至言の果てに。

 「約束とドタキャンはセットである」とは、杉作J太郎の至言である。

 都内某所で用意したある人との会食は、先日キャンセルとなった。
 つまり、ボクはフラれたわけである。

a0141884_19392722.jpg

 ある人とは男性なのか、女性なのかと問われるのなら、女性です、というのがその答だわさ。
 奥さんがいるのに、他の女性との会食なんて、それって浮気じゃん!!と問われるなら、きっぱり、浮気ですと答えるしかないわな。

 なぜなら、浮気の定義は、「浮ついた気持ち」だからなのである。

 電車に座った正面の〝タイプの女性〟に熱い視線を注ぐ。
 これはもう、完全に「浮ついた気持ち」=浮気に他ならない。
 視姦ともなれば、これはもう完全に犯罪なのだ。

 会いたい人が男性であろうと女性であろうと、会いたい人と楽しく食事をして会話する。
 それから先に起こる事柄のことは、特に意識していない。
 これが本心なのだ。

 しかし、そうはいいながら、本命の女性にフラれるのはツラいよね、本当にね。
 なので、この会食も、「約束とドタキャンはセットである」との至言を脳裏に走らせながらの、覚悟の上のセッティングだったのである。

 さて、この傷の深さを癒すにはどうしたらいいのだろうか。
 打つ手を探して、次の手を打つしかないのである。
 あがかなければ。
 南~無~。
[PR]
by misaochan3x6 | 2012-08-09 17:44 | 自分遺産 | Comments(0)


<< 新宿から秋の気配が。 今年も「憲法フォークジャンボリ... >>