入院日記(1日め)/入院とわたくし

【2012年6月25日(月)】

 この日、奥さんの運転で、彼女の車に入院セット一式や、当座の読み本などを積み込んで、入院先の「JR東京総合病院」へと向かう。

 入退院センターに到着したのは、指定時間の10時20分よりも40分以上前だったんよ。
 何しろ、渋滞を避けて家を出たのでね。
 で、センターの受付前のソファーには、ボクを含めて4名の入院客がウェイティングしていたんだわさ。

 時間が来ると、4名の入院客とその家族を含む10数名がエレベーターに乗って、ツアーよろしく入院先の病棟10階に移動して行ったのであります。
 ぎゃふん!!
a0141884_20294449.jpg

 それにしても、平日なのに、病院は客が絶えないな~。

a0141884_21172525.jpg 近くにそびえる代々木ゼミのビルを見るにつけても、これから少子化に向けて日本はシュリンクしていくばかりなので、受験産業の未来は先細って行くだろうな~と思わずにはいられないのである。







 10階に到着。
 さて、さっそく、個室にイ~ン。
a0141884_2031667.jpg

 東側には、防衛庁(市ヶ谷)の管制塔が見え、さらにその先には、東京スカイツリーが。
 どこでも見えるんだよな、スカイツリー。ぺっ。

a0141884_17314418.jpg

 そして、西側に広がるのは世田谷方面の風景。
 赤い丸で囲んだ建物は、三軒茶屋の「キャロットータワー」なり。
a0141884_17322836.jpg

 じゃ、部屋の様子を写真でアーカイヴしておこうかのう。

a0141884_17371543.jpga0141884_17372899.jpga0141884_17373811.jpg









a0141884_17384758.jpga0141884_17385751.jpg あっ!!監視カメラがあるではないか。
 これじゃあ、オニーすら出来ねーじゃん!!って思ったのだが、よ~く見るとコードがジャックインされていなかったんよ。



 監視が必要な緊急を要する病状の時にしか使わないのだな。
 あ~よかった!!  
 これで、心置きなくオニーが出来るってもんだわさ。

 さて、早速、お昼から病院食が出たのだった。

 そんでもって、昼食後は、病室にいたまま、主治医から手術の説明を受けたり、さまざまな書類の同意書にサインをしたり、鳶職の若い衆かと見まごうルックスの〝湘南乃風〟な担当麻酔医が部屋に挨拶に来たり、リハビリを担当してもらう理学療法士と対面したりと忙しい。


 そして、主治医からは、手術日は明日だと告げられる。

 この後、手術用の病衣のレンタル屋が着たり、1階のコンビニでsuicaにお金をチャージしつつ買い物をしたりで過ごしたのだった。

a0141884_17475087.jpg 退院までのスケジュール表も渡された。
 
 そういえば、入院初日のこの日、医療ミス防止のためなのだろう、ボクの名前と手術をする方の(右)と描かれた鑑札を右手首に巻かれたのだった。

 その後、持参したコミックス数冊を読了す。

a0141884_211521.jpg そして、夜の献立はこれ。

 さて、消灯は夜の9時なり。

 いまどき、小学生でも寝てへんわ。

 頼むでしかし。

a0141884_211915.jpga0141884_17511156.jpgPS. さて、この手術にあたって、ボクがもらったっ書類(説明書・同意書)は、以下のとおり。

 ★輸血同意書(6/4・月)
 ★入院診療計画書(6/25・月)
 ★手術の説明・同意書(6/25・月)
 ★麻酔の説明・同意書(6/25・月)
 ★リハビリテーション総合実施計画書(6/30・土、7/11・水)
 
[PR]
by misaochan3x6 | 2012-07-18 17:29 | 入院日記 | Comments(0)


<< 入院日記(2日め)/手術とわたくし 退院日記 >>