がきデカ考。

【2014年5月17日(土)】

 この日、シエスタを終えて向かったのは「アニマル洋子」だ。
 いつもの店頭100円棚に「がきデカ」( 「週刊少年チャンピオン」 1974年44号~1980年52号まで連載 )のコミックスを端本で2冊を見つけたので、おもむろに購入。

a0141884_1816134.jpg
a0141884_18162779.jpg

 それにしても、連載開始から40年を経て、一向に古さを感じさせないこのギャグパワーは、どやさ。小学生が永遠に〝うんこ〟や〝ちこ〟や〝しっこ〟の使徒であることと無縁ではないはずである。
 もはや、赤塚不二夫のギャグでは笑えもしない今、山上たつひこの絶頂期の笑いは、不断に現在を撃ち続けるのである。

 そして、いまこそ、江口寿史のこのコメント(記憶で)が効いてくるのだ。

 「日本人なら、『がきデカ』は新作として読め。」

 Exactly!!

 そんでもって、とても40年前の絵とは思えない、こまわりのかーちゃん(右のコマの中央)のこのビビッドなハダカでヌケない男がいたら出て来やがれっ!!
a0141884_219412.jpg
 
[PR]
by misaochan3x6 | 2014-05-18 18:16 | まんが道(みち) | Comments(0)


<< 薔薇の季節のひとりごと。 太陽賛歌2014 リローディッド。 >>