沢野ひとし「転校生」(文庫本)を読了。

【2014年8月26日(火)】

a0141884_11135853.jpg 通勤中の読み本を探してふと本棚に目をやると、この本が目に入ったんですわ。

 買ったのが056.gif2008年11月だから、6年近くほったらかしていたことになるな。

 ふいに「読み神様」が降りて来たんすよ。

 それにしても、この人の「ウマヘタ絵」は本人の文章によく合っていて、実にいい味わいであるな~。



 表題作をはじめとして、どの作品もとても面白かったです。一読をおすすめします。
 妻帯者でありながら、「僕が愛する女性とデートしようと思っても、(「紺色のカブト虫」より)」などと、臆面もなく書けるこのおっさんのデンジャラスな感じは、ページの中で健在だったのだ。

 人もいい本も、結局、〝出会い〟なんだよなって、つくづく思うのさ。
 南~無~。
[PR]
by misaochan3x6 | 2014-08-30 11:11 | 自分遺産 | Comments(0)


<< 夏の終わりに思ふ。 石垣島の「朔」からの贈り物。 >>