結局、手塚治虫。

【2010年9月27日(木)】

a0141884_22174169.jpg 仕事帰りに立ち寄った「アニマル洋子」。
 9月いっぱいで古着の販売を終了するとのこと。
 ふ~ん、結局、古着では儲からなかったんですね~。

 さて、店頭100円ワゴンを引っ掻き回して、結局、この日求めたのは、手塚治虫なり。

 この2冊だ。


a0141884_22275430.jpg072.gif秋田漫画文庫/塚治虫 鉄の旋律
 1989.12.15 20版

072.gif 秋田漫画文庫 手塚治虫  時計仕掛けのりんご
 1976.7.20 初版

a0141884_23223630.jpg













 〝マンガの神様〟といわれた'50年代~'60年代の児童マンガ家の身分から、劇画の台頭によって一気に地上に引き摺り下ろされて〝ただのマンガ家〟になってしまい、食わんがために、自分よりはるか年下の若いマンガ家たちに伍して青年誌上で闘わなくてはならなくなった'70年代の作品群。

 いやそれにしても、暗いね~、暗過ぎるよね~、この頃の手塚治虫の画は、ね。
a0141884_5582264.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2012-09-28 22:20 | 購本記 | Comments(0)


<< まりちゃんのお店「ア ビエント... 夏休みの一日。(2) >>