありがたい施(ほどこ)しなのですぢゃ。
 あ~、なまんだぶ、なまんだぶ。

 それにしても、このグループのリード・ボーカルが、フランキー・ヴァリという名の男だったとはね。
 そして、彼がフランク・シナトラと同じように伊太利亜移民の子であることや、彼の生涯、そして、この歌がこのグループのものだってことも、イーストウッドおじいちゃんのこの映画で教わったのでありんすわ。
 ありがとう、おじいちゃん!!





 いや、それにしても、時代考証のしっかりした映画でしたわ。脱帽です。
a0141884_217696.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2014-10-08 20:46 | 音楽とわたくし | Comments(0)


<< 玉城まさゆきプレゼンツ風の轍 ... 驚愕のわたせせいぞう。Fuck!! >>