石垣島の「朔」からの贈り物。

【2014年8月23日(土)】

 寝ている夜の間に雨が降ったのか、けっこう涼しい一日でありました。

 例によって肩が凝りまくり、それも原因で疲れが抜け切れず、家でごろごろしながら、夕方買い物に出ようとすると、郵便受けの中に郵便局の「ゆうパック」の〝不在連絡票〟が。

 あれっ?ずっと家にいたんだけど、配達に気づかなかったのかな~。奥さんは朝から、ひとり旅に出かけ、家にはボクとみーちゃんだけってわけなのさ。ところで、奥さん、どこか山にも登るとかっていってたけど、どこに行くっていってたっけな。(基本的に奥さんの旅先に興味がありまへんのどすわ)

 ま、それはそれとして、その〝不在連絡票〟の差出人を見ると、072.gif石垣島の「トラベラーズ・カフェ〝朔〟」の料理長のゆかのすけさんからではありませんか。
 何かなと思ってすぐにドライバーさんの携帯に電話して届けてもらうことに。

a0141884_20295074.png

 で、午後6時少し前に届いた荷物を開けたら、おなじみの〝朔〟のロゴマークの書かれた箱が。

a0141884_19565657.jpg

 中を開けると、お手紙と一緒にパウンドケーキが。〝朔〟の料理長ゆかのすけさんが自ら焼いた石垣島のゴールドパイン(高級品らしいぞ)とローストココナッツのバターケーキだとか!!

a0141884_2031076.jpg

 おおーーっ!!ゆかのすけさん作のケーキなら味に間違いはなく、しかもパインと来たからには、このケーキはトロピカ~ルな洋酒と一緒に食べてこそ真価を発揮すると咄嗟に、かつ、本能的に判断して、速攻チャリにまたがり行きつけのスーパーでラム酒の小瓶(最近、マイブームなんでありんす)を買ってきて、食す。

a0141884_207276.jpg

 056.gif甘さを抑えたずっしりと実の詰まった石垣島のゴールドパイン(高級品らしいぞ。もう1回いうけどさ)とローストココナッツのバターケーキです。
 心温まるお手紙を読みながらケーキを食べ、ラム酒のソーダ割りを飲む。口の中で〝サバラン〟状態なのだ。うひひのひ。

053.gifウマいなり~~~っ!!

 ゆかのすけさん、ありがとう。このケーキは、友情の味がしましたよ。(涙)

 お返事のお手紙は出しませんが、このログで謹んで御礼を申し上げます。
 また、開店7周年おめでとうございます。よりいっそうの奮起をお願いしますね。

 ご主人にも、くれぐれもよろしくお伝えください。

 そんでもって、ふたりの息子たちを厳しく叱りつけて育て上げてやってくださいね。結局、男は母の子なんすよ。悲しいかな、父親は単なる種(たね)なんすわ、所詮。経験則でいいますとね。にゃお~ん。

 そして、何もお返し出来ませんが、あなたにこの曲を捧げます。未来はそんなに悪くなく、ツキを呼ぶには笑顔を見せ、運勢きょうよりもよくしよう、人生捨てたもんではないとメッセージしています。知っているとは思うけど。



 ついでながら皆さん、ゆかのすけさんとボクとは、実は、約20年前に、中目黒にあるデジタル出力サービスの会社(当時は、アナログのプロ用写真現像所・プリントサービス)で、かつて職場の同僚だったんですよ。
 あとそれから、〝朔〟についての過去ログもここで再録しておきますね。

 072.gifオマケの〝珍品〟プレゼントです。▼


[PR]
by misaochan3x6 | 2014-08-23 19:56 | 自分遺産 | Comments(0)


<< 沢野ひとし「転校生」(文庫本)... 女子会(?)に合流。 >>