市ヶ谷セッション。新ユニットット「くぱぁ~ず」誕生。

【2013年12月12日(木)】  

 市ヶ谷にある同業他社の仕事仲間であるM氏から、昼休みに職場の会議室で、これまた仕事仲間であるS氏からギターの手ほどきを受けていると聞いたのは、確か今年の夏前のことだったよな。
   
 なんちゅ~先進的な職場かとうらやましく思ったのと同時に、これはひとつ彼らとセッションせねばと思い誘ってから、夏が過ぎ、秋が来て、冬になり、やがて目の前にクリスマスも近づこうかというこの時期、ようやく3人で集まりセッションが出来る日を迎えたんだわさ。
 ばんじゃ~い。
 

 場所は、JR市ヶ谷駅からすぐのカラオケ店「サウンドシャッフル市ヶ谷店」
 忘年会シーズン中なので、ボックスを予約して、アコギを持ち込みここでセッションすることにしたのねんのねん。ギターは、M氏がS氏から購入し職場に置いてあるアコギの置きギターと、S氏が職場に置いているアコギの2本。
 事前にボクから何曲かのコード譜を送って、2人には練習をしてもらっていたのだが、結局、会った瞬間の<化学反応>の流れでは、カラオケでボクが歌い、S氏がそれに合わせてリードを弾くという進行になったんだわさ。
a0141884_20075628.jpg
 で、このS氏は思っていたとおりの手練れで、ボクが入れた曲のほとんどが彼にとってはお初の曲であったにもかかわらず、初見というか初聴ですべての曲にアドリブのリードで対応するといったの音感のよさ。
 ボクのムチャ振りに堪えられる逸材とわかり脱帽したのだった。

 このS氏持参のアコギは、かの「TVジョッキー」でもらえたアコギをオークションで手に入れたシロモノで、ボディーカラーは黄色だったのさ。
 しかもチューニングは、D-A-D-G-A-Dのいわゆる「ダドガドチューニング」と呼ばれる変則チューニングなのだ。
 やるな~。
a0141884_23394243.jpg

 2時間、ボク一人で歌いっぱなし。その間、ずっとS氏はリードを弾きまくる。
 いや~、気持ちよかったな~。
 特にこの日、一番気持ちよく歌えたのがこの曲だ。ボクが歌ったのは、英語vr.なんだけど。



 それにしても、音楽っていいですよね~。
 初めてのセッションでの<化学反応>。そして、ひょんなことから、この日、このユニットで早くも持ちネタ化出来たのがこの曲なり。M氏のコードストロークにS氏のリードがかぶさる。
 いや、M氏のストロークもなかなかいいぞ。ボクのギターよりグルーブがあるわ。彼はなかなかスジがいい。



 そんでもって、この曲も歌い切る。早くもこれも持ちネタ候補なのだ。うひひ。



 生来のギター弾きではないボクは、ギター弾きがそばにいたら、ギターは完全に彼に任せて自分はボーカルに徹してしまう傾向があるんよ。
 <チーム金子>の場合がまさにそうで、このチームのギター弾き2人はフォークサイドの人たちなのだが、今回のユニットは、待望のロックン・ロール・ユニットなのだ。
 バンドネームは、「ざ・くぱぁ~ず」だよん。056.gif
 今後、定例でセッションを重ね、レパートリーを増やし、人前での演奏にこぎつけたいと思います。
 
 次回は、新年会を兼ねてまた集まることにしよう。

[PR]
by misaochan3x6 | 2013-12-13 19:43 | 音楽とわたくし | Comments(2)
Commented by とおる at 2013-12-14 00:03 x
おー!
ええですやん。

音源聴きたい!
Commented by misaochan3x6 at 2013-12-14 08:23
いつか、わが<ブートレグス>、<チーム金子>、<ざ・くぱぁ~ず>でジャムれる日が来るといいですな。どぅふふ。


<< あじさい主催の音楽パーティー(... みーちゃんを膝の上に乗せてあや... >>