即決購入「日本ロック&ポップス・アルバム名鑑 1966-1978」

【2013年9月4日(水)】

 昼休み、ふと立ち寄った職場近くの大型書店でこの本を見つけ、古本になってブックオフに並ぶのを待てなくて仕事帰りに速攻で購入。
 072.gifレコード・コレクターズ増刊「日本ロック&ポップス・アルバム名鑑 1966-1978」。
 いつもいうんだけど、書店の棚に並んだ新刊って、金を払って手に入れた瞬間から、もう古本になっちまうんだよな~。

a0141884_23114088.jpg

 それにしても、もう聴く音楽がなくなてしまったと思い込んでいた自分を、いまわたしは大いに恥じている。
 それほどこの本に記されたアルバムの数は圧倒的であり、また、この時代(1966-1978)にこの国の音楽シーンが創出した世界の広さと深さに、ただただ脱帽するばかりなのだ。
 まだ、分厚いこの本を読み始めたばかりだが、例えば、早くもこんな未知の曲に出会うチャンスをくれたのさ。







 あやうく、いまの時代の日本に生きざるを得ないことを悔い、これからの自分の人生を諦めそうになったぜ。

 そうさ、この本は、この国にはまだまだ自分の知らない多くの音楽的な鉱脈が埋もれたままになってしまっていることを教えてくれるんだ。
 久し振りに手にした好企画本といえる。

 そして、何よりも、〝 1966-1978〟という時代の区切りがいい。
 なぜなら、1966年はボクは8歳で、わが人生のピークの年なのだ。そして、1978年は20歳。
 その後、余りに長い余生の中を漂い続けているのである。

a0141884_23443037.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2013-09-04 23:12 | 音楽とわたくし | Comments(0)


<< 広島出張。ご当地風俗事情。 一寸先は〝光〟。<ピアノ編> >>