鉄腕アトム「電光人間」読了。

【2014年8月28日(木)】

 072.gif鉄腕アトム「電光人間」は、小学校の低学年の時に読んだ気がする。
 今からもう50年近く前の話だ。

 母親にねだって買ってもらった「光文社カッパ・コミックス」のアトムのシリーズの中の1冊ではなかっただろうか。そう思って調べてみたら、056.gifやっぱりそうだった

a0141884_1272338.jpg

 今でも、この1コマの記憶だけが鮮明なのだ。

a0141884_12291281.jpg

 むしろ、この本に同時掲載されていた「イワンのばか」の記憶の方がハッキリしているな。とても悲しいお話でありました。

 さて、数年前、地元の行きつけの古本屋の店頭で〝朝日ソノラマ版〟のアトムの「電光人間」が入った巻を買ってあったので、いつかは再読しようと思っていたところ、この日、急に「読み神様」が降りて来て、けさの通勤電車の中で読了とあいなったというわけなのであ~る。

 アニメのアトム(日本初の国産)が、お子様向けというか、バブルガム的な色彩が強くて、ついつい紙のマンガも軽いものだと思ってしまいがちだが、50も半ばを過ぎて再読してみると、子ども向きのマンガだと一蹴出来ない暗さがあり、この作家の本質のひとつを浮き彫りにしていたのである。

 それにしても、1950年代の手塚が流線型の描線で描いた1コマの中に込められた情報量の多さはハンパないな。
 いまさらながら驚嘆するばかりなのである。

a0141884_12325916.jpg
a0141884_12334191.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2014-08-30 12:06 | まんが道(みち) | Comments(2)
Commented by 三摩地 at 2014-08-31 23:09 x
映画のカメラアングルの手本ですな。いや、すべてが手本。
政治劇から宝塚、沙翁に南北、イヨネスコ・・・ あらゆるジャンルの芝居をたった一人でひとつの舞台に乗せることのできるのは手塚をおいて他になし。待てよ、チャップリンがそうか。愛を謳いながら、いずれも心に鬼を棲まわせているのだ。
Commented by misaochan3x6 at 2014-09-01 01:36
その後、手塚は、彼流の〝少年漫画文法〟を駆逐する〝劇画〟インヴェイジョンの脅威にさらされ、ノイローゼに陥るのである。むふふ。


<< 高円寺のパン屋「ヒロセ」、いま... 夏の終わりに思ふ。 >>