「憲法フォークジャンボリー2012」。今年は、この曲を歌おうと決めたのであ~る。

 GS終焉後、3つのビッグネーム(ザ・タイガース、ザ・テンプターズ、ザ・スパイダース)の残党が集まって結成されたスーパーグループ〝PYG〟

 結成は、1971年。

 子供心にも(当時、ボクは中2)、GS崩れの最後の悪あがき的なものを感じてはいたが、興味の対象ではなかったのねんのねん。
 SweetとかSLADEとか、Mott the Hoopleの方に心奪われていたので。

 んが、しか~し、縁あって井上堯之出演のこのプログラムを観ていたら、偶然にも出会ったのが、「花・太陽・雨」(作詞:岸部修三(一徳)/作曲:井上堯之)である。

 4月10日のファースト・シングル発売で、ファースト・アルバム『PYG!』は、8月10日に発売されたといふ。
 ランニングタイム6分44秒から、井上堯之氏の、「花・太陽・雨」のギタープレイが始まるよ。
                                              



 う~む、素晴らしくいい曲ではないの!!

 てか、なんちゅ~いい曲なんだっ!!

 「太陽と戦慄」とか「原始心母」を想起させるプログレ的な曲タイトルもいい。

 いつもいいますが、いや~、生きてみるもんだね~。

 と、いふわけで、今年の「憲法フォークジャンボリー2012」(8/3(金)~8/5(日))では、<チーム金子>のボーカル担当として、この曲を歌おうと決めたのである。 
 



 emoticon-0171-star.gifコード譜はここここよん。emoticon-0159-music.gif
[PR]
by misaochan3x6 | 2012-05-16 12:31 | 音楽とわたくし | Comments(0)


<< 金環日食ぅうう~? 疾病、わが右脚を一周。 >>