メシでもどーよというお誘いに乗って。

【2012年5月13日(水)】

 久し振りにメシでもどーよ、という息子のお誘いに乗って、この日、地元は丸の内線新高円寺駅近くの台湾料理屋〝台北餃子〟で、息子の彼女と3人で飲み。
 ふたりとも、不憫なこの身を気遣ってくれているみたいなのねんのねん。
 いや、うれしさのみぎりなり。

 さて、この店は、すでに前に入って調査済み。店の感じがすご~くよくて、料理も美味し。
 お店のオーナーは、台湾の夫婦の方なのだ。

 夜7時に駅の近くで集合し、お店にイ~ン。
 
a0141884_20272538.jpg
a0141884_20273283.jpg

 楽しく飲んで語って食べて過ごした地元ナイト。
 
 いや、好きな人たちとの飲みは、会話が尽きないね~。
 料理にも大満足。

 それにしても、20代の連中との飲みは、実にいい気分なのだ。
 いまやボクの着ぐるみ(身体)はガタが来始め、あちこち痛いところだらけだが、気持ちというか気分は19歳の時に上京した時(1977年)のままなのであ~る。

 父の日も近いのか、この日のお勘定は、若いふたりがおごってくれたんだわさ。
 感謝です。 
[PR]
by misaochan3x6 | 2012-06-15 20:21 | 自分遺産 | Comments(0)


<< アコースティックカフェ@西荻窪貸切。 再びの減量開始から1ヵ月経過。... >>