ボクの大好きな手塚治虫作品を3作。

【2014年1月5日(日)】

 9連休最終日。

a0141884_21123928.jpg

 あまりに退屈なので、ボクの大好きな手塚治虫作品を3作アップしておこうぢゃないの。
 どやさ。
a0141884_224543.jpg

 072.gifブルンガ1世
 「月刊冒険王」(1968年4月号~1969年03月号)連載
 この作品は、確か手塚自身が嫌っていた作品で、072.gif手塚治虫公式HPの中には作品紹介すらされていないのだ。
 しかし、ボクはこの作品の少年マンガには不釣合いな救いようのないテーマの暗さとキャラクターデザインが理屈抜きに好きだな。 

a0141884_2150048.jpg
a0141884_21501586.jpg
a0141884_2293156.jpg


 072.gifアラバスター
 「週刊少年チャンピオン」(1970年12月21日号~1971年06月28日号)連載
 この作品も暗い。NHKのドキュメンタリー「手塚治虫・創作の秘密」 では、 虫プロ倒産の時期を回想するくだりで、手塚は同時期に描かれたこの作品の原稿を見返して、「覚えてないな」、「見ちゃいらんないね」と述べていたのだが。
 劇画表現に頼ることなく、あの丸っこい画風のままで人間の業の深さや暗さを表現させて、この男の右に出る作家はいない。

a0141884_2153716.jpg
a0141884_21533621.png
a0141884_226837.png

 072.gifアドルフに告ぐ
 「週刊文春」 (1983年1月6日号~1985年5月30日号)連載/1984年12月13日号~1985年2月14日号は休載
 この作品は文句なく面白い。学校の現代史で教えてくれない昭和史が活写されていて白眉。
 この力量は、この漫画家が作家であることを十分に証明しているのである。
 教室でこの作品を教材として使うべきなのだ。
 晩年の乾いたタッチのこの画風もいいね。
a0141884_2224059.jpg
a0141884_2225450.jpg
a0141884_223569.jpg

 
 ところで、手塚治虫自身の人間としての業の深さと精神的な暗さは、漫画家としての彼の手元からキャラクター表現として<外化>すると、ロックとして表象されるのである。

a0141884_22451722.jpg
a0141884_22453644.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2014-01-05 21:56 | まんが道(みち) | Comments(0)


<< 誘われて〝もちつき大会〟@本厚木。 ジャポンの楽曲でホーンアレンジ... >>