仕事帰りに地元高円寺の写真BAR「白&黒」へ。

【2014年6月2日(月)】

 記録カメラマンの福田さんからのお誘いで、仕事帰りに地元高円寺のemoticon-0171-star.gif写真BAR「白&黒」で、福田さんさんの知り合いの方の写真展を見に行く。

a0141884_20403895.jpga0141884_20404873.jpg 写真BARといふ商売があるといふのも初めて聞いたが、それがわが地元にあるとはね~。
 
 聞けば、何とこのお店、開業13年とのこと。店主は写真関係の仕事もされているとか。ふ~ん。
 emoticon-0151-skype.gif出展者の荒井さんは、わたくしと同年代。社会人スタートもともに1981年で、彼は新聞社のカメラマン、方やわたくしはといえば、プロ用の写真現像所の営業マンといった出自なのだ。

a0141884_20451262.jpg

 個人的な感想としては、額装された展示写真よりも、ポートフォリオに納められた作品の方がのびのびとしてよかったんですが。
 そんでもって、福田さんのはからいで、この日店を訪れた氏の友人の方何人かと写真談義。

 その後、解散して、福田さんとその友人の出版流通関係の木下さんとボクの3人で店を出て、ラーメンでも食べて帰りましょうかと1階に下りた時、その1階にあるいくつかのお店の中で、先日、この「白&黒」の場所を下見に来た時にチラ見して気になったお店に寄って中を覗いていると、店のなかから若い女の子がおいでおいでするので、入店してみたんだわさ。

 何で気になったかっていうと、下見に来てこの店をチラ見した時、店の中でギターを弾いている人がいたのが気になったからなんだ。
 で、店に入ると、そこは、歌えるロックBARなのでありんした。うほほ。
 楽器は、エレキ・ギター、アコギ、シンセドラムの設備あり。マスターはギター弾きでしたよん。

 福田さんは、マスターのギターで森進一などを歌い、ボクは、木下さんのアコギ演奏で「さようなら世界夫人よ」を歌う。実はこのおっちゃん、初見で何か弾けるのではと直感したキャラ立ちで、案の定ビンゴだったのだ。
 木下さんいわく、「『さようなら世界夫人よ』を歌う人にはじめて会いました」とね。
 いや、わたくしとしては、ごくふつ~のことでして。

 で、福田さんが何曲か歌ってごきげんな気分になって、木下さんと帰るのを尻目に、その後、ボクはこの店に残り酒を飲みながらマスターのギター演奏で何曲か歌い、最後は、店のPCでyou tubeを観ながら、こんな曲を次々にリクエストしてひとり悦に入る。
 その間、常連客がちらほら。聞けば、この店は、開業6年だとか。へぇ~。












 結局、気がつくと日付変更線を軽~く超えていて、」帰宅したのは、午前2時ごろ。
 うっかり、店の名前をおぼえてこなかったことに後で気づいたのでありんす。ぎゃふん!!
 また今度、行ってみようっと。どぅふふのふ
[PR]
by misaochan3x6 | 2014-06-08 20:40 | 自分遺産 | Comments(0)


<< <チーム金子>、「じみへん」デ... 三摩地(さんまじ)ライブ<ウル... >>