D´yer Maker/Sheryl Crow

 いや~、生きてみるもんである。

 世界で最も好きな曲のひとつであるこの曲。
 長い間、自分にとってこの曲は、聴くだけでとてもじゃないけど自分演奏なんか出来やしない曲だと思い込んでいたのだが、このアプローチだと、十分にアコギで対応できるではないですか。
 
 すげーよ、シェリル。 
 17年も前にこの曲をこんなにフォーキーな解釈で演奏していたなんてさ。
 まったくもって、女性にはいつもいろんなことを教えられるなー。

 っていうか、原曲の組成に、すでにして英吉利のトラッド・フォークのエッセンスが含まれていたのかもね。
 当てずっぽうだけどさ。

 072.gifSheryl Crow / D´yer Maker Live 1995



 当たり前の話だが、この曲にもコードがあって、調べたらけっこうやさしいコードで出来ていたのである。

 脅かすなよ、ジミー。
 あんたのギタープレイを見せられた日にゃ、常人にはあんたのバンドの曲なんか難し過ぎてとてもじゃないがカバーなんて出来っこないって思うじゃないか。
 まったくビビらせやがって。

 何だか自信が出てきたぞ。こんな自分にも何かか出来るんじゃないかってね。
 うほほ。


 でも、やっぱり、こんなのボクにはムリなのさ。


 
[PR]
by misaochan3x6 | 2012-04-09 00:17 | 音楽とわたくし | Comments(2)
Commented by いしがきのさく at 2012-04-29 00:57 x
若かりしシェリルクロウ可愛くてかっこいい  わたしもこの曲大好き  昔バンドで歌っていた曲でもあるから 懐かしくて聞いてみた  いいねえ   足の具合よくなったかな  石垣は早くも梅雨入り  
Commented by misaochan3x6 at 2012-04-29 17:48
そうか、ゆかのすけはんもこの曲好きやったんかい。
しかもバンドやってたのねんのねん。
長いつき合いだったんだけど、知らなんだわ~。
いつか一緒に演りたいもんだわね。
ところで、バンド時代、ゆかのすけはんのパートはボーカル?


<< 中野通りの桜並木は葉桜となりぬ。 桜最前線2012。花花花。 >>